FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年6月9日(土曜日(1/2))、ごろん。
やっぱりビールの飲み過ぎはずどんと来ますね。僕は焼酎ストレートに限るわ、といったようなわけで11:00起床。

あとはごろごろしながら、ふと思いついて中野五中の先のお不動さま(桜ヶ池不動尊)まで出向いて、龍吐水を1ガロンほどいただいてくる。いつもありがとうございます。

そして飯だ。飯というか、一昨日に買った餃子と、昨日買ってきた魚卵と魚の頭を今日中になんとかしたい。ということは酒だな。ふむ。まあいいや、今日はお仕事はお休みにしましょう。ではまずお風呂だな。


今日の飯:

鰆の卵の煮物。

1. サワラの卵とエノキダケの煮物。
鍋に昆布と水を放り込んで火にかけて、沸いたら魚卵を放り込む。別に切ったりしなくて構わない。再び沸騰したら灰汁をとり、洗ったエノキダケを放り込んで、火が通ったらお醤油で薄めに味をつけてできあがり。
先に言っておくけど、見た目はけっこう恐ろしげですよ。美味いけど。盛り付けに工夫する感じですかね。
たぶん、開発当初にあまりの魚卵の旨さにびっくらこいて、あまり味のないエノキを選択したものと推測する。もう覚えてないけど。

2. メダイの頭の酒蒸し。
キムチを漬ける要領で(判らんな(笑))、皿に昆布を敷いて、背骨を乗せて、スライスしたショウガと開いた長ねぎを乗せて、魚を乗せて、ネギを乗せて、ショウガを乗せて、魚(目ん玉のあたり)を乗せて、ショウガを乗せて、塩をして酒をかけて、蒸す。僕は蒸し器で作っているけど、面倒くさければ電子レンジで温めてもまあ問題はない。
今回は、試しにさっき作った魚卵煮の残り汁(卵の粒がいっぱい入っている出汁)をかけてみました。これはこれで面白いぞ。

3. 餃子(できあいの生)。
パンに油を敷いて熱して、餃子を並べて、水をかけて蓋をしててきとうに待つ。焦げついてなきゃオッケー。そんなもんだよ、餃子だもの。
ソースは酢と辣油、少量のこーれーぐーすと微量の塩。さいきんのマイブーム。

あー、お腹苦しい(あたりまえだ)。
でもあと鶏肉と豆腐とモロヘイヤのスープも‥‥明日にしよう。

さて、Golden Egg行ってくっか。



スポンサーサイト



今日のおーうちさん。
りびけんがおーうちさんにお薦めする航空アクションシリーズっ!、パートツーっ!

これもGyaOで視聴した『フライト・トゥ・ヘル』はイタリア製の航空SFホラーで、タイトルロールのバックが宇宙で、冒頭シーンが夢オチで、台詞は全編英語で、旅客機に火炎放射器が標準装備されていてHAL9000を搭載していて、製作と監督と脚本が同一人物だ! さあどうだ、観たくなってきたでしょう。ものすごく観たくなってきたでしょう。おーうちさんは。

少し褒めとくと、主観映像の多用、くっきりはっきりしたCG、豪華さを演出する極彩色のチープで空疎なセット、って君はキューブリックかっ!といった映像をお楽しみいただけます。特にCGはジム・キャリーの大ヒット作『マスク』並みのクォリティをみせてくれるし、そして女優陣もサンチャゴ田村好みのグラマー揃いで、全員がパンツ見せてくれる。そんでその、いやあ、鼻の穴からエイリアンを垂らしてる奴を見たのは初めてだなあ(笑)。そこだけでも観る価値はあるぞ。あと衝撃のオチもついてるし。

観てくださいね。おーうちさんは。

貰い物。
troll playing Uke.

どう見てもウクレレだが、ノルウェイ産らしい。
弾いているのはムーミンの仲間。
2007年6月8日(金曜日)、もひとつおまけにソバヤソバーヤ。
翌日記す。

昨日の飯のテーマはコラーゲンだってんで、中野ピーコックまで足を延ばしてメダイの頭とサワラの卵、各々の酒蒸しと煮付けの材料などを買い込んで、ついでに北口「さらしな」で胡麻汁そばなどたぐる。

加賀さま 満席だったもので、知らないおっさんとご相席させていただく。
それで後から座った僕の胡麻汁そばが先に来てしまって、おっさんのほうのざるうどんかなんかがぜんぜん来ないものだから「お先に失敬」とか「来ませんね」とか言っているうちにおっさんが「ビールでも飲みますか」とか言い出して、なんでか厚焼き卵とか焼き海苔とかをツマミにして宴会が始まっちゃって、2人でビールを大瓶で6本ほど空けてお腹いっぱい。

おっさんは明大中野の相撲部に用事があって金沢から出てきているのだそうで、次は明大お茶の水で応援団の集会に行くのだが、まだちょっと時間が半端なのだそうで。じゃあもうちょっと付き合いましょうかってんで、駅前の真希蕎麦(また蕎麦屋かい)に移動して刺身をツマミに焼酎など奢っていただく。話題は池波正太郎と藤沢周平と井伏鱒二。いやあ、思いっきり五鉄の軍鶏鍋の話ができるたぁ思わなかった。

それでおっさんが夜も付き合えというもんだから、一旦帰宅して魚類を冷蔵庫に放り込んで少し仕事して(使い物にはならんじゃった)、21時に末廣亭向かいの九州料理「薩摩おごじょ」へ。おっさんがもう一人増えていて、なんかよく判らないままに焼酎とカツオなどご馳走になる。話題は居酒屋における席のカミシモと和三盆。ジャムセッションと同じで、抽斗が多いとたくさん遊べるなあ。

23時くらいにおっさんがいいかげん酔っ払ってきたもんだから(あたりまえだ、15時から飲んでるんだから)解散して、僕はついでにGolden Eggにちょっと顔を出してブルースを一発弾いて、お姉ちゃんの昭和歌謡にちょっと伴奏をつけたりして遊んで、25時帰宅。

うむ、蕎麦代千円とゴールデンエッグ千円でたっぷり遊んだから、ヨシとしましょう。



今日は、

おっさんがまた飲みに行こうとか言っていたもんだから、とりあえず電話連絡待ち、かな。待ってる間に仕上げるべきお仕事が軽くひとつふたつ。
メダイはともかく、魚卵のほうは今日中に食っちまわないといかんな。
夜はGolden Eggで徹夜セッション、って行くのか俺。

我慢できない。
帰宅がけの24時近くの西武新宿線。
隣に座ったアベック(死語か?)が、どうやら合コン帰りかなんかの初対面っぽくって、姉ちゃんのほうは知らんが兄ちゃんのほうは薩摩男児だな。聞くともなしに話が耳に入ってくる。

兄ちゃん「九州だったらやっぱラーメンとよ」
そこまではいい。ここでソイとかクエとか言ってもしょうがないし。
姉ちゃん「あるよね、旭川ラーメンとか」
おい。どっから出てきたんだその地名。
兄ちゃん「あさひかわってどこ?」
まあ九州出身じゃ知らねえか、っておい。

きさんら義務教育受けてきたのか。いや知らないのは構わないのだけれども、突っ込みたかった突っ込みたかった突っ込みたかった。

電車内でそんなことはさすがにできない私。まだまだ弱い。

footcopy