FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年3月17日と18日(月曜日と火曜日)、そんな日もあるさ。
DVD『28日後...』 MASAYO菌、膠着中。というか、1994年だったかに40℃超の発熱をやらかしてうのていで東京女子医大に逃げ込んで以来だな、こんなにしつこいのは。
そんななかでもライブは演る。というわけで18:30くらいに荻窪アルカフェに到着して、なんとなくセットリストを作ったり譜面を書いたりピロリ君と打ち合わせたりしているうちにQUISEN君が現れたりしたのだが、お客さんがいなーい。お客さんがいなーいと演奏できなーい(というシステムなのだな、初めて知った)。そのうちQUISENがキレて「俺が五百円払って客になる」とか言い出したり、ピロリはピロリで「俺が五百円払うからあんたらで漫才やりなさい」とか、俺は俺で「じゃあ俺が客席で飲んだくれるから君たちで仲良く演奏しなさい」とか言っているうちに時間終了、本日は演奏なし。まあしょうがないか。

死んだ子の齢を数えるようだがSets予定:
  1. 家とカサ
  2. Chicken
  3. 長い髪の女
  4. You don't know what Love is
  5. コーヒー・ルンバ
  6. Confirmation
  7. 悲しくてやりきれない(Reggae Ver.)
  8. Blue Monk
絶妙なまでにバランスが悪いなとおもって自画自賛しているのだが。

というわけで対バンさんを楽しく聴かせていただいて、帰りがけの東中野「げんき」で焼肉を食べて(23:40 by receipt)、帰宅してとっとと寝て、夜半に起き出してデニーズでハンバーグ定食などいただいて(04:20 by receipt)、帰宅して寝て起きたら火曜日の夕刻や。

火曜日は、大久保水族館のセッションに行こうとおもっていたのだけれども、風邪も治らないし密室でひとさまに伝染すのも楽しそうだし、家でとろとろとDVDなど眺める。
今日の下宿屋のおいちゃん:

DVD『スミス都へ行く』 なんか知人の知人の息子さんが九州から歌手を目指して上京するような話があって、どこがどうなったのか俺ん家に寄宿するような話にもなっている。いやまあそれはぜんぜん構わないのだけれども、ちょっと家のなかが散らかり放題で(たぶん横ヤンが自信を持っちゃうレベル)、俺は構わんが先方が構うんじゃねえのかなあ。

とりあえず寝袋はひとつ用意してあるので、あとは東京の厳しい現実というのを見つめてもらうことにして。まああんまり気を遣ってもしょうがないから、あとは洞ヶ峠を決め込むね。



明日は、

調子がよければ音羽屋出勤。
調子がよくてもわるくても、夜はGolden Eggの歌謡曲セッションでピロリ君に「たすけてくれ」と言われているものだから顔を出すね。



スポンサーサイト



footcopy