FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


映画『ザ・チェイス』。
The Chase え? DVD出てねえの? 大傑作なのに。
テレ東午後ローをなんとなく点けていて、タイトル『ザ・チェイス』って知らないなあと思って、製作と主演がチャーリー・シーンだってんで微妙な気持ちになって、監督がアダム・リフキンというので絶望しながらもテレビを消さない私。1994年の作なのだが、なんで俺が今まで知らなかったんだっつぅくらいの大傑作でした。

主演のチャリ坊はいつも通りの好演(というかいつも通り)なので措いといて、ヒロインは『デッドリー・フレンド』(←って誰が知ってるんだこの映画)のクリスティ・スワンソン。途中で馬鹿が二人出てくるんだが、この馬鹿どもどっかでみたなあと思って調べてみたらレッチリでやんの(笑)。いや参った。

全編カーチェイスの映画に『ザ・チェイス』ってタイトルを付ける連中は阿呆なんじゃないかとも思ったのだが、これが度肝を抜いた面白さ(ストックホルム・シンドローム? 知るかそんなもん!)。たぶん会議で「カーチェイス映画のおもしろい要素」を半ダースだけ挙げて、それを並べて映画にしちゃったんだろうなあ、たいへんソリッドで素晴らしい。なにしろ犯人が人質を連れ込んで走り始めたクルマが、終演まで1回も停まらないんだぜ(『バニシング・ポイント』だって5回くらいは停まってる)、将にノンストップ・アクション(くだらない)。

ラス前で「あれ? どうやってタバコに火ぃつけたの?」と思ったらちゃんと騙しだったし(ライアン・オニール『ザ・ドライバー』はここで失敗した)、ラストはポンチョとギタロンでメキシコを表現するあたりが上品でよろしい。エンディングのリプレイがぜんぶ別撮りだったのも楽しくて(切らなかったテレ東が偉い)、いいもん観せていただきやした。


今日のイチャモン:

猿の惑星 一瞬だけ『猿の惑星』が出てくるのだが、チャールトン・ヘストンの声が納谷悟朗さんじゃなかった。いろいろ都合もあるのだろうが、公認フィクスだぜ、なんとかするべきだったんじゃねえのかテレビ東京。そも『猿の惑星』の放映権ってテレ東所有だったんじゃねえのか。



スポンサーサイト



2007年5月7日(月曜日)、寝坊した。
Clocky 今朝はなんでか午前5時くらいに目覚めちまって、しょうがないから昨日あく抜きしておいた筍をスライスしてタケノコご飯など炊いてみる。あとはお洗濯とお掃除など少々。

シジミの味噌汁とタケノコご飯(山椒の葉っぱは近所の知人宅の庭で採集させていただく)で朝食をとって、11時くらいにさて寝るか。90分眠って12時半に起き出してお風呂をつかって14時に音羽屋、よし完璧だ。

目覚めたら14時半でした。なんかREM睡眠が多かったみたいで、アメリカのどこかでジャムセッションをしたり、強盗団を撃退したり、若い娘さんにモテてみたり、長い楽しい夢を見ていました。それで夢のなかで「あれ? 夢長すぎねえ?」とか思って飛び起きた次第。なにやってんだかなあ、しょうがないなあ。それでなんか寝汗とかいろいろあって、開き直ってお風呂に入って、音羽のなか卯が改装中で小石川の藪(蕎麦)が休憩中だったもんで迷走した私は丸金ラーメン経由で音羽屋へ。


今日のヒマネタ:

  • 小石川あたりに、いつ開店したのか知らないがおでん屋さんを発見。それで店先の看板に「おでんの季節到来!」と書いてある。「そうかなあ」とも思ったのだが、店名が『わがまま』でした。「俺が決める」と書いて「我が儘」と読む、これでいいのだ。

  • 一昨日だったか、家でごろごろしていたら呼び鈴が鳴って、「アンケートのお願いなんですが」という学生風味が玄関先にいた。僕も学生時分には朝日新聞の宅訪選挙アンケートなんかやっていたりもしたので、ちょっと断れないね。どこかのマーケティング会社の大部のアンケートで項目を埋めるのに30分ほどもかかったが(体裁が整っていれば構わないので、本当のことを書いたわけではない)、御礼ということで図書カードを千円分くれたからまあいいか。これも功徳というものだ(違)。

  • そういえば昨日のリハーサルは(あれも遅刻したなあ、ダメじゃん俺)板橋区の施設で行われたもので(だだっぴろい防音スタジオを4時間占拠して都合2,000円とか。ジルコンズも考えたほうがいいなあ。
    ついでにロビーにあった観光パンフレットなど拝見して、「板橋区」の命名は「板でできた橋があった」ことに由来することを知る。しかもかかっていたのが石神井川!って、練馬区の象徴みたいな川だと思っていたのだが。日々勉強ですね。

  • そのZirconsだが、次回ライブからThe Zirconsに変更されるらしい。
    やっぱ定冠詞が付いてたほうがそれっぽいよね。ね。いや僕が言い出したんですけど。

  • 家に廻ってくる宅急便のお姉さんがいて、今日は封書様のものを17個と箱モノ(大した大きさではない)を4個ほどお願いしたのだが。トータルで10kgにもならないものと思うのだが、このお姉さんがこの荷物を4回くらいに分けて配送車に運んでいくんだな。ちょっと運搬量のキャパ少なすぎないかしら、なんて思って最後の一束は僕が運びました。いやいいんだけど。

  • Wikipediaに「要約筆記」の項目が追加されましたね(という話を追加した本人からうかがいました)。言っちゃえばツッコミどころ満載ではあるのだが(「愛のあるツッコミ」乃至は記述の質的向上を目指したものだと思ってください)、これまでこうした記述が無かったらしきことは僕も含めた(まあ俺は関係ねーけど)関係者の怠慢でもあっただろう。いちおう反省しておくとともに、労作であることは間違いないので尊敬の意をあらわしておきます。さいきんヘタレの僕にはこんな根性はありません。

  • MXTVの番宣で『巨人の星2』を流しているのだが、星飛雄馬は左腕のアンダースローで投げている。それ初代だよ、しょうがねえな東京都。

    同じくMXTVで『ウルトラセブン』を眺めていたら、「この第四惑星は地球から120億万キロ離れ」ているという台詞がある。設計思想と技術が優秀でもソースがスカタンだとこんなもんだ、億万キロなんていう単位があるもんか、ばぁか。
    ついでに番組冒頭で「不適切な台詞を削除しました」というテロップも流れる。馬鹿じゃねえのか、言い換えても言い換えてもその言い換えた言葉が差別語になる。言い換えるんじゃなくて、たとえばそういう障害を持った人がふつうに暮らせる世界を作るのがまず本筋なんじゃねえのかと真剣に思う。
    譬えとして適当であるとも思えないが、車椅子が一般化してから「いざり」という言葉は消えたわけだし、そっちに行こうよ。なああんた。

  • 晩飯、地下鉄東西線落合駅のうえに出来たなんとかいうスーパーでお買い物。お値段はお安いのだけれども、鮮魚とか精肉とかの売場を眺めると品質としてはもうひとつかなあ。というわけで対策として「パッケージもの」を買い込んで、今日は冷凍餃子と蒲鉾、山葵漬け。

明日は、細かい宿題をぜんぶやっつける、予定。東中野『プリズン・トーキョー』で黒岩聖さん主宰のジャム・セッションもあるのだが、なんせ所持金が300円だものだからたべん行けない。誰か行ってくれ、フレンドリーで面白いと思いますよ。
明後日はThe Zirconsのライブ。
明々後日は音羽屋のあとにソケースでウクレレまつり。

呑気なものです。

footcopy