徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年8月31日(日曜日)、流し素麺の最下流。

俺。 9月4日(木曜日)、荻窪でライブ演ります。

ところ:荻窪アルカフェ(荻窪駅南東極近) tel.03-3391-2046
と き:19:00開場、ステージは19:30スタート、僕は20:45くらいから。
演し物:りびけんの歌と踊り。
木戸銭:500円+安すぎる飲食。ほんとに格安。

今回はLow-Gウクレレの扱いがとても美しいダーイマくんとの組み合わせで、「ああ、ウクレレっていろいろあるんだなあ」ということを痛感できると思います(ほんとにぜんぜん違うから)。面白いと思うよ、いらされませな。


今日はオフ日と決め込んで、てきとうに起床。しまった、『題名のない音楽会』にGamarjobatが出演していた筈なのに、観るの忘れてた。

たまには薬も飲むもので、昨晩はなんとなくよく眠れた(途中で1回だけ起きたけど、おしっこだったかしら)し、なんといっても寝汗が消えたのが大きい。というわけで朝のお薬を、飲むためには、朝食をきちんと摂らなければならないではないか。でもめんどくさいのでコンビニでサラダとサンドイッチを買ってきて朝はそれでおしまい。あとお薬。


今日の失敗:実はタマネギでした、みたいな。

そのコンビニのサンドイッチなのだが、直方体の6組仕様で左から、

ハム→タマゴ→ハムカツ→ハム→タマゴ→ハムカツ

という順序で並んでいる。これをついうっかり最初に右端のハムカツを食べてしまったのね。これではシメがハムサンドになってしまうし、中盤でハムカツが来てしまうのもストーリーテリング的にはどうなのよ。少し考えて、

(ハムカツ→)ハム→タマゴ→ハム→タマゴ→ハムカツ

という順序で組み立ててみました。「ハムカツ→ハム」が弱点ではあるのだが、ラストに「ハム→ハムカツ」になってしまうよりはマシかなあ、くらいの感じです。いかんいかん、次回からは右端から食べ始めることといたしましょう。


今日のお祭り:

落合公園は好天に恵まれて、プレ盆踊りのOchiai Park Peace Fes.を開催中。櫓ではライブステージが組まれていて、僕が昼過ぎにちょっと通りかかったときにはガムラン演ってるなと思ったらベリーダンスでしたな(自慢じゃないけど聴き分けつかない)。露店もいろいろ出ていて楽しそうでしたが、僕のキャラじゃないので素通りしました。

ってか、いま気がついたのだが「お囃子で目が覚めた」のだな、俺。


今日のALCafé

アルカフェ 僕は録音された音楽を聴かない。
ライブにはたまに行く。

学生時分には買い込んできた録音物件でジャズもロックもよく聴いていたのだが、いちばん最近に「自分で聴くために」買ったCDって、アルカディ・シルクローパー『ホルノロジィ』だったか。たしか2002年の話で、それ以降は資料以外の録音物件は買っていないと思う。それがいいことなのかよろしくないことなのかは判らないのだが、聴きたくなったら脳内で再生するか自分で演ればいいわけでさ。だいたいレコードって何回聴いてもおんなじなのでつまんない、のかもしれない。

今日は野暮用で荻窪に出て18:30くらいに身体が空いて、そういやアルカフェがすぐそこじゃねえか。というわけでなに演ってるのか知らないけど電話予約は入れて、そのへんでラーメンでも啜ってからアルカフェへ。

行ってみたらなんか満員でびっくりした(僕のライブだと「お客さんがいない」なんてこともよくある)。
前半はボサノバのギター+歌(+たまにメロディオン)のデュオ(たまにトリオ)で、けっこうな完成度で落ち着いて愉しめました。でも満員のお客さんとの身内感満点で、自己紹介すらしない。それで終わった途端にお客さんがごっそり帰っちゃいましたな、これは出演者の責任ではないのだけれども、なんか感じ悪い感じ(僕の知り合いは全員、対バンがあれば対バンもぜんぶ聴く。せっかくの機会じゃないか)。
後半はたしか「つぁん・もりそん」さんという(自己紹介なさった)ギターの弾き語りのかたで、スタンダードでアメリカンな選曲とよく伸びる声が楽しかった。ステージングは「MCはんぶん」というのが僕とかジルコンズとかと似通っておりましたかな、そのMCも楽しかったし、よろしゅうございました。

古本屋さんでなにやら買い込んでの帰宅後、冷凍ピザを頬張って野菜ジュースで流し込んで、あとおくすり。



スポンサーサイト
2008年8月30日(土曜日)、イシャはどこだ。
梶井基次郎『檸檬』が「デカレモン」っておい けっきょく今朝になっても間歇睡眠も咳き込みも寝汗も呼吸困難も改善されないもので、辛抱たまらんこととて10:00くらいに極私的「3日間ルール」を適用して医者に行くべきことを決心する。インターネットで調べて、えーと、いつもの中野共立病院‥‥隔週土日の呼吸器科休診の日。ああ、中野坂上に呼吸器専門の仁友クリニックさんってのがあるね。

行ってみたらちゃんと待合室に「サザエさん」が置いてあって(名医のメルクマールたるらん)、たぶんいちばん偉い先生に診ていただいて(絵に描いた名医というか、額に入れた重鎮というか)、とりあえず労咳でも肋膜でも肺癌でもなくて、なにやら気管支炎か喘息かなんかの軽いやつらしい(ちゃんと話してくれたのに僕が忘れました)。いろいろあってレントゲンを撮られて血を抜かれて、処方箋を出していただいて本日はおしまい。なにやら血液検査の機械が不調だそうで、検査結果を火曜日に聞きにいくことになっている。ちょうどいいや、当日新中野の弁天の「ジャムの輪セッション」の前に行くわけだな。

民間療法としては、こういうのは滋養と運動だよな。てなわけで(ハクラクニュウがどこで手に入るのか判らなかったもので)、とりあえず中野坂上から新中野まで歩いて、鍋横の「かつ金」でランチのヒレカツ定食(肉5オンスでつごう1,050円)をいただく。頑張って完食、美味いものなら喰えることを発見。それで新中野から高円寺まで歩いて、Gypsy Wayで久々の散髪(1,000円)。それで高円寺から中野まで歩いて、そのへんで5足500円の靴下など買って、中野から家まで歩こうと思ったら突然の驟雨。徒歩は諦めて地下鉄東西線で落合へ、それで中井駅前のモトキ薬局で処方箋を薬に替える、と。ついでに中井駅前「鳥一」で鶏レバー4オンスを購入して帰宅。

NIKE AIR REJUVEN8 318920 801 Orange/Blackトータルで6マイルほども歩いただろうか。
新品のナイキがやたらと優秀であることを確認できました。


山本弘『MM9』東京創元社 高円寺の本屋さんで山本弘『MM9』(東京創元社)を購入。用事のないときは寝床に引き籠もる心算なので、いかい既読本の重度リピータと雖もこれ重要。ほんとうは単行本1冊とかじゃぜんぜん足りないんだけど、読みたいものが(けっこうな大書店でも)ぜんぜんみつからないのだから仕方がない。こないだの新宿ジュンク堂でももうひとつだったしなあ、ストライクゾーン狭すぎだぞ俺。

仁友クリニックさんについてはいちおう悪鬼羅に「どんな感じやねん」という問い合わせメールを出しておいたのだが、肯定的なお返事をいただいたのは受診後だったね。いや、家 to 医者が30分だしいきなり思いついたもので返事が間に合うほうが不思議なのだが、「大丈夫なお医者さんらしい」というプラシーボ効果もけっこうでかいよ。いつもすまんね(悪鬼羅としては「りびが死んだら駒が減る」という動機が主だとは思うが)。

新中野の時点で某人と連絡をとったついでに、「すぐに傘を買いなさい」とその報道関係の某が言う。お天気ピーカン。「なんでやねん」と思いつつ薬屋さんで300円の緑色の傘を買って店を出た途端に土砂降りになった。

高円寺のGypsy Wayさんでの散髪は、さいきんは「なんとなく伸ばしていく」方向で梳いたり切らなかったりといった感じで。だんだんマレット・ヘアになりつつあるような気もするのだが、面白そうだからこの方針でいいや。
世間話の端で「そんなんで煙草喫ってていいんですか?」とも言われたのだが、今まで散々喫ってきているのだから煙草は原因ではない、みたいなことを言っておく。そも、煙草をやめたとたんに治っちゃったり煙草を喫い始めたとたんに再発しちゃったりしたら煙草喫えなくなっちゃうじゃありませんか。

薬局では「これがないからあれで代用」とか「ジェネリックがないから元で代用」とか「散がないから錠で代用」とかいろいろあったのだけれども、大して変わらんないような気がしたもんでそれでいいや。

中野で買ったトランクスが500円、ついでに靴下が5足で500円。

お風呂のついでに計ってみたら、体重が128ポンド8オンス、体脂肪率が17.8%でした。まあまあかな。



明日は、

テキスト入力のお仕事が少々。
あとは安静ってことかな。

2008年8月29日(金曜日)、俺を倒すなら今だぞ。
天蓋ベッド 昨晩も例によって断続というか間歇睡眠が続いて、1時間+1時間+1時間+2時間くらいも眠っただろうか。寝ている間にもいろんな夢を見ていて、うとうととしているときにはいろんな人が勝手なことを言っている声が聞こえてきてほとんど幻聴だし、あんまりいい眠り方ではないなあ。合間はインターネット・サーフィンしながらソーダ水でも舐めている感じで、こっちは健康的だなあ。どこがさ。

04:00くらいに大雨のなか、妙正寺川を観察しに行きました。そんなには増水もしていなくてつまらんというか、数年前に僕ん家から500メートルくらい上流が決壊したことがありましてね。大雨の日には眺めには行くし、どうせなら愉しみにしておいたほうがいいわけだし。そんでがっかりして帰る。

寝ているうちに気道の下のほうから痰があがってくる感じで咳き込むと、痰が切れても咳が続いてそのうち気道が下から詰まる感じで呼吸困難になって、しばらく喘鳴が続いてから生き返るとTシャツが汗でぐっしょりしているわけさ。そりゃ腹筋のひとつも痛くなろうってもんだよな。仰臥位ではなくて側位で寝ていると咳が出づらいことを発見、これで暫くは凌ぐか。

てきとうなところでコンビニに行って、納豆巻とかサラダとか買ってきてちまちまといただく。


大量のお洗濯(Tシャツだけで30着、それで4日分)をすませてから昼寝でもしようかと思って寝床に行って、なにか読むかと思って枕元を見たら置いてあるのが読みかけの安部公房『砂の女』で士気の上がらないこと夥しい。いっそ湯治にでも行くか。
今日のホワイトバンド:

White Band the One 右手に(ブラックバンドと一緒に)つけっぱにしていたホワイトバンドが、今朝になってぷっつりと切れました。ライブエイトが2005年だったから、まる3年間で切れたわけだな。これ、ミサンガみたいに「願いごとが叶う」とかいう御利益はあるのかしら。たぶん買ったときには「貧困の撲滅」をお願いしていたものとは思うのだが。


今日のニュース:

ミズノ 少年硬式グラブ [ビクトリーステージ] ネクストジェネレーション 「「優秀すぎる」少年野球選手、投球禁止を命じられる」というニュースがあって、なんでもジェリコ・スコットくんは投球が凄すぎて、地域の少年野球リーグからパージされかかっているのだそうな。

日本で言うなら中西球道か景浦景虎ってことなのだろうけれども、記事には「彼は右投げで、およそ時速65キロの球を投げる」とある。65km/h? バッティングセンターのいちばん左のゲージよりまだ遅いぜ。

なんかヘンだなと思ってソースらしきものを当たってみたら「9-year-old boy told he's too good to pitch」というのがあって、「The right-hander has a fastball that tops out at about 40 mph.」とある。40mph(miles per hour)だから、えーと(筆算中)、64.4km/h。ふむ、記事の翻訳は正しい。

もうちょっと調べてみたら、アメリカでも「40mphならべつに速くもねえよ」って言ってる奴がいて、

>> In the Little League World Series they like to show the “MLB equivalent” speeds based on distance conversion and reaction times. Just to play along, a kid throwing 70 mph from 45 feet (the pitching distance in most 12 year old divisions) is throwing the equivalent of a 93 mph. I’d guess the average 12 year old throws around 55 mph, or 73 mph in MLB terms. Jericho Scott’s 40 mph fastball would be a whopping 53 mph. Even Tim Wakefield throws harder than that.
なんかよく判んない(誰か頼む)んだけど、子供のマウンドは45フィートから投げるから(大人は60フィート6インチ)なにやら換算して、たぶんスコットは53mph(えーと、85.3km/h)で投げてるんじゃねえの? といったことのようです。小学校4年生で85km/hなら、そりゃ凄ぇ。

だからといってその「地域の少年野球リーグ」とやらを支持する心算は毛頭なくて、「ジェリコ君がマウンドに上がると、敵チームは試合を放棄し、荷物をまとめて帰ってしま」うような連中にスポーツをする資格はなかろう。誰にでも判ることだ。


WikipediaにもJericho Scottくんの記事があって(笑)、そちらには「40 to 50 mph is the average pitch speed for 9 to 10 year old baseball pitchers.」(40~50マイルなら9歳や10歳ならふつうだよ)とありますな。

>> Scott's supporters alleged that the real reason was retaliation by a corrupt administrator and team-sponsor employee after Scott chose to join an opposing team.
※スコット側の人たちは「ほんとうの理由は、スコットが敵チームに所属したことに対する、管理者と使用人のセコい報復です」と言っています。
え?
今日の姫井由美子ちゃん:

昨日、離党届を提出、新党に参加。
セコいことするなあとも思ったが、議員は議員だんべ、好きにさせたりいな。

今日、夕刻の新党結成発表会に由美子ちゃん欠席。
あれ? 5人いないということは。新党は。キャスティングボート権は。残された人たちの立場は(笑)。

今日の夜、由美子ちゃんってば復党宣言。
なんだ、新党結成にアテウマで入って潰しにかかっただけじゃん、などと思う。
ちなみにご当人は「熟慮の末」とか言っていたけど、そんな熟慮があるもんか辞めちまえ。

それであとの4人はどうするんだろう。復党か自民入りだろうとは思うんだけど、詳しくないのでよく判らないのです。


鯨岡兵輔『84歳!』弘文堂 いやさまさかにとは思うのだが、政治家ってバカばっかりなわけは、ないよな。

とりあえず由美子ちゃんはもう信用しない。かつて脱税真っ最中の野村沙知代に参院選出馬を直談判に行った小沢一郎を信用していない(それより先にこいつもともと経政会じゃねえかよ)。綜合すると自民党と民主党を信用していなくて、あと政教分離がアレで左向け左がアレであとよく知らないので、けっきょくノンポリになっちゃって選挙のたびに困っちゃうんだよなあ。


今日のメシ栄養補給:

寝たり起きたりしながらゆるゆると、

  1. 昨日の残りのお寿司×4貫(僕は一貫=一握り派)、
  2. 昨日の残りのアジ刺身を少し、
  3. コンビニの納豆巻(既出)、
  4. コンビニの春雨サラダ(既出)、
  5. 失敗した煮豆(出汁煮)、
  6. 手抜きうどん、
  7. 冷蔵庫にあった豚足+酢味噌、
  8. コンビニの冷凍エビピラフ(105円)、
ってな感じか。勘定すれば多そうだが、なにしろ02:00から始まって20:00までの話なのだから大したことはありませんな。もっとがっつり食わんと大きくなれませんよ。

雨も強いし、しょうがねえから銀の皿の出前でもとって(届けるほうがたまんねえな)喰って寝よ。やってらんね。

2008年8月28日(木曜日)、山は鉄。
新ヘパリーゼプラス 80T 4987103034544 けっきょく昨晩は1時間眠ってはごそごそ起き出してTシャツを着替え、1時間くらいなにやらしてから1時間眠って、というのを2~3回ほど繰り返していたような。

睡眠にも体力が要るっていうのはほんとうなんですかね。だからお年寄りは朝が早いという話も聞いたことがあるし、PC作業をマジにこなした日はやはり寝つけないことも多いし。

食欲なし。冷蔵庫にちょっと前に作った出汁巻き玉子があったもので、炭酸水で齧る。あと昨晩に薬屋さんで貰った試供品のヘパリーゼなど。でもいい話もあって、こないだうちから胃が痛いようなと思っていたのですが、咳き込みすぎで腹筋が筋肉痛を起こしているだけらしきことに気づきました。いい話なのかそれは。

あとは空き時間にちょっと練習などとも思うのだけれども、バルブトロンボーンとアコースティック・ウクレレとエレキ・ウクレレとクロマティック・ハーモニカが並んでいるものでピアノを弾いている暇がありません。


今日の世間狭い:

CD『GUITAR SPLASH!!』門岡祐司 昨日のライブにはルーちゃんと門岡祐司さんも来てくれていて、小耳に挟んだところではなんかこんど門岡さんの出るんだかなんだかのイベントにピアノの金井はるかちゃんも出演したりするらしい。はるかちゃんは僕もGolden Eggの「りびけんまつり」で押さえてるからね、世間も狭いなあ。あるいははるかちゃんが売れてるって話か。


そういえば、ジルコンズをよく識る某人が娘御に「ジルコンズはねえ、(ポニョの)藤岡藤巻と共演したことがあるんだよ」って言ってみたら、いきなり娘さんが儂らを尊敬し始めたのだそうな(それ以前に抱いていた印象のほうが正しいと思うぞ)。

だからいちど観にくればいいのに。デブとかハゲとかクール・ビューティとかバカとか揃ってますから、ある意味でThe Zirconsは社会の縮図ともいえる。いい勉強になるだろうさ。


もひとつついでに。9月28日(日曜日)にThe Zircons下北沢Colored Jamセニョチャリさんのゲストで出演するのだが、このお店って7月に登戸の字幕の後に『和泉三丁目』を観にいったところではないか。はい、今日になってやっとこ気づいた僕が間抜けです。

今日のお買い物:

NIKE AIR REJUVEN8 318920 801 Orange/Black 正確には昨日なのだが、ライブに履いて行ったアディダスの運動靴がたいそう古いもので、ちょいと小雨が振ると底からも脇からも雨漏りする。雨が予報されていたこともあり、そのへんでナイキの運動靴をひとつ買い込んで、アディダスは処分してもらいました。

というわけで例によってハイテク・スニーカーなんか買っちゃっているわけなのだが、けっこうな速度で走って逃げられそうでもあり、履き心地もいいし、それなりによろしかったのではなかろうかしら。

どうでもいいけど、Nike Air Rejuven8って「rejuvenate」のことだよな。プリンスか嵐山光三郎かあんたは。


今日のお散歩:

昼頃に野暮用で新宿に出たついでに、

  • バルト9という新しいシネコン、
  • ジュンク堂書店、
  • TSUTAYA、
  • ヨドバシカメラ、
あたりを覗いて廻る。映画館は、劇場もプログラムも多いみたいでよかったんじゃないかな。いずれ一度入場してみないことには判らんが、原田美枝子+山崎ハコ『地獄』、中田版『女優霊』なんてものが今さら劇場で観られようとは。。ジュンク堂はただもうだだっぴろいので、うろうろしているだけでけっこう楽しい。捜し物をするときには迷子になるんだろうなあ。TSUTAYAとヨドバシカメラは、自分の欲しいものの在庫調査。

帰りがけ、東中野の茶月でランチ握りを買う。ちまちましたものなら喰えるかな、と思ってのことです。

池袋の碑。
歌碑です。五線譜と歌詞にコードネームが振ってあって、作詩者と作曲者の名前も記されている。ちょっと写真を撮ってきました。
いしぶみ。
画像が荒くて申し訳ない、ちょっと無理目に拡大してみましたが、どうかな。
とりあえずコード譜を写してみましょうか。あ、in F(ヘ長調)の四拍子です。

|F|F|Gm Dm|C7|
|F|Bb|F C7|F|
|F|F / / Am|Dm / Bb Bbm|C7|
|F|Gm Dm|F / / C7|F|

勘のいい人ならば、もう気づいたとは思いますが。


音符もいちおう書いておきましょうか。

|どーーれどーらー|どふぁーそらーーー|
|[そーそ]ふぁれふぁーれー|どーーーーー休休|
|らーーーそーふぁー|ふぁふぁーみれーーー|
|[どーれ]どらそーそー|ふぁーーーーーらど|
|れーーーーみどら|れーーーーーらど|
|れーーどれーふぁー|そーーーーー休休|

|らーーらそーふぁー|そそーふぁれーーー|
|[どーれ]どらどーそー|ふぁーーーーーーー|

※[ ]内は三連。

もういいよね。
現物は池袋東口三越の東裏、共用部分というよりはあきらかに公有地っぽい園庭にどーんと立っています。

2008年8月26日と27日(火曜日と水曜日)、人間の屑。

26日は、

ちょいと昼間っから知人と飲みに出ちゃいましてね。なにしろこいつがちょいと入った蕎麦屋で昼日中から焼酎のボトルなど注文するのだからたまらない。こちらはなにしろめっきりてっきり酒にも弱くなっている自覚があるものだから、ちまちましたものをつまみながらちびちびと、それでもけっこう呑んだな。

日暮れて、池袋エールハウスのロッキーセッションに顔を出してみる。そんな状態でまともなものが弾けるはずもなく、あっさり撃沈さる。終演後、とっとと帰宅して死に寝。



27日は、

朝はなんとか起き出したものの、どうにも肝臓からグリコーゲンが出ていない感じで元気も食欲も皆無。なんだかんだあって17:00からリハーサル予定の池袋西口カラオケ館に定刻に到着したところで、横ヤンと亜紀ちゃんから「30分ほど遅刻する」との連絡が入る。とうぜん僕らは4人揃わないとなんにも始まらないものだから、駅前の「からだケアFine!」という揉み療治屋さんに入って、20分ほど揉んでいただく。20分で2,000円だったから、まあまあかな。

リハーサルのあとは例によって「ベトナム食堂」でリハーサルのウチアゲなどして、僕はけっきょく朝からなんにも食べていないものだから店員さんにお願いして「小さなスープ」など出していただく。流動食ならなんとかなる。それから近所の薬屋さんでドーピングなどちょいとキメて、ライブ自体は「ライブ体力」で無事に乗り切る。

終演後はそれでもやっぱりグロッキーなわけで、ちょいと奢ってFree Flow Ranchの前でタクシーをとっつかまえて帰宅。家から50メートルくらいのところに着けてもらって1,340円だったから、まあそれくらいの贅沢はたまには勘弁してやろうかって感じ。

それで帰宅して3時間ほども眠ったと思ったら目覚めてしまう。よほど疲れているらしいんだな、俺やっぱり。


今日の落ち穂拾い:

さいきん気づいたのだが、横ヤンは母音のロングトーンの終わり際で「口を閉じて音を切る」習性をもつ。というわけで今日のリハーサル中にちょいと矯正をかけてみたのだが、直らないねえ。曲終わりのたびに「口を閉じるな」としつこく言っていたのだが、「N終わり」でも閉じてるうえに「Nだから閉じていいんです」とかって出鱈目を言い始める始末。ま、そのうちなんとかしましょ。

※翌日追記:
あ。さてはカタカナで歌ってるんだな、この男は。
リハーサル中に知人から電話が入って、「アルペンホルンの吹き方」を尋ねられる。なんのこっちゃと思いつつも、なんとなく答えられる自分が不思議だ。

セカンド・ステージの前にコンビニに寄って戻ってくる途中で、ベトナム食堂の店員さんとばったり。じゃあってんで、Free Flow Ranchの前の階段で少し聴いていっていただく。

前回The Zircons live at 四谷三丁目Sokehs Rockでは、「リピーター予定のお客さんプレゼント」として「次回も来るひとにはプレゼントを進呈します」という試みを実行したのだが、それで「ジルコンズ団扇」を持ち帰ったお客さまもけっこういらしたものと思うのだが、だぁれも来やしませんでしたね。なんだかなあ。

※翌日追記:
前回のライブDVDを眺めていたら、嬉しそうに「ジルコンズ団扇」を貰っていく人々がばっちり映っていた。
僕が演奏中にビールを注文しないのを、Free Flow Ranchの店長が不思議に思っていたらしい。そんなん、この状態で飲めまっかいな。
Sets List for The Zircons Live Aug. 27(Wed.), 2008 at Ikebukuro Free Flow Ranch.
サンチャゴと私 Place: Ikebukuro Free Flow Ranch
Performed by The Zircons
Sets: 1st set from 20:30 to 21:25, 2nd set from 21:35 to 22:30
Sets:
1st set by The Zircons
  1. Come Go With Me
  2. Tonight (could Be The Night)
  3. 妖怪人間デブ
  4. Little Star
  5. The Boy From New York City
  6. Blue Moon
  7. Please Mr. Postman
  8. Barbara Ann
  9. Remember Then
  10. Lion Sleeps Tonight
  11. Rawhide
  12. Oh What A Night
2nd set by The Zircons
  1. For The Longest Time
  2. Sh Boom
  3. Sixteen Candles
  4. Johnny Angel
  5. That's My Desire
  6. ああ人生に涙あり(Theme from 水戸黄門)
  7. Rama Lama Ding Dong
  8. Maybe
  9. Sixty Minutes Man
  10. Wonderful World
  11. Looking For An Echo

  12. また逢う日まで(encore)
ご来場ありがとうございました。
2008年8月25日(月曜日)、閉鎖系のエントロピーは猖獗する。
而してゴミを捨てないと部屋は散らかる。


サンチャゴと私 8月27日(水曜日)、池袋でThe Zirconsのライブ演ります。

と き:8月27日(水曜日)、17:00くらいオープン、20:00くらいスタート、持ちネタ30曲くらい演ったらおしまい。
ところ:池袋Free Flow Ranch(東口近く、いろいろい美味しい)
木戸銭:無料(投げ銭制だが払わなくてよかよそんなもん)
演し物:a cappella Doo-Wop The Zirconsの歌と踊りと冗談口

※毎回満員御礼だものですから、予約してください(Tel. 03-5952-6599)。当日でも可。


今日のトロンボーン:

Holton TR395 Superbone
捜すとあるもんですね、こいつはピストンとスライドが両方ついてる。
吹き方が想像つかないのですが、俺ならまずピストンをガムテープで固定して移調楽器として‥‥吹けるかそんなもん。

持ってる楽器と同じものの模範演奏(笑)が聴けるサイトもみつけました。あんまり上手くはないなと思いつつ、もっと弩下手糞な僕がいる。

あと、ピッコロトロンボーンとか冗談みたいな楽器もあるんですね。いやぁ奥が深い。

今日はね、

ブンガワン・ソロ、
いつも何度でも、
椰子の実、
If You Really Want To Be My Friend、
Close to You、
涙そうそう、
ってな感じで、速いものはいつでもできるけど、ゆったりしたテンポのもので文頭と語尾をかっちりやるほうが難しいことに気づいたんですね、どうやら。
今日も映画:

DVD『地下室のメロディー』 NHK BS2にかかっていた映画『地下室のメロディー』を、完全にBGMとして流しておく。いや、忙しかったもんだから。音楽だけでも素晴らしいし。フランス語判んないから作業の集中を欠くこともないし。

この映画は小学生時分に何度かテレビで観ていて、テーマ曲の進行が読めるあたりで「僕がブルース進行を理解した」記念碑的な作品ではある。あとジャン・ギャバンもゴロワーズ喫ってるしな(笑)、因縁は深い。

僕はなんでか音楽をぜんぶアート・ブレイキーだと思い込んでいたのだが、なんか違うみたいね。どこで混ざっちゃったんだろうか、不思議だ。



明日は、

マジでお忙し。つうかここんとこサボりすぎ。
夜は池袋ロッキーセッションに行けるといいな。

footcopy