徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年7月30日(月曜日)、abingdon boys school。
朝というにはほど遠い02:00、起床。選挙の結果など眺めて、まあだいたいこんなもんだろうってんでわざわざ投票に赴いた無力感を覆い隠す。だってよ、自分のところの従業員を雇うのに面接すらできない、しかも隙間からデタラメな奴がどんどん入社して来ちゃうって、話が滅茶苦茶じゃん。この際だから民主制はやめて独裁制に移行したほうが判りやすいのではないのか。

ニコニコ動画に、爆笑問題と中島らもの対談があったので眺めて、06:00くらいに寝る。中島らものギターと歌は初めて聞いたのだが、やはり器楽というよりは詞の人なのかな、定番の1-6m-2m-57でリズムもいい加減だったのだけれども、それなりに聞ける、かな。やはりミュージシャンといえる資質の人ではなかったのだろうなと思いつつそれなりに愉しむ。


今日の朝飯:

08:00、ちょっと起き出して「いろいろトッピングうどん」を作って食べて、ちょっと物足りなかったものだからレトルト御飯に「山形のだし」と生卵を乗っけて食べて、だいたい満足してもういっかい寝る。

朝湯も遣っておくのであったか。わはははは。


今日のライブ見物:

日暮れてからZepp Tokyoで『Match Up '07 Summer Series』という企画ライブを見物に行く。行くのはいいんだけど、誰が出演して何を演るのか、予備知識皆無。いちおうabingdon boys schoolが出演するというのは知っていたものだからなにげなくちんこまつりのTシャツを着て行ったら、りんかい線の先頭車輛に4人だけ座っている男子が全員ヤロレボ丸出し。だいたいなんのメリットもないのに勢いで先頭車輛に乗ってしまうというのが馬鹿丸出しの前向きさで好ましいのだが、失敗したかなあ。あとは今日の服装は、丈夫な靴にサングラス。

1番手は初めて聴く『High and Mighty Color』という人たちで、スカかパンクにゴスなボーカルが乗った感じか。とかいいながらいい声でバラードも歌うので侮れない。男女のツインボーカルがほぼユニゾンで滅多にハモらないのが却って新鮮でしたな。

Duran Duran『Seven and the Rugged Tiger』 2番手は、もう3回目か4回目ですっかりお馴染みの『UVERworld』くんたち。僕が知らないだけなのかも判らんが、ロックやPopsの領域でこれだけスリリングなリズムを刻んでくれるバンドもないもんだと思う。ふとDuran Duranのデビュー盤を思い出したりなんかして。
ラストの曲のいいところで、ボーカルの兄さんがいきなり演奏を止めて言うことが、客席を指さして「あそこに倒れている人がいますから、係の人、助けてあげてください」。こいつ偉い。クラシックのほうでは、公演中にクラリネットだか誰だかが倒れたのを指揮者もスタッフも放置して演奏を続行、倒れた奏者は演奏後に回収されたが死んでいたってな話があって(20年くらいも前のことだが)、Uver Worldの爪の垢でも煎じて飲ませたいような事件ではあった。あたりまえだろ、音楽なんて他人の生命を賭けてまで演るもんじゃない(自分の生命なら勝手にするけどね)。
そもそもオール・スタンディングで前方はモッシュの嵐なんで、ちんこまつりなんかで悪ズレしている馴れている僕たちみたいなの以外は、きちんと睡眠と食事をとって、体力をつけてからいらっしゃるに如くはない。
そして、こういうアクシデントの後にはよくあることとて、再開された演奏はものすごく楽しかった。

そしてabingdon boys school。残念ながら前半は、ドラムの人のバスドラの2連3連がちょいと遅れるような気がしてノリ切れませんでした。ドドッドドッとかドッッドッッドッとかの2つ目、3つ目がことごとく遅れるというか、なんかいい加減な気がして。いや、レイドバックとかそういうのじゃなくて遅れてるだけ。後半は盛り返してきたので、何かの事故でもあったのかしらん。
今日は上手のスピーカーの真正面まで流されたものだから、音響としてはズタボロでしたな。まあ大音量には馴れているので音は判る。景色のほうもまあまあで、誰が何をしているのかはよく見える。というかそういう位置まで流されてから投錨するわけだが(笑)。
西川さん、最近は声の「深い」と「浅い」って使い分けてないかなあ。ヒラウタでは上のほうで泳いでいるものが(←いちおう専門用語、だと思う。褒めてます)、サビになると頭蓋骨ぜんぶ遣ってがあっと来るような感じがあってですね。

というわけで、8月3日にも同じイベントに行ってくるのでした。


今日の訃報:

知人の父御、亡くなる。かなりの長期にわたる闘病でご本人もご家族もたいへんだったことと思うが、その知人がそんなことはおくびにも出さずに僕らと対応してくれていたことに感謝する。

DVD『魔笛』 映画監督のイングマール・ベルイマンも亡くなる。

小難しいところのないモーツァルト『魔笛』が僕は好きで、学生時代に何度か観た。どっちかというと「ベルのおっちゃん、ギャグ判ってんじゃん」という感じで、いきなり出番直前のパパゲーノが寝坊していたりする(ありえねー)。作曲者像もどちらかというと『アマデウス』に出てきたスケベ小僧のほうに近いのではないか。

実は昨日(7月29日)、銀座でその『魔笛』が上映されるというので観にいこうと思っていたのだけれども、いろいろと事情がアレして果たせず残念に思っていたところではあった。偶然というのはあるもんだ。

そんなこととはあまり関係なく、同じく学生時代にタダ券を貰って東京文化会館に観にいったモーリス・ベジャールの『魔笛』にもかなり興奮させられたものだが(バレエの素養は皆無なうえにテクニカル以外の面には意外とアパセティックな俺が度肝を抜かれたんだからたいしたもんだ)、ベジャールって生きてんのかなあ。


今日の晩飯:

帰宅がけの東中野ライフで、半額になった鱈とか半額になった蜆とか、豆腐とかそんなんを買ってきて今日も湯豆腐。好きなものは仕方ありませんな。

その湯豆腐製作中に大事件発生というか、「みやび鍋」にまた穴があいた。「みやび鍋」というのは浪速のBBとみやびの結婚式のときの引出物で頂戴した「陳建一」ブランドのお鍋なのだが、今月初旬には片手鍋のほうに穴があいたと思ったら、今日は両手鍋のほうにも穴があいているのを発見。いやあ、焼き昆布とか作っちゃったよ(笑)。

ま、みやび家の厄落しと思えば腹も立たない。
当座は雪平鍋ひとつでなんとかしていくしかないが、なんとかなるっしょ。長い間、ご苦労さまでした。

あと、蒸したトウモロコシと、カップのもずくを一気飲み。平和だ。


昨日の選挙:

共産党もいいかげん名前変えちゃえばいいのに。どうやら「民主主義の対立項としての共産主義」っていう認識って、まだ多いぞ。単にマルクスが無茶やったのと戦時中にパージされたのが尾を引いているだけなのだから、特に固執することもあるまい。だいたい今さら「究極の」社会主義でも共産主義でもあるまいし、あっちこっちの民営化が阻止できていないということは「名前が嘘」ってことだぞ。そも自由民主党だって「自由党」と「民主党」ってお前は合併した市町村かみたいな名前なんだし、「みどりの党」(古いか)なんて意味すらないし、てきとうに付け替えちゃえばいいのに。

僕ん家の界隈は、まあ順当に当選したり落選したりというか。所詮参院選とはいえ、これは衆院解散の前に安倍辞任になるんじゃないのか(例によって反応は鈍いのだろうが)。いやどっちでもよくて、稼ぎのない家の家長が稼ぎもないくせに「こうすればうまくいく」って『高原へいらっしゃい』の田宮二郎みたいなことを言い続けているだけのことだ(たとえばインフラを構築せずに始めた介護保険法とか、あの体たらくだ)。個々の当選者なり候補者なりの熱意はたいがい疑わないが、たとえば民主党のてっぺんは田中角栄直系じゃねえか、どこに期待しろっつうの。でもまあ1回くらいガラガラポンというのも悪くはないか、なんて面白がりの僕は思っているのでした。

さらにまったく関係なく、なんで当選する奴する奴(というか立候補する奴全員なんだが)がブサイクなんだ。ちょっと用事で寄ってみる小さな事務所だって、かっこいい人はいくらでもいるぜ? 政治家ってのはブサイクしか志しちゃいけない、のだろうと思う。間違いない。ブサイクがいかんとは言わんが、あまりに偏りすぎだろうとぞ思う。よのなか間違っている。
たとえばタイゾーみたいなのが議員をやっていて悪いことはないわけで(歌がヘタでも国歌は歌ってかまわないし歌うべきだよ中居君)、ある程度はアメリカみたいに「憧れの職業」でもあるべきだと思うんですよ。

くりかえすが、民主党は嫌いです。当時脱税犯行中だった野村沙知代に参院選立候補を「お願い」しにいった小沢一郎の政治責任を、その無能と無恥を僕は堪忍してはいない。まあそんなことを言い始めたら適格者なんていないのかもしれないのだけれども、いちおう覚えている範囲で勘弁してやんない(どだい、あんなもんをひっぱり出す時点で小沢一郎が阿呆だ)。

ついでだが、日本テレビに出演した菅直人が「なんで小沢代表が来ないの」と言われて、「私では役不足ですが」と答えたそうな。意訳すると「小沢の代理なんかやってられっか」という意味だよな、残念ながら民主党もやっぱり阿呆でした。



明日は、

僕も阿呆だという話なのだが、てっきり明日がアルカフェのライブだと思っていたら明後日(8月1日の水曜日)でした。バカめ。
というわけで、明日中にライブの演目をいちおう決めておかないとね。おそらくはウクレレのインスト中心で、たまに歌う感じ。

あとは、渋谷バッキーに「HD事件」の件でおうかがいする予定。なんの話なんだろうか、さっぱり見当すらつかんのだが。



スポンサーサイト
2007年7月29日(日曜日)、選挙へゴー。
DVD『ピッチブラック』、1,782円。 06:00起床、07:00に投票。なんでこんな奴に入れなきゃいけないんだなどと思いつつ、今回はまあしょうがあるまい。

09:00からGyaOで『ピッチブラック』など眺める(これはいい映画なんだな)。昼からお昼寝。


あとは寝たり起きたり仕事をしたり。

「う」のつく食べ物? お八つでウェハースなど。



明日は、

abingdon boys school。

今日の早起き。
ふと目覚めると、06:00でした。
しょうがない、ちょいと一杯やってから投票に行くか。
そこの君、そう、君だ。

雨でもなんでも選挙に行こう。

難しいこと言わずに投票に行こう。

行くだけでいいから投票所に行こう。


それだけでいい、あとはなんにもしないから。
ちょっと待てコラ。
メールが来る。
りびさん
××です。

××××のマスターが連絡を
とりたいとのことです。

タクヤさん関連の話のようですが。。。
よく識るハワイアン・バーの話らしいのだが、おい。
2007年7月28日(土曜日)、気絶するほど脳ましい。
今日の物欲:

テルミンmini
出ますよ、学研『大人の科学』のふろくにテルミン! 2,300円! 学研偉い!

9月下旬発売だそうです。間違いなく買うぞこれは。

GABBYちゃんテルミンそんでこいつ(←)もテルミンだったりなんかしたりして(笑)。15,750円ですが、誰か買わない? インテリアにもなるぞ。

テルミンというと、手を(手でも顔でも足でもいいんだけど)かざすことで音程だの音量だのが変化する楽器で、ミュイーンとかキュイーンとかいう音がします。たとえば昨年観にいったポルノグラフィティのライブでも使われていたし、2003年3月にてっちゃんが企画してくれたテルミン・イベントでは演奏もさせていただいてたいへん楽しかった。

いちおうびよんびよんした楽器(ウッドベースとかのフレットレス系とか、口腔の形で音程を調整するハーモニカみたいなものとか)にも経験はあるもので、ちょっといろいろいじってみたかったりなんかして。


今日の健康:

国産ひざ軟骨串30g 5本入り 朝、てきとうに起床。

数年ぶりの夏バテというのか、身体が重い(体重は軽い)。というか、昨年も一昨年も夏場は身体を動かすお仕事をしていたものが、今年はみっちりとデスクワークだものだから、その影響ですね。動いていないほうが人は疲れるということがよく判る。ついでに言うと、人間寝るにも体力が要るというのもよく判る。とりあえず、泥縄で腕立て伏せと腹筋を100回ずつやってみました。疲れました(笑)。

最近は階段を降りるのも面倒くさくて。登るほうはいいんですよ、世界中の階段がぜんぶ上りだったらいいのに、ってなもんで特に文句もない。下りのほうは、膝への負荷をコントロールしづらいとかそういうことなのだろうかしらん、世界中のエスカレータがぜんぶ下りだったらいいのに。どうにも年寄りくさくてよくありませんな。


今日のお買い物:

島豆腐。購入したのは「さとの雪」の製品ですが。 山形のだし。購入したのは三和漬物食品の製品ですが。 コラーゲンの旨みが味の決め手牛すじカレー。購入したのはオーエムツーミートの製品ですが。
諸般の事情により「おじさんバンド」のリハーサル at 板橋区に行けなくなっちまって、不貞腐れて(嘘)東西線落合駅上の「つるかめランド」(ふつうにスーパーマーケットです)に寄って晩飯の買い物など。なんとこの店、島豆腐を商っている。ついでに「山形のだし」もあったものだから買い込んできて、とりあえず冷奴かな。

あとは胡瓜(アンチョビと合わせるつもり)、おくら(饂飩の具にでもしましょうか)、安売りだったレトルトの牛スジカレー、ヨーグルトとかゼリーとか。そんな感じ。


今日の酒:

遅くに帰宅して豆腐など齧りながらですね。
どうせアル中なので酒は飲む、と。

IWハーパー12年(カートン入り) ここんとこどうにも体調がもうひとつで眠かったり寝られなかったりダルかったり、ものすごく快調ですぐエンストしたりよく判んなかったもんで、いちばん好きな焼酎をよして缶チューハイにしてみたり、念のために純米酒にしてみたり(日本酒は好きなのだが、化学調味料にアレルギーがあるものだから純米酒以外は飲めない)、それで氷結を飲んでみたらウォッカでダウナーになってみたり、それよりなにより日本酒があんなにダウナーなドラッグだとは思わなかったなあ。

今日は実験的に、台所の隅につくねておいたバーボン(ふつうにハーパーですが)を飲んでみました。明日はどうなっているのかなあ、とりあえずツマミはふんだんに摂って様子をみるつもり。夏バテ解消するといいなあ(ありえない期待だなあ)。



明日は、

前川のうなぎ。 昼飯どうしようか。土用の丑の日なのだが、特に鰻に限らず「う」のつく食い物ならなんでもゲンかつぎになる筈だ(「う」のつくったって、まあ「う」で始まるあたりが該当するのだろうけれど)。つまり、うどんでも卯の花でも烏骨鶏でもウシ(「う」で始まるウシ料理って、なんだ)でも馬でも(「う」で始まる馬料理って、なんだ)ウド(旬ですね)でもウニでもウミウシでもウツボでも構わなかろうもんだが、なにやら珍しいものはいただきたいような。だって「丑の日だからウドン」ってのも悲しいじゃありませんか。


あとはだな、諸般諸々の突発事態によりデート中止! 覚えてろこのやろう(どこに鬱憤を叩きつけていいのか判らないのだよ)。

今日の古文書。
録音中。

Reyna 古いものを見つけました。

コンデンサマイクを囲んでいる写真は確か1996年の春に新大久保のスタジオで撮影されたもので、村本玲奈さんのジャズボーカル・デビューCDの録音風景です。

左から天野清継、僕、村本玲奈、英語指導の人、そして里村美和。いやあ、コーラスを頼んでる余裕がなかったもんだから楽器陣が総出で歌っています。曲はTristezaあたりかな。あと羽尾知也、角田健一、鈴木孝二、唐木洋介といったあたりが参加しておられました。

ここここで5秒ずつくらい、僕のハーモニカ・ソロが聴けます(最後、ボーカルがこぼれたところ(笑))。いやあ、若かったなあ、10年前。それでこの時が里村先生との初対面ということになります。

この後にHawaiian Dreamでウクレレのセンセーをしていたら隣のパーカッション教室を教えていたのが里村先生で、それで里村先生がホストをしているらんたんのSBCに通い始めたのが今のセッション三昧の始まりなんだな。人生判んないもんです。

2007年7月27日(金曜日)、「暑い」って言ったら1回100円だよ。
カレー鍋。 暑い。いきなり暑い。暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い。

えーと。なんだろうこれ。 だいたいさあ、今日なんかガーゼのシャツ着て前身頃からところどころ中身が見えているというセクシー仕様なんだから、これ以上薄着なんかしようがないのよアタシ。これから迎える8月をどう過ごせってゆーの。

というわけで、出先から直行で音羽屋に出勤しようと思ったのだがなんとなく全身がしっとりと汗っぽい水もしたたるいい男だものだから、礼儀としていったん帰宅してシャワーなど使って着替えて、出勤の途上でまた汗水漬くになる。意味ねえじゃん。

音羽屋では、えーと。今日は答え合わせが3件くらいと、あと郵便物の製作が43件、ってやっぱり学生バイトクラスだなあ。あと社長のお遣いでおむすびを買ってくる(自分のぶんも自前で。学生バイトクラス未満)。社長ってば、俺がいちいち言わないと昼飯喰わないんだもんなあ、燃費よすぎ。つぅか世話のやける(笑)。


今日のテレビ:

ブルドックとんかつソース。 東京12チャンネルのニュースでブルドックソースの話をしていたのだが、アナウンサが明らかに「ブルドッグ」と発音なさっておられた。いやまあいいんだけど。

書籍『失敗のメカニズム』 赤城農相、なにやってんだろう。家賃だの切手代だのを誤魔化して、顔面の絆創膏の説明はシカト、ついでに中国で下痢して帰国遅れ。これは「悪い人」の行動ではなくて「間抜けた人」の行動だと思うのだけれども、どんなものだろうか。やっぱり安倍さんって祟られていたりなんかするのだろうか。

DVD『ジェット・リー怒りの鉄拳』 やはり東京12チャンネルにかかっていた新作時代劇『刺客請負人』、晩飯の饂飩など啜りながら眺める。村上弘明、若村麻由美、西村和彦、中山忍、西岡馬、小沢真珠、永島敏行(今日は欠席かな)、柄本明ってキャストがまず凄い。しかも若村麻由美と西村和彦はラストにちらりと顔を出すだけという贅沢仕様。殺陣がちょっとぬるいのが璧に瑕だが、セットも豪華だしCGの趣味もいいし、どことなく「ぶらり信兵衛道場破り」も入っているし、機会があったらまた観よう(毎週はたぶん無理)。どうでもいいけど、中山忍って趣味いいなあ(ゴジラでガメラで李連杰だし)。

エコドライブの腕時計。 エコドライブのテレビ宣伝というのがあって、急ブレーキとか急発進とかを戒めているのだけれど。「乗るな」というのと「ローに落とすな」というのが無いなあ。そもそも乗らないのがいちばんだし(ケッタがいちばん)、たしょうの無理でもさせてとっととクラッチ板でもぶっ壊せばいいのだ。ふん。


DVD『カンフー・ハッスル』 テレビ朝日『スシ王子!』というのも、堤幸彦演出だというので眺めてみました。実はヒマなのか。措いといて。くっだらねー、いやあ『酔拳』で『ドラゴンへの道』で『ドラゴンボール』(詳しくはないが)でモンド映画で『白鯨』で(『白鯨』はついで)、というかトラウマまみれの主人公の成長譚たるあたりはつまり『カンフー・ハッスル』なわけで、たいへん楽しい。

最初はヒゲでもはやしとけ、堂本光一。
あと平良とみが素晴らしかった(死んじゃったけど)。


ついでに今日のニュース:

ミレニアム・ファルコン(本物)。 宇宙船のパイロットが飲酒運転をした、という記事がYAHOO!かなんかにあってですね、自動車の飲酒運転はよろしくないなあなんて思っていたら、酔っ払ったままスペースシャトルを操縦していたのだそうで。アメリカ人をナメちゃいけませんな。

ブリ。 その隣に「ブリ大暴れ」という記事もあって、謙虚な気持ちで「魚類をナメたらあかん」と思って読んでみたらブリトニーの話でした。なんだつまらん。



明日は、

自宅作業。
夜は板橋区で(遠いなあ)スタジオ。

そういえば、8月5日(日曜日)に演る「おじさんバンド」で、in Aの曲がin Abに変更されました。たいがいの面子(つまり弦楽器の連中)が悲鳴をあげるなか、僕とサキソフォニストだけが「ラッキー!」とか言っているのでした(笑)。あー、ラクちん。

2007年7月26日(木曜日)、中身が出るほど抱きしめて。
(1)

DVD『眠れぬ夜のために』 05:00に寝たと思ったら、昨日と同じくまた06:00に起きちまった。なにごと? やってらんないので、ちょっとまた酒でも飲んで寝る。ふんっ。

おそらくは精神病理や身体的な不都合によるものではなくて、「仕事がいっぱいあるから起きちゃえ」くらいのことなのだろうな、とは考えている。なんせバカだから。
だからよ、通常通りに寝て起きて御飯を食べて、そのあいまに仕事をしてないと、いかい作戦がタイトであろうとも長期戦では保たないのだよ。アタマじゃ判っているのに身体が判っていないということは、旧皮質以下もバカだということが露呈した次第でなさけない。

経営コンサルタントをしていたころ(!)に、「生産性を上げるためにラインのコンベヤの速度を上げる」という工場長に「適正速度での生産性を上げることこそが管理じゃありませんか」とか説教たれたことがあるが、同じことを僕が僕にしているわけで。じゃあ操業停止にしてやるわい、というわけでまた眠りに就くのでした。


(2)

DVD『眠れぬ夜のために』 順当に昼起床、さあ、新しい一日の始まりだ。
と思ったら都合により音羽屋業務が翌日繰り延べ。
昨日はちょっとした都合によりテープ起こしが停滞していたものだから文句はなし。
でももうちょっと寝とくか。

人間の屑。


(3)

DVD『眠れぬ夜のために』 もうちょっと寝てから、お仕事。なぜか食欲がないものだからグリコのクリームコロンなど齧りながら、まあ粛々と。こんなものはPCの前でじいっとしていればやがて終わる。
テープ起こしの最中に登場する「知らない単語」なんかはネットで検索したりしてなんとかするのだが、いきなり英語らしき発音で「まくたあすてぃるすへいず」とか言われたのにはうろたえた(笑)。こんなものはゲタにしておけばいいのだが、それはそれでクヤシいのと、どこかで聴いたことがあるような気がしたもので、ちょっと苦労して調べてみました。あ、映画『ギャラクシー★クエスト』に出てくるドクター・ラザルスの台詞、"Mak'tar stealth haze"だ! 判る自分がなんだかまあその。

25:00くらいまでに今日の自分ノルマの半分がとこを仕上げて、と。
あとはてきとうに寝ちまえば、どうせまた早起きすんだろうからあとは明日でいいや、1.5倍こなせばいいんだろ、くらいの気持ちでですね、のんびりとする。音羽屋の前後でけっこう時間が使えそうでもあり、なんとかなるでしょう。


今日の雑事:

DVD『眠れぬ夜のために』 ちょっと貯めていたメールの返事とか、やることがないわけでもないものだから本日終業としたわけで。

いちばんデカいのは、8月7日(火曜日)のBack In TownでのThe Zirconsライブへの、対バン(ライブのアイカタを勤めてくれる出演バンド)さんの招聘。頼めば出てくれそうな知り合いのバンドはうざうざあるのだが、マッチメイキングとかバランスとかあるじゃん。いちおう任されている範囲内で、Soul & R&Bのデュオに声をかけさせていただく。間際だからなあ、どうなるかなあ。

あとは、明日からのお仕事の合間の食事用に茹で卵を大量に作って、挽肉も炒めて粗熱を取ってから小分けにして冷凍する。煎り胡麻と冷凍の菠薐草を買っておいたものだから、これでいつでもサッポロ一番塩ラーメンが作れるってわけさ。明日は生卵の追加とかいわれ大根と、日清チキンラーメンでも買ってくるとしましょう。いいんだよ、忙しいときこそ「2時間で腹がへる」程度のものを食べておくのがよろしい。



明日は、

DVD『眠れぬ夜のために』
目覚めたらお仕事。早起きする、筈だ。
12:00からお風呂、そのあとお食事、食後に体操などしてから小石川で音羽屋勤務。たぶん20:00くらいに帰宅して、お仕事は24:00には切り上げて少々飲んだくれて、と。

計画だきゃ完璧だな。

ウエストサイド物語。
DVD『アンドロメダ…』うろ覚えなので控え目に書いておく。

帰宅途上の地下鉄の通路に、舞台なのだろうと思うのだが新作らしい「ウエストサイドストーリー」のポスターが貼られている。バンザイしながら左足を上げている人が3人並んでいるのだから、ロバート・ワイズ(『アンドロメダ…』!)の映画と同じ話には違いあるまい。

映画版でのジョージ・チャキリスは、ベルトのバックルをなぜか腰の右側に廻していたものと記憶している(ここが自信がない)。「ああ、ウェストのサイド(腰の脇)なんだな、いい駄洒落だな」と一人合点したのを覚えているのだが、なんかの記憶違いなのかなあ。ポスターの人のバックルが正面にあったのが、なんか違和感があるのですよ。

ふんむ、さてや。

2007年7月25日(水曜日)、The Zircons Live!
The Zircons というわけで、四谷三丁目ソケース・ロックにてThe Zirconsライブを敢行してまいりました。ご来場の皆さん、お店の皆さん、対バンの皆さん、ジルコンズのトンチキの皆さん、そして俺、ありがとうございました。

亜紀ちゃんか横ヤン、あとでセットリストを送ってくれまいか。なんかいろいろ演ったものでよう判らんくなってしまった。


今朝は05:00くらいに就寝して、「これなら昼前に目覚めて、お仕事してから準備して17:00にソケースだな」とか思っていたところが、なんでか07:00に目覚めてしまった。睡眠2時間っておい。でもまあ特に眠くもないので3時間ほどお仕事などしてから、ちょっと発声練習などしてみたらあまり調子もよろしくないのでやっぱり15:00まで5時間ほど眠る。学生時代に知り合いだった聖心女子大の学生さんの結婚式に合唱団仲間と歌いにいったら鉄砲水に襲われるという夢を見たのだが、なんのこっちゃ。というわけでお風呂に入って譜面の準備をして、大江戸線から丸の内線経由で四谷三丁目へ。途中でなにやら腹が下ってきて、中野坂上の「だれでもトイレ」に閉じ込められているうちにちょっと遅刻してしまった。

関係ないけど、近所のアトリエ21さんの前に箱スカが停まっていて、アトリエのおじさんと2人で「凄いねえ」なんて言ってきたことでした。エンジンかかってたもんな、たいしたもんだ。


今日のライブは、
  1. The Zirconsアカペラのドゥーワップ、
  2. ラヂオキオスク:ロックバンド「ラヂオデパート」の小音量版ロックバンド、
  3. ラヂコンズ:The Zirconsとラヂオキオスクのキメラ、
という編成で実施しました。


ソケース・ロックでのリハーサルはラヂコンズを主体として、ジルコンズなんかなんにもしなかったなあ。いや、お店の外階段で軽く合わせてみたりはして(アカペラは便利だ)、セッティングについてはソケースのコバヤシ店長が「いつも通りに作ります」と言ってくれていたので安心してお任せして、ジルコンズはうどん屋さんへ。

なんでうどん屋さんなのかというと、僕のお腹が下っているのは措いといても、小山亜紀がなんか昨日のスタジオ籠もりで風邪ひいて、ふくよか雅治は太りすぎで、サンチャゴ田村はなんでもいいという理由による。普段はソケース地下のおいしい中華屋さんに行くんだけどね、まあしょうがあるまい。小山亜紀なんか衣裳の連絡で「白のワンピース」とか言っていたのが、実物を見てみたら「緑色のワンピース」だったもんな、よっぽど脳血流が不足していたに違いない。というわけで僕は胃腸の消毒と思って蕎麦焼酎の蕎麦湯割りと卵焼き、サンチャゴと亜紀がうどんで、横ヤンは野菜天丼と鴨肉。


今日のライブ:

お客さまは総勢1ダズンちょいで、ソケースとしてはまあまあ、かな。
ジルコンズはいつも通りとして、ラヂオキオスクはだんだん曲に馴れてきて、けっこうなギミックを使っていることだなあなどと思いつつ楽しめました。ラヂコンズは、だいたいいつも通りの大騒ぎみたいなことで、演ってて面白いからこれでいいのだ。

Zircons performed:

  1. Remember Then
  2. Way I Feel Tonight
  3. Rawhide
  4. So Much In Love
  5. Lion Sleeps Tonight
  6. Wonderful World
  7. 恋の季節+真っ赤な太陽
  8. This I Swear
  9. For The Longest Time
  10. Looking For An Echo
additional tunes are 「Popeye the Sailor Man」and 「Theme from 11pm」
Radicons performed:
  1. We Will Rock You
  2. Don't Stop Me Now

    -ラヂオキオスクの演奏を挟んで-

  3. At The Hop
  4. Please Mr. Postman
  5. 妖怪人間デブ(Tsuhara)
  6. 妖怪人間デブ(Santiago)
  7. Sixty Minute Man
  8. What's Going On
  9. また逢う日まで
  10. In The Mood
  11. Little Darlin'
  12. グッドナイトベイビー
  13. What's Going On (encore)

いやもう、歌ったり踊ったりピアノを弾いたりハーモニカを吹いたり窓から飛び降りたり、大変でした。
  • 「Goodnight Baby」では、自分のハーモニカ・ソロが終わったところで安心しちゃって、津原泰水のソロの入り合図を間違えてしまいました。本日最大のポカだな、すみませんでした(って曲中で謝る俺)。
  • 同曲での僕と横ヤンの闘いは、僕の辛勝。あぶなかった。
  • 「What's Goin' on」と「Don't Stop Me Now」では僕はピアノとコーラスを担当。ちょっとした弾き語りよりもややこしいぞ。
  • 「Please Mr. Postman」を演っている最中に携帯電話が鳴りましてですね、とりあえず着信させてからピアノの上に放置して先方に演奏を聴かせてあげました(なんの用事だったんでしょうか(笑))。1分間くらいは聴いていたようですね、音質とかどんなんやったんやろかしらん。
  • 「妖怪人間ベム」は、津原泰水版とサンチャゴ版で2曲を演りました。
  • 「Popeye the Sailor Man」は仕込んでもいないのにいきなりサンチャゴが始めやがって、迷惑な話ではある(笑)。なんとかなったからいいんだけど。
  • ラヂオキオスクの「雨を見たかい」でもピアノを弾かせてもらいました。あ、これもコーラス入れたなあ。
終演後にちょいとビールなどいただいて、東中野ライフでお米など購入して帰宅。ちょいと焼酎舐めて寝る、と。

明日は、

まず音羽屋。
あと自宅作業。自分に厳しく、人には優しく。

footcopy