FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年1月16日(水曜日)、Move!
朝、てきとうに起床。
今日はのんびりしよっと。
週末の限界:

こんな感じ。 昨日の晩飯中に携帯電話(SoftBank 816SH)の電池が切れましてですね。そりゃまあ金曜日の夜かなんかに充電してから土日月火とほっといたからなあ。
大本営発表仕様だと連続待ち受け300時間≒12日半くらいは保つ筈のバッテリなのだけれども、地下に4時間いたりとか地下に12時間いたりとかときどき写真撮ったりとかしていたら、まあしょうがありませんね。

さすがにハイテクだなあと思ったのが、帰宅して充電器を繋いでも、すぐには起動できないんですね、こいつ。けっきょく翌朝まで寝かせておいたことでしたよ。


明日のライブ準備:

俺。 ピロリ on Bass QUISENくん。

12:45から13:00までで、『長い髪の女』、『Move』、『Crazy G』のピロリ(ベース)用の譜面を書く。あとは明日の本番前60分あたりで譜面を渡されたピロリがびっくりするだけのことだ(笑)。

デンゼル・ベストの『Move』についてはマイナーなバップ曲でもあり音源を捜してみたらYouTubeにあったのだが(↓)、


50年前の録音なのに僕の知ってる奴より進行がモダンでですね(たぶん犯人はビリー・テイラー on Piano (笑))。じゃあ俺はどこで憶えたんだよこの曲をと思ったら、忘れようとしても思い出せないのでした(意外とラルフ・ピーターソンあたりだったりなんかして)。

あたしゃこんな感じでやってます(↓)。

|Bb|Eb|Dφ|G7|
|Cm|F|Bb|Bb F|
|Bb|Eb|Dφ|G7|
|Cm|F|Bb|Bb|
|F|Bb|Eb|Eb|
|C7|C7|F7|F7|
|Bb|Eb|Dφ|G7|
|Cm|F|Bb|Bb (F)|

簡単でいいでしょ? あとは譜面をさらさらと書きながら、曲順も考えてみました。え? ネタバレ? こんなもんで本番が想定できたら天才ですよ、演るほうだってどうなるのかぜんぜん判ってないんだから。

1. コーヒー・ルンバ(Dm)
ウクレレと歌。QUISENのフリーサイズ・ソロあり。
2. Crazy G(G)
ウクレレの定番曲、客層にウクレレ者が多かったら演りましょうか。
3. カーニバルの朝(Am)
ウクレレのインスト、ベースソロありって感じで。リズムの2人がサンバ者だから心配してない。

4. 花(C)
ピアノの弾き語り。テンポキープはピロリに任せて、QUISENデタラメ。
5. 長い髪の女(C)
QUISENは2回ほど聴いてるから大丈夫でしょ。ピロリ用には譜面を書いた。
6. Summertime(Am)
ハーモニカの吹き語り(笑)。ふつうにスローバラード、と。

7. Move(Bb)
弩バップ、滅茶速、QUISENもピロリも初見! 楽しみだなあ(笑)。
8. ラストダンスは私と(C)~All of Me(C)
よく考えるとスタンダード・スウィングと言えば言えるんだな。
9. St. Thomas(C)
ラストこのへんで。とっても壊れやすい曲なので楽しみです。

Ex. 君にあえてよかった(G)
Ex. Confirmation(F)
Ex. Blue Monk(Bb)
Ex. Chicken(Bb or C)

今日のテレ朝:

14時頃からの『相棒』再放送が『ついてない女』、
21時からの本放映の『相棒』が『ついている女』。

旧作の『ついてない女』は何度かリピートされているものをわざわざ持ち出してきたものと思うが、いい企画ですね。


昨日のジャム:

そういやオルガン弾いていたら、スガちゃん(ピーターソンが入っているわりには小さい)にやたらと褒められたのだが。あんときゃベーシストにベースノートを指示するために左手が殺されていたのだが、あんなもんでいいのかなあ。右手だけのほうがいいのかなあ。

←リットーミュージックから出ていた「間違った譜面」に則った演奏。

とかなんとかいいつつ、僕の最初のキーボードはYAMAHAのコンボオルガンだったりなんかして、あれはレガート以外にはクリックが鳴る本物でした(たぶんYAMAHA YC-45D、インチキレスリー付き)。実はオルガン者なんですよね、俺。

ピアノやめちゃおうかなあ。

←本家なのに三流バンド。

生まれてこのかた真面目にコピーしたことがあるのもDeep PurpleのJapan Liveの『Highway Star』だけだったりなんかして(だからトリルができる)。
あとは「勘」で演っているのですけれども、こんなことでいいのだろうか(もうしょうがないね)。


今日の疑念:

知人の携帯電話からメールを貰ったのだが、タイムスタンプが12:07 a.m.となっている。

ふつうに考えれば24時間制で12:07つまり昼過ぎということになるのだが、こんな表記がシステムとして有り得るのか? ひょっとして00:00から24:00までを「a.m.」として勘定しているPCがいるわけ? 誰か教えてください。



明日は、

ライブってば。 俺。 ピロリ on Bass QUISENくん。



スポンサーサイト



2008年1月15日(火曜日)、どこふく風。
演奏中 06:00起床(早すぎると思う)で野暮用と半端仕事とお洗濯など。
朝食、バナナチップと紅茶。

午後からうすら眠いながら頑張って音羽屋勤務で、「眠いので手足がぽかぽかします」とか言っていたら社長判断で17:30に早あがり。お腹もすいたし、知り合いと待ち合わせて池袋のベトナム食堂に行ってみて、店員さんに「ブログ読みました」とか言われてちょいと慌てる。今日は生春巻、オクラの腐乳ソース、筍のサラダ、アオヒラスの唐揚げ、ヌクマムタマゴ、肉とトマトの鍋、といったあたりでお腹いっぱい。今日は小石川鯛助がちょっと不発だったもので(メバルくらいは買っといてもよかったのかなあ)、なお嬉しい。

というわけでESSのセッション at 大久保水族館はやめとこうかと思ったのだけれども、よく考えると木曜にアルカフェライブに付き合ってもらうQUISENとかピロリ河村とかが来ていそうな気もしたもんだからに21:00くらいに行ってみたら、QUISENもピロリもいやがんの。そんで知らない曲とかブルースとかをてきとうに弾き倒して、てきとうに帰宅。

セッションついでに木曜日ライブの告知をさせてもらって、「僕がピアノとウクレレとボーカルとハーモニカとピアニカで、パーカッションがQUISEN、ベースがピロリ河村です」って言ってみたら「最低最悪の組み合わせですね」ってんでブーイングの嵐(笑)。けっ、うっかり観にきた奴にゃあ地獄見せてやるから覚悟しろってんだ(爆)。



ヒマネタ#1:こないだのテレビ。

実家で晩飯を食っているうちにCX『耳なし芳一からの手紙』ってつまり中村俊介主演の浅見光彦シリーズなんだけどさ、が始まったのでちらちら眺める。劈頭の壇ノ浦のシーンなんか、サスペンス劇場でよくこんなもの撮ったなと思って感心しつつ、両親と「このとき安徳天皇ってまだ事情は判ってないよな、気の毒に」なんて呑気に話しておりました。

しばらくして現代になって中村俊介が出てきて、こいつが「判官贔屓」を「はんがんびいき」と読みやがった。語源が「九郎判官」なんだから「ほうがんびいき」だろうがよ。


ヒマネタ#2:今日の読書。

土曜日に高円寺の古書「十五時の犬」で買ってきた福武文庫『町かどのジム』、読了。基本的には童話なのだろうと思うのだが(そんな判断は僕にはつかない)、心のささくれ立ちがちな中学生や高校生(僕はそういう子どもだった)にこそ読んでほしい本だと思いました。お薦め。


ヒマネタ#3:SoftBankの田舎者め。

どの回線からでもSoftBankの携帯電話に架電すると「プププ、プププ」っていう合図が鳴るのは、もう体験なさいましたか? うるせぇんだよね、孫正義ってばYAHOO! BBのころから考え方もやり口もぜんぜん変わってないねえ(お金持ちになる人は違う、って話なのかなあ。僕なら恥ずかしくってとってもできません)。



明日は、

エレコム コンピュータチェア(オレンジ) [CCH-L001OR] 譜面とか書いたりとか。
銀行口座をアレしたりとか。
お洗濯の続きとか。
そういや実家に届きっぱなしの椅子とか引き取ってきたりとか。

footcopy