徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


昨日のThe Zirconsライブ。
ウチアゲ。
Zircons at Mugen (Sangen-jaya) ライブのウチアゲではなくて、ジルコンズには「リハーサルのウチアゲ」というものがあるのだな。だってさ、リハーサルに入るのは晩飯前だし、リハーサルで腹減るし、だからといってこれからライブ演りますってのが現場でがつがつ食ってるところをお客さまに見せるのも夢がねえじゃん。というわけで開演までにどこかで飯とビールを済ませてくるわけなのだが、ふと気がつくと四谷三丁目でも曙橋でも神田でもあらかた中華だな。
三軒茶屋は食い物屋の荒野で、近所の牛角しかないなと思っていたらこれがなんでか営業していない。潰れたのか? しょうがないのでちょっと歩いていろいろ物色して(いろいろったって3軒くらいだ)、ちょっと美味そうな中華屋さんを発見。入ってみたら美味かったので(「鶏肉とカシューナッツの炒め」を注文したら「エビとカシューナッツの炒め」が出てきたのは、その事実に横ヤンが最後まで気づかなかったことが今後のネタになるのでまあいいや)いため今後の定番となるであろう。

僕らが中華でビールを飲んでいる間にラジオキオスクの面子は夢弦の隣のモスバーガーあたりで「ジルコンズは今頃飲んでるんでしょうねえ」なんて言っていたそうな。大当たり。

でもね、器楽と違って声楽の場合は、ちょっとくらい酒が入っていても演奏に影響は無いし、却って声も出ようってもんなのよ(「カラオケ屋は終盤に向けて盛り上がる」の法則)。


Trio The Zirconsというユニット。
Zircons at Mugen (Sangen-jaya)ふだんは4人組のアカペラで、当然かなり疎になる音をつづめたり拡げたりいろんなパートを各自往還して埋めたりしているジルコンズなのだが、1人欠席で3人編成となるとやはりちとキツいかと思っていたら、そんなこともありませんでしたな。基本的には僕がベース、リードボーカルがたいがいてっぺんにいてあとは内声が2声でハモっているという仕様だから、内声が単音になるので厚みが少々薄れる、リズムのバリエーションが多少減る、といったあたりで済むらしい。
いちばん影響がなかったのが『Rawhide』で、ふだんは僕が主唱でサンチャゴがベースパートを担当しているのだが、今回は僕がエレキベースを(対バンの太朗さんにお借りして)弾き語りしたものだから音としては完璧いつも通り。
さすがに『恋の季節』とか『Lion Sleeps Tonight』あたりになると内声部がちょっと寂しいかな。某お客さんが「3人だとさっぱり系」と評しておられたのだが、6フィート300パウンドの巨漢横ヤンが目の前で汗だくになって溶けかかっているのに(リアル溶解人間)暑苦しくもないというのが、いかにサンチャゴ田村が暑苦しいかということの証明とはなろうか。ルーかラッキィかあんたは(笑)。


三茶のサンチャゴ。
という駄洒落をMCに入れ損ねたことに、終演後に気づいた。後悔あとをたたず。

僕の体調。
実はあまりよくなくて、妙に早起きしちまったものだから「もうちょっと寝ておこう」と思って午前中にいろいろ努力したのだが、なんでか寝つかれず。食欲もないところを無理矢理に辛いものなどかっこんで、ついでに久し振りにワンテンpαをキメてからライブに向かったような次第。原因? 不明。
まあ、ライブが始まっちゃえば体調なんか関係ないからね。終わった後のダメージがすごかったりすごくなかったりするくらいのことです。

お客さま。
Zircons at Mugen (Sangen-jaya)書いちゃって構わないと思うので書いちゃうと、小さなハコだものだから17名さまでほぼ満席でした(儲けあんのかいな)。よく見かけるお客さまが5~6名くらいでしたか、いつもありがとうございます(一見さんもありがとうございました)。
ゴスペルつながりのMighty関係者が3名さんほどいらさられておられて、小山亜紀の個人芸『Think!』でいきなりステージに上げられてコーラスを演らされたのは僕のサシガネです(スゴいバンドだなあ)。そういや『Sixty Minutes Man』あたりでは客席で「フリまね」をしてくれているお客さまもいらっしゃいましたな(ナニをドケているのか判っておられるのだろうか)。たいへん楽しい。そういえばヒマこいて作っておいた「The Zircons絵はがき」を持参していたものだから、常連のお客さまたちには進呈しておきました。

平凡舎ウクレレ部からも生徒さんが来てくださっていたものだから、僕の個人芸はウクレレの弾き語りにしておきましたが、あんなもんでよかったかしら。


ギャラ。
書いちゃって構わないと思うので書いちゃうと、配分は知らんが夢弦はチャージバックに篤いお店らしくて、出演者頭割りで2,800円の割り戻しがありました。
そもジルコンズってば、僕も亜紀ちゃんもサンチャゴ田村もライブに関しては百戦錬磨だものだから(カタギの横ヤンは措く)「誰がカネ払ってまでライブなんかするもんか」という姿勢の傲慢不遜なバンドなんだが、頭割りで1,000円くらいのギャラでも喜んじゃうくらいに善良というかデフォルト計算ミスでもあるんだな。頭悪ぃから。楽しきゃいいんですよ、皆さんありがとうございました。

ギャラ(2)。
ギャラ配分にあたって、今回は3ステージでづっぱりだった小山亜紀が「1ステージぶんはマケとく」ようなことを言い出しやがって、醜い大人の争いが始まる。僕は「俺も楽器の数とか言わないし」とか言っていたら客席にいたマンドリン弾きが「弦の数で決めるってのはどう?」とか言い出して、そんなこと言ったらピアノの弦は200本を軽く超えるぞ(低音部×1+中音部×2+高音部×3)。

次回から「弦の数」にしてもらおうかしら。

ラヂコンズというユニット。
話を綜合すると、ロック・ミュージックをベースとした(サンチャゴ入れて)7人編成で、ちゃんとしたボーカルが(僕入れて)5人いる。リズムはギターとベースとドラムスで、他に入れようと思うと、
  • スリッパ他の叩きモノ、
  • キーボード(ツインも可能)、
  • クロマチック・ハーモニカ、
  • アコーディオン、
  • バンドネオン、
  • クロマチック・ハーモニカ、
  • テナー・サックス、
  • クラリネット、
  • ウクレレ(ツインも可能)、
  • カズー、
  • トランペット、
  • マンドリン、
  • たまにアカペラも可能、
Zircons at Mugen (Sangen-jaya)ってな感じで「なんだあんたらは」くらいにバリエーションは拡がるんだな。おそらく今回限りで解散ということはなかろうし、津原泰水がラヂコンズ用のオリジナルを書き始めたら要注意ではあろう、期待していただきたい。

今回は、ちょっと僕がトチったり(僕だけじゃないけどね)、マイクが1本足りなくてひょっとして津原泰水氏が歌い足りなかったりしたかもしれなかったり、『Chicken』演ろうねってあんなに約束したのに演らなかったりもしたけれども、厳しい環境のなかで原則「聴きあって」演奏できたようにも思うし、なにより楽しかった。

そういえば「ギターソロ置き去り事件」(私が犯人です)なんてのもあったが、まあいいじゃん。笑ってごまかそう。


次回ジルコンズは、7月25日(水曜日)、四谷ソケース・ロックにて単独公演を敢行します。題して『Santiago Strikes Back!』、乞ご期待。サンチャゴがいなくても構わないという向きはリクエストなどください。Trio The Zirconsでなにか企画します。

たぶんそのうちラヂコンズも演ると思うけど、こっちは未定です。


今後ともよしなに。


スポンサーサイト
2007年6月29日(金曜日)、小さなことからこつこつと。
今日はてきとうに起き出して、病院に届けものをしたり音羽屋に行ったり。さて音羽屋の本日のミッションは、原稿対照はいいとして、明日の会議に備えて8部1セットの資料を25セット、コピーしてステープラーでとめて封筒に詰めて、と。大学時代のコピージャスト早稲田とか新聞社アルバイトから一歩たりとも成長していない僕がいる。安定していてとてもよろしい。

入院中の母についでに届けたアルカディ・シルクロペールのCDがけっこう好評だったようです。いい趣味してるよ、俺がな。

移動の電車内で、ふと「ああ、バーゲンシーズンなのかなあ」というのに気づく。まあ僕にはほぼ関係のない話ではあるが。セールにクリアランスだって? 大売出しに大棚ざらえか、せめて「出血大バーゲン」くらいに言っとかんかい、猪口才な。

本当は今日は夜遊びを予定していたのだが、しかもSBC at ソケースと黒猫さんのところにダブルブッキングしてしまっていたのだが(ダブルブッキングについてはGolden Eggでギターのセキ君に指摘されました。阿呆や俺)、けっきょくたかがホッチキス作業で終業があれで断念。まあしょうがねえな。


今日のバンス:

りび「社長、晩飯代貸してください」
社長「いくら?」
り「2,000円あるとかなり幸せ(^^)」
社「2,000円もなに食べるの」(僕が自炊であることをご存知である)
り「えーと、湯豆腐」
社「2,000円も?」
り「あと、鳥ハツ」
社「2,000円も?」
り「あと、目玉焼き」
社「2,000円も?」
り「島豆腐を使って、ハツと目玉焼きは駝鳥なんですよ」

というわけでバンス2,000円ゲット。今日明日くらいはこれで生きていける。東中野ライフで、豆腐とかハツとかシリアル(冷凍うどんとかですね)とか買い込んで帰宅。

あとふて寝。遊び行きてぇ。

今日気がついたこと。
「ヤマタノオロチ」って、首は9本ある勘定だよなあ。
「キングギドラ」なら「フタマタノオロチ」だ。

おかしいなあ。

宮沢喜一氏、逝去。
もう死語になってしまった「ハト派」の代表格として、また自民党中枢にいながら護憲派だったかたとして、国民としての実利的観点から悼む。ご冥福をお祈りする。

逆から言うと、この人がそんなところの頂点に鎮座ましましていたから現在がこんなことになっちまっている、という見方も捨てられまい。たとえば日本のPC要約筆記界の「第一人者」ってばウンコと呼べばウンコが怒り出しそうなくらいの人物で(基本的なことを言っておくと、彼の人のPC要約筆記はドヘタクソだった)要するに日本の情報保障を潰しつつあるあるいは潰しちゃった(もうかたっぽの情報保障の雄たる米屋が「潰し」に協力した。障害当事者がだよ? バカじゃん)人物なんだが、彼の人はその政治力を以て周辺が文句を言えないようにして(あるいは周辺こそがヘタレなんだけどね)まあその、といったような事態に似たような事態が20世紀の政府中枢において出来していたであろうことは想像に難くなくはあるのだけれどもなにしろ想像なので書かないでおくのだが。

ちょっと前に仕事絡みでリクルートコスモス事件(えーと、1988年)のときの国会答弁を観る機会があったのだが、他の閣僚ども(と言ってしまおう)がのらりくらりとしているなかで、ひとり真っ向からイイワケをしてなおかつ墓穴を掘って醜態をさらしていたのがこの人だった。俺をして「あんた頭良さそうに見せるのが(客商売としての)仕事だろうに」と思ったものだ。

今回の報道では「自民党が輩出した総理総裁の中で「知性派ナンバーワン」と自他ともに認めた宮沢喜一さん」という表現があって、本当か嘘かは知らないのだが本当なのだとしたら宮沢喜一はバカだ。自分が利口だと思っている人のうちでほんとうに利口なのはほんとうに極々々々一部だと思う。限界が見えるからこそ頭がいいのであって、そういう人はそういうことは言わないさ。

だいたい、衆院リクルート特別委(だっけ)の録画映像を観ただけで、大した人物ではないかTPOが判っていないか、どちらかであったことがよく判る。汗かいてしどろもどろ。もっと氏に適した業界(たとえば産業よりは流通、流通よりは経営、経営よりは傍目八目の経営指南)に就いていらっしゃればとも思うし、矛盾するようだが「いい人」であったようにも思われるんだな、僕には。

たまにラーメン「ちりめん亭」の冊子に寄稿されていたと記憶する。あれはけっこう面白かった。ご冥福をお祈りする次第。

2007年6月28日(木曜日)、3バンド合同ライブ演りました。
Sets are:
1st stage by Trio The Zircons
小山亜紀(Vo, Slippers)/横ヤン(Vo, P)/りびけん(Vo, P, B, Ukulele)
  1. Bluemoon
  2. Way I Feel Tonight(リードボーカル不在ver.)
  3. Rawhide(僕はベースギターの弾き語り)
  4. 恋の季節+真っ赤な太陽
  5. 11PMのテーマ
  6. Lion Sleeps Tonight
  7. One Fine Day(僕はピアノ)
  8. 個人芸#1: 横ヤン(ピアノ弾き語りで『ヨーデル三軒茶屋』、『Love of My Life』)
  9. 個人芸#2: 小山亜紀(w/横ヤン(踊り)、お客さん(コーラス)、りびけんon Pianoで『Think』)
  10. 個人芸#3: りびけん(ウクレレ弾き語りで『コーヒー・ルンバ』、w/横ヤンと小山亜紀のコーラスで『Close to You』)
2nd stage by ラヂオキオスク
小山亜紀(Vo)/津原泰水(Vo,G)/稲葉太朗(B)/奥野芳幸(Ds)

3rd stage by ラヂコンズ
小山亜紀(Vo)/横ヤン(Vo)/りびけん(Vo, P, Chromatic Harmonica)/津原泰水(Vo,G)/稲葉太朗(B)/奥野芳幸(Ds)

  1. What's Going On(僕はピアノとコーラス)
  2. Sixty Minute Man(僕はリードボーカルと踊り)
  3. Please Mr. Postman
  4. Gettin' In the Mood
  5. また逢う日まで
  6. 妖怪人間ベム(僕はベム)
  7. Goodnight Baby(僕はコーラスとハーモニカ)
  8. Don't Stop Me Now(僕はピアノとコーラス)

Zircons at Mugen (Sangen-jaya) いやあ、けっきょくリーダー/リードボーカルの田村サンティアーゴを欠いたままの「アカペラ3人組」って、観たことも聴いたことねえぜよ(笑)。今日のお客さんは得しましたね。ほんとか。

というわけで、編成がいつもと違ううえに「ジルコンズ+ラヂオキオスク=ラヂコンズ」まで演るし、ついでに脳味噌がアレなんでジルコンズのほうでは新曲まで演っちゃったりして、要するに全曲初体験の一発勝負だものでえらく疲れました。終わったあたりで電池切れてちょっと寝てたもんな。

というわけで続きはまた明日にでも。ほんとか。
そうそう、華氏200度は摂氏だと93度くらいだそうです。なんか半端だ。

6月28日、ライブ演ります。
※2007年6月27日15時41分記す。
The ZIRCONS/ジルコンズ 演し物:
1st Set: Trio The Zircons(アカペラドゥワップ)
2nd Set: ラヂオキオスク(Rock, etc.)
3rd Set: ラヂコンズ(The Zircons + ラヂオキオスク)
at Livehouse夢弦(三軒茶屋)03-3421-0308
日 時:6/28(木)18:30open 19:30start
木戸銭:only \2,000+飲み食い(美味い)

さて、ジルコンズの最大、最高、最低による新ユニット、Trio The Zirconsのデビューです。いや、単に田村サンティアーゴが諸般の事情によりお休みするんですけどね。三人編成のアカペラ・バンドって聞いたことねえぜよ、あはははは。

ラジオキオスクは、津原泰水率いるツインボーカルのロックバンド。詳しくないので書かないが、ボーカルのかたっぽは小山亜紀で、要するに今回のライブは小山亜紀でづっぱり。死なない程度に頑張ってくれ。

さらに、ジルコンズ+ラヂオキオスクということでラヂコンズと名付けられた新バンドもデビューします。こっちも凄いぞ、ドラムとベースとエレキギターと歌と歌と歌と歌って、ビーチボーイズかクイーンか儂らは。というわけで『Don't Stop Me Now』とか演りましょうか、って選曲がまたデタラメで楽しいぞ。

話を綜合すると、どうやら僕は低いところを歌って高いところを歌って、ハーモニカ吹いてピアノを弾いてベースを弾き語ってついでに踊るようです。乞ご期待。

ひきつづきアンケートにご協力を、
お願いしたく。こちらざんす。

ひとりいっかいで、よろしく。
いちおう6月末締めくらいの感じでですね。

ジルコンズとかラヂコンズとか、ライブ直前に記す。
ZIRCONS/ジルコンズ
  1. ラヂコンズは、ジルコンズとラヂオデパート(ラジオキオスク、かな?)がたまたまライブで一緒するものだから即席で組んだコラボレーションバンドくらいに思われそうなものだが(とメンバー本人が言っていたことがあったぞ(笑))、ジルコンズはできることしか演らないし、ラジオキオスクは「ここをああしてこうして、二つ目は落としてF#m」と言えばすぐにそうなる(これがなかなかできないもんだ)ちゃんとしたインストゥルメンタルバンドだ。そして演奏のイメージがかっちりとあって選曲のコンセプトもあるわけで、実はきちんとしたバンドなんだよ心配すんな。『Sixty Minutes Man』あたり、ふだん演っているのとコード進行がちょいと違うなと思うと(言うより早いし間違っているわけではないので)ジルコンズ側が微調整して対応していたりなんかして、なかなかどうして大したもんですよ。刮目して待つように。

  2. ジルコンズのほうはサンチャゴ田村がいろいろあって欠場ということで、合同リハーサルで僕は小山亜紀に「明後日ちゃんと来いよ」とか言われる。これが流行って、土間土間での打ち合わせ後の解散時にも「じゃね、ちゃんと来てね」というのが合言葉になっていたりして。ちゃんと来るんだろうなあ、みんな。俺も。

  3. リハーサル後の小打ち合わせをした代々木の飲み屋「土間土間」の店員は、サービスの際にいちいち「生ビールになります」、「お通しになります」と言う。うざってぇ。サービスされた物件をじぃっと眺めつつ「ああ、いま生ビールになった」とか言いながら飲むことしきり。

  4. 同じく土間土間で、なんでかラジオキオスクの曲決めにふつうに参加している俺。津原「これどこに入れよう」、俺「入れるんだったら新曲の前なんじゃない?」、小山「ああ、そうだねえ」なんて感じで。結局あらかた僕が決めてあげました。

  5. 肝心の(と言ってしまおう)The Zirconsのほうは、リーダーでメインボーカルでメインMCのサンチャゴ田村の不在が痛いのだが、プログラムを組んでみたらサンチャゴ田村がいなくなっても60分程度のステージならどうにでもなる(じっさい曲が余った)、というのは意外だったなあ。まあ演ってみないと判らないわけだが、何年もやっているといろいろ副産物があることですよ。

  6. リハーサルに遅刻していった僕が到着すると、スタジオでは何故か横ヤン(140kg)が『Don't Stop Me Now』を熱唱中。どういう事態が出来しているのかまったく判らなかったのだが演れているのだからまあいいやってんで、いきなりコーラスに廻る俺。どうハモっていいのかまだよく判らないのだが、実はコーラスの歌詞はよく知っている。というよりなんでかQueenにはけっこう詳しいんだな(No Synth止まりだが)。なぜだろう。

  7. そしてスタジオ後の横ヤンは、汗水漬くのどろどろでところどころ少し溶けていました。150kgを超えたところからダイエットを始めてとっとと15kg落としたところで停滞したりリバウンドしたりしているうどん野郎なのだが、これを毎日やってりゃ少しゃ痩せたりするんじゃねえのか。本日ライブご来場の皆さま、面白いので少し煽ってやってくださいませ(多少溶けてきても、煽がなくてかまいません)。

さて、譜面書くか(いまからかよ)。
2007年6月27日(水曜日)、準備の日。
San Benedetto 目覚めたら5時でした。昨晩眠ったのが02:00くらいだったから、これは午後だなよく寝たなあと決め込んで起き出してみたら、朝の05:00でした。まさか翌日じゃねえだろうななんて思ったりなんかして、水でも飲んで二度寝を決め込む。

なにやらさいきん睡眠サイクルが妙だ。
盗汗がなくなっているだけまだマシか。


The ZIRCONS/ジルコンズ 09:00、第二起床。よかった、まだ今日だ。

とりあえず入院中の母に頼まれたメール連絡をいくつかこなす。

明日のライブに向けて、『Rawhide』でちょっとベースの弾き語りの練習などしてみる。あいかわらず泥縄だなあ。そんで、左ピンキーを真面目に使わないといかん楽器らしきことにいまさら気づく(右ピンキーはピアノソロまくりで既にタコ状態なのだが)。そんでうーむ、特段に上手いベースではないが、とりあえず歌える。in Amなのだから手許を見ないようにすれば発声のほうはまあなんとかだな。ポジションを2弦始まりにするか4弦始まりにするかが大問題なのだが(ウッドベースがあれば問題ないのだが)、いずれラヂオキオスクのタロさんのベースをお借りするので、触ってみてから考えよっと。

ここんとこ両手の指の爪をなんとなく伸ばしていたのだが、明日はピアノも弾かなきゃないものだから、しょうがないから切る。病院詣で途上に寄った自宅で父に「つめ切りない?」って聞いてみたら、「病院に置いてある」と言う。なんだかなあ。

あとQueen『Don't Stop Me Now』のコーラスも仕込んでおかんとなあ、高い声でハモるのがかなりヘタクソになっていることを発見していたりなんかして(笑)。どうにも「移動ド脳」がないんだな、明日までになんとかしょ。

ハーモニカの練習は、しない。現場主義。ぉぃぉぃ。
あ、ピアノのお浚いもしていないのだが、なんとかなるでしょう(つぅか、ステージ以外でピアノにさわったことないぜよ)。





明日は、

だからライブ。きてね>>そこのあなた。

2007年6月26日(火曜日)、ラヂコンズのリハーサル。
日本経済にはまったく貢献せず、仮にいま死んだとしても世界史になんの影響も及ぼさなかろう俺ごときが「忙しい」などと言ってはいけないので、言わない。そうさの、こないだアメリカ人のオフィスでアメリカ人と話していたら「いかに自分が忙しいか」ということを1時間かけて語ってくれた程度の忙しさなのではないか。あれだよ、ヤンエグってのはこんなもんかなんて思ったものさ。
今日の動線:

  1. 起床して、たいしたことのないテキスト入力のお仕事。
  2. 昼、実家までちょっと行って入院中の母に頼まれたメール送達などいくつか。
  3. 帰宅して昼飯は鱈入り湯豆腐(ふだんはプレーン湯豆腐)と御飯、モロヘイヤのお味噌汁。さてお風呂とか思っていたらたいしたことのないドキュメント作成のお仕事が入ったものでそっちを優先。
  4. 夕刻、再び実家に寄って郵便物の回収、いくらかの捜し物。入院グッズに欠けていたポータブルCDプレイヤーが見つからないのだが、まあしょうがねえな。ああ、お風呂に入れていない。
  5. 18時、病院に行って情報処理の中間報告。なんせ合唱団の本番だ練習だ、会食だ観劇だ旅行だとキャンセル事項が10じゃおさまらないものだからたまらない。
というわけで病院から「ラヂコンズ」のリハーサルに向かう。
今日のリハーサル:

今日が火曜日で、木曜日にはもうThe Zirconsのライブがある。三軒茶屋夢弦の対バンは「ラヂオキオスク」で、初手がジルコンズで次がラヂオキオスク、三番手はジルコンズ+ラジオキオスクの「ラヂコンズ」という企画なんだな。まあがつアカペラとがつ電化だと思ってくれい、観にきて損はない。

そこで今日になって、The Zirconsのリーダーでリードボーカルたるサンチャゴ田村が「リハーサルには行けない、本番に出られない、かも」、という連絡が入ったりなんかして。いや特段に慌てたりはしないし、そんなこともあるけど、対策は講じるね。備えあればうれしいな。

というわけで180分間ほどスタジオに籠もって(120分ほど打ち合わせをして)、そのあと代々木の飲み屋さん(和民忌避!)で90分ほど打ち合わせなどして、よし堂々とライブを開催できるぞ。たぶん。

帰宅して、僕が『Rawhide』でベースの弾き語りができることを確認して(なにしろ人数が少ないものですから)、よし本日自信を持って終了。いい感じです。



明日は、

お仕事したり病院に行ったり。

footcopy