FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年1月5日(土曜日)、墓参兼初詣。
二郎さん。 ←故・二郎さんの遺影です。
ずいぶん昔、こないだの世紀代わり前後くらいに犬を飼っていたことがある。いやその別に動物が好きとかそんなんではまったくなくて、ある日に取引先のお姉ちゃんから電話がかかってきて「今日じゅうに引き取り手が決まらないとヤクサツされる犬がいるの」って、ヤクサツが扼殺なのか薬殺なのかは知らないけどただの脅迫電話じゃねえかよ、これ。ええ、しょうがないわねえ、これは。


牛肉の缶詰(犬用)。 2年くらいも一緒に暮らしただろうか、もののよく判るいい犬だったと思うのだが脱走癖があって、ある年の晦日にふといなくなったと思ったら1月4日になって中野の消防署から「署の前にあった犬の遺体を預かっている」という連絡があって(おそらく命日は正月で、鑑札を頼りに保健所との連絡をつけるのに時間がかかったのであろう)、1月5日に蓮華寺附属哲学堂動物霊園で大枚払って荼毘に付しました。

そんなわけでそれ以来、お正月は哲学堂の向こうの蓮華寺の「きずな塚」に犬缶ひとつ持ってお参りに行くのが例年の初詣ってわけだ。まあ御利益とかなさそうだけどな、しい?ことあるまい。



今日は、

とりあえず朝、必死こいて燃えないゴミを大量に提出。すこし余らせたがまあいいやと思ってちょっと寝て、と。

そのあと野暮用で中野に出て、ちょいと人と待ち合わせて北口DEL SOLでパスタなど。美味いし量もやたらと多いので満足。不味くても量が少なければ僕は許す。そこそこ美味ければ適量がよろしい。量が多くて喜ぶというのは、そうとうに美味いということなのだよ。エスプレッソも美味かったうえに奢ってもらったもんで大満足。けっきょくそこかい俺(笑)。



解散後、

  1. ユニクロ、
  2. 東急のあおい書店、
  3. シノトメ(半分が郵便局になっていた)、
  4. 薬師あいロードの魚屋さん、
  5. 新井薬師さんの前の丸正、
哲学堂公園にて。 と覗きつつ、あいロードの泥棒市場というペットグッズ屋さん(なんちゅう名前やねん)で奉納用の犬缶を買い込んで、新井薬師さんは「とおりぬけ」させていただいて、中野通りから哲学堂公園を抜けて蓮華寺へ。

それで合祀の塚に犬缶を奉納して合掌して、本日のミッションだいたい終了。あとは戻りがけの実家に弟が来ているというので顔を見に寄って、ついでにおせちってな感じですかね。


今日のイチャモン:

その1。
実家の母が、PCから友人のDoCoMoにメールが送れないという。こっち側には特段の不備もなさそうだものだから先方のアドレスを見てみたら、ローカルパートに「.(ドット)」が2つもありやがる、RFCとか知らんがこりゃあたいがい無理だろう。

つうか、なんでDoCoMoでこういうアドレスが取得できるのだろうか。不勉強なのでよく判らないのでした。

その2。
なんか傷害事件の報道で、たとえばNHKのニュースが犯人の謂を「誰でいいから皆殺しにしてやりたかった」と何度も繰り返すのだが、「誰でもいいから皆殺し」という日本語はないぞ。言ってておかしいと思わないのかたとえばNHK、あるいは「報道は事実を」とかってんで誰の言ったことでも「事実であれば」そのまんまかい。

今日のNHK総合『ファイブ』:

連載マンガのほうは好きだったんだが、べつに同じタイトルで違う話になったからって文句を垂れたりはせん(つまり今から文句を垂れるというわけです)。

  • 岸谷吾朗は「膝の故障がバレると解雇される」といいつつ「最高の仲間に出会えた」とも言っている。最高の仲間にならばチームメイトたる自分の状態を伝えるのがスジなのではないのか。
  • だいたい、踵の故障で引退を決めた筧利夫は自らコーチにそれを告げたわけで、バレて解雇されたわけではない。
  • 監督はけっきょくなんにもしていない。「選手の自主性に任せる」というのならば監督はいらないし、最終的に岸谷の復帰には不服ながらも押し切られている。なにしに出てきたんだあんた。
  • 岸谷の娘は「役立たずチームに在籍する父」のせいでハチされているのだが、田中要次が学校のバスケ部に乗り込んでだいたい問題解決。って、プロがそんなこと自慢してどうするの。じゃあ無能な奴の娘は苛められてろっていう話か、ふざけんな。
  • 唯一、バスケ部のシーンの決めポーズで柳沢慎吾が『悪魔のはらわた』の物真似をしていたのが大爆笑でした。気のせいかもしれないけど。
  • それで岸谷吾朗が「スマイルスマイル」とか言いながら、笑うと単に「追い詰めた殺し屋の笑み」になってしまうのが、まあもともと目つきのものすごくよくない人だからしょうがないかこれは。
てなわけで、誰が書いたかからないが脚本がヒドすぎるよ。時間の無駄でした。
今日の音楽:

1. Boy From New York City
The Manhattan Transferの有名曲をThe Zircons用にアレンジしようという企画があって、リハーサルは月曜日なんだが、まだ譜面も音源も作れていないなあ。まあとりあえず普通に変形ブルースだし、in F#のところをin Fで書けば手間もかからないし、明日の午前中くらいまでになんとかしょ。

2. Synchronicity
『早春譜』と『知床岬』の出だしが同じであるらしいことに気づきました。なんかのネタで使お。

3. のだめカンタービレ
特に眺めてはいないのだが、先日の再放送をBGMにしていたときにかかった『Rhapsody in Blue』は滅茶苦茶で面白かったなあ。どこかに音源でもあったらちょっと欲しい。


明日は、

いろいろ考えると忙しいような。



スポンサーサイト



footcopy