FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


日曜日の『ひぐらし』の落ち穂拾い。
次回向けの備忘録というのもあって。
演目。
  1. 『Faraway』信長貴富
  2. 『追分節考』柴田南雄
  3. 『Three Motets』『The Blue Birds』Stanford
  4. 『嫁ぐ娘に』三善晃
って、いつもながら名前を眺めるだけでわくわくするような無茶な並びだなあ。しかもほとんど全部アカペラ(「タケ」はアカペラのうち、みたいなもんだろう)。というわけでピアノレス(スタインウェイとベーゼンドルファーとベヒシュタインの揃っているホールでなんてことするんだ)、終演後にステージのバミリを剥がしていたら、指揮台と立ち位置だけだったもんな。

お上手。
客席での話。某お客さんが自分の座った直後の席で、
ぜったいプロの合唱団だよね。
それがアマチュアなんですって。
でもぜったい何人かは音大出てるよね。
って噂話をしているのを耳にしたそうで。「音大は関係ねえだろう」というのはジュンヤさんにも同意を得たところ。というか、音大卒の合唱なんかヘッタクソで聴けたもんじゃねえよ。

ついでに「とても素人とは思えない」というのは「素人以下」ということだよな、とこれもジュンヤさんに言ってみたら小さくウケていました。

ホール。
リハーサルを聴いた時点で、この合唱団に合った響きだなあとは思いました。合唱団にとってはハコも楽器のうちだもんな。終演後の感想でもホールとの相性は各地で絶賛されていて、ただこれでピアノが入るとどうなるのかな、というのはちょっと思いました。なんかで聴いたときには「カッツーン」とかいう音がしていたような記憶があるんですよ。「ひぐらし」さんとしては来年の7月21日にも同じ杉並公会堂で演奏会を敢行するそうなので、まさか来年もアカペラってことも(まさか)あるまいし、ちょっと聴かせていただきましょうか(リハーサルで(笑))。

確認事項。
ひぐらしのボケさんがちゃんとマニュアルを作ってくれていたものだから(ご本人は「丸投げ」と言っていたが、そんなこたないよ)、開場前にステージマネジャに確認したのは3点のみ。
  • ステージ中の途中入場は基本的にナシ。
  • 開演時刻の判断はステージマネジャに一任。ステージ袖から受付がモニタできるので、伝令は飛ばさない。
  • お子さまの入場もOK、特に規制はしない。
ラクなもんです。あとは、子ども席の照明とかカーテンとかどうしようかくらいの話を後でしたくらい、かな。

レセプション業務。
基本方針としてはざっくり、「合唱団が気持ちよく歌えるのが目標、お客さまの扱いは二の次三の次」というヒドい方針は開始前にスタッフの皆さんにお伝えしておきました。いいんだよ、僕はセンセーやっても凄いけど受付やってもスゴいんです。
途中入場。
なにやら中央線あたりで事故があったりなんかしたみたいで、ファーストステージが始まった後にお客さまがごっそりいらっしゃいました。スタッフのほうから「曲間入場できませんか?」という話はあったのだが、今回はデリケートな曲が多かったものだから断念。まあしょうがあるまい。
販売業務。
今回は、「ひぐらし」のCDと、収録曲の譜面を「お茶ブース」で販売しました。ちょっと凄いぞ、お客さまが394人のところ、CD販売が68枚! 譜面と合わせると売上で20万円! ホールに納入する分が1割! そんなにウワマエはねてくのか杉並公会堂! 冗談ですごめんなさい! 僕もたまに「CDいかぁすかぁ、譜面のごりょうございませんかぁ」みたいな間抜けた売り文句をつぶやいていました。売り子さん(俺任命)に「なんでそんなにいい声でテキヤやるんですか」って誉めてもらいました。
働かない私。
今回は、というか今回も、というかいつも通り、あたしゃ「判断」以外にゃなんもしていません(だからさ、スゴいって言ってるじゃんの)。フライヤーの袋詰めみたいなのはもともと苦手なので誰かに押しつけて、算数を伴う販売業務は若い人にお任せして、ついでに服装もてろれんとしたものでこれは「迂闊にお客さんに声をかけられると本来業務に支障が発生する」という理由によるものです。いいんです、アウトソーシングできるところはしたほうがいいの。
でもボケさんの人員配置想定では僕も頭数に入っていたもんだから、ミズノくんが来てくれていなかったら危なかったかも(笑)。
実はフリーコンサート(笑)。
チケットの当日預かり受付にお客さまがいらして、団員の誰だかが受付に置いておくと連絡していたチケットを受け取りに‥‥見当たらない。どうしましょうってんで呼ばれてですね、当日券をロハでお渡しして「あとは団員のかたとやりとりしてください」ということにしておきました。大丈夫、日曜日の昼からこんなところに来ている人にワルモノはいない。
開場後20分ほどしてから、当日預けの封筒を持ってきた団員さんがいらしたから、アレかな(笑)。まあリハーサルが30分オシた(つまりリハーサル終了を待って開場した)のだからしょうことあるまい。

そのあと3人連れのお客さまが、指揮者の清水昭さんに頼んでおいたチケットを受け取りにいらして、‥‥見当たらねぇ。これも当日券を3枚お渡しして、「あとは昭さんとやりとりしてください」ということにして、と。

お客さま「やりとり、と言いますと」
りびけん「そうですね、お金を支払うなり、お礼を言うなり、非難するなり抗議するなり、といったところでしょうか」
あとで昭さんに確認してみたら「あ、忘れてた」との由。僕なら抗議するなあ、あはははは。

子ども席。
杉並公会堂の2階席(建築物としては3階)のホワイエから入れる「子ども連れ用の観覧席」がある。カートに乗せた2歳児をお連れのお母さんがいらっしゃったので案内してみたら、入口は暗いわ入ると階段だわ、レイアウトとしてはしょうがないのかもしらんが、もうちょっとなんとかならんものなのかなあ、と思いました。いや、部屋があるだけマシなんだけどさ。

お名前。
演奏会の休憩時間帯に、受付に「マエダさん」を訪ねていらしたお客さまがいらさいました。スタッフ全員揃って「マエダって誰だろう」って、俺だちゅうねん。スタッフマニュアルに書いてあるっちゅうねん(ファーストネームは間違ってたけどな)。自己紹介もしたっちゅうねん。こんな無能なスタッフ連でよく演奏会を乗り切れたものだ、わはははは。
お客さまからは、お土産の「雲丹」をちょうだいしました。

ウチアゲ。
昨年ほどの大騒ぎにはならなかったのがなんだかなあ、良かったのかなんだったのか判りませんが。でも今年も昨年と同じく「先に酔っ払われ」されちまったもんで、まあしょうがねえか。俺を追い越すとはいい度胸だ。

そのウチアゲのウチアゲでみんなしてアルカフェに行ってみたら、なんか入れるような入れないような。というわけで近所の「鳥よし」さんで入場OKをもらったところで、アルカフェのほうも入場OKになって、鳥よしさんはキャンセルってんで僕が平身低頭しておきました(恒例か!)。申し訳ありませんでした、こんど鶏いただきに行きますよってに。

vs.
昨年よりはいくぶん集客が少なかったかな、とは思う。杉並公会堂はキャパ1,200人くらいのホールだが、いろんなところに座席があるものだから見た感じだとキャパ900人くらいか。聞いた話じゃコーロ・カロスとかあっちこっちで演奏会があったみたいで、そりゃまあ俺みたいな変態音楽大好きでもなきゃ、あっちに行っちゃうのかもしれない。お客さま400人なら頑張ったほうだと思います。ちなみにノブナガ先生はカロスのほうにいらしたそうで、まあ自作の委嘱新作初演ともなればしょうことあるまい。
アキラ先生に「クリヤマ先生、ぶつけてきましたね」って言ったみたら笑っておられましたな。

とりあえずこんなところで。


スポンサーサイト



7月21日~23日(怒濤の週末延長)、そのひぐらし。
たれてもトイレ。 写真は、杉並公会堂の楽屋にあるバーとかおむつ台とかが設置されている所謂「多機能トイレ」の扉脇にて発見した看板です。

「たれてもトイレ」、奥深い味わいのあるいい物件ですね。



土曜日は、

Golden Egg お仕事してましたな。

夜は終電で無理矢理歌舞伎町Golden Eggへ行って、朝の5時までジャムセッション。元気だなあ、僕。



日曜日は、(昨年の様子はこちら

杉並公会堂。 朝の8時に就寝、10時に起きてお風呂に入って、さあて合唱団「ひぐらし」の受付チーフってんで杉並公会堂へ。うすら眠いが、まあ夕刻まで保てばだいたい構わないわけだし、いいや。

到着するなりステージマネジャのモテギさんに「お前酒臭いぞ」と指摘される。あたりまえだ、朝の5時半まで飲んでたんだから。というわけで、ちょうどアルカフェダンちゃんと札幌のミズノ君が来ていたのをとっつかまえてボロ雑巾のようになるまでこき使って、ミッションは大きな事故も事件もなく終了。演奏会自体も盛会だったのだが、毎回僕は受付をやっているので実はまともに「ひぐらし」の演奏を聴いたことがない(笑)。昨日はちょいと入団も誘われたのだが、入団してしまうと受付作業ができません。

終演後、荻窪駅前の「えん屋」で楽しくウチアゲ。ステマネのモテギ先輩と僕とでにこやかに各地にいろいろとツッコミつつですね。

モテギ「僕はノモト先生(指揮者である)とは趣味が合いませんが」
ノモト「先ほどはモテギさんにケナされましたが」
りびけん「趣味が悪いって言っただけですよぅ」
ジュンヤ「なお悪いわボソ
ウチアゲ終了後、みんなしてアルカフェ(やっぱり)に移動して、楽しくウチアゲのウチアゲなど。なんでかウクレレ弾きのミヤビンがいたのだが、理由を聞いたのだが忘れてしまった酔っ払い。出演後にまったりしていたミポ☆マッキーさんに無理頼みして演奏してもらう酔っ払いの群。ついでに俺をステージに押し出す酔っ払いの群。押し出される酔っ払いの俺。しょうがないのでジュンヤさんのkelii(なんで今どきそんなものを持っているのだ)をお借りして、『Crazy G』、『大きな古時計』、『カーニバルの朝』といったところをインストで演る。後で考えたら、せっかくお客さんが全員声楽家だったんだから歌っときゃよかったんだ、失敗した。

というわけで終電で帰宅して、ばたんきう。



月曜日は、

やまみの粒うに 目が覚めたら昼前で、わはははは10時間がとこも眠ってしまった。そりゃまあそうか。というわけで音羽屋社長にモーニングコールのメールを送ってみたら(もちろん「目覚めましたよ」という内容である)、「ややこしい仕事があるのでクリアな頭で来なさい」とのことであった。もちろんメモリやリソースをクリアにしてこいという話だったのだろうが、実はOSがクリアされていたりなんかして。わはははは、笑ってる場合か。

仕事のほうは珍しく脳を使うもので(音羽屋社長は適材適所という言葉を知らない)、14:00から17:30で泣きそうになる。とりあえずなんとかしたからいいようなものの、ああ偉かった。ああ、脳味噌を使わない音楽を演りたい。ええ、演奏中にモノを考えている演奏家はいません、必要なのは出音に対する反射神経だけ。そっち向きなんだよなあ、やっぱり俺。

夜、到来物の雲丹などいただく。おいしい。



明日は、

お仕事。

いやあ、テープ起こしのお仕事を大量に抱えているのだが、さっき担当のかたから連絡があって「大幅にスピードアップして突っ走っていただけませんか」というのに応諾しちゃったもんだからさ。とりあえず片っ端からばったばったとですね。

2007年7月20日(金曜日)、ぼんくら。
ZIRCONS/ジルコンズ ラヂオキオスクをゲストに迎えて7月25日(水曜日)に予定されているThe Zirconsライブ at ソケース・ロックというのがあって、その後は8月7日(火曜日)Back In Townでのライブも予定されているのだが(なんか忙しいな)、その8月のほうにものすごいゲストが来てくれる、かもしれない。この件、続報します。

えーと、

  • 7月21日(土曜日)、Golden Eggで徹夜セッション、
  • 7月22日(日曜日)、杉並公会堂で合唱団「ひぐらし」(僕は受付)、
  • 8月1日(水曜日)、アルカフェで僕単独、
  • 8月4日(土曜日)、杉並公会堂で男声合唱「甍」演奏会(僕は受付)、
  • 8月5日(日曜日)、東新宿「アコースティック・アート」でおじさんバンド(ファンク・ジャズ、かな。僕はピアノ)、
といったあたりもよろしゅうに。あと7月30日と8月3日にはZepp Tokyoにいます。なんか忙しいな。
今日のジルコンズ:

書いたか書いてないのかよく忘れたものだから書いておくと、一昨日の山手線では車輛の隅のシルバーシートに座って、とりあえず携帯電話の電源を切った(そういうルールには従順に従う私)。いっこ隣に座っていた姐ちゃんはずうっと携帯電話のメールかなにかの操作をしていたのだが(人倫そんなもんだ、今さら非難もしない)、この姐ちゃんが貞子ヘアーに破れジーンズに革ぽっくりで、なんとなく小山亜紀に似ていないこともない。似ていないこともないのだが髪形が貞子なうえに俯いているものだから顔が見えねえ。顔が見えねえから人物が特定できない。特定できないから放置しておいた。

翌日のリハーサルで本人に聞いてみたら、「あたしゃそんなにケータイに熱中はしない」とのことだったので、別人の空似であったようだ。QUISENと小林十なみに似ていたけどなあ。


今日の調べ物:

昨晩のジルコンズというかラヂコンズのリハーサルでは、津原泰水と田村サンティアーゴがものすごく古い音楽の話をしていて、僕が判ったのはロイ・スメックのくだりだけでしたよ(笑)。いや、田村サンティアーゴが古い音楽に詳しいわけではなくて、あの野郎は「レッド・ツェッペリンとクイーンってどっちが古いんだ」と訊いてくるほどにロック音痴ではある。単に「好きこそものの」って奴だな。

1984『ゴジラ』 1984年版『ゴジラ』は、銀座に現れてマリオンの右半分を尻尾でぶっ壊した。右半分は朝日新聞が所有していたもので、朝日新聞社が東宝に抗議したという話がある。あまり知られていないと思うのだけれども、今は知らないが当時は東宝の不動産部は優秀で、有楽町マリオンの右半分は朝日新聞社の賃借、左半分は東宝の「所有」であった。それなのになんで東宝は自社物件じゃない右半分のほうをぶち壊すのよ、と朝日新聞社は思ったんだろうな。
DVD『アリ・ザ・グレーテスト』 ハリウッド・ブルバードの路上には、有名人の手形がシグネチャを沿えてレリーフしてある。モハメド・アリの手形だけはなんでかチャイニーズ・シアターの「壁」に埋め込まれているのだが、これはおそらくはムスリムのホーリー・ネームを(もともとカシアス・クレイだったのが改宗してモハメドさんになったんだよね)土足で踏ませるわけにはいかない、からなんだと思うんだけどどうなんだろう。

はい、「好きこそ」の見本でした。いいんだよ、男の子はどうでもいい話にこそのめりこむものなんですよ。

まあそんな話にインスパイアされて(英語使えば偉いと思ってやがる)、十年前に誰かが力説していた「スライ&ロビーがやってたのがスライ&ザ・ファミリーストーン」っていう話を、当時も「嘘つけ」と思って聞いていたのが本当にデマであることをネットで確認してみました。ふむふむ、なるほど。
ついでに、自閉症の専門誌の編集バイトをしているくせによく知らなかった「スペクトラム」という言葉も辞書で調べてみました(今まで知らずに済ませていたことのほうが大問題だよな、向上心ねえのかよ俺)。ふむふむ、なるほど。


今日の英語というか:

ネット某所で見つけたエディ・マーフィ評、

>>自らがメガホンを取った「ハーレムナイト」で大ブレーキ、
って、これがネガティブな意味合いで使われてるんだよね。意味が判らんこともないのだが、Break Outと同じブレイクだと思うのだけれども、どうなんだろう。誰か教えてくれ、中学英語の閾を超えちまった。
今日のアルカフェ

夜、ふと気づくとなんでか荻窪のライブハウス「アルカフェ」さんで飲んでいる私。数人でのんびりと話し込んでいたところに、なんでかどっさりと飯塚兄弟がやってきて、泥酔したままステージでベースなど弾いている私。

そんなことしている場合でもないのだが、まあいいか。



明日は、

お仕事。

久し振りに腹の立った話。
俺ってばけっこう温厚な質だと思うんだけとなあ。

今日は、合唱団員ボケさんからの依頼で、某合唱団の受付差配に行ってきました。ステージ差配もよく識る人で、僕はお手伝いのかた(札幌からこのためにわざわざ来た人とかアルカフェ主人とか)をボロ雑巾のようになるまでこき使って、自分はラクして演奏会運営をうまくこなしましたとさ。

ここまでならば「いい話」なのだが。

ウチアゲで飲み倒したのはいいとして、そのあともう一軒行ってみたのがよくなかったのかな。この演奏会のためにいちばん働いていたボケさんが酔いつぶれたのを、他の合唱団員が揶揄しやがる。けっこう人非人な台詞を使いやがったものだから酔っ払った俺が腹を立てたね。

てめえら歌ってただけで、演奏会の実現のためになんか努力したことあんのかよ。少なくとも俺はボケ以外から話を聞いたことはねえよ。そのてめえに、演奏会が終わって疲弊しきって酔いつぶれたボケを揶揄する権利がどこにあんのよ。

というのも僕が言うことでもないので、けっこうキツいことを言った後にへらへらと謝罪しつつとっとと帰宅しました。あんな奴らと呑んでられっかっつーの。


でもちょっと許せないなあ、やっぱり。

  • 合唱団にいるならば、団費なりを払っていれば済むと思っているやつ、
  • 合唱団にいるならば、歌っていればすむと思っているやつ、
  • 合唱団にいるならば、演奏会はあってあたりまえだと思っているやつ、
そしてその維持に運営に懸命に尽くしている奴の存在を理解しようともしていないバカな奴。

ボケさんは演奏会の全てを引き受けて、演奏会を無事に終えた時点で斃れた。それを哄う奴を僕は赦さないし、敷衍すればクソッタレな合唱団ではあることよ。


といった話を合唱団員のかたがたにしながら「誰のお蔭で演奏会ができたと思ってんだよ馬鹿野郎」とか温厚な台詞を残して逃げ帰ってきたもので、まあその。
人には言っていいことと言わなきゃいかんことがあるが、とりあえず謝罪はしておいたりなんかした次第です。でも人間的に問題があるね、君たち(ないつーなら言うてみい、半端ない覚悟もあんどこっちゃ)。そこだけ残念でした。下司の集まりというか、人間の屑だなあんたらは>>その合唱団の皆さん。恥を知れ馬鹿野郎めが。
footcopy