FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年1月3日(木曜日)、やることやったら終わりだと思ったら大間違いなんだよ!
むっとしているかもしれない人々。 ふと気づくと、クリスマスに駆け込み応募したBUSHMAN WORLD UKULELE VIDEO CONTESTのシメキリは31日に延長されていたらしい。なんだよ、半端な尺で応募する必要もなかったんじゃん。

そうかと思うと、BUSHMAN WORLD HARMONICA VIDEO CONTESTというのもあったらしい。なんだ、言ってくれれば応募したのに。まあいいけど。


今日の始動:

その1。
The Zirconsになんか出演オファーがありまして、なんか女の子のいたりする店らしいので喜んでいる正月早々。

その2。
今年のmixiの初書き込み、
>>いやよいやよも好きのうちじゃ、ほれほれ。
サイテーだな俺(笑)。

お正月の音楽活動:

その1。
1月7日のリハーサルまでに、The Zircons用の『The Boy From New York City』(アキ主唱)のアレンジをなんとかせんといかんのだな。ところがこれが譜面を読まないのがひとりいるもんだから、けっきょく多重録音でなんか作らんとならん。いや文句もないしそんなに手間でもないのだが、録音物件での連絡ってなんか自分のイメージを押しつけるようであまり好かんのですよ。Gimmicksあたりでは山崎規夫に「譜面書け」つぅて無理矢理特訓していたりしたものさ。

その2。
1月17日のアルカフェライブには、パーカッションのQUISENくんに加えてベースのピロきん(鬼畜)が来てくれるらしい。どうなっちゃうことなんでしょう、なんか地雷源ばっかり渡り歩いているような音楽人生ですよ僕。

そんでメニューをいちおう考え中なんだけど(リハーサルなどはするつもりもない)、

  1. 『Confirmation』
  2. 『Blue Monk』
  3. 『Spain』
  4. 『St. Thomas』
  5. 『Chicken』
  6. 『All of Me』
くらいも演ったら45分くらい経っちゃうんじゃない? しかもお店のスケジュールには思いっきり「ウクレレ」って書いてあるというのに、ただのピアノトリオだし。まあいいか。

今日の服装:

お掃除などしていたら、押し入れの奥から紙袋が出てきて、開けてみたらWilliam Barryのピーコートでした。たしか高校のときに買ったから、20年がとこは昔の品だな。ちゃんと粗羅紗の分厚いのを使った本格派で、最近は見なくなりましたがこれが本物。ライト・メルトンとか冗談じゃないよ。シングルブレストも有り得ねえし、メタルボタンなんか許せねえよ(海上使用が前提なんだから、避雷するために金属は禁忌)。

というわけでものすごく久し振りに袖を通して、お買い物に行きましたとさ。
いちおうネットで捜してみたけど、ロクな商品が流通しておらない。ネル製品とか引っ込んでろよきさん、それはピーコートでは有り得ないのだから。


今日のお買い物:

つるかめランドが俺にひとことの断りもなく19時閉店しやがったもんで、しょうがねえから東中野ライフまで行く。行ったはいいけどoops! 鮮魚ねえじゃん! えーとね、鶏肉は胸の刻んだのばっかりで、あれは雑煮用なんだろうなあ。あと豚バラと、ロールキャベツは煮込みにでもするかってえのと、レンジでチンするご飯と、それの付け合わせの缶詰(金華ブランドが奇跡的にありましたもので)。

というわけで帰宅して、豚バラを黒酢で煮込んだのと、できあいのロールキャベツを無化調コンソメで煮込んだのと、あとご飯に缶詰とかそんな感じでてきとうに。

もうちょっとまじめにメシ作らんとあかんぜよ儂。



明日は、

いろいろなんとかしたい。
あとパンツがない。



スポンサーサイト



footcopy