徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年3月31日(月曜日)、のおんびり。
CD『What mad universe / IMPOSTORS』 土曜日のイベントにはサンチャゴ田村の後輩くんがいらしていて、20年前にサンちゃんに借りたという文庫本を返却していました。なんでもサンちゃんが「たまにはSFも読めよ」って言って貸してくれたのだそうですが、ブツがフレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』だよ(笑)。「たまにはSF」で貸し出す本じゃねえよな、これ。

それでその『発狂した宇宙』を貰って喜んでる俺も俺だが。


書籍『東京・自転車抜け道ガイド』 昨日のアルカフェお花見では、善福寺川緑地まで丸の内線南阿佐ケ谷駅から歩いたのだが。えーとね、中井のうちからだと、大江戸線で中野坂上駅まで2駅、そこで丸の内線に乗り換えればすぐそこなんだな。それで、なんとなく善福寺の川っ縁りだったよなあなんて思って、ということは南阿佐ケ谷駅から南を向かって、川にぶち当たったら左方向に行けばいいなと大雑把なことを考えて住宅街のなかを抜けていく。あの界隈は路傍にもやたらとお花が咲いていて、のんびり歩いていて楽しいところだ。

ダブルデッカーバス というわけでなんとなく現地に到着、誰かに「すぐ判りましたか?」と訊かれたもので、「いや、なんとなく歩いてきただけ」と正直に申告する。俺、道に迷ったことってないんだよね、運がいいだけなんだけど。ついでに書いておくと、世界各国どこへ行っても、道を尋ねられなかったことがない。小樽や香港ならまだ判るが、チューリヒでもベルンでもトロスシンゲンでもレディングでもシンガポールでもロンドンでもボストンでも中井でも。なんかのオーラでも出ているのか、あるいはカルマでも憑いてるのか。

先週木曜日のSokehs Rockウクレレナイトでの話。
1. カポの謎。
PERFORMANCE CAPOソケースロック・ウクレレ・バンドみたいなのがちゃんとあって、店長と従業員全員がステージにあがる。ので、演奏中は食い物も飲み物も注文できない(笑)のが恒例だったのだが、今回は「飲み物係」のお姉さんがひとり残っていたのでビールは頼めた。でも次回にはあのお姉さんもステージにいるんだろうなあ。
そのソケースロック・ウクレレ・バンドは今回はカーペンターズ特集(ビートルズ、イーグルスときて、次回はピンクレディー特集なのだそうな)なのだが、左端のソプラノのお姉さんがなんでか一人だけカポを装着しておられる。キーが同じでも2カポだったり4カポだったりする。チャーリー芝原さんと「あれはいったいぜんたいなんだ?」ってんで盛り上がることしきりだったのだが、暇つぶしの「考えネタ」として使えそうなのでお姉さん本人へのインタビューは控えておきました。


2. リペアの謎。
FTそのお姉さんのウクレレなのだが、ピックアップを通すと1弦がビビりまくりという事態が発生! 率爾ながらとちょいと貸してもらってみたら、生音でも1弦がビビりまくり。ネックが反っている様子もないし、フレットが浮いている様子もないし、じゃあってんで念のためにトップのブレイシングを「よいしょっ」って圧してみたら治りやんの。それを眺めていたお客さんに「ゴッドハンドですね」とか褒められたのだが、実はなんで治ったのかは判らないのでしたあはははは。まあいいや、結果オーライで生きています。


3. ダーイマくん。
SEVRES vase 先日のアルカフェではLow-Gの美しさに驚かせてくれたダーイマさんなのだが、ソケースではHigh-Gのソロを聴かせてくれました。あれだな、かつて「どっかん」とか言われた俺としては、あの繊細な音質を実現しようという「野」が脳にないんだな、たぶん。

自分のステージではお客さんをやたらといじって遊んでいたら、ダーイマさんに「あの客席の巻き込み方は凄いですね」ってたぶん誉めてもらったのだけど、いやいーかげんなだけです、俺。



Golden Egg どうでもいいけど、3月はライブが7本くらいも入っていたのだけれども、4月って23日のアルカフェと30日のThe Zircons at Free Flow Ranchの2本だけだなあ。週に1本くらい入っていないと落ち着かない(笑)。

それはそれとして、5月17日のGolden Eggの弾き語りデイって、たしかaoちゃんには出演を依頼されて速攻応諾したのだが、スケジュールを見ると「出演者募集中」って書いてあって俺の名前はない。まあいいか、どうでも。


ものすごく久し振りにステージでもなくセッションでもなく、ピアノを弾く。いや、RD500の上に積んでおいた冬物衣類を整理したらピアノが現れたものですから。

You don't know what love is
|Cmaj7-5 B7-9|Em9 A-9|
|Cmaj7 B7-9|Em sus B7-9|

これでまだイントロ(笑)、とっても楽しい。



リーチ君からメール。
>>今日バイト夜に終わるんですけど、その後
>>泊まらせていただいてくださいませんか?
あはははは、言わんとするところが判らないでもないからまあいいか。
気を遣ってくれていることも、まあ判らないでもないなあ。

明日は、

いろいろ逼迫。のんびりしてる場合じゃないのだよ実は私は。



スポンサーサイト
深夜ステーキ。
すてき。 これで太らないのだから不思議だ。


念のためレシピ:

えーと、写真上からキャベツ、卵、肉。

肉は塩胡椒をして叩いて、強火の中華鍋で両面を焼いてから中華鍋をシンクで冷やして、卵とバターを落として5分かそこら蒸し焼きにする(たまにバーボンをかけて燃やしたりする)。
温めておいたお皿に卵と肉を移してから、刻んでおいたキャベツをちゃっちゃと炒めて付け合わせにする。所要時間10分ってとこか。

なんでスプーンがあるかというと、到来物のめちゃくちゃ硬いベーコンがあったもので削ぎ切りにしてスープを作ってみたんです。ビールがありゃ最高なんだけどな、禁酒中だし。

2008年3月30日(日曜日)、お花見。
朝からアルカフェのお花見で善福寺へ。
景気よく酔っ払って日のあるうちに帰宅、とっとと寝ました。本日終了。
2008年3月29日(土曜日)、The Zircons Live at 幡ヶ谷!
今日の梅干:

慶びの梅酌 到来物の梅干がありましてな。これがいただいてみたらかなり美味いものだからネットで調べてみたら、たかが梅干が1粒200円もしやんの(笑)。いやその、ありがとうございました。

念のために書いておくとふつうに調味梅干なんですけどね、手間ひまかけるとここまでになるんだなあと思って感心することしきりでした。


今日のパソコン:

なんか合唱団のメールでのやりとりに齟齬が出ている、との漬物学者夫人からの相談でよくよく聞いてみたら、やっぱり添付ファイルにしているwordの拡張子が.docだったり.docxだったりするあたりがめんどくさいらしい。しょうがないからちょっと寄ってみて、とりあえず漬物学者夫人のword2007はデフォルトで.docで保存するように改造して、ついでにやり方もご教示しておいた(それで梅干を貰ったわけさ)。

旧版ユーザに拡張機能パックとかをいちいちインストールさせるほうがよほど困難なので、新型のパソコンを買った人にはいちいちこの措置をとってもらうように徹底することを提案してはおいた。実施に無理があるとは思うが、まあしょうがあるまい。基礎民生品の下位互換を確保していないビル君の責任だな、こんなのは。


今日のお花見:豆知識付き。

新宿御苑の桜 The Zirconsのライブで幡ヶ谷に行く前に、ちょいと新宿御苑を覗いてみて1時間ほど散策してみる。桜満開、人も満員。写真ではよく伝わらないが、行ってみると楽しいよ。

豆知識だが、昼過ぎに大木戸門のほうから入ってみたら行列5分がとこで入れたのだが、そのあと新宿門から出てみたらこっちの行列はものすごく長いものでした。たぶん、明日あたりに行く人は新宿方向からアクセスするにしても、新宿門は通りすぎて5分歩いて大木戸門から入ったほうがいいと思うのです。

関係ないけど、園内放送で迷子のご案内をしていたウグイス嬢の滑舌と発音がものすごくよくて、感心しました。ただものじゃありませんね、あのお姉さん。


今日のジルコンズ:

The Zircons at 幡ヶ谷

    ※前回までのアラスジ
    僕も歌っている四人組のアカペラ・ドゥーワップ・コーラス『The Zircons』は、幡ヶ谷Club Heavy Sickでのイベントへの出演依頼を快諾して、満を持して三々五々現場に向かうのでしたのであったのだった。
なんか「100人規模のスタンディングイベント」という与太話もあったのだが、そんなもんチケットノルマ30枚くらいでやってるライブハウス(つまり30人入ったら関係者全員がびっくりする。Golden Eggのほうがお薦めだな)にそんなに入れるわけもなかろうなどと不審に思ってはいたのね、俺。行ってみたら案の定という感じで、なんか他人事みたいで申し訳ないのだが、やはり100人は入らない。入れたらアウシュビッツかちんこまつり状態だし、どこから出てきたんでしょうね、100人の話。それでもまあ人さまの企画イベントライブに呼んでいただいたわけなので、そこはそれ、楽しく演らせていただきました。

来てみてよかった今夜は最高 リハーサルではPAのかたに「編成を教えてください」と言われて、「うた、うた、うた、それとうたです」と言ってみたら、お兄さんはステージ配置図に「丸に矢印」(マイクを意味します)を4本書いて「こんなに簡単な配置図は初めてです」と仰っておりましたな。まあ、そりゃそうだろう。それで各人のリードを1曲くらいずつ演ってバランスを取って、Be Bop Boysの柳谷竜二さんをリードに迎えての2曲については音合わせをこれは通しで演らせていただいて、とっととリハーサル終了。あとはThe Zirconsの4人で幡ヶ谷をうろうろして適当な居酒屋さん(看板が素敵!)で軽く腹ごしらえなどして、ついでに僕とサンチャゴはなんでか近所の銭湯でひとっ風呂浴びてのんびりして、定刻から本番突入。絶好調で本番終了、今日はなんでか僕の低音の出がよくて、下はAまで行きましたね。実声でだいたい3オクターブ、偉いな俺。


琉球食堂 終演後にサンチャゴと亜紀と僕とブランドンで歩いていて、どうしても琉球食堂に寄りたくなってみんなで軽く飯。美味しいし落ち着くし親切だし、いいお店でしたよ。

あと京王新線と大江戸線でお気楽に帰宅。


今日のテレビ:

DVD『借王 -シャッキング- THE MOVE 2000』 ところで、日本テレビ『タイタニック・後編』vs.フジテレビ『ハリー・ポッターと秘密の部屋』対決の結果はどうなったのだろうか、気になる。ものすごく気になる。

たとえば「昨日タイタニックの前編を観ちゃったから今日もタイタニック」層と、「ハリー・ポッターのほうが1時間早く始まるからなあ」層はすぐに想定できるし、ついでに「今日は19時からテレビ朝日でクレヨンしんちゃん、21時からタイタニックで4時間コース」層というのもあるらん。ついでに「タイタニック観てたらロス・タイム・ライフが観られんではないか」という良心的な客層もあるかな。

ちなみに、以前にフジテレビが『タイタニック』を放映したときには、日本テレビは『借王 -シャッキング-』を放映していたと記憶するので、遺恨試合としても興味があったりなんかしたりして。



明日は、

アルカフェの花見が善福寺緑地であるもので、顔を出してみようかとぞ思う。とうぜんのように得物いろいろ持参するあのこと。

2008年3月27日と28日(木曜日と金曜日)、Sokehs Rock Ukulele Nigit!
27日、四谷三丁目ソケース・ロックのウクレレ・ナイトに遊びに行く。
  1. およげ!たいやきくん (Major Ver.)
    単にPA合わせだったのだが異様にウケる。こんなんでいいのか。
  2. Crazy G (Extended Ed.)
    「知ってる人が5人いたらやります」って言ってみたら6人くらいいらしたもので演る。有名曲をずぶずぶにデフォルメしました。
  3. Godzilla
    伊福部さんです。
  4. Godzillaの大群
    同じ曲を三連ストロークで。
  5. 亜麻色の髪の乙女
    三連ストロークの説明の後に、1拍6連でマンドリン風味。
  6. Sixty Minute Man
    in Cで、ウクレレの音域よりボーカルのほうが随分低いというのを強調してみました。
  7. Smoke on the Water
    小ネタ。
  8. 火曜サスペンス劇場
    小ネタ。
  9. 救急車 (Stereo Ver.)
    PAさんの左右パンとともに。
  10. いつも何度でも
    「あまりひとの演らないものを」という声にお応えして。
  11. Over the Rainbow
    インストつながり。
  12. Close to You
    ソケースバンドがカーペンターズ特集だったのに合わせました。歌唱の半分は客席。
  13. Coffee Rumba
    熱心なソロ入りの歌唱は今日はこれだけ。
  14. 聞いてアロエリーナ
    「CMソングを」との声にお応えして。
  15. はじめてのチュウ
    「アニメソングを」との声にお応えして。
なんでか僕の出番はトリで、演し物はこんな感じでストロークの解説などもして、これだけ演って20分強なんだからたいしたものです。手ぶらでいったもんだから、ウクレレはお店チームの女子のコアロハを借りたんだからたいしたもんです。なにが。歌モノはお客さんが率先して歌ってくれるので楽ちんでいいや。深更帰宅。
28日、原因不明の腹下しに苦しみつつ、国民健康保険の更新があるのでふらふらしながら中野区役所にだけ行く。とうぜんのように「納付」ではなくて「相談」の窓口によって、貧乏そうなナリと(幸いにして)不健康そうな顔色で保険料を値切り倒して(←半ばほんとう)、むこう半年分の健康保険権をゲットして帰宅。

お粥とか純粋湯豆腐とか汁だけシチューとかを舐めつつ寝る。



明日は、

幡ヶ谷のライブハウスにジルコンズで出演。詳細はこちらに。
まじめなBe-bopイベントだと思っていたら、どうやら僕らの役割はコメディ・リリーフめいたものらしく。ふむ。

2008年3月26日(水曜日)、平凡舎ウクレレ部。
書籍+DVD『免許皆伝!ウクレレ・ジャカソロ塾』 夕刻から久し振りに平凡舎ウクレレ部でセンセーなど務める。

さすがに年度末の大企業とて部員のみんなは来られんのかとか思っていたら、それでも3名様ほどのご案内で一応部活に精を出す私たち。今日はカマテツ師匠から知人特権で買い付けたサイン入り『ジャカソロ』5冊を持参して部員さんに売りつけて、そこからリクエストによりだいたい『Crazy G』をさらう。
それなりにややこしいところもないじゃないけど、

  • けっこう東京圏では(他所のことは僕には判りません)有名曲であることは間違いなかろう、
  • 発音、指遣い、左手首の返し、ストロークとリズム、とひととおり指導できる素材ではある、
  • なにより教則を今日売りつけたし(笑)、
といったことで熱心にやる。


女子部員さんでひとり臨月のかたがおられて(おめでとうございます)、まんまるいお腹にちょこんとウクレレを乗せた「それって胎教的にはどうなのよ」という姿勢で弾いていて、ちょいと演奏に詰まるたびに「ここで産まないでね」とか与太をとばしながら、ついでに梓みちよ『こんにちは赤ちゃん』のコード譜をちゃっちゃと書いてお土産にしておきました。たしかそんなに歌いたがらない部員さんだったとは記憶するのだが、そんなもんコードチェンジを弾いていれば爺さん婆さんが喜んで歌ってくれるでしょう。
今日のニュース:為念

>>「人を殺せば刑務所に行けると思った。誰でもよかった」
念のために言っておくけど、刑務所に入りたい人はたとえば僕なりに相談してください(ややこしいことを言わない大人なら誰でもいいのだが)。お上の手を煩わせる以外には誰も傷つけずに刑務所に入る方法だったら、すぐに教えてあげるから。

明日は、

四谷三丁目ソケース・ロックのUkulele Night、行けるのかいな、俺。

2008年3月23-25日(日月火曜日)、おちおち道も歩けません。
なんか忙しかったもんで、日記的にはとくに書くこともなく。
  • 土曜日の深夜は、なんでかGolden EggのPunch徹夜セッションに行ってました。
  • 日曜日と月曜日はなんとなく蟄居というか家仕事というかそんな感じ。
  • 火曜日の夜、野暮用でまたGolden Eggに立ち寄ったらなんでかセッションやってて(店長aoちゃんも「へえ、今日ってセッションだったんだ」みたいな感じで、ほんとうにいい加減な店だな(←褒めてます(笑))。
CD『Deep Purple/Live in Japan』 画像のCDはDeep Purple『Live in Japan』1972年版です。買いましょうね、みなさん。

その火曜日のよく判らないセッションでなんとなくステージに上がって、誰かが「じゃあロックでも」と言うのが仄聞こえたものだからなんとなくオルガンでディープ・パープル『ハイウェイ・スター』の1972年大阪フェスティバルホール版のイントロを弾き始めたら、ギターの人とベースの人(初対面である)が面白いくらいに熱く反応してきましてですね。ええ、完コピで演りました。サイズも(歌いっこつづめたけど)オルガン・ソロもギター・ソロもそのまんま。

いやあ、生まれてこのかた「キーボードでコピーした」のってこの1曲だけですからね、僕。あとは丸コピは皆無で、モンクを聴いてもレイシーを聴いてもせいぜいテンションノートを拾って感心する、くらいのことで。21世紀になってこんなもんをセッションで弾けるとは思いませんでした。たいへんしあわせでしたことでしたよ、ありがとうございました。


今日の殺人鬼:

例の「お巡りさんの張り込んでいる駅で全力疾走しながら人を叩き殺し続けた」人の話なんですけど。いやあまりこまかいことは言いませんが。
茨城県警の記者会見での警察官諸君、なんだあの座り方は。どっかり背もたれに寄り掛かって膝を開いたあの姿勢は「使えない奴」の典型ではないか。あんな姿勢で会社の面接試験とかに行ったら速攻落とされる、そんなやつらが公金で食っていることは判る。
書籍『ジャズ・ベース・ナビゲーション』、表紙の人がムトウさん。 それと、広域配備だかの無駄さも判っちゃったような気がする。そも性格温厚人畜無害な俺とかムトウさんとかがしょっちゅう巡査の職務質問にひっかかっている時点でそんなものが無駄であることは判るし、そういや元・国家公安委員長をひっくくっちゃったこともあったよな(笑)。そして本物の殺人者は素通りさせる、と。おちおち道も歩けやしねえ。
ついでだが、配備にあたっては携帯電話ではなくて無線こそ有効、というのは黒木昭雄も北芝健も矢島正雄も書いていたような気がするのだが(人選が偏ってますね、僕も)。


今日のニュース:おまけ。

  • 熊本県知事が新しく決まって言うことに、「県をこうしてああして次の世代に引き渡す」って、咎人じゃねえんだから(笑)。
  • そろそろ導入が本格化してきた「タバコの自販機での成人認証専用ICカード」taspoだが、本人確認書類に顔写真があれば発行? ラーメンの出前で契約書を作るような話で、あるいはレンタルビデオを借りるのに実印がいるようなもんで、誰が作るかそんなもん。バカじゃねえの。
  • またウィニーでの情報漏洩のニュース。こないだまでは「なんでそんなもん入れたPCに極秘情報を放り込むのかなあ」などと思っていたのだけれども、さいきん考えを改めました。きっとWinnyってものすごく便利で楽しいものなのに違いない、そのうち導入してみようかしらん。


明日からは、

水曜日、平凡舎のウクレレ教室でセンセー。
木曜日、四谷三丁目ソケース・ロックのUkulele Night。
金曜日、代々木事件の話でまた運送会社さんと面談。そのあと早稲田大学高等学院グリークラブの定期演奏会に行ったり行かなかったり。
土曜日、The Zirconsライブが珍しく土曜日の渋谷であるんだな。Be Bop Nightだって。なに着て行けばいいのやら(笑)。
日曜日は、アルカフェのお花見。まあそのへんはのんびりと。

あと宿題で、Randy Newmanの『It's a Jungle Out There』をちょっと演りたい。ソースを探しておくように>>じぶん。

2008年3月22日(土曜日)、Sweding the Music!
のんびりしていたのかどんよりしていたのかよく判らない日。生産性は皆無。
今日のお小言:

某所ニュースで読んだ表現、「(安心して)肩をなでおろしました」。
某所ブログでは「知る余地もなかった」。

いやまあいいんだけどさ。前者は「撫で肩」からの類推であろうか。後者は、それはそれで意味が通っているところが楽しい、かも。


そうかと思うと俺、先日のセッションでエルヴィス・コステロの話をしていて「なんかヘンだなあ」とは思っていたのだが、今日になって気づいたのだが僕はコステロとイアン・デューリーと間違えて話していたのですね。どーやって間違えるんだそれ、ぜんぜん判らん。
ところで、リーチ君は金曜日の夜に「親戚のところに泊まります」と言ってきたきり連絡がないが、まあ保護監督責任もないので放置しているのだが、まあいいや。

ちょっとは片づけたんだけどなあ、家の中を。
1960年代東映を観てないとキツいかなあ(どんな家だそれは)。


寝る。
footcopy