FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年6月16日(月曜日)、Change!と書いて「チャンゲ!」と読む。
早朝にゴミ捨て場の前に佇んでいたら、近所の婆ちゃん(国政調査とかしている)に声をかけられた。「なにを悩んでんの?」。

ゴミ置場に放擲されている傘が、どう見てもこないだ干しておいたらパクられたやつなんですけど、明らかに壊れてるんですよね。どうしたもんかなと思って。責任とったもんかなあ、と。

けっきょく引き取ってきました。土曜日の「燃えないゴミの日」に提出しましょ。


今日の『雲雀よ雲雀』:

思いっきり内輪話をするが(つまり詳説はしないが)、先日のALCaféで津原泰水氏作の『雲雀よ雲雀』を演奏させていただいたについて、小山亜紀経由で津原さんに御礼状を出しておいた。これも小山亜紀経由でお返事を頂戴して、ついでにブレスの小技も教えていただいた。ありがとうございます(でも4 bars/1 breathで統一しちゃいました)。

そのお返事から推察するに津原さん、どうやら僕がin Dmのオクターブ下(つまり本邦クラシカルで言うところの「に音」はじまり)で歌っていると思っているらしいのだが、ソロでは『Sixty Minute Man』以外でそんなところから始めません(笑)。ちなみに『Sixty Minute Man』の最低音と『Train-Train』の最高音では3オクターブ違うな。全部実声。今後僕のことは上高田のロバート・プラントと呼んでください、ボブよりゃオクターブ低いけど。自宅で歌を仕込むときなんかはオクターブ下げてます。便利。


今日の日本語:

知り合いが「緑一色」というバンドをやっているのだが(縁がなくて観たいのだが観られていない)、これをスルーで「りゅーいーそー」と読んでいる自分がいる。たとえば時代小説に「お店」と書かれていれば自然に「おたな」と読んでもいるのだが、それでいいのか。

そういえば朝から鰊の三五八漬を焼いているのだが、これは「さごはちづけ」だよね。これが「二五八」なら「りゃんうっぱ」と読んでいることでしょう。


今日の映画:

インターネットに『生ける屍の夜』があるのは知っていたのだが、テレ東吹替版の『ゾンビ』(すでに別の映画だよなこれ)もあるのを発見。眺めていたら仕事にならないのだが、眺める。

DVD『アルゴ探検隊の大冒険』 これもネットで『アルゴ探検隊の大冒険』とかも眺めていたりして。ああそうか。ギリシヤ神話とかの時代には神様も人間をコントロールできていたのだけれども、そのうち人数が増えてくるとコントロールできなくなってしまった(というか制御のキャパを超えた)のだろうな。なんか全人類合わせて2,000人とかいう時代もあったみたいだし、その頃は神様もラクだったろうなあ。



明日は、

19時にサントリーホールで打ち合わせ。
そのあと池袋でジャム。ということは、サントリーホールにウクレレ持ってくわけね、僕。



スポンサーサイト



2008年6月15日(日曜日)、学芸会上等!
今日のちょっと書いてみる:

どなたか、東京近郊でアップライトピアノを持て余しているかたはいらっしゃいませんでしょうか。それ、ください。ロッキーくんが某所お店用に欲しがっていて(現状の(僕の大好きな)ボロピアノが限界なんだそうです)、運送費とかは負担させていただくそうです。お心当たりのあるかたはよしなに、お願いします。


今日のバカ:

ここ何日間かの間に「救いようのないバカ」という言葉を連続して何度か目にしたのだが、バカは救いようもないし死んでも治らないからバカなのであって、たとえば「救われたバカ」はもうバカではないのだろうけれども治るようならもとからバカではなかったのだよそいつは。ついでに「救える」と思っている時点で救おうとした奴もバカだな、面白いな。

というわけで「掬いようのないバカ」が正しいと思うのだが、どうなのかな。もちろん辞書なんか調べないけど。調べたら載ってるのかなあ、なんて想像しているほうが楽しいわけだし。


昨夜半のお買い物:

仕事の合間に、といっても25時近くになって東中野ライフに行ってみたら、毛蟹が半額セールになっていて800円しなかった。けっこうな貫祿なのに。ついうっかり買ってきてしまって、買ったからには食わんとしょうがないので蒸して食べたのだが、毛蟹喰いながら仕事ができるか俺。できるわきゃねえぜ、ってんでまったく捗らなかったのでした。もうちょっと前頭葉も使おうね、視床下部と脊椎反射だけで生きていくのにも限界があるよ君。


今日の耄碌:

The Zirconsのサンちゃんからブギウギ・ピアノに関する質問が来てちょっと教えてあげたりはしたのだが、ブギウギから離れて「ブルースピアノのパターン」ならいちばん上手いのはあの人だったなあと思ってトゥーツ・シールマンスとノルウェーかどっかでデュオを演ってたピアニスト(LPで持ってる筈なんだが行方不明なんだなあ)をネット検索してみたのだが見つからない。どうしても「右手と左手を別の生物が弾いている」ようにしか聴こえない人だったのだが、なんつったかなあ。ええ、ビルでもワーナーでもありません。もっと思いっきり枯れた人。

以前にサンチャゴが「さいきん固有名詞が思い出せなくてさあ」と言っていたので「それは昔から思い出せていなかったんだよ」と教えてあげたのだが、俺もか。


今日の横ヤン

なんだかんだで7月7日のThe Zirconsライブ@Back In Townでは4曲くらいピアノを弾くらしい。4曲ぜんぶ転調があるらしい(うち1曲は僕が仕込みました)。そのプレッシャで体重が堕ちまくりらしい(彼のレゾンデートルは「重量」にあるので、この表記が正しい)。

ついでに髪の毛も伸ばしてサラサラにすればいいのに。きっとかっこいいぞ。


今日のニュース:

テレビ東京が午後ローでシャロン・ストーン主演作品の放映を差し控えた、という報道がある。なにやら中華への配慮が噂されているようなのだが、ことテレ東に限って関係ないと思うよ。そんな細かいことをテレビ東京は気にしない。もっとおおらかでダイナミックな会社であることは論を俟たない。

関係ないけど、さいきん「中華民国」という言葉を報道でみかけないね。国家間の話は措くとして、マスメディアの論調乃至指向としてはこっちのほうがよほど問題なのではないのか。


今日のお買い物:

夕刻につるかめランドで、昨晩のポトフに足そうと思って牛スネ肉を少々。えーと、タマネギといっしょにフライパンで炒めて、ということかな。あと、鰊の三五八漬。これは焼くだけだな。

どうでもいいけど御飯を炊いてないねえ。ずうっと「玄関あけたら2分で御飯」。お櫃がカビちゃったのが痛いなあ。


今日の小さなイチャモン:

大久保のSくんと新中野のSくんは、ジャム・セッションでやたらと僕を褒めるのをやめてほしいんだな、実は。甘やかすと増長するタイプなので、ごめんなさい。どちらかというと叩かれて伸びるタイプのジーンなのですよ、すんませんよろしく。

弁天セッションでは、ソプラノサックスの娘さんに「りびさん褒めてたよ」と振られた話に「音はな」と言い放っちゃって「しまったな」と思った俺もいるわけで。上から目線はいかん、全員対等。全員対等。

footcopy