FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年4月26日(土曜日)、半笑いのまま駆け抜けろ。
昨晩04:00に寝たのに今朝07:00に目覚めちまって、お洗濯しながら朝御飯。おまんま、到来物の昆布の佃煮、鰺の開き、馬鈴薯の味噌汁、野菜屑サラダにバルサミコとマヨネーズと胡麻油の自家製ドレッシング。お腹いっぱいになったら眠くなったのだが、ちょっとやることもあったもんだから頑張って起きたまま。
井上ともやすディナーライブ 昼から野暮用で新宿に出て、野暮用はあっという間に片付いて、歌舞伎町あたりを通りすぎながら「そういえばPBPでゴスペルクワイヤMIGHTYのクラス対抗歌合戦をやっているなあ」なんて思いつつ思いっきり後ろ髪をひかれながら西武新宿駅へ。駅前にフォークゲリラでわらぶー井上ともやすさんのポスターが思いっきり貼ってある。プリンスホテルでディナーショーですと。

>>4/29(祝)新宿プリンスホテル「懐かしのフォークの夕べ」
>>お客さん参加型のディナーイベントです。もちろん弾き語りライブもあります。
>>18:30~21:30
>>料金:¥5,000でバイキング式料理の数々&飲み放題 ◆TEL:03-3205-1111

お客さん参加型? 弾き語りライブ「も」あります? なにジャムセッション? なにがおっぱじまるのだろうか、ちょっと興味あるなあ。

帰宅がけの中井界隈の川っぺりで、近所に住んでるガールフレンドに出会う。ええ、70年前には23歳でしたともさ。ちょいと立ち話などしたついでに今川焼きをひとつ頂戴したもので、齧りながら帰宅。おいちい。


昼飯、タマゴ5つ!の梅干オムレツ、屑野菜サラダ、屑野菜のコンソメ。なんかコレステロいけどまあいいでしょ。

そういえば体重は58kgまで戻しました。体脂肪率15%、もうちょっと増やしたい。理想は62kgの20%あたりか。


今日の『うた魂♪』:

うた魂 合唱関係者にこの映画の話をしても「いつまでやんてんの?」という質問に答えられなかったり、舞台挨拶付き上映に行ってみても客席がそんなに埋まってなくて、しかも終演後に誰も席を立たないのを訝しがっているお客さんがいたりもして、話を綜合するにひょっとして宣伝がヘタなんじゃないかという疑念が脳味噌の端っこをよぎらないでもない『うた魂♪』なのだが、昨日の新聞には「ゴールデン・ウィークにも『うた魂♪』を観よう」という宣伝が載っていて、よかったなあ、2週間で打ち切りってわけじゃなかったんだと思って安心しているところなのだが、今日あたりからは上映劇場が移るみたいなので安心ついでに豊島園に行ってもかかってないからね、頑張ってどこかで捜して湯の川学院高等学校合唱部を観てみようよ、なあみんな。


今日の豆知識:

先日のGolden Eggでは誰かが「Somedayってライブハウスはどこにありましたっけ」と言っていたので教えてあげたのだが、明治通り→新大久保→新橋ときて、今は新宿一丁目にあります。厚生年金会館の近所かな。

ピッチパイプ(例) うた魂♪のほうで、七浜が音取りに使っていたのを「ハープ」と書いていたブログがあったものだからいちおう書いておくと、あれは「ピッチパイプ」という楽器(僕はあれでブルースが吹けます)です。12音がちゃんと出るから便利だなっと。


今日のくだらないニュース:ほんとにくだらないことを書くけど。

善光寺の聖火リレー、うざうざ固まって走っているのもみっともないというのは措いといて、なんで長野県内を走っているのかがまず判らないのだな僕は(←詳しくないのでいい加減なことを書いている)。ふだんのオリンピックって、オリンピアから開催地まで走っていたわけじゃなかったっけ。それが、前回のアテネオリンピックでは「聖火リレーがオリンピアからアテナイまでじゃかっこがつかない」から世界中をへめぐったわけじゃん? ということは、今回は旧来のスタイルに戻してギリシャから北京までユーラシア大陸を横断すればいい話なので、なにも世界中を、ましてこんな島国まで来て走る理由なんかないと思うのだがどうなのだろう。

光市の事件の話で。とてつもなく言いづらいのだがやはり僕は死刑廃止論者なのだがそういうことは措いといて、たとえば死刑に懲役刑をくっつけて死刑のほうには執行猶予も付けちゃうなんてことはできないのかしらん(この場合には無期懲役にはできないと思うのだが(←詳しくないのでいい加減なことを書いている))。娑婆に出てきても、なにかやらかしたら即刻死刑ってことになったら、よほどの奴でもない限りそうそう無茶はできないとも思うのだが‥‥でも無茶な奴だから死刑になるのか。えーと。でも今上天皇陛下ももう75歳だし、人間だし、あと40年かそこらで恩赦出ちゃうよ。慣例から行くと法務大臣としてはなかなか署名しづらい案件だったりするのではないのか、なんて考えちゃった次第。

その事件で、子どものイノチを大人のイノチ「1」に対して「0.5」と数えた青山学院大学のセンセーがいらっしゃいましたね。俺もそうだしたとえば尊師もそうだが、こーゆーのに教わっている生徒さんが気の毒だな。
ジェーン・フォンダがイルカの保護運動をやっていて、「イルカは頭がいいから殺してはいけない」と言ったことがあったような。つまりアタマが悪けりゃ殺しても構わないわけで、人の生命の尊厳というのはそんなことではない。あるいは年長の皆さんを「後期高齢者」として括っちゃう厚生労働省とか、インテリって碌なもんじゃないね。

硫化水素の自殺事件がとみに増えている話で、練炭のときには集団自殺が多かったように思うのだが(←詳しくないのでいい加減なことを書いている)、硫化水素使用の場合は単独で死ぬ人が多いようなのは何故だろう、なんて思ったりもする。そりゃまあ人数が少ないにこしたこともないのだろうが。あるいは、「死刑になりたい」とか言って他人をぶち殺している馬鹿野郎よりはちょっとはマシ、という解釈もあるらん。
学生時代に合唱団の合宿に自転車で行ったことがあって、長野原のあたりから草津を抜けて志賀高原まで登ったのだけれど、草津温泉に登っていく道にガスが出ていて「ああ、霧だなあ」なんて思っていたら、路傍の立て看板に「毒ガス危険! 窓閉めろ!」って書いてあって、ざけんなこちとら自転車でいっと思ったことがある。あれが硫化水素だったよな、死ぬかと思いました。


DVD『トランスフォーマー』 レンタルDVDで『トランスフォーマー』を眺める。なんだかなあ、連中が喋り始めた時点でつまんねえマンガみたいになっちまって。いったん「つまんねえな」と思い始めるとジャンプカットは多いわ、イマジナリー・ラインがぶつ切れだわ、ギャグがくだらねえわ、メガトロンはいきなり英語喋ってるわ、人がどかどか死んでいるのにかすり傷以上の流血がないわ(きわめてアメリカ的ですね)、BGMは平板だわとよろしくないところがどんどん鼻につき始めるのは困りものだが、そもマイケル・ベイの監督作品にまともなものが一つたりともあっただろうか(いや、ない)。あ、バンブルビーの発声装置が壊れていたのは、うっかり喋るとまんまキットになっちゃうからだな、たぶん。

ふだんなら英語のレンタルDVDは英語と日本語吹替とで1回ずつくらいは観るのだが、こんなものは一度観りゃ充分だな。2回観るなら『クリスティーン』とか『ラブ・バッグ』とか『トイ・ソルジャー』とか『T2』とか『宇宙戦争(1953年版)』とか『SF/ボディ・スナッチャー』とか『光る眼(どっちでもいい)』とか『遊星からの物体X』とか、いっそ『ザ・チェイス』でも眺めていたほうがとてつもない時間の有効利用というものだろうて。


今日のブロガー:

アクセス解析をひとつとブログ広告をひとつ、載せてみました。

アクセス解析のほうはリファラーが判るんですけど、いやあ役に立たねえブログだなあ俺んとこは、なんて思って笑っているのでした。
ブログ広告はなんか右の下のほうに載せておきましたが、どうやらあなたのウェブ上の行動を分析して、そこにターゲッティングした内容の宣伝を表示してくれるという物騒な代物です。あなたの行動がどう分析されたのか、まあ見てみてから笑ってくださいな。


今日の電池切れ:

ちょっと寝ます。おやさんっさい。



スポンサーサイト



footcopy