徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


池袋でライブ演りますよ今日ですよ今日は30日の水曜日。
The Zircons 詳細こちら。

20:30から、池袋の西口徒歩5分くらいのところで、ナマりびけんが観られます。当社実績からするとたぶん楽しいと思うの。ご飯も美味しいの。安いの。ライブチャージはタダなの。

  • 20時くらいに池袋に来られるひと。
  • 今日のデートコースをどうしようかなと思っているひと。
  • 珍しい体験をしたいひと。
ふつうに居酒屋に行くのと予算としてはかわりませんから、ためしに寄ってみてもよからんくらいの感じです。よしなに。


スポンサーサイト
田舎者たち。
Rapporteurs Sans Frontieres 正直に書くと、聖火ランナーさんに「水」をぶつける連中がいた時点で「あれが揮発性の可燃物ではないのがまだ良心的だな」なんて思っていたのだが、まさかそんなことをブログにも書けないので黙っていたら韓国でやっちゃった奴がいましたね。措いといて。

僕はサマランチ体制以降のオリンピック運動会に興味はないのだが、争いごととは無縁である穏やかな人間にもニュースは降り注いでくる。善光寺ではチベット旗を所持した人間には入場制限が敷かれ、なんでか中華の人はやりたい放題だったという話を仄聞した。そんな話を聞かなくても、テレビ中継で沿道の様子を見れば判る、なんだあの中華旗の大乱舞は。日の丸のひとつも見なかったし、本来なら200種類くらいの旗が見られてもおかしくはない(たぶん国連加盟国よりもオリンピック参加地域のほうが多い筈だ)。

「みんなそう言ってるよ」という言い回しは好かないというのをあらかじめ断っておいて、僕は近所のおばちゃんたちにはなんでか人気がある。かなり正確に、小学生以下と60歳以上の女子には絶大な人気を誇っているのが嬉しくないのだが、その近所のおばちゃんたちと道ぺたで立ち話をしていてもここんとこ聖火リレーの話は多くて、「あたしゃ中国人が嫌いになりました」という古い娘さんも多い。みんなそう言ってる。中国籍の人はたぶんいないとも思うが。

とある古い娘さんが言っていたのが、「他人ひとん家の庭先で他人ひとの迷惑省みず旗振り回して大騒ぎして、珍走団じゃないんだから」。うまいことを言う。

おばさんという種族は、いる。おばさんは性別や加齢によるものではなく、精神のありようを指す言葉だ。
田舎者という言葉もある。これも出自を指す言葉ではなくて、TPOをわきまえずに我を通そうとする人種に適用される言葉だ。
キーワードは「偏狭な価値観」であろう。

今回の聖火リレーに見られる中国人たちは、正しくおばさんで田舎者だった。

2008年4月29日(火曜日)、明日はライブだジルコンズ。
The Zircons

明日ライブだよん

アカペラ・ドゥーワップ4人組のThe Zirconsが、池袋西口歩近くのフリーフロウランチにて、4月30日の17時オープン、20時30分スタートで25曲がとこを歌いまくります。

お代は観てのお帰りだよ! てぇかチャージフリーの投げ銭方式だからそんなもん払わんでよろし。好きなだけ笑って飲み食いして帰るよろし、いらさいませ。

とりあえず20:00くらいに池袋におまえとおまえとおまえは来い。損はさせねえ。


なんかさいきんあんまり寝ていないような気もするのだが、07:00起床。食べるものがなんにもないので08:00過ぎに近所のコンビニに行ってみたら、どうやら目白学園の学生さんに喰い尽くされたみたいでサンドイッチもオムスビもなーし。というかサンクスが在庫調整を間違えたんでしょうな、しょうがないからサバ缶とお茶など買って帰って、レトルトご飯に乗っけていただく朝食。ま、いいか。
今日の天厨菜館:さいてー。

昼から野暮用で新宿に出て、ちょいと驕って新宿高島屋14階の天厨菜館で冷し中華などいただく。2,000円くらいか。それでフカヒレ入りの冷し中華は美味しかったのだが、付け合わせで蒸籠に入って出てきたニラ餃子が妙に焦げ臭い。トーストを炭にしちゃった直後のグリルで温めた感じというとお判りいただけようか。「蒸し餃子なのにおかしいな」と思いつつ店員さんに「餃子が焦げ臭いんですよ」と言ってみたら、「蒸し餃子ですよ」って鼻で笑われました。最低だな、この店。

ついでに東急ハンズで、先日から壊れていたキーホルダーの修繕用にボールベアリングなど購入。よし、これでいつでも家に帰れる(どんなキーホルダーなのかは訊かないように)。


今日の三馬鹿トリオ:

サンバか大将トリオ 三馬鹿もそろそろ馴れてきたらしきこととて、そろそろややこしい曲も放り込んでいっていいかなと思って、『私の考えるケルトかなにか』は演りたい。弩変拍子だがなんとかなるでしょう。あとは『常春』とか『無駄に青い空』とかもあるんだけど、『銀象』とか『がんばれ二郎さんマーチ』とかはできるのだろうか。



明日は、

だからThe Zirconsライブってば。

持ち物リスト:
  1. サングラス
  2. Rawhideの歌詞カード
  3. 新曲をメモしてあるノート
  4. 名刺
  5. 間に合えばThe Zirconsのフライヤー
衣裳どうすっかな。
あれ、マリちゃん来るんだったっけ。お待ちしてます。
2008年4月28日(月曜日)、何もしないで生きてゆくなら、それはたやすいことだけど。
天然ひのきの香りに癒されてお昼寝!!『ひのきごろ寝マット&枕セット』 昨晩は21:30くらいに就寝して、なんでか03:00起床。爺様か。二度寝しようと思ったのだが単行本一冊読み切っても寝られず。とは言えテレビにかかっていた『パニック・ルーム』をぶっちぎって寝ちまうくらいに眠かったわけだから、さぞや熟睡したことだったのでしょうよ。

てきとうな朝食後、お掃除。お掃除というか、東京に出てきた知人が故郷のマンションを売り払う、ついては荷物をちょいと預かってくれや、お前んとこ広いだろ? ってのをつい引き受けちゃって。そりゃまあチョンガーが3LDKなんかに住んでりゃスペースはあるけどさ、チョンガーが3LDKなんかに住んでると「物品占有空間」は二次元的に拡がっていくのだよ。そも10年前から空けていない段ボールとかもあるし、ちょいと気合いを入れていろいろ整理する、その前にいろいろ棄てる必要がある。いやまあいろんなものが出るわ出るわ、2000年の日付のビッグコミックとか出てきましたけど、あれは2000年からあそこに置いてあったのだろうなあ。そんなことで今日のところはてきとうなところで切り上げて、と。


今日の新宿:

犬います 昼から野暮用で新宿に出て、ついでにヨドバシカメラでインフラ整備など。

エレベータに乗ったら、扉に「犬います」というポップが貼ってありましてな。「猛犬注意」ともあるし「2Fにいます」ともあるので、用もないのに2階に寄ってみたけど猛犬はいなかったなあ。なんだったんだろ(もちろん調べたりしない)。

帰途、小田急ハルクの地下に寄ってみたのだが鮮魚売場では収穫なし。中井駅前の松喜商店で豚ロースなど贖って、昼御飯は豚ロースのコーン缶クリーム蒸し、インスタントスープ、ご飯とトースト。


今日の芸能ニュース:

DVD『ジミー・ジュフリー/ウェスタン組曲』 クラリネットのジミー・ジュフリーさん、逝去。

高校生時分に授業をサボって飯田橋ギンレイで映画『真夏の夜のジャズ』を観て、いちばん気に入ってたのがジミーさんのトリオだったりするヘンな子どもでしたね、僕は。編成がジミーさんのテナーサックスとバルブトロンボーンのボブ・ブルックマイヤー、そしてギターのジム・ホール。以上終わりで音はスカスカなのだけれども、そのスカスカの緊張感が好きで現在に至ってこんな人間になってしまいましたとさ。
ついでに書いておくと、この時点ではメイン楽器がユーフォニウムだった僕はボブ・ブルックマイヤーのバルブトロンボーンにちょっと憧れて(演奏後に唇の廻りに「赤い丸」ができちゃうのがまた、「ああ、一流のひとでもそうなんだ」と思って劣等感が払拭された)、憧れたまま現在に至るのだけれども現物見たことないんだよなあ。大先輩のカワトさんというトロンボーン・プレイヤーが「僕が死んだらレコードのコレクションはBlack Sunの氏家さんに、楽器はりびちゃんに遺す」と仰っていたので「カワトさん早く死なねえかなあ」と思って待っているのだけれども、残念ながらカワトさんお元気です。

DVD『剣客商売』(藤田版劈頭) 明治座の『剣客商売』の主演が、藤田まことさんの体調不良により平幹二朗さんを立てることになったらしい。藤田さんお大事に。平さんよろしくお願いします。

しかし、小兵衛さんは藤田まことでもまだデカいと思っていたのに、よりゴツい平幹二朗かあ。あんまり住み込みの女中に手を付けちゃいそうにも思えないし、僕のなかでの小兵衛さんはもうちょっと飄々としてアクションのほうはましらのごとき人物で、小説を読んでいてもときどき関屋晋が主演になっちまうような印象はあるのでした。平幹二朗って六尺あんねんで、なんか違うような気はするの。いっそ竹中直人で観てみたいような感じか。

関係ないけどさいきん都筑道夫の『なめくじ長屋』シリーズを読んでいるのだが、センセーがどうしても天知茂になっちゃうので困っているのでした。タイプ・キャスティングの弊害も判ってはいるのだが、これもしょうがないし楽しいんだけどね。

Rapporteurs Sans Frontieresmixiに入れる人は、これちょっと読んでみると面白いかもしれない。70年安保かと思いましたよ私は。


紅旗の受け入れ云々以前に、「なにが差別なのか」というのが判っていない報道もあってね(リンク先は「私は差別をしない、黒人とユダヤ人以外は」といった質のものだ)、そして僕も今回の騒動で中国人を嫌いそうになっている。世界中どこに行ってもそこにいる人はいい人たちなのは知っているのだが、ナショナリズムが顕在化したとたんにこれだよ。俺がバカだな、しょうがねえな俺。


明日は、

お掃除というかお片づけ。
早起きして燃やせるゴミを提出しなければ。

2008年4月27日(日曜日)、yo talking to me?
筬島駅 05:00に寝たのに08:00に起きちゃって、日曜日に早起きなんて珍しい(ふつう朝帰りでしょう、そんなもん)もので久し振りにTBSで『兼高かおる世界の旅』でも観ようかなと思ったらやってない。まあしょうがないので冬物のお洗濯などして、お風呂。朝食はご飯と塩辛、粉末スープ。

うすら眠いが、頑張ってうすらぼんやりとしながらテキスト入力のお仕事など少々。昼飯、お茶漬けに佃煮。

午後、ひさしぶりにジルコンズ動画をYouTubeあたりにアップしようと思ったら、溜まりきっているライブDVDからのリッピングがなんかうまくいかない。リッピングソフトを5つばかりも落としてきたんだけどね、できねえものはしょうがないねえ。




DVD『地底探検』 晩御飯、焼鳥、厚揚の焼いたの、屑野菜サラダ、小松菜と油揚の炒め、昆布の佃煮、インチキシチュー、ラッキョ、到来物のLupe-Choletの赤(←酒のうちに勘定していない)。晩飯中にNHK総合でワニガメの番組を眺めていて、ふと「トカゲ怪獣映画にはワニガメは出てなかったなあ」などと思ったことでした。イグアナにツノつけるよりよほどリアルっぽいのに、なんでだろ。ついでに、そのNHKではオープニングに昭和ガメラが登場したのだが、BGMは金子ガメラでした。理由が判らんこともないが、だったら映像も平成ガメラにしとけやNHK。

2008年4月26日(土曜日)、半笑いのまま駆け抜けろ。
昨晩04:00に寝たのに今朝07:00に目覚めちまって、お洗濯しながら朝御飯。おまんま、到来物の昆布の佃煮、鰺の開き、馬鈴薯の味噌汁、野菜屑サラダにバルサミコとマヨネーズと胡麻油の自家製ドレッシング。お腹いっぱいになったら眠くなったのだが、ちょっとやることもあったもんだから頑張って起きたまま。
井上ともやすディナーライブ 昼から野暮用で新宿に出て、野暮用はあっという間に片付いて、歌舞伎町あたりを通りすぎながら「そういえばPBPでゴスペルクワイヤMIGHTYのクラス対抗歌合戦をやっているなあ」なんて思いつつ思いっきり後ろ髪をひかれながら西武新宿駅へ。駅前にフォークゲリラでわらぶー井上ともやすさんのポスターが思いっきり貼ってある。プリンスホテルでディナーショーですと。

>>4/29(祝)新宿プリンスホテル「懐かしのフォークの夕べ」
>>お客さん参加型のディナーイベントです。もちろん弾き語りライブもあります。
>>18:30~21:30
>>料金:¥5,000でバイキング式料理の数々&飲み放題 ◆TEL:03-3205-1111

お客さん参加型? 弾き語りライブ「も」あります? なにジャムセッション? なにがおっぱじまるのだろうか、ちょっと興味あるなあ。

帰宅がけの中井界隈の川っぺりで、近所に住んでるガールフレンドに出会う。ええ、70年前には23歳でしたともさ。ちょいと立ち話などしたついでに今川焼きをひとつ頂戴したもので、齧りながら帰宅。おいちい。


昼飯、タマゴ5つ!の梅干オムレツ、屑野菜サラダ、屑野菜のコンソメ。なんかコレステロいけどまあいいでしょ。

そういえば体重は58kgまで戻しました。体脂肪率15%、もうちょっと増やしたい。理想は62kgの20%あたりか。


今日の『うた魂♪』:

うた魂 合唱関係者にこの映画の話をしても「いつまでやんてんの?」という質問に答えられなかったり、舞台挨拶付き上映に行ってみても客席がそんなに埋まってなくて、しかも終演後に誰も席を立たないのを訝しがっているお客さんがいたりもして、話を綜合するにひょっとして宣伝がヘタなんじゃないかという疑念が脳味噌の端っこをよぎらないでもない『うた魂♪』なのだが、昨日の新聞には「ゴールデン・ウィークにも『うた魂♪』を観よう」という宣伝が載っていて、よかったなあ、2週間で打ち切りってわけじゃなかったんだと思って安心しているところなのだが、今日あたりからは上映劇場が移るみたいなので安心ついでに豊島園に行ってもかかってないからね、頑張ってどこかで捜して湯の川学院高等学校合唱部を観てみようよ、なあみんな。


今日の豆知識:

先日のGolden Eggでは誰かが「Somedayってライブハウスはどこにありましたっけ」と言っていたので教えてあげたのだが、明治通り→新大久保→新橋ときて、今は新宿一丁目にあります。厚生年金会館の近所かな。

ピッチパイプ(例) うた魂♪のほうで、七浜が音取りに使っていたのを「ハープ」と書いていたブログがあったものだからいちおう書いておくと、あれは「ピッチパイプ」という楽器(僕はあれでブルースが吹けます)です。12音がちゃんと出るから便利だなっと。


今日のくだらないニュース:ほんとにくだらないことを書くけど。

善光寺の聖火リレー、うざうざ固まって走っているのもみっともないというのは措いといて、なんで長野県内を走っているのかがまず判らないのだな僕は(←詳しくないのでいい加減なことを書いている)。ふだんのオリンピックって、オリンピアから開催地まで走っていたわけじゃなかったっけ。それが、前回のアテネオリンピックでは「聖火リレーがオリンピアからアテナイまでじゃかっこがつかない」から世界中をへめぐったわけじゃん? ということは、今回は旧来のスタイルに戻してギリシャから北京までユーラシア大陸を横断すればいい話なので、なにも世界中を、ましてこんな島国まで来て走る理由なんかないと思うのだがどうなのだろう。

光市の事件の話で。とてつもなく言いづらいのだがやはり僕は死刑廃止論者なのだがそういうことは措いといて、たとえば死刑に懲役刑をくっつけて死刑のほうには執行猶予も付けちゃうなんてことはできないのかしらん(この場合には無期懲役にはできないと思うのだが(←詳しくないのでいい加減なことを書いている))。娑婆に出てきても、なにかやらかしたら即刻死刑ってことになったら、よほどの奴でもない限りそうそう無茶はできないとも思うのだが‥‥でも無茶な奴だから死刑になるのか。えーと。でも今上天皇陛下ももう75歳だし、人間だし、あと40年かそこらで恩赦出ちゃうよ。慣例から行くと法務大臣としてはなかなか署名しづらい案件だったりするのではないのか、なんて考えちゃった次第。

その事件で、子どものイノチを大人のイノチ「1」に対して「0.5」と数えた青山学院大学のセンセーがいらっしゃいましたね。俺もそうだしたとえば尊師もそうだが、こーゆーのに教わっている生徒さんが気の毒だな。
ジェーン・フォンダがイルカの保護運動をやっていて、「イルカは頭がいいから殺してはいけない」と言ったことがあったような。つまりアタマが悪けりゃ殺しても構わないわけで、人の生命の尊厳というのはそんなことではない。あるいは年長の皆さんを「後期高齢者」として括っちゃう厚生労働省とか、インテリって碌なもんじゃないね。

硫化水素の自殺事件がとみに増えている話で、練炭のときには集団自殺が多かったように思うのだが(←詳しくないのでいい加減なことを書いている)、硫化水素使用の場合は単独で死ぬ人が多いようなのは何故だろう、なんて思ったりもする。そりゃまあ人数が少ないにこしたこともないのだろうが。あるいは、「死刑になりたい」とか言って他人をぶち殺している馬鹿野郎よりはちょっとはマシ、という解釈もあるらん。
学生時代に合唱団の合宿に自転車で行ったことがあって、長野原のあたりから草津を抜けて志賀高原まで登ったのだけれど、草津温泉に登っていく道にガスが出ていて「ああ、霧だなあ」なんて思っていたら、路傍の立て看板に「毒ガス危険! 窓閉めろ!」って書いてあって、ざけんなこちとら自転車でいっと思ったことがある。あれが硫化水素だったよな、死ぬかと思いました。


DVD『トランスフォーマー』 レンタルDVDで『トランスフォーマー』を眺める。なんだかなあ、連中が喋り始めた時点でつまんねえマンガみたいになっちまって。いったん「つまんねえな」と思い始めるとジャンプカットは多いわ、イマジナリー・ラインがぶつ切れだわ、ギャグがくだらねえわ、メガトロンはいきなり英語喋ってるわ、人がどかどか死んでいるのにかすり傷以上の流血がないわ(きわめてアメリカ的ですね)、BGMは平板だわとよろしくないところがどんどん鼻につき始めるのは困りものだが、そもマイケル・ベイの監督作品にまともなものが一つたりともあっただろうか(いや、ない)。あ、バンブルビーの発声装置が壊れていたのは、うっかり喋るとまんまキットになっちゃうからだな、たぶん。

ふだんなら英語のレンタルDVDは英語と日本語吹替とで1回ずつくらいは観るのだが、こんなものは一度観りゃ充分だな。2回観るなら『クリスティーン』とか『ラブ・バッグ』とか『トイ・ソルジャー』とか『T2』とか『宇宙戦争(1953年版)』とか『SF/ボディ・スナッチャー』とか『光る眼(どっちでもいい)』とか『遊星からの物体X』とか、いっそ『ザ・チェイス』でも眺めていたほうがとてつもない時間の有効利用というものだろうて。


今日のブロガー:

アクセス解析をひとつとブログ広告をひとつ、載せてみました。

アクセス解析のほうはリファラーが判るんですけど、いやあ役に立たねえブログだなあ俺んとこは、なんて思って笑っているのでした。
ブログ広告はなんか右の下のほうに載せておきましたが、どうやらあなたのウェブ上の行動を分析して、そこにターゲッティングした内容の宣伝を表示してくれるという物騒な代物です。あなたの行動がどう分析されたのか、まあ見てみてから笑ってくださいな。


今日の電池切れ:

ちょっと寝ます。おやさんっさい。

2008年4月25日(金曜日)、カバニアミス。
家とカサ そういえば昨日はピロリくんに『家とカサ』と『長い髪の女』のコード譜をその場で書いて渡したのだが、「こんなもんスリーコードだから譜面無くても平気やろ?」と言ってみたら「いや、あなたの曲はときどきトリッキーだから」と言われたりなんかしました。そうかなあ、ふつうだと思うけどなあと思って勘定してみたら、『家とカサ』は26小節構成(4*5+3*2)でした。あれま。

あとこれもピロリくんに「『コーヒー・ルンバ』の勘定を間違えたでしょう」と言われて「そうなのかなあ」と思っていたのだが、あれはQUISENくんがソロの終わりのキメを2回演ったもんで、1回目に合わせたピロリくんと2回目に合わせた僕がズレるのはあたりまえなんだな。よし、解決。


今日の晩御飯:

てんぷら鍋からっと君 23cm 野暮用で狛江に出て、久し振りとて思いっきり道を間違えて、福祉会館のほうに行きたかったのに慈恵医大に着いてしまった。そうね、新宿から中野に行こうと思って高田馬場に着いちゃったようなもん。オーストラリアからボルネオに行こうと思ったらハワイに着いちゃったようなもん。というわけで左方向に向けて軌道修正して、正三角形の遠いほうの2辺を通過して目的地に到着。間抜けだ。

その近所に知り合いが住んでいるもので、ついでに晩御飯をご馳走になる。手料理の天麩羅とか数年ぶりだぜよ、ごちそうさまでした。せっかくなのでPCの様子をちょいと診てあげて、AMDの3桁MHzだとそりゃまあ重いわなあなどと思いつつ不要な常駐ソフトウェアをいくつか殺して、ちょっと気になったファイルの関連づけを調整して、これでちょっとは速くなるんじゃないかなあ。


ヒポポタマスリング 狛江からの帰宅途上で、カバテツからメールが入る。なんか僕ん家から2分のところにある中華料理屋で呑んでいるから来ないかというお誘いだったのだが、残念ながらあたしゃちょいと遠いところにいたのだな。結局中井の川っぺりで会って、お土産のアンカケカタヤキソバをいただいて帰宅。


今日のびっくり:

DVD『バーバレラ』 報道によると、『バーバレラ』のリメイクがラウレンティスのプロデュースで主演がローズ・マッゴーワン、監督がロバート・ロドリゲスぅ? おいおい、ドリュー・バリモアどこ行っちゃったんだよ!

2008年4月24日(木曜日)、キンタマおめでとう。
今日のセンセー:

DVD『ミュージック・マスター 免許皆伝!ウクレレ・ジャカソロ塾』 平凡舎ウクレレ部は、今日は参加が2名。うーむ、みんな忙しいのかなあ。のんびりと今日もてっちゃん譜面の『Crazy G』、そこから派生して三連ストロークの練習など(ロールを演るのは三連のあと)。今日はタバコ休憩なしでいろいろやってみたんだけど、まあいきなりできたらセンセーいらないわけだし。


今日のキンタマ:

Golden Egg 昨年春に開店して関係者全員が存続を絶望視していた歌舞伎町のライブハウス『Golden Egg』が、奇跡の1年間存続を成し遂げました。「為せば成る」の典型みたいな話で、慶賀のいたり。そして今日は「1周年記念パーティ」を冠したライブとセッションで、そりゃまあ俺も行くわな。

いろんな人が来ているなかに昨日のライブで一緒したQUISENくんとピロリくんも来ていて、このトリオでも1ステージ演らせていただきました。まあ、めでたいといえばめでたいユニットかもしらんしな。あはははは。

  1. 家とカサ
  2. 長い髪の女
  3. コーヒー・ルンバ
  4. Confirmation(w/ ターボさんonウィンドシンセ)


今日のよきかな:

終電間際で東中野に到着してみたらライフが閉まってやがって(あたりまえですね、25時過ぎですから)、焼肉げんきも終わり。ちょっと歩いたところの新しめの「よきかな」という居酒屋風情にちょっと寄ってみたら、これが近来稀に見る大当たりでしたな。店員さんは鯔背だし食い物は美味いしそこそこ安いし26時までやってるし、とうぶん東中野で行く店に困ることはないな。


今日のおまけ:

DVD『寝ずの番』 帰宅してみたら深夜の東京12チャンネルに映画『寝ずの番』がかかっていたもので、なんとなく眺める。脚本の大森寿美男さんも好きだし、原作も読んでるし、でも雑用があったものだからBGV扱いでごめんなさい。

ところどころにボビー・マクファーリンの『Don't Worry Be Happy』が挿入されるのだが、これがなんかその、ヘンなの。ヘンだなと思って調べてみたら、やっぱりパチでした。いや誰がなにを演ろうと自由ではあるが、ここまで似せているうえに本家を超えるところがひとつもないというのも大問題だろうとは思う。あんまり言うのも大人気ないけどな、やめたほうがよかったんじゃないのか。


缶バッヂ そうそう、ゴールデン・エッグで携帯電話の電池が死んでいることに気づいたもので、近所のドンキホーテで充電器を買ってきて、Golden Eggで電気をちょっと貰いました。980円だったかな。

写真は、ゴールデンエッグで頂戴した心尽くしの記念品。

2008年4月23日(水曜日)、ライブ的にはオールオッケー。
こんな感じ。 荻窪アルカフェさんでライブでした。

りびけん:ピアノ、ウクレレ、歌。
ピロリ河村:4弦フレットレスベース
QUISEN:パーカッション


01. 家とカサ
僕はウクレレと歌。いきなりQUISENソロから入るのだが、ソリストまでブレークをブレークするってどういうこと? いやまあそれこそ自由だから構わねぇんだけどもさ。
02. Chicken
僕はピアノ。ピロリくんが4弦フレットレス持参なのを記念して。
03. 長い髪の女
僕はピアノと歌。スカスカななかに思い出したように入るベースとピアノ。
04. You don't know What Love is
僕はピアノ。弩バラッドでピロリくんと腹の探り合い。
05. コーヒー・ルンバ
僕はウクレレと歌。ロンTの袖をまくるのを忘れていたのでホールドがたいへん。
06. 悲しくてやりきれない
僕はウクレレと歌。悲惨な歌詞を楽しいリズムで演るのがレゲエの基本。
07. カーニバルの朝
僕はウクレレ。我ながら不思議なソロを弾いてしまいましたとさ。
08. Confirmation
僕はピアノ。ベースソロが3コーラスくらいもありましたか。
09. 花
僕はピアノと歌。やはりバラードのスカスカは好きです。

客席にいたドド子嬢はたぶん20年来くらいの知り合いなのだが、ふと気づくと今世紀に入ってからは初対面だかなんだかだったりするのでした。まあネットの知人なんてのはそんなもんか。たまたま対バンさんも彼女のマイミクシィつながりだったりなんかして、ついでにたまたま荻窪に用事があったこともあってコンビニエントなご来場となったとの由。山椒味噌だったっけ、を頂戴しました。おごっそう。

DVD『フラットマンドリン入門』 対バンさんはフラマン(Flat Mandolin)とギターのブルーグラス・デュオで、こちらがやっぱり山崎規夫の知り合い!って、人のカルマというのはせんないものですね。あはははは。

僕らの演奏のほうは、例によっていきなりステージで相談してから始めるわけですが(ジルコンズかい!)打ち合わせグズグズな割には妙な緊張感があって、暑いわ疲れるは楽しいわといった感じでした。曲目は僕が出しているわけですが、「とにかくバランスを悪くしよう」というなに考えてんだか判んない方針で組み立てたもので、1曲ごとに新ステージみたいな感じで新鮮でしたよ。あはははは。

次回アルカフェ6月11日の水曜日が決定したのですが、どんな編成でなにを演るのか検討中。お店の看板には毎回「ウクレレ:りびけん」と書いてありますが、ときどきぜんぜんウクレレ弾かなかったりもするわけで。マジで全編ハーモニカとかありましたからね、さてどうすっかな。

2008年4月22日(火曜日)、靴のカカト踏んでんじゃねえ!
明日(23日の水曜日)、荻窪でライブ演ります:

演奏中。 とき:4月23日(水曜日)、19:00開場の19:30開演
ところ:荻窪アルカフェ(駅近)
木戸銭:only 500円
演し物:鳴り物と歌

詳細はこちら
俺。 ピロリ on Bass QUISENくん。


昨晩のメガ飯:

たまご 写真は割ってみたら黄身が2つ入っていた卵って、これがほんとの一卵性双生児(ベースは納豆)。春だなあとも思うが、二黄卵に当たるのも数年ぶりだなあ。

そんなこととはまったく関係なく、昨晩はThe Zirconsのリハーサル後にお腹を空かせて帰宅して、ものすごい量の晩御飯を食べてしまいました。いやその、ふだん少食なぶん、月に1度か2度の「ドカ喰い日」で栄養を補給しているわけですわ、僕は。

  1. 豚ロースの三五八漬
  2. 鱚(丸)の塩焼き×2
  3. 小松菜と油揚の炒め
  4. 納豆丼の大盛り
  5. まだ足りなかったのでギョーザ12個
もうちょっといけたんだけど、残念ながら食い物が無くなっちゃったものだから終了して就寝。

湯の川学院合唱部の『15の夜』で泣く理由:

うた魂 映画『うた魂♪』を劇場で2回観て、2回とも合唱祭の湯の川学院でボロ泣きして同道の元締に気味悪がられていたりもするわけだが。一般にはラストの『あなたに』あたりで感涙にむせぶ人も多いようなのだが、あれはあれで「いいシーンだなあ」なんて思いつつにこにこしながら眺めていたりするのでした。

DVD『スミス都へ行く』 DVD『奇蹟/ミラクル』 なんで泣くかなあと自分でも思ったものでちょっと記憶を辿ってみて、出てきた映画が涙腺のツボを刺激しまくるこの2本、キャプラ『スミス都へ行く』とジャッキー・チェン『奇蹟』。夜中にひとりでDVDを眺めていて、ラストあたりで必ず号泣するわけさ。たしかに気味悪いか、まあしょうがねえな。

『スミス都へ行く』のスミスくんは、ほとんどタイゾー状態だった田舎者の議員が議会全体を相手に廻して闘い抜く物語。例の長広舌の終盤あたりで必ず泣くね。まあ観てごらんな。
『奇蹟』のほうは、人のいいコウちゃんが知り合いのおばちゃんのために一肌脱ぐ心算がなんにもうまく行かず失意のどん底にあったパーティ会場に、突如あの人たちが現れてくれたところでボロ泣きするわけ。まあ観てごらんな。

DVD『スクール・オブ・ロック』 ついでに、いまDVDで観ればそうそう泣かないけど初見時の劇場ではやはりボロ泣きしたのが『スクール・オブ・ロック』だな。食い詰め者のぜんぜん駄目なロケンローラーのデューイは子どもたちを騙してバンドを練っていくうちに「仲間」と「音楽」を得るのでした。まあ観てごらんな。

というわけで非常に判りやすく、「ダメな奴が自分の居場所を見つける」あたりでボロ泣きするんだな、僕は。恰好も言動も滅茶苦茶な「明らかに不良」でしかも「ぽっと出」で誰にも相手にされていない湯の川学院高等学校合唱部が、しかしステージでは圧倒的な演奏を見せつけて聴かせ倒す。僕自身がなんの取り柄もない駄目な奴だから余計にそう思うのかもしれない。初見時には「なんで泣くかね」と言っていた元締に「あのステージには俺がいる筈だったんだよ」とか言っていたのだが、つまりそういうこと。


DVD『下妻物語』 ネットを廻っていると、『うた魂♪』については「高校生の部活だから」とか「集団ドラマだから」とかいう理由で『スウィングガールズ』『ウォーターボーイズ』と同類に括っておられるかたも多いようだが、言わせてもらえば僕にとってはぜんぜん違う。ついさっきまで遊びほうけていた連中がいきなり吹けちゃったり泳げちゃったりするファンタジーと違って(←例に挙げた映画を貶すわけではないし、むしろいい映画ですが)、七浜も湯の川もきちんと修練を積んできていることが前提となっている話でしょう、『うた魂♪』は。権藤さんの言う「負ける気がしねえ」も、コンクールではなくて合唱祭での発言だし。「勝負は勝ち負けじゃない」とむかし誰かが言ったが、表現という土俵で湯の川は勝った。

なんのちからもないけれどもやらなきゃならないんだよ(『スミス都へ行く』)。
俺ってなんてダメなんだ、と思っていたら最後で逆転できたんだよ(『奇蹟/ミラクル』)。
誰もダイブを受け止めてくれなかったのが、ちゃんと受け入れてくれるようになったんだよ(『スクール・オブ・ロック』)。
歌っていなければただの屑なんだよ(『うた魂♪』)。

申し訳ないのだが、尾崎豊という人は僕の文化のなかにない。でもあのワンコーラスで湯の浜の言いたいことと演りたいことは、たぶん了解できたものと思う。そんな話でした。


今日の昼飯:

博多らーめん 到来物の博多ラーメンのトッピングに、「からいもん」と白菜とバターと辛子明太子。
ふだんは箸置きを使う僕だが、麺類のときには使わない。なぜでしょう。

朝食はなんだったかな。ワインビネガーと胡麻油とマヨネーズと胡椒でドレッシングを作って(作るっつっても混ぜるだけだけどな)、トマトとセロリと湯通しした馬鈴薯とレタスでサラダを作ったのは覚えているのだが。たぶんレトルトご飯とかインスタント味噌汁とかがシリアルとして登場したのだろうとは思うのだが、半分寝てたから。今朝の04:00までなんか本とか読んでたから。しょうがないから。オートマタだから。


今日の到来物:

ヘイワのスープ。 オリーブオイル 昆布 焼酎『赤霧島』
僕の留守中にリーチくんが受け取ってくれた宅急便なのだが、

  • 焼酎(禁酒中だがゆるやかに対処)
  • 無化調粉末スープ×2種類
  • ダシ昆布
  • 鷹の爪
  • パスタ無慮大量
  • オリーブオイル
てな感じで、到来物というよりは既に援助物資なのだがありがとうございます。

僕はどうやら化学調味料にアレルギーがあるらしくて、畢竟無化調に向かうわけだが。頂戴したホタテ系のスープは麺類に使えば最強だし、鶏系はポトフにもシチューにも使える。昆布と鷹の爪はどれだけあっても困らないし、オリーブオイルなんかアルドイーノでフルクタスだぜ!(買ったことないけど名前は知ってた)。お猪口で飲んでも美味いようなもんだし、どう料理してやろうかと検討中なのでした。



明日は、

ライブです。
荻窪です。
チャージもドリンクも安うおます。
よろしければいらしてください。

footcopy