FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


日曜日の21:00。
起きた。

昨晩もどっかり寝たのにまた昼寝って、なんかちょっと疲れてるのかなあ、いかんな甘えてて(ふだんの昼寝は「ヒマだから寝てる」ので関係ないのね、今日は眠くて寝たから問題なのだ)。だいたい疲れる人間にロクな奴はいない、とりあえずエンジン全開でへらへらしているが最上。


DVD『ダンディ2』 起きたら、広川太一郎さんが亡くなっていた。合掌。

どっかのテレビで『ダンディ2』やらねえかな。


今日のおやつ:

鶏肉と、「カットして下茹でした野菜」でポトフなど作る。カット野菜が中国産だったもんだからちょっと気にして製造元の桜乳業さんのサイトを覗いてみたのだが、これといって記事もなく。まあ死にもせんだろうこととて気にしないことにして、と。

でも自分でたちのいい野菜を選んだほうが美味いよな、やっぱしボソ。
カット野菜のジャガイモは必ずメイクイーンだし、煮物を作るなら男爵に決まっておろうもんがボソ。


今日の靴下は五本指:

こんなやつ 履いてみてから気がついたのだが、親指んところに穴が空いてましたな。というわけで履いたままちくちくと穴を塞いでですね。なんで黒い靴下に赤い糸って話もあるけど、まあ構わんでしょう。

そういえば先日テレビでみかけたコブクロかなんかの歌詞で「五本指の靴下にジャージ」が「油断の象徴」みたいに歌われていたのだが、ジャージはともかく靴下の五本指はむしろ気合いだと思うのだが、どんなものだろうか。


今日のどーでもいーけど:

DVD『テイキング・ライブス』 テレ朝にかかっていた映画『テイキング・ライブス』を眺める。

そうさの、「ツンデレ」を説明するのにはいい映画なんだろうなあ。あとちょっと頑張ればものすごく面白くなったと思うのに、残念でした。

時間の無駄。



スポンサーサイト



2008年3月9日(日曜日)、人生は河なんかじゃない、沼だ。
今日はピアニスト:

08:00起床、えっちらおっちらNHKまで出かけて、なんでか合唱団で練習ピアノを弾く。ぜんたいどこから俺の名前なんぞが出てきたのかがまったく判らないのだが、まあなんとなくこなして、伴奏ピアニカなんぞも吹いて、と。

ミサ曲みたいなのもあって、僕はコードネームは読めるけどオタマジャクシには弱いのでてきとうにごまかして、と。とりあえずウソは弾いていないレベルだが、合唱団員の「音のとりづらいところ」くらいは譜面面(←ふめんづら、と読んでください)で判るからそのへんはサポートしてあげて。あとポップスっぽいものもあって、『エーデルワイス』のコード譜(←さてはこれで呼ばれたな(笑))がin Cなんだけど、サビの後半が「|F D7 |G7|」(←倍で書いてますが気にしないで)とかになっていてですね、そりゃあんたF#dim とかF#m-5 とかなんとか書きようがあるんじゃないかな(「6」って書けば済む話だ)とも思うが、あまり気にしないことにして。ついでのその『エーデルワイス』の終わり際が「|C Gm6|F Fm|」とかになっていて、原作がどうだったかはよく忘れたけどちょっと度肝を抜かれましたな。

そんなこんなで楽しく練習は終了、御礼を言われたり貰ったりして、午前中には帰宅しました。


私は忙しいらしい:

PDP-5010HD 、 HTP-LX70、B-H800、BDP-LX70  SYSTEM II 改 BDP-LX70バージョン 帰宅してふと気づいたら、居間の真ん中に立ってる譜面台にいつも置いているテレビガイド誌が月曜日の日付のまま開かれていた。なんだよ、火曜日から土曜日までテレビ観てないってことだよなあ。

まあ風邪ひいて寝て起きてライブライブって感じだし、しょうがねえか。


今日のよろこび:

Rolling Coconuts 38

DVD『ドレミファ娘の血は騒ぐ』 福本清三『どこかで誰かが見ていてくれる』 今日じゃねえけど、先日のアルカフェさんでローリング・ココナッツ誌が出てきて、誰かが「この表紙のお姉さんって誰だったっけ」というので見てみたら、洞口依子さんがウクレレ抱えてにっこり微笑んでいるじゃあねえの。「ほら、どーぐちさんだよ、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』だよ!」なんて言ったって誰も知りゃしねえわけだが、そうですか、ウクレレですか。呼んでいただければ全てを投げうってチューニングしに行きますけど。あ、間に合ってますか、そうですか。

そういや先日に再放送のテレビドラマを眺めていたら(ビデオ撮りだったからわりと最近のものだな)、福本清三さんが「とりこもり」の犯人役で出てきて、すぐ死んだ。

どちらもなんかちょっと嬉しい(←ただのミーハーな俺)。


最近の知見(1):

山本弘『シュレディンガーのチョコパフェ』 「シュレディンガーの猫」はなんとなく知っていたのだが、なんかの論文を読んでいたら「シュレディンガーの子猫」というのが出てきましてね。え? 箱の中で出産したかしないか判らないとかそんな話なのだろうか。


今日の懊悩:

黒ソイ(生) またしても楽天アフィリエイトのポイントが貯まってきていて、そろそろ使わなければ雲散霧消してしまう金額が3,000円ほど‥‥半端だ。楽器系ならば欲しいのはプリアンプだが、電化ウクレレを買うとすると「選定品」にプリアンプがもう入っているので要らない、かもしれない。服飾品だと、こないだ靴もズボンも買っちゃったし、靴下だのパンツだのを買うのも惜しいような気もしないでもない。

いっそぱあっと使っちゃおうかと思って鮮魚関係を当たってみたら、黒ソイが1,500円くらい。捌けば捌けるとは思うのだが、800gって、どうしましょう。


最近の知見(2):

BESTYLE スリーインワン ゴールドブラック(遠赤外線放射商品) これも学会誌で読んだのだが、最近は「遠赤外線」のことを「テラヘルツ電磁波」と呼ぶらしい。ということは「テラヘルツ電磁波こたつ」とか「テラヘルツ電磁波モモシキ」とか「テラヘルツ電磁波パネルヒーター」とかが売りに出されるということだな。なんかかっこいいし、きっとタキオン商品とか買ってる人たちが買ってくれるぞ。

ふと気がついたのだが、VUVのことを「遠紫外線」とは呼ばないなあ。なんでねやろ。


今日のやまい:

アクチビア軟膏 唇の左上に「風邪のふきだし」というか、要するに「口唇ヘルペス」が出ておりましてな、かっこわるいことこのうえない。3日もすりゃ治るわけだが。

具体的には、体力が落っこちたときになにやら吹き出物めいたものが出来しゅったいするわけなのだが、ずうっと昔から「口唇の左上」に発生しているということは、このへんに菌床があるんだろうなあ、とこれもずいぶん昔から思ってはいる。

ということは「菌床」をなんとかしちゃえば「風邪のふきだし」に悩まされることもない、というのが論理的な帰結ということになるのだが、それどうやんの?


最近の知見(3):

CD『よろけた拍子に立ち上がれ!』 そういえば、先日の藤岡藤巻公演ではものすごっつ久し振りに「天文学的」という言葉を聞きましたな。ええ、藤巻さんのMCで。そんなもん、一般家庭のテレビ録画機の容量がテラだのペタだの言ってる時代にゃとっくに死語だろうし(たとえばパーセクがペタ単位のメートルだったような気がする(30ペタメートルくらいか))。

さすが、見事におっさんでしたな。


今日のイチャモン:

美味そうだがこいつも「アスパラ屋」だとよ。 東中野ライフでアスパラガスのおひたしを買ってきたのだが。なに、家で作ってもどうということもないのだが、生のアスパラガスと値段も分量も変わらなかったものだからさ。それでパックに「アスパラのおひたし」と銘打ってあったのだが、なんで「ガス」を省くかなあ。


別珍 蝶ネクタイ 俺が偏狭なのだろうが、「コンビニ」とか「マイミク」とか言わないしね、ネットで「カキコ」とか言ってる奴を見かけると殺意までは覚えないがバカにはする。そもどちらかというと音素の少ない言語を使っているのだから、ヘタな略称は誤解の素でしかないことは判るだろうに。ついでに思い出したので書いておくと合唱団の演奏会の衣裳の指定で、ネクタイは「(黒の)ぼうたい」と言われたのでボウタイを持参したら、「そうじゃなくて「棒タイ」、長いやつ」だったという事件もあったりして、人の言うことはかなり疑ってかかるタイプになってしまいましたとさ。

おまけ1:でもテレビジョンのことは「テレビ」と呼ぶ私(日本語プロパーですから)。
おまけ2:藤岡藤巻の藤岡さんがステージでネクタイを装用なさったのだが、ウィンザーノットで結んでおられましたな(これはこれで久し振りに目撃した)。さすがおっさん。


あ、眠くなった。
footcopy