FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年4月17日(木曜日)、焼酎禁止宣言(特区はそのうち設定します)。
ちょっと不思議な状況:

これでもお風呂場 いやその、ちょっとお台所が調理実習とかでたいへんなことになっていて、調理場をお風呂場に移動してみたわけなんですけれども。思い出すなあ、幅90センチの流し場でコンロひとつでなんでも作っていた四畳半下宿時代。


kitchenett というわけで今日も「とんはく鍋」、ふつうに美味い。ちなみに今日は、豚肉を驕って「しゃぶしゃぶ用」にしてみました。そんなもん、いちいち風呂場から台所まで「灰汁とり」に行けまっかいな。


今日の『Mr. インクレディブル』:

DVD『Mr.インクレディブル』 しっかし、完璧だなこの映画。

以前にテレビにかかっていた『スチームボーイ』かなんかを眺めて「なんだこのヘッタクソな声優陣は」などと思い、ついでに「声アテをタレントなんかに頼むと碌なことねえな」とか「顔を見せる俳優さんと、声が主体の声優さんとはやはり違うのかな」などと思っていたのだけれども、今回は三浦友和で黒木瞳で宮迫博之って、ごめんなさい僕が間違っていました(中村嘉葎雄がヘタクソだったという話なんですね)。

関係ないけど、今日のテレビ朝日『新・科捜研の女』では声紋鑑定が出てきて「身長180cm前後の男性」が捜されていたのだが、僕は全長165cmだけど声だけだったらたぶん身長2メートルくらいになっちゃうと思うんだけどな。いいのかな。

というわけで特典ディスクにとりかかる私。いやぁ楽しい。


今日も『うた魂♪』:

うた魂 湯の川学院高校合唱部の(そういや「合唱団」ではないんだな)歌唱指導をなさったかたのブログを発見。各地のブログとの情報も併せると「顔と声がデカい」、「強面」、「譜面とか読めねぇ」というあたりがプラスに働いたのでしょうか。いい話だ。

声と顔がデカくてコワモテなら僕もたいがい負けませんが、譜面が読めちゃうあたりが弱点かな。いいんだよ、譜面のどこにも「譜面通りに弾いてください」なんて書いてないんだから、好き勝手に演って。そも譜面の発祥より音楽の発祥のほうが古いわけだし、譜面に載せられる情報量なんてごく限られたものだし(『4分33秒』でも無理)、書いてあるコードネームだってルートの指定だかスケールの規定だか判らないようなものが大半だし、しかも演ってるときに大概の場合は譜面を書いた奴はそこにいない。

そもさ、譜面に全てが書き込めるのであれば、演奏者って必要ないじゃん。譜面通りに弾ける職人さんなり機械なりがいればいい話であって、たとえばそれはロールピアノだ。聴きたいか? いいんだよ、好きなものを好きに演れば。目指せ湯の川学院高等学校合唱部。


今日のアナーキズム:

あまり詳しく考えてもいないのだが。

司法が「海外派兵は憲法違反」としたについて、行政つうか福田さんは「あんまり気にしない」とか言っている。あの、首相自身が三権分立を否定しているんですけど。上訴の途もないんですけど。これ、決定稿なんですけど、国家としての。

これ、いしいひさいちの『借金返しちゃいけない教』(という新興宗教があって、教義に違反するから借りたカネを返さない)とまるでかわらないよね。僕らの遵法精神もへこたれようってものさ。

滅茶苦茶にも程というものがあろうに。


かないさんとこの答え:

ハナニラ。どないやろ。



スポンサーサイト



footcopy