FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年3月1日(土曜日)、休養。
The Zircons

【ライオン株式会社】ストッパ下痢止め 12錠 数日来の原因不明の下痢がですね(belowな話で申し訳ない)、ようようなんとかなりましてね、でも内痔核がアレでちょっとゲケツがですね(尾籠な話で申し訳ない)。だから先に謝っといたじゃん。

とりあえずはそうさの、アルコール由来の腹下しにはまず効かない「ストッパ」が、それ以外由来の下痢には効くことが判ったことを以てヨシとしましょうか。こんなもん服用するんだったらダイエットコーク飲んどけという話なのだが、まあ背に腹は換えられないというか貧すれば鈍すというか、たまのことだから勘弁してくれ。


今日の調理実習:

冬瓜と鶏肉をブイヨンで茹でただけ。 冬瓜というものを衝動買いして、調理するのは生まれて初めてなんだよな。

いや食ったことはあるし、命名は詐称でほんとは夏野菜だというくらいの知識もあるけど、敢えて「冬」を名乗るのだから冬場に食ってやっても間違いではなかろう、というわけでとりあえず様子見で、鶏肉といっしょにダシ汁で煮てみました。いいのかそんなことで。

冬瓜3kg でもそれなりに食えたからまあいいか。
茹でると透明感の出てくる物件で、線維っぽい白いところが残らないように火を通すのがコツなんじゃないかな。汁の味はよく沁みるみたいで、今回は鶏肉と炊いてみたのだけれども、豚バラとでも牛スジとでもよく合うのではないか。「おでんの大根」と違ってそんなに筋っぽくもならなそうだし、よっぽど火加減を間違わなければ、使いやすい野菜なのだろうとは思いました。

なんで今まで使っていなかったかというと、なんかスイカみたいでさ(笑)、俺向けの食材に見えなかったわけ。次回は、素直に餡掛け鶏そぼろとかにするのも業腹なので、パクチーと合わせて煮込んでみようか、あるいはいっそ牛スジ煮込みに投入してみようか、などと思うのでした。たぶん楽しいぞ。


今日の合唱団:


YouTubeでものごっつ久し振りにLeftover Salmon(コロラドのHeres for Theres)など眺めている最中につい見つけちゃったアメリカのジルコンズ。なんなんだこいつら(笑)。


今日のエッチな話:

The Zirconsで僕がリードを歌っている『Sixty Minute Man』の歌詞がとんでもない話は以前に書いたが(18禁なのでリンクとかしないけど探してみそ?)、今日は「別バージョンの歌詞」というのを発見してしまったので民俗誌的観点から記録しておく。

I'm a killer, A DRILLER all night long,
I'm a SIXTY MINUTE MAN.
なんてことを言い出すのだ(笑)。


Fifteen minutes of SQUEEZIN'とかいうのもあったが、もうどーでもいー。


今日のおっさん:

演奏中。 3月7日(金曜日)のThe Zirconsは渋谷parco劇場で藤岡藤巻のオープニングアクトを務めるわけなのだが、その極秘紹介文を入手したので極秘紹介しておく。

The Zirconz
永田町にある団体に勤める、お役人オヤジ1名、サントリーでデザイナーを務める、太った若オヤジ1名&音楽本気の2名がいる、合計4名のゴキゲンなドゥーワップ・ユニット。
つまりサンチャゴと横ヤンがオヤジで、僕と亜紀ちゃんはオヤジではない。大した問題ではないとはいえ、正当な評価を得るというのはありがたいことです。

先日のabingdon boys schoolでは二十歳そこそこの若者2人と一緒して、「この人たちから見たら30歳から65歳までがおっさん、そこから上がお爺さんなんだろうなあ」なんて思っていたのだが、杞憂であった。


今日のかじかみ:

東京ガス ガスファンヒーター RM-2407S 居間のガスファンヒーターがなんでか動かなくなったなと思って見てみたら、吸気孔のフィルターが外れておりましてな、内部が埃まるけになっておりましたとさ。いや、よく今まで動いていたもんだというか、単に危ないというか。

まあもう3月になったことだし、今年の冬までになんとかすることにして放置。もともと暖房はそんなに使うほうでもないし、死にゃせんよ。



明日は、

えーと。



スポンサーサイト



2008年2月27日と28日と29日(水木金曜日)、おーいそがし。
abingdon boys schoolってなんだ? という向きには申し訳ない。
あ、音羽屋も判んないか、まあよかんべ。

水曜日、

abingdon boys schoolに行ってきました。



木曜日、

音羽屋に行ってきました。



金曜日、

音羽屋の後にabingdon boys schoolに行ってきました。



明日は、

そのあたりのことを詳しく書いたり書かなかったり(笑)。

footcopy