FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


読むな(3)。
3日くらい前に、ワンルームマンションの玄関先で死体を腐らせていたバカな連中の報道がありましたね。僕がすぐ思ったのは、「そこに冷蔵庫があるじゃん」ということでした。冷蔵しておけば腐らないし、冷蔵庫にいれておけば汁は漏れない。横着にもほどがあろうってなもんだ。

昨日の話で、屋上の冷蔵庫に死体を詰めていて、腐臭から犯行がばれちゃった人もいました。僕がすぐ思ったのは、「電源入れとけ」ということでした。床下の冷蔵庫を発見した話は阿刀田高だったっけ。


後者の話の場合には犯人の生活苦もあったのだろうかと一応は言っておくが、そんなことはどうでもよくて、「異臭を不審に思ったマンションの住民の男性(69歳)が発見」したほうが問題だよな。「臭ぇな」と思って屋上の冷蔵庫あけてみたら腐乱死体が入ってんだぜ。めっけちゃったときの心境や如何に。

もっとヒドいのがシンドラーのリフトで、高校生が轢き潰されていくのをエレベータのなかで見ていた(見させられていた)人がいるんだぜ。ほんとうに気の毒なことだ。



スポンサーサイト



今日のヒマネタ:
あらかたご存知ではあろうが為念で書いておくってやつ。

いやその、ひとに「お前これ知らねえだろう」という態度でよく知ってることを解説されると腹立つでしょう? 俺はそういう人です。繰り返しますが心は狭い。根性は悪い。もんくがあるのかこのやろう。
でも相手を信頼して「これくらいは共通して知っているべき事項(「常識」とも言う)を前提として話しているとそれがぜんぜん成立していなかったりしてですね。話がですね。くどいですか。そうですか。じゃあまあその。


賞味期限と消費期限。
ネットで漁るとくだくだと書いてあるが、
  • 賞味期限は「これを過ぎると不味いぞ」、
  • 消費期限は「これを過ぎたらアタっても文句をつけんな」、
それだけのことだ。

ブロッコリーのことなど。
ブロッコリーはイタリアのブロッコリー一族が開発した(正確には「売り出した」)野菜で、大儲けしたもんだからついでに映画産業にも手を出して製作したのが007シリーズ。←間違っちゃいないよ、サツマイモだって青木昆陽が発明したわけじゃない。

ブルーノート。
クラシカルのほうでは「3、5、7がフラットした音」と説明されているのだが、「2、4、6がシャープした音」のほうが正解。典型的なブルーノート・フレーズをシャープさせたりフラットさせたりすれば誰にでも判ることだし、任意のペンタトニック(乃至8度以上の音程)のシャープ音程がブルーノートとして有効であることの説明がクラシカルではつかない。
個人的には、ディミニッシュをフラット音列としてとらえてしまったクラシカル理論の泥沼化だと考えてはいる(あっちに詳しくないから言えることなのだろうか)。

血液型から類推する性格診断。
いいかげんにやめようよ。A抗体とB抗体と無抗体(俺だ)を気にするのならば、RH型マイナスの人の性格がとんでもないことになるのは理の当然だと思うのだが。
僕としては、血液型と性格の関連を語る人をバカにはしないが「人種が違うなあ」とは思ってしまう。これは「どうやっても話が噛み合わないんだろうなあ」(たとえば鰯の頭ということですね)というのと同じ意味だ。

惑星直列。
星占いとかもっとぜんぜんまったく金輪際、人生と関係ないんですけどね。だいたい織姫と彦星が十ウン光年離れている時点で気づけよ。
1982年の惑星直列は範囲90°くらいだったと思うのだが、ここをせんどと「まっつぐ飛べば全惑星制覇だっ!」ってんで調子ぶっこいたNASAがボイジャーを飛ばしたことって、知られてんのかな。
もっとものすごく関係ない話もすると、たまに僕は「エーリッヒ・フォン・リビケン」というハンドルネームを使うのだけれども、これって人さまに通じているのだろうかしらん。

脳梗塞。
遠い親戚が脳梗塞で入院したという話があって、父が(知らんわけもなかろうに)「脳梗塞ってなんだ」と言うのでまさか「昔の脳軟化症だけどね」とも言えずにだな、説明に難儀したことでした。だって治るし、いまどき。
要するに血液がどろどろして血管がごちごちしているわけで、そんなもんは酢でも飲ませりゃ一発だよ(そんなに間違ってはいない、と思う。たぶん)。

今日のゴールデン・エッグ。
QUISENのGolden Egg名刺が出来ていた。わはははは、はははは、みんなバカだ。

QUISENは間違いなく既知外なので(←褒めてます)、いいところまで辿り着いたことをもってヨシとしましょう。
読むな(2)。
東急東横線の祐天寺駅界隈で家庭教師のアルバイトをしていたことがありました。

ある日も中学生の指導をして、19時から21時までの長丁場をなんとか生徒さんを飽きさせないように丁半博打なども交えて(十円玉2枚を使う古典的なイカサマを見破らせるというもので、もし現金を賭けていたらバイト代以上に儲かったなあ)いろいろあって帰宅途上の祐天寺駅ホームでベンチにへたり込む俺。

僕は新宿方面に帰るので上りホームにいる。下りホームを眺めていたら酔っ払っているらしい学生風味が現れて、少しよろよろしているなと思ったらそのまま線路に落ちた。落ちたところに電車が入ってきた。

しばらくはけっこうな騒ぎで、上下線が停止したらしくて電車もこない(目の前には一列が停まっているのだが(列車の連なりの数え方をどなたか教えてくれ))。救急車が来たのが音で判って、学生風味は救急隊員に線路から拾われて担架に乗せられて運ばれていった。停まっていた下りホームの電車も走り去った。

もうすぐ上り電車も来ますというアナウンスを聞きながら線路をふと眺めてみたら、黄色いコンバースがかたっぽ、線路の間に落ちていた。よく見たら、靴に中身が入っていた。

オールスター

2007年6月11日(月曜日(2))、グラスレス。
POLICE メガネフレーム V1545J 恥を話すようでもあるのだが。

今日は昼間の仕事がちょっと押しちまって、14時出勤予定の音羽屋に15:30にようよう辿り着くという体たらくで、まあそんなことはいい。よくはないのだが措く。

今日はいつものジーパンにチェ・ゲバラのTシャツ、ざっくりしたワークシャツといった出で立ちだったのだが、ふと気がつくと素通しメガネがTシャツの襟のところに突っ込んであって、僕は裸眼で歩いていました。上落合あたりを歩いているときに今年初のアゲハチョウを目撃しまして、なんかカオスっぽい飛び方をしているなあと思ったら単に焦点がボケていただけなんですけどね、それで「あ、メガネかけてない」と思ったわけ。

シャツ。 僕は裸眼でも視力が0.5くらいはあるようなので、電車内で文庫本も読めるし、ちょっと離れたところの路線表示なんかはうすらぼんやりとして読めもしないが東京23区内であればそんなものは読めなくてもさして困らん。むしろ、表示があるのが判っていながらそれが読めないものだから、ちょっとした海外旅行気分だったりなんかして。
屋外を歩くと、ふだんはセルフレームの内側だけが視界になっているものがかなり開けてきて、やっぱり細かいところはよく見えないのだがこれといって困ることもなく。

というわけで実用的にはメガネがなくても移動には支障がないことは判明したのだが、なんでほぼ10年くらいぶりに裸眼で歩いていたのかな、なんて音羽屋で仕事をしながら考えて、ふと気がついて30秒ほど死んだ。ここ3日間くらいで3人ほどの女子にしかも別ルートで、「サングラスを(あるいはメガネを)かけていないほうがイケメンですね」って言われていたのだな(一人は「メガネがないほうがハンサムっぽい」と言っておった。「っぽい」ってなんだよ)。それが脳味噌のどこかに残っていて、そして識閾下で右手だか左手だかを発動させてメガネを外してTシャツの首にひっかけたんだ。なんともはや、なさけないことであることよ。30秒死んでから生き返ったら社長が「どうしたの?」というので事情を説明したら、社長も30秒ほど死んでおりましたとさ。

くやしいので今日は裸眼で通すことにして、音羽屋作業中はさすがに無理として、その後の移動とGolden Eggはやはり裸眼で通しましたとさ。いやとくにいいこともなかったのだけれども。あたりまえか、ゲバラのTシャツを着てモテようというほうが間違っておる。という以前にほとんど女子と遭遇しておらないのだし。


今日の金玉子:

Golden Egg 音羽屋後に、今日は新中野弁天Golden Eggに引っ越してくるような話になっていたものだから様子見に行ってみる。うん、ふつうにライブがあって、そのあとはぐずぐずで(褒めてます)ジャム・セッションが2時間ほど。

ブルースをいくつか演るのに混ぜてもらってから、なんでか『Come Together』と『Close to You』と『涙そうそう』と『Desperado』って、『涙そうそう』以外はピアノではたぶん生まれて初めての演奏なんだな。それも『Close to You』のin Cはいいとして、『Come Together』がin D、『Desperado』がin Cってのはなんかオリジナルと違うような気もするのだけれども、まあそのなんとか。

そしていい子は終電で帰宅。エイブさんに「今日はいい子なの?」って訊かれましたが、いつもいい子ですよ。だから誑かされていつも始発まで騙されて付き合わされるの。わはははは。


今日のリンチ:

マルホランド・ドライブ そうそう、おーうちさんがデイヴィッド・リンチの上映会のチッキを持ってわざわざ来てくださいました。ありがとうございます。今日はちょっと音羽屋が遅刻がけだったもんだからビデオとか用意できませんでしたが、近日中にどこかでお渡ししますよ。捜せばどこかに『マイク・ザ・ウィザード』と『原子怪獣現わる』はとりあえず所在確認しました。捜せば『ドラゴドン』とか『スパイナル・タップ』とかもある筈、なんだけどな。あ、『恐竜時代』と『プラグヘッド』もあるぞ。

それで、

  • なんか(チケットに書いてあるあらすじが)クローネンバーグみたいだとか、
  • だいたいジェレミー・アイアンズって『戦慄の絆』じゃねえかとか、
  • ナスターシャ・キンスキーっていまいくつだとか、
こういうなんの役にも立たない益にもならない話している奴が全員たったいま死んじまっても人類史になんの影響もないような話ができる知人がいるのは嬉しい。今んとこ、豹柄のおっさんとジルコンズの最悪とおーうちさんと金沢さんと横田くんくらいか、そういうのは。

映画券は日付がとびとびに決まっているもので、楽日は混雑しそうな気配もあるから20日の水曜日の夜あたりに狙いを定めて、リンチの復習でもしておく可し。いや、先述のクローネンバーグとちょっと混ざっちゃっているのはいいとして(よかないが)、ポール・バーホーベンともちょっと混じっちゃっているのですよ。よく思い出せばいいのだろうけれどもとりあえず、

  • 簡単なのがバーホーベン、
  • ややこしいのがリンチ、
  • ややこしいけど俺には腑に落ちるのがクローネンバーグ(ビデオドローム、楽しかったのですよ)、
といった感じなのですが。どうですか。
今日の飯:

腹がへる。やたらと腹がへる。そんな日もある。

  1. 朝、といっても午前4時とかだが、湯豆腐、そしてハンバーグ+キャベツ。
  2. ブランチ、といっても午前9時とかだが、バタートースト、ハムエッグ、山芋の千切(笑)、粉末カップスープ。
  3. 昼、12:00にレトルト御飯とレトルトカレー(そういえば両方ともS&Bだったな)に生卵を落としたもの、そしてお不動さんの水。
  4. 15:00のおやつ、小石川は「なか卯」で肉うどんプラスこだわり玉子、それから音羽屋でチョコレート。
  5. 19:30、歌舞伎町の富士蕎麦で天ぷら蕎麦にトッピングで温泉卵、ただしワカメ抜き。
いま2時36分だもので、さてなにか作って食べようか。
というか眠くないなあ。なんだろう。

明日は、

吉右衛門シニア
あれとこれとあれがあって、最終的に19:30から代々木でZirconsのリハーサル。

余裕があれば高田馬場「ザ・ハンバーグ」でウィンナー・シュニッツェルでも食べてみたいものだ。歌舞伎町「すずや」のとんかつ茶漬でもいいなあ。新中野の鍋横「かつ金」のロースかつ定食でもいいぞ。つまり食欲が1,500円界隈の肉系定食に偏っていることが判るのでした。

最悪でつばめグリルのハンブルグステーキだな。あそこでは以前に接客で不備を蒙ったことがあるもので、ちょっと冷淡。だいたいスカこいた店員本人はむくれたままで店長が謝罪に来るってどういうことよ、なんていちど思っちゃうとなかなか寛容にはなれない私は心が狭いのでした。そういう意味では中野の蕎麦「さらしな」がもっとヒドかったのだが、って言ってるときりがないので中野丸井の「新宿さぼてん」とか泡盛の「比嘉酒造」、今は亡き落合のスーパー「トヨクニ」あたりはスカがあっても対応が素晴らしかったことを付記しておく。

footcopy