FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年9月20日(土曜日)、やまない雨はねぇんだよ。
書籍『百年の孤独』ガルシア・マルケス 焼酎『百年の孤独』 CD『ラスト・デイト』エリック・ドルフィー
そうかなあ。

というわけで寝たり起きたりお仕事したりお洗濯したり。


今日も宣伝:

DVD『免許皆伝!ウクレレ・ジャカソロ塾2』 昨日は見つからなかった楽天ショップのリンクを今日は発見しました。カマテツ先生のDVD『免許皆伝!ウクレレ・ジャカソロ塾2』、絶賛発売中のようです。よろしく。


来月のALCafé

背後の鏡に霊が! 10月16日(木曜日)のアルカフェライブは、例によってウクレレとピアノの弾き語りでいこうかと思っていたら、対バンのMISATETHUさんというかたがブルースハープとピアノと歌なのだそうで、では負けちゃいられないので(なんで)、僕もクロマティック・ハーモニカとピアノと歌ということにして、ついでにベースの河村ピロリくんを招聘してみました。たぶん弦のたくさん生えたフレットレス・ベースを持参してくれると思うので、演し物はてきとうに考えて、と。

  • 'Round about Midnight (Harm)
  • You don't know what Love is (Harm)
  • Autumn Leaves (Harm)
  • Summertime (Pf + Harm)
  • スキスキソング (Vo + Uke)
  • 夜が来る (scat)
  • Straight No Chaser (Harm)
  • Mrs. Perker of K.C. (Andes 25F)
こんな感じで、あとはいつもの歌モノをてきとうに混ぜるともう時間いっぱいですね。

Blues in Fmaj CD『ファー・クライ』エリック・ドルフィー ところで、先日から懸案だった妙ちくりんなブルースなのですが、エリック・ドルフィー『ファー・クライ』に入っていた『Mrs. Parker of K.C.』でした。作曲はてっきりドルフィーだと思っていたら、ジャッキー・バイアードだったんですね。ちょっとびっくり。

楽天のリンク先で試聴できます。あー気持ちいい。


今日のクロサワ:

DVD『隠し砦の三悪人』 ニュースでも眺めようと思ってテレビを点けたら、NHK BS2で『隠し砦の三悪人』が始まっちゃって。はい、今日はあとなんもせず。



スポンサーサイト



2008年9月19日(金曜日)、真剣というより深刻。
おっといけねえ:

ジャカソロ塾2 てっちゃんの著書を宣伝するのを忘れていた。

ほんとは「読んでない本」とか「観てないDVD」とかにリンクすることを僕はしないのだが、今回は経験則をベースとして不見転で推薦させていただく。リージョンフリーなので、エチオピアのお兄さんもカンボジアのお姉さんもおひとつどうぞ。つぅか楽天あたりにまだ置かれていないもので無断リンクになってるのも反則なのだが、まあ趣旨に鑑みいろいろとご勘弁のほど。すんません。


昨晩の731:

夜半に実家に立ち寄って、余りのホウキタケとサクラシメジ、あとガンモドキと小松菜で鍋を仕立てて両親に食わせてみました。いちおう自分で食す仕様よりは丁寧に洗って供してみて、わりと好評。よし、人体に害はないらしいことが判った。

父は先日福島で(!)チチタケを食べたらしい。うらやましい。


今日の物欲:

MP3プレイヤー内蔵サングラス、カメラ付き \12,800、130万画素。
カメラのレンズは右のテンプルにあって、撮影にはリモコンが使える。
MP3プレイヤでもあるのだが、その機能は僕には関係ないねえ。
レンズは偏光というのがウリだろうか。

カメラ内蔵サングラス、動画撮影可能型 \16,800、130画素。
レンズは眉間にあって、音声付きで動画も撮れる。


悪鬼羅に教わった「カメラ付きサングラス」というか要するにスパイ兵器なのだが、意外と楽しそうだなあ。

個人的には前者のMP3再生機能は要らない(僕は音楽を聴かない)のだが、ワイヤレス・リモコン付きというのは魅力だなあ。後者のほうは「カメラが眉間にある」というのがかっけーし動画も撮れるというのが魅力だが、リモコンがないのがなあ。

痛し痒し。って欲しいわけね、けっきょく。


今日のサンチャゴ:

たしかこないだイーヅカシンジくんのギターソロを眺めながら「あのスタイルを知らない」と言っていたので、6弦ギターでベースを弾きながら手前でソロをとるスタイルを、紹介しようと思ったらあんまり見つからない。

とりあえずこれ とかこれとかこれとかこれとか。

まあいいしょ。


今日のセッション:

日暮れて歌舞伎町Golden Eggへ。なんかあの空間にお客さんが40人ほどもいて、なかばアウシュビッツ状態(と言ってみたら誰かに怒られた(笑)。知らんて)。

隙間に座っててろれんとしているとなんかいきなり呼び出されるいつも仕様で『Chicken』とか『Feel Like Making Love』(ってすごいタイトルだよな)とか演って、でもついに相談席に呼んでもらったものだから無茶振りで『雨上がりの夜空に』とか放り込む私。わははははは、好きなもんはしょうがありませんな。

今日はアフリカン・アメリカンの太鼓の人とテナーサックスの人が来ていて、これが技術的に上手いかというとそんなこともないのだが(下手なわけではない)、なんか空気が違うんだよなあ。あれはちょっと覚えたいところ。あと西村さんのおしゃれな感じをですね、あれは無理だな。そしてシノジャッキー最強! いちど組みたいのだがそんな大冒険のできるハコを思いつかないのでした。

終演後になんか飲みに行ったりなんだかんだで、帰ってきたら朝でした。たまにゃいいか。

footcopy