FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年6月26日(木曜日)、「CG」と書いて「コンピュータでゴマカす」と読む。
「CGI」なら「コンピュータ技術で誤魔化すいい加減な映画」だなボソ
てきとうに起き出して、予定通りに中井→新中野→新宿と歩く。

  1. なんでもいいんだってば。 来週末の876コンサートにどうやら出演するとなると、やはり背広は着ていかないと‥‥1989年に田中瑶子先生の譜めくりをさせていただいたときにミツミネで作った7万円の黒礼服は、サイズはぜんぜん問題ないのだけれどもいかんせん冬物(作ったのが12月だもんな)だし、どうせ黒黒になるのだろうから、黒ジーンズに黒ジャケットでいいや。というわけでTAKA-QとかGAPとかUNIQLOとかをひと渡り流して、ってどうにも行き先が安いね。TAKA-Qだと15,000円くらい、UNIQLOなら3,000円くらいで黒のペラペラの背広が買えることは判った。黒きゃいいんだよ、黒きゃなんでも。しまったな、どうせ新宿にいたんだからコメ兵にも廻ってみるのだったか。え? ベルトとネクタイ以外は古着でいいんだよ、俺なんかは。

  2. VideoStudio 12 ちょいとDVDの画像を編集する必要が出てきて、ヨドバシカメラでリッピング用のソフトウェアを眺めていたら、なんか「15日間使用できる無料体験版」というのがあったので貰ってきました。買うといくら? 15,000円。うーん、ちょいとDVDを切り取ってエンコードしたいだけなんでここまでの機能は要らないんだけど、とりあえず使わせてみてください。どうもありがとうございます。


  3. ついでにサブナードの福家書店によってみたら、WHDジャパンのDVDコーナーが撤去されていました。おいおい、どこで買えつうの。だいじょうぶかWHD。
    それで思い出したのだが、週末の「最初は'C'」のオフにはおーうちさん用のビデオを何本か持って行くとしましょう(荷物が増えるが知ったことか)。てっきり忘れておりましたよ俺ってば。


  4. 木製コンパクトギターアンプ LOCO(ロコ) MA-3T(チューナー内蔵) 携帯ギターアンプ用に電源アダプタを買おうと思ったのだが、どうにも「センタープラスの12V」という仕様が邪魔してどないもこないも。まず12V仕様が売られていないし、センタープラスもけっこう珍しいぞ。いっそアンプの電源ジャックの裏側をいじっちまおうか。それくらいならできる。


  5. マグロの目玉 食い物のほうは、ほんとは久し振りにマグロの目玉でも酒蒸しにしようと思っていたのだが、伊勢丹も三越も小田急ハルクも空振り。しょうがないから帰りがけの中井駅前鳥一でレバーでも買うかと思ったら売り切れ。じゃあいいよ、ガンモドキと小松菜で煮物でも作ろうと思って三の輪通り繁栄会まで戻ってきたら、いつもの豆腐屋さんがお休み。あれまあ、晩飯計画完全瓦解。しょうがないので魚屋さんでメバルとサンマを買ってきて、メバルは塩焼き。サンマは手開きで刺身っぽくしてみました。
    めばる

今日のニュース:

  1. 京産大の学生さんもイタリアでドゥオーモに落書きなどする。ほーら関西人。

  2. つくばの飲み屋さんで、付け合わせのアジサイの葉っぱを食べちゃったお客さんが食中毒などおこす。そりゃまあそうだが、俺も中野のモツ鍋屋でクマザサ食わされそうになったことがあるぞ。毒性はないと思うが、セルロースが消化できないから腸閉塞で死にます。

  3. R25に「血液型Oの汗っかきは蚊に食われやすい」という記事があったのだが、そして僕はO型の汗っかきなのだが、蚊には食われない。半径5メートル以内にひとがいれば、僕は食われない。
    僕の血の不味さには定評がある、らしい。蚊界では。
    そりゃR25とかニュース畑とかを相手にしても無駄だけどな、蚊さんも読んでないだろうし。

今日の読書:

ハヤカワ文庫『まだ人間じゃない』 フィリップ・K・ディック『まだ人間じゃない』(ハヤカワ文庫)を買う。短編集なのだが、劈頭の「フヌールとの戦い」を読んだ時点で腰が砕ける。谷川俊太郎訳『十にんのニグロのこども』の最後のひとりは「結婚して」いなくなるのだが、同じネタで対エイリアン戦を描いているわけで、なんじゃこりゃ。


今日のウクレレ:

そろそろ週末の「最初は'C'」のオフラインミーティングの講師ネタとイントロドンネタと個人芸ネタ(個人芸とは言わないのかな)を考えなきゃならんのだが。

  1. まず一芸タイムは計算してみたら個人芸タイムが275分間あって、出演が40組近くある。ということはひとり5分。俺ってほっとくと275分間くらいなら平気でひとりで弾き語っていたりするもんだからという話は措いといて、えーと、持ち時間が5分。『家とカサ』は1分で終わるから演るとして、じゃああと『雲雀よ雲雀』あたりでちょうど5分か。あと3分あったら『コーヒー・ルンバ』かな、ウクレレ的には。

  2. 講座のほうは「左手の法則」という大ネタなのだが小さく小さくまとめて、手首の角度と小指の入れ方くらいやってりゃ20分くらいすぐ経つでしょう。いちおう土曜日までにレジュメは書いておくこと>>俺。

  3. ウクレレ・イントロドンは、ネタはいくらもあるけどいざとなったら「私はなにを弾いている心算でしょう」(ふくすけさん考案)とか演ってればどうにでもなるな。
よし、完璧。

明日は、

また野暮用で新宿に出るついでに、なんかCORELの画像編集ソフト「体験版」の機能制限に腹が立った(俺の1時間を返せ)ものだからヨドバシカメラでなにやら買い込んできてやる。

ついでにコメ兵にも寄ってみて、楽器売場と古着売場を覗いてみる。さしたる気合いはない。あと今週来週と日曜日のライブが続くので、散髪にでも行ってみるか(いま調べたら、前回が4月30日でした。日記もつけておくものですね)。



スポンサーサイト



DVD『幸福の鐘』。
DVD『幸福の鐘』 レンタルで借りてきたSABU作品『幸福の鐘』を観る。幸せ。

オープニングで高らかに「a SABU film」を宣言するのだが、こういうのってカーペンターとかもそうだけど、いちいち高らかに宣言しなくても観りゃ判るってば。本編はえーと、『バニシング・ポイント』(どっかの映画雑誌で「BP」って略していたのが阿呆でしたね)で『パルプ・フィクション』で『素晴らしき哉、人生!』で、でも持ってきかたが素晴らしい。

SABU作品というと「β-エンドルフィンを分泌しまくりながら走りまくり」という認識があったが、今回はとりあえず「歩く」だけ。なんかヒマになったもんで街をぶらついているだけの話なのだけれども、こいつ俺じゃん。ニュートラルに見えて実はローギヤな積極性、自分をまったく大切にしない人生に対するユルさ(だからラストの一家団欒が生きてくる)、そして自己主張がないので一切合切台詞がない(あっても映さない)。基本的に「勝手にやってろ」と思っているので、よほど困らないと行動しません。うん、一億円くらいどーでもいー(篠原涼子がアウディ買ってなかったか)。つぅかラストに至るまでヤサを映さないあたりが確信犯だよね、この映画。

あと雑感で、

  • 映画は上映100分くらいが僕の適量らしい。これもカーペンターといっしょ。
  • やりたいことが頭抜けているもんだからバカ映画にも見える。チャウ・シンチーと同じ資質なのだと思う。
  • あ、白川和子。
  • 鈴木清順みたいな爺さんになりたい。
うろ覚えだが『谷川俊太郎の33の質問』というのがあって、「誰のためになら死ねるか」というのに「理由さえあれば誰のためにでも」と答えた奴がいた、と思う。それは僕だし、そういう奴が主演している映画なんだな、これは。
2008年6月25日(水曜日)、軋轢→摩擦熱。
朝、なんかテキスト入力のお仕事などをやっつけて。
昼から昼寝。生体サイクル滅茶苦茶。

合間でウクレレなど弾いているのだが、『雲雀よ雲雀』だけがどんどん良くなっていく。The Zirconsで演る心算の『Train-Train』はぜんぜん演ってない。どうすんの俺。


今日の読書:

あ、間違えた フレドリック・ブラウン『交換殺人』、読了。原作は1961年の作なんだけど、ビート族の人がチャーリー・パーカーとかバッハとか聴きながらラリってるってのが最高だぜ、生まれてくる時代を間違えたね僕は。

どうでもいいけど、貨幣価値がよく判んないのがなあ。とりあえず出てくる金額が4桁にいかないのだけれども、大盤振る舞いして当時で仮に1,000ドルとすると‥‥36万円。あのー、人がとりあえず3人くらい死んでるんですけど、まあ50年前だからなあ。劇中に出てくる「10¢ショップ」というのがたぶん「100円ショップ」みたようなものなのだろうなあ、なんてあたりから類推するとしましょうか(それでも千ドルが360万円)。


今日のセンセー:

中止。


今日のニュース:

落書 フィレンツェのドゥオーモに油性マジックで落書きしたやつがいてね。

  • 僕はそんなには目く尻も立てない。いずれ関西人のやることじゃねえか。
  • あそこって行ったことあると思うんだけど、もともとあっちこっち落書きだらけだったような。気のせいかな。
  • 筆跡を見ると、書いた奴はひとりですね。とりあえずこの娘を派遣してお掃除させるというのはどうでしょうか。


今日の中井界隈:

夜半に近所をうろうろしていたら、またアオキさんのところのガレージの電気が点いているもので、勝手に入っていって消す。いつものこと。あとサトーくん(中学生)の自転車のフラッシュライトがまた点けっぱなしになっていたので、勝手に消す。いつものこと。

今朝6時過ぎくらいに五の坂のうえですれ違ったケッタのお兄さんがどこかで見た顔だよなと思っていたのだが。24時過ぎになって五の坂下のサンクスに行ったらそのお兄さんがレジ打ってた。



明日は、

えーと、新中野から新宿経由であれとこれとヨドバシカメラ。
ああ、『鱒』と『モルダウ』の合唱団用音取りテープを作るというミッションがあったな(なんでそんなものが必要なのかさっぱり判らんが)。

footcopy