FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ラヂコンズ2題。

Please Mr. Postman


Little Darlin'




スポンサーサイト



2008年6月6日(金曜日)、プラネタリウム文学。

ライブ演ります弾き語り:

演奏中。

ところ:荻窪アルカフェ
とき:6月11日(水曜日)、19:00開場の19:30開演
演し物:りびけんの歌と踊り
木戸銭:500円くらい+安めの飲食物

さて、演目がぜんぜん決まらないのだが。例によってお客さんの顔を見てから決めちゃうのでもいいかなあ。どうしようかなあ。
根性のすわった猫。 09:00起床、お風呂。髪の毛をさらさらにしたいのだが、あの20代のキューティクルを取り戻すためにはどうすればいいのだろう。いや、さらさらになればラクじゃん。あるいはパンチパーマでもかけちゃえばラクなのだろうが、近所の子どもが怯えるからな、たぶん。

少しうだうだしてから、新中野まで昨日のお仕事のトッパライをカッパライに行く。労使交渉は25,000円で妥結しましたから、まあまあの稼ぎやね。ついでにお昼御飯は鍋屋横丁の塩干「宮本商店」で愛想のいいおっちゃんからコロッケ4つ、サラダ3種、油揚2枚など買い込んでいろいろしていただく。

ついでに何故か預けてあった本だのビデオテープだのが返ってきたのだが、なかになんでか『ビキニの悲鳴』なんてのが混じっておりましたな(あれだよ、『ビーチガールと怪物』ってやつだよ)。きっとWHDジャパンの祟りに違いない。

帰りがけは借り物のケッタで中野経由、新井薬師経由で家へ。中野明屋あたりにWHDのビデオが置かれていないかなあと思って覗いてみたのだが、ありませんでしたな。


今日の三谷幸喜:

朝のワイドショーで小倉さんが喋っていて、右下のワイプ窓で天気予報かなんかやっている背後で三谷幸喜がなにやらしていた。こないだうちは「相棒まつり」だったものが完全に「三谷幸喜まつり」に移行して、三谷幸喜が出演しないテレビ番組って『古畑任三郎』の再放送くらいなんじゃねえの?という感じになっている。

小倉さんが「そこまでしなくてもお客さんは入りますから」と言っていた。僕もそう思うけどなあ。


今日の提案:

DVD『リトルショップオブホラーズ』の古いほう クロサワだの言語の齟齬だのでリメイク映画が目白押しの今日子の頃なのだが、あのさあ、「過去に失敗した映画を面白く作り直してやろう」って奴ぁいねえの? と思っちゃうんだわさ。

たとえば『スウォーム』とか『世界崩壊の序曲』とか『世界が燃えつきる日』とか、ちょっと設定をいじってやって(こっちが重要)、最新技術を注ぎ込めば(これは実はどうでもいい)、けっこう面白くなるんじゃないの? あとは『麻雀放浪記』なんかは監督さえ入れ替えればどうにでもなる話だし、AIPなんかでも拾える話はずいぶんあるんじゃないのか。

だってさ、面白かったヒット作をそのまんまなぞったってオリジナルより面白くなるわきゃないし、むしろ残るのは違和感じゃん。それよりは死んだ子の齢を数えるような作業のなかから新しい発見をしちゃうほうがかっこいいじゃんの。


今日のセッション:

演奏中 帰宅していろいろしてから、弁天のジャムセッションに、ってまた新中野だよ、動線の無駄なことだ。斉藤くんのところのセッションはあんまりセッション馴れしていない僕のような人から大ベテランのQUISENくんのような人までいろいろ来ていて、観察していると面白い。個人的には、気持ちは判らんでもないがセッションくらいで上手いとか下手とか経験豊富だとか場当たりですとか関係ないんだけどな。でもまあいろんな人にいろんなことを訊かれるものだからいちおう真面目にお答えはしておく。おくけど、ピアノもたまには練習せんとあかんの儂も。

今日は僕はずうっとピアノで、『Lovin' You』、『Chicken』、『Fly Me to the Moon』、『Spain』といったところか。弱点はねえ、ボサノバとかできねえなあ。なにを弾いてもハネるかスクェアかのどっちかというのはなんとかしたいねえ。いやどうせ刻んじゃいないんだからどっちでもいい、というのは甘えだ。速いパッセージとか気持ち悪くないコードワークとかは、あきらめました。

帰宅して、青梗菜をハツと炒めていただきながら、QUISENくんが焼いてきてくれた三馬鹿トリオのDVDなど眺める。意外と面白いので、11日のアルカフェはソロで演るとしても、いっかいだけスタジオに入ってきちんと詰めてもいいかもしれない。エレキウクレレの音が意外とよく響いているのも得点だったかな、たしかジャズコーラスに繋いでいたように思うのだが、出力のあるアンプだとまた違うのだろうなあ。



明日は、

どうでもよくて、まあお仕事などいくつか。どうでもよくないか。
明後日の日曜日、歌舞伎町Golden Eggのセッションに行くと22時くらいにヘソダシルックのお姐さんが大挙して押し寄せてきてジーマを口移しで飲ませてくれるというので死んでも行く心算。

footcopy