FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年5月20日(火曜日)、のんびり。
近所に人懐こい餓鬼がいて、今朝は挨拶がてらに柿の木のことを少々教えてやる。それはまあいいのだが、この餓鬼がこのかっこいいお兄さんをつかまえて「おじさん」呼ばわりしやがったもんだから「"おにいさん"だからね」ときつく言い含めておきました。

今日の小さな疑問:

昨晩のエールハウスも先日の弁天もそうなのだが、セッションに行くとプレイヤーが通常チャージを支払って、「聴くだけ」の人はノーチャージだったりする。ついうっかり「聴くだけです」なんて言っちゃいそうになるのだが、神泉ランタンは「プレイヤーはノーチャージ」だったっけ(聴くだけの人は千円払う)。

さして経験があるわけでもないのだけれど、ヨーロッパでもアメリカ本土でもハワイでも香港でも、セッションやってる店に入ろうとすると「聴くだけなら千円だ」とか言われて慌てて「あ、演ります演ります」なんて軽薄に言っちゃったりしているのだが、「演るならカネ払え」と言われたことはないなあ。

  1. 演奏者は働いているのだから料金はお安く。
  2. 演奏者は売上に貢献しないのだから料金はお高く。
どちらが正しいというものでもないのだろうけれども。

今日のごはん:

のんべんだらりと。

夕刻、蕪のお味噌汁を設えてみる。蕪はふつうに皮を剥いて刻んで、ふと見たら剥いた皮が余っていたので(あたりまえですね)細刻して刻み揚げと胡麻油と塩で炒めてみました。まぐれあたりだが意外と美味い。

あとはご飯と辛子明太子。


今日のセッション:

今日は大久保水族館セッションの3周年記念で徹夜だってんで、お祝いがてら行ってみる。東中野から大久保に出て歩くのと、中井から高田馬場に出て歩くのとどっちが楽かなと思ったのだが、まあ似たようなもんか。

というわけで3周年だぞめでたいぞってんで50人くらいもお客さんがいらしていまして、徹夜ってんで翌日有給休暇を取ってきてるやつ、自分のライブハウスを休んできてるあの店長、翌朝9時から仕事なのにビール飲んでるやと、とたいへん頼もしゅうございました。僕はエレレレレとキーボードで何曲か演らせてもらって、ウクレレのほうはだんだん使い方が判ってきた感じで収穫多し。鍵盤のほうはまあいつもどおりかな。あと煙草を買いにでたついでにお巡りさんに職務質問されましたが、いまさら驚くこともありませんね。

平和裡に始発にて帰宅。



明日は、

というか今日は、平凡舎ウクレレ部のお稽古でセンセー。



スポンサーサイト



footcopy