FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年8月30日(木曜日)、三三七拍子。
09:00、起床。そこそこ元気。

破れジーンズにてろれんとしたTシャツで煙草を買いにでて、たばこ屋のところで近所の婆さんと出くわして、ちょいとお天気の話などする。昨日今日とひさしぶりに涼しくなったので、これから電気屋さんまで行って電球を買って、ついでに交換を頼んでくるという。え? ああ、婆さんの一人暮らしで電球替えられないんですね。それでわざわざ電気屋さんまで行くというので、それなら電球くらい僕が替えましょうよってんで電気屋さんはやめて生協まで同道して電球を買って、婆さんの家で電球の交換などする。

こんなの。 ついでに玄関先のステップみたいなやつ(なんつうの、こういうの(←))を持ち上げて掃除をして、裏庭でそろそろ終わりかかっている茗荷を摘んできて昼飯に冷麦と豚汁などご馳走になる。冷麦のタレは自家製、庭で採れた大葉と茗荷が薬味。贅沢なことだ。豚汁にはちゃんと薬研堀の一味。たまんねえな、ごちそうさまでした。

そんなことをしているうちに昼も過ぎてしまって、音羽屋出勤の時刻だなあ。というわけで画期的にやる気のありそうな服装で文京区へ向かう。まあいいでしょ、今日は特にひとに会う予定もないし(社長には会うが、まあいいや)。

というわけで、本日のミッションは「原稿の間違い捜し」と「郵便物の袋詰め」。そういえば久し振りの音羽屋だったもので、とりあえず熱心に働いているふりを‥‥いや仕事はしましたよ。

19:00、平和裡に退勤。本当はソケースでやってるSBCのジャムセッションに行きたかったのだが、未だ体調充分でもないし、大人しく帰宅。しょうことなかんべい、来月は頑張ります。


今日の日本語:

ワイドショーかなんかで「夕刊早刷り」がどうしたこうしたという思いっきり他人の褌で相撲を取っているコーナーがあって、眺めていたらどっかの夕刊紙の記事で「知人女性を銃殺した警官(に退職金)」というのがありましてな(私はたしかに見た)。「射殺」だよ、馬鹿者めが。


最近のニュース:

その「銃殺」の話をしていてツッコミのずいぶん遅れた社長。大丈夫か音羽屋編集部、なんて話は措いといて。その社長と「なんかいろいろあって判んなくなっちゃったねえ」なんて話をしていてですね。

  • 馬鹿がひとを攫って殺した(北芝健原作のマンガ(好きです)に登場するチンピラでももうちょっとマシだと思う)。
  • 馬鹿が農水大臣になった(いきなり「やる気しねえ」って言ってるようなもんだよな)。
  • 朝青龍を僕はバカにはしない。山頂を踏んじゃえばあとの動機は「維持」じゃん。手ぇ抜いてなにがいかんのか。勝ちゃあいいんだろう勝ちゃあ、なあみんな。
  • 尾瀬国立公園、発布さる。あのお、僕の故郷の栃木県も尾瀬を踏んでるんですけど、NHKのニュースでは「群馬、新潟、福島」しかアナウンスされていませんでした。「尾瀬サミット2007」にも栃木県知事は呼ばれていないのだかなんだか、参加しない。おーい。
  • 飛行機、燃える。なんか部品が足りなかったらしい。
  • 飛行機、戻る。なんか閉所恐怖症の人がためしに乗ってみたらやっぱり怖かったらしいのだが、大目に見てあげようよ。向上心は評価するタチだものですから。
  • 吉野家、びっくりラーメン(ほら、180円ラーメンの)を吸収。「牛丼ひとすじ」からますます遠ざかったなあ。
駄目だ、8月のことをなにひとつ覚えていない。
今日のラヂコンズ:

ウェブサイト新設につきプロフィールを書けと言われまして。

りびけん

中野区在住の33歳、男性。

クラシックの合唱を皮切りにロックバンド、ジャズバンド、ブルーグラスバンド などをふらふらしているうちにThe Zirconsに流れつき、ラヂコンズでは歌とキー ボードとクロマチック・ハーモニカを担当。

おそらく他のメンバーのプロフィール紹介にも出てくるであろうフィドル大魔王 ・山崎規夫とは学生時代のジャズ屋(高田馬場ドキシー)の常連客同士で、その 山崎規夫とバンドを演ったりジャムを演ったりしているうちに小山亜紀とはなん となく知り合う。まあ見かければ声をかける、イベントで会えば小山にちょいと 歌わせる、といった感じ。 サンチャゴとは、いつ会ったとかなんで知ってるんだとか、いっさい記憶にない。 たしか山崎規夫とはバンドをやっていた筈だが(またかい)。

2001年春、某所ウクレレイベントで僕は津原泰水とも会っていた、らしい(実は そこは憶えていない)。2001年夏、千葉で開催されたSF大会に仕事で参加してい た僕は、暇な時間に会場ロビーでウクレレを弾いていた。そこに「あ、りびさん だ」と声をかけてきたのが津原泰水で、僕としては「仕事をしている隣のブース でファンクを演奏している連中がいる、うらやましいな」と思っていたらそこに 津原泰水がギターで混じっていたわけだ。

2004年9月16日、知り合いと代々木駅前「プロント」で一杯やっていたら、隣の 席から「あれ? りび」という声がかかって、これが小山亜紀。その向かいに座っ ていたのが津原泰水。なぜ「僕と知り合う由来が全く関係ないこの2人」がセットで 座っているのかはよく判らなかったのだが、ものごとを深く考えない性質を持つ 僕はあまり気にはしなかった。

その後いろいろあって、さして親しくもなかったサンチャゴ田村や小山亜紀と The Zirconsではつるむことになって、しまいにゃ津原泰水率いるラヂオキオス クまで参加してきてラヂコンズ結成。

あんまり運命がどうしたとかは考えたくない質なのだが。 想いとしては「しかたがない」というほうが強いだろうか。

ある日、横ヤンが『イパネマの娘』のコード進行をネットで捜していて、それなりに親切なサイトがあったものだからそこから採譜して、採譜した後にサイトの 作者の名前を見てみたら僕だったそうだ。

なにかの祟りなのだろうか。



明日は、

お仕事。
夜はThe Zirconsのリハーサル at 新宿。

あ、電気代払わないと電気止めるっていう脅迫電話があったな。なんとかしょ。



スポンサーサイト



2007年8月29日(水曜日)、俺ライブ!
今日の健康:

昨夜半、ずるずると起き出して這うようにして東中野ライフまで行って、カット野菜とか肉とかを買ってきて豚のホワイトシチューなど仕立てる(小麦粉を卵で溶いたものを浮かべたすいとん仕様)。トッピングはケッパーとかクコの実とか刻んだウコン根とかそんなんで、寝たり起きたりしながら09:00までに完食。さすがに身体さんが「そろそろマジにやべえぞ」とか思ったんだろうな、なんて意地汚い生命力なんだ(笑)。

いきなりドカ喰いしたもんだからとうぜん腹を下すわけなのだが(belowな話で恐縮ではあるが)、いちおう消化はしているようでもあり、あとは適度な水分補給でなんとか生きていけるのではないか。


今日の難聴:

実家の父の右耳が聴こえなくなったのが先週だったか、最初は「電話が壊れた」とか言っていたのだが、そんな話じゃない。明らかに突発難聴の様子を呈しているものだから急いで医者に突っ込んで、だいたい無罪放免にはなった模様。

今日ちょっと話を聞いてみたら、メニエール氏病の薬を貰っているのだそうで。理屈は判らんでもないが、もうちょっと聞いてみたらどうやら蓄膿由来で聴神経がヤレていたらしい(鼻については以前から症状を指摘してはいたのだが)。いやあ、俺ってば全難聴に喧嘩売られてるもんだから、こういうときちょっとツラい(どうしようもないのだが)。


今日のライブ準備:

曲目はざっくりリストアップして、これはお客さんの顔をみながらいろいろする、と。ついでにウルフルズ『Wonderful World』の歌詞を書き取ってプリントしておきました。演るか演らんかは判らん。


そして今日のライブ:

演奏中。 アルカフェにはなんとか対バンさんの開演に間に合って、なんかお客さんがたくさんいるなあと思ったら、平凡舎ウクレレ部が大挙して押しかけていたのと、弟子筋がいくにんかと、あと半分が対バンさんのお客さまでしたな。

ファーストの対バンさんは原語で歌うボサノバのお姉さん2人(姉妹である)と、ギターのお兄さん。のんびりしたいいステージだったと思いますし、姉妹であれが演れるのは羨ましいなあ。ちょいと上から目線で言うのを勘弁していただけるのならば、低音部の発声に改善の余地があるというか、あるいはキーちょいと上げれば?なんて思わないこともなかったけど。いやごめんなさい、僕声楽もやってるもんだからついその。すみません。


それで僕のステージの開始前に、対バンのお客さんが全員帰っちゃってやんの。いやまあそれは自由なんだけど、というか1曲だけ聴いてから帰っちゃったらそれはどうなのよという話もあるんだけど、まあその。世の愉しみに疎い風情もいるものよのお(文句ではない、残念なだけだ)。

今日はざっくり「インストゥルメンタルと、短めの歌謡」ということで、ウクレレをなるたけ聴いていただくという方針にしてみました。

  1. (PA調整で)およげ!たいやきくん メジャースケールバージョン。
  2. Crazy G
  3. 家とカサ
  4. All of Me
  5. 救急車 小ネタ。
  6. ゴジラ 小ネタ。今日は『ゴジラの大群』は演りませんでした。
  7. Smoke on the Water 小ネタ。
  8. バンプ ハワイアンの小ネタ。
  9. カーニバルの朝
  10. Pua Lililehua
  11. 上を向いて歩こう クリスマス・バージョン
  12. インチキアラビック 「ひとりブラックモア」というネタでした。
  13. Have You Ever Seen The Rain? 「ベトナムに降るナパームの雨の歌を歌います」って言ったら、客席から「えー?」とか言われた。知らん。
  14. 亜麻色の髪の乙女 全編トレモロという無茶なバージョン。
  15. コーヒー・ルンバ
  16. Twinkle Million Rendezvous T.M.Revolutionの曲なんだな。ウクレレのインストゥルメンタル・ソロでこれを演ってるのはさすがに僕だけだろう、と思う。
  17. 涙そうそう
  18. 川面 お客さんに「Cの4拍を打ちっぱなし」ということでご協力いただきました。
めずらしくかっちり45分間演って(ふだんはうっかりすると60分間くらい演ってる)、あとは弟子筋とかと90分ほど話したり遊んだり店置きウクレレの評価などしたり。

そういえば次回は9月27日(木曜日)、同じくアルカフェでウクレレ公演を敢行します。よしなに。


あと帰宅して倒れる。明日のことなんか知るか。
footcopy