FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年10月29日(月曜日)、まだ不調。
はっきり言って僕は怠け者だ。
怠け者なので風邪なんかひいている場合ではないのだ。
そもさん怠け者に「より怠ける口実」を与えてどうするのだ。

いかんいかん、まだまだ風邪が治らない。


09:00起床。
10:00から出張テキスト入力で某所へ。なんか偉そーな仕様で好かんのだが、機密保持とかいろいろあるんだとさ。それでUSBストレージで持参した親指ひゅんをさきさまのPCに放り込んで、とろとろと60分ばかり働く。
13:30、おいなりさんとお茶を買い込んで音羽屋へ。16:30くらいまで働いて、なんかやっぱり体調不良というかうすら眠いもので早退けさせていただく。いかんなあ。
17:30から19:00まで大汗かきながら眠って、ちょっと復調したところで20:00に中野坂上で某社社長と待ち合わせて、仕事のネタなど仕入れる。テープ起こしで明日夜まで、トッパライ(さいきんこんなんばっかしで口に糊していたりする)。ついでに晩飯ということで、「にんにくと赤唐辛子」というものすごい名前の焼肉屋さんに「風邪とか一発で吹っ飛びそうだよな」とか言いながら入って、ロースとカルビとレバ刺しと水キムチと参鶏湯とウーロン茶(同伴特区ではあるのだが、さすがにビールとか飲まんね)。けっこう食べて2,000円なんだから安いし、美味しいし、水キムチなんか置いている店ってけっこう珍しいし、満足。
22:00くらいに帰宅して、もちろん仕事などせずにぐうたらする。ほんとは健康だったらアルカフェにルー・ツカメさんでも聴きにいこうと思っていたのだが、そうもいかんよなあ。

関係ないけど今日って、なにか東京で国際関係の催しってあったのかしら。地下鉄線に計4回6路線を乗って、やたらと外国人赤げっとおのぼりさんを見かけたのだけれども、偶然だったのかしら。


今日の同じ穴のむじな

僕の風邪もいいかげん珍しいのだが、ベースのケンシチが糖尿病で入院しているらしい。しょーがねーな。病室でヒマなんでスティック持ち込んだらしい(ドラムスティックなのか弦楽器なのかは不明)。しょーがねーな。たまに携帯電話にメールしてやると速攻で返事が来る。ヒマなのは判るが、しょーがねーな。


今日の弾き語り:

11月4日(日曜日)には東新宿アコースティックアートでおじさんバンド
11月14日(水曜日)のThe Zircons at Back In Town
11月20日(火曜日)のソケース・ロックウクレレ・ナイトでのりびけん単独、
11月21日(水曜日)のアルカフェでのりびけん単独、
11月30日(金曜日)にはFM世田谷さんにThe Zirconsで出演、
12月7日(金曜日)のThe Zircons at 三軒茶屋夢弦

まばらに(こんなのは疎らのうちだな)ライブが入っているもので、クリスマスネタでもお復習いしておこうと思ってウクレレで『White Christmas』だの『赤鼻のトナカイ』だのを歌ってみる。たぶん数年来にわたって演奏してきているものとは思うのだが、歌はともかく演奏のほうはキーを決めるところから始まるって、悠長な話ではある。


今日のグローバリズム:

先日スイスのレコード屋さんにCDを注文した話は書いたと思うのだが、即日メールでお返事が来た話を書き忘れていると思うので書いておくと、

ご注文ありがとう。
ご注文の品は早速船便(shippedとあったが、船便なのかなあ)を送ったので、11月の5日の週には届くと思うので楽しみに待っていてください。
スイスくんだりから2週間もかからずにブツが届くのだなあ(、しかも安いほうの送料600円の便なのに)、などと思ったことでした。

ちなみにインターネット経由の注文時に「電話番号」を書く欄があって僕の携帯電話の番号を記入しておいたのだが、もし先方から電話があったら楽しいなあ、それもドイツ語とかフランス語とかロマンシュ語だったりすると面白いなあ、なんて思って期待していたのだけれどもそんなこともなく。


今日のテレビ:

いつのまにか映るようになったNHK BS2で深夜にフルバンドのジャズを流していてしばらくは眺めていたのだが、なにやら問題があったのかどこが偉いのか誰かが足引っ張ってんのか知らんが、リズムがひどくてまったくスウィングしない三流バンドでした。調べてみたらこれでもデューク・エリントン・オーケストラでやんの、ちょっと吃驚。

いやほんとに、そのへんのジャムセッションがうっかり上手いこといっちゃったりしたほうが、よっぽどいい演奏が聴けるぜ。それで暫く聴いていて「誰のせいか」というのもだいたい判ったのだが、テレビでちょっと眺めただけでそんなことを書くのもあれだし。スリーリズムの誰かが二日酔いだったのかなくらいに言っておきます。

でも林家こぶ平(現・正蔵)がかつて言っていた「ボーカルとビッグバンドはジャズじゃない」というのは賛意を表明する立場にあるもので(あの人は「判ってる人」だ)、そのビッグバンドがスウィングすらできないというのはどーかとおもーのよ。しょうがないだろう、これは。

さてエリントンの後にディメンションというバンドが出てきたのですが、ごめんなさいサックスとギターのチューニングが気に入らなかったもので1曲聴いてチャンネルかえちゃいました(気に入らなかったのは「ピアノのチューニングが高め」だったからなのかもしれないのだが、そこは措く)。Golden Eggのaoちゃんが聴いたらどう思ったことだろうかしらん。

こういうあたり、演ってる人たちは、そして現場で聴いているお客さんたちはどう思っているのかなあ。


そういえば、ベイシーとかギルとかベニイ・グッドマンとかのオーケストラは現存するように思うのだが、ジャコとかミンガスとかって残ってんのかなあ。

あと忘れちゃいけないチャーリー・ワッツ・オーケストラ(笑)。あれぞ漢の夢、ちょっとすごかったぞ、規模が。ドラム3人にベース3人、コートニー・パインを筆頭にラッパが50本くらいいたような気がするの。レンタルで借りて聴いてみたことがあるが、面白かったような記憶はある。よく覚えていない。

しばらくThe ZirconsのDVDなど眺めてからBS2に戻ってきたら、小曽根真さんのオーケストラでエリック・ミヤシロがえらく繊細なものを吹いておられた。でも小曽根さんって雑誌のインタビューかなんかで「セロニアス・モンク? 嫌いです」って断言していたかたなので、聴くこともあるまいと思ってもう寝る。モンクを嫌う態度を僕は嫌わないが、聴いてもたぶん接点はなかろうとも思うし、『クリスタル・サイレンス』だって「凄い」とは思ったけどさして面白くはなかったし(ごめんなさいそれしか知らないんだ)、構うまい。



明日は、

夜寝るまでにテープ起こしが1時間分終わっている。もう決めた。
昼間は、ひょっとすると今日の穴埋めで音羽屋出勤。これは10:00までに社長から連絡がある予定。
あとは東中野ライフあたりでお買い物などして、いろいろ作ってドカ喰いして寝るね。夜は豚バラのシチューとガーリックフランスあたりでどないや。いや、鶏韮鍋のほうがいいかなあ、小口に切ったニンニクを入れてもきっと美味いぞ。



スポンサーサイト



footcopy