FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年7月8日(日曜日)、お仕事。
杉並公会堂でエレクトーンを弾く子ども。朝起きたら15:00でした。あはははは。仕事仕事。
今日の貧乏:

自慢じゃないけど貧乏である。今なんか地上電話がとまって携帯電話が受信専用になっちまっていてですね。まあガスと電気が止まっていないだけマシか。水道? そこまで貧乏じゃねえよ(から威張り)。

まあハタラキがないからなあ、しょうがないんだけど。いやその、自営のパソコン屋さんでひとりでちょっと頑張ったら年商(ニアリーイコール収入)が一千万円超えちゃったことがかつてあって(みんなその頃に知り合いたかったねえ)、消費スケール極小の俺がそんなにカネばかりあってもしょうがないのに忙しいのも阿呆らしいので新規営業をやめちゃったり、ちょうどその頃はまだリアルタイム字幕の薄謝がけっこうあって(年間100回も出動してりゃそりゃあるわ)小銭にはそんなに困っていなかったりもしたものがリアルタイム字幕自体が潰されてお小遣いがなくなっちゃったりもして、現在に至るようなわけです。最近では知人が送ってくれた偽装豚肉で食いつないでいるような次第。そういえばヒマができたぶんアル中にもなった。こいつはたいへんだぁ。


納豆(いちまんえん) 適度に貧乏になった時点でクレジットカードの類も全部ハサミで切って捨てたりもしていたのだが、きょうびやはりネット廻りあたりで1枚くらい持っていないと不便だものだから、知人(悪鬼羅ではない)に頼まれたりしたついでもあって1枚申し込んでみたら、あっという間に審査を通ったのには驚いた。俺だったらこんな奴にカードとか持たせないけどね。それで郵送されてきたカードを見てみたら、まだ決済口座なんかはいっさい決めていないのに、もう使えるのね、これ。ティファニーで純銀製のブルースハープを買おうが、中野ピーコックで真鯛と鮑と京湯葉と藁納豆を買おうが思いのままだ。


危険なので、カードは冷凍庫にでも放り込んでおこうと思うの。
credit cards


昨日のいいかげん:

みんなが使っているチューナ(色違い)。 アルカフェさんで展示品のタカハシウクレレを弾いていて、となりにいたジュンキチに「なんか音がキモチワルイ」と言われました。どうやらチューニングがヘンみたいなんだけど、さいきんそういうのはあんまり気にならないんだと言ってみたら「りびさんともあろう人が」と言われました。だってさあ、あんだけいいかげんなジルコンズ演っていて、ウクレレもさいきんは勢い一方になっちまっているんだからしょうがないよ。2弦と3弦の間隔が長三度だったらだいたいいいや、なんて思っちゃってよくありませんな。

けっきょくアヤちゃんにチューナを貸してもらいましたとさ。とほほほ。


悪鬼羅の豚(2):

豚肉。見た感じが似たものを捜してみました。 ←豚バラ肉本体はだいたいこんな感じ。スーパーで買うバラ肉(野菜炒めとかに使うやつ)のだいたい3倍くらいの厚みか。堂々のミートホープ社製、賞味期限はこの10月くらい(そんなもの無視して食べちゃうけどね、僕は。消費期限は別)。

先にくどく書いておくが、僕は体質的に化学調味料が苦手なんです。酒ならいくらでも飲めるが、アクエリアスの500cc缶で悪酔いするんです。酒も日本酒は純米でないとダメなんだな、これが(吟醸酒あたりでもアタる(笑))。

さて、今日はミートホープ社の冷凍豚バラ肉(らしい。これが豚肉じゃなかったら国際問題だな)を、ポトフもどきにしてみました。正確にはEintopfかな。

  1. 小鍋に、無化調ブイヨンが見当たらなかったので代用で無化調ホワイトソース粉末と鷹の爪をひとつ放り込んで、沸かす。ダシはたぶんとらなくてもいいのだろうが、念のため。
  2. 沸いたら、折りとった冷凍豚肉を放り込む(いちいち解凍してはいけない)。本当は軽く炒めたほうがやわらかく仕上がるのだろうが、めんどいしぃ、本場モノなら切身を放り込んでいる筈だしぃ。
  3. 肉に火が通ったなと思ったら、いったん火を止めて脂とアクが浮いてくるのを待って、これを取り除く。
  4. 汁に塩コショウをして‥‥コショウが行方不明おかしいな‥‥自家製こーれーぐーすでいいや、まあそのつまり気持ち濃いめに味を整えてから、ざっくり刻んだタマネギとジャガイモとニンジンを放り込んで、弱火でじっくり煮込む。ニンジンに箸が通ればできあがり。
間を端折れば(たとえば脂取りは不要だろう)20分がとこでできるかな。
もともとは廃棄肉ではあるが(ミートホープ製品だから、なんだろうなあ)、厚みを考慮して調理してやれば充分美味いぞ、これ。ふだんのポトフは薄切り肉かしょうが焼き用の肉でやるのだが、どちらでもない半端な大きさのお肉で作れて楽しゅうございました。ごちそうさま。

明日は、

午前中はお仕事。
午後から音羽屋。
帰宅したらまたお仕事。うーむ、キャパ以上にスケジュール目一杯。



スポンサーサイト



2007年7月7日(土曜日)、ウクレレの神様詣で。
適当に起床、お仕事。
昼、冷し中華を心持ち豪華に作ってみる。
あとお風呂、まだ雨が降らないものでお洗濯など。
今日のThe Zircons

昼食中に、先日の池袋フリーフローランチのライブ音源など聴いてみる。コーラスは相変わらず雑だが、間違えるところはやっぱり間違えたりもしているのだが、面白いことは面白いなあ。ひとつには、あんまりアレンジをかっちり作っていないのがいい方に働いているのではないのかな。それと、4人しかいないものだから声質がまったく揃っていなくても気にならない(サックスがソプラノ、アルト、テナーにバリトンと並んでるようなもんだもんな)というのも得点かな。

なんだ、ぜんぶ偶然の産物ではないか(笑)。


今日の夜遊び:

1. アルカフェ
ウクレレの神様は今日は気さくな感じで楽しく観られました。そんで神様のご指名でベース弾いたりして遊んだりして。

出演陣では、マツナミさんが僣越ながらすごくよくなっていた。ああいう精緻で丁寧な真似は僕にはできないと思う。もっと基本的なところで、たとえばLow-Gでオクターブソロをとるあたりからもう面倒に思ってしまうのだからしょうがないなあ。あと12弦ギターがとなりにいるのにウクレレがベースをとっているというのが新鮮でしたか。今回の大叔父はソロのエンターテインメント系で、僕だけにバカウケしたのが前半で1拍外した(伸ばした)と思ったら後半で1拍喰いやがった曲がありましたな。全体の長さとしては合っているわけで。nuccaさんというおかたは初見だったのだが、なにやら僕と芸風がカブっているような(靴も同じニューバランスでした)。いちどThe Zirconsの対バンに来ていただきたいようなかたでした。

2. Golden Egg
Golden Egg, Jul.07, 2007. そのアルカフェさんでいいかげんヘベレケになってから、どうせ寝るなら家でもソファでも一緒だなと思って歌舞伎町ゴールデンエッグに行ってみる。
新装なったアコースティック・ピアノが気になっていたこともあって、さすがに音量が稼げないもので「俺にソロを振るな」と言っているのにどんどんソロが振られるのには辟易した(笑)。朝になって帰宅してみたら右手指が血豆と水膨れだらけでしたよ、あっはっは。まあ詳しいことはまた書いたり書かなかったり。
というわけで帰ってきたら07:30だ。とほほほほ。

明日は、つうか今日か、

久し振りに予定の疎な日曜日なので、これ幸いとお仕事。
捗らなかったここ3日間ぶんを1日でやっつける。
って起床がたぶん14:00とかだけど大丈夫か俺。

footcopy