FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年5月3日(木曜日)、さいしょはしー。
おれさま。 今日は世界最大(たぶん)のウクレレ専門メーリング・リスト『最初はC』オフライン・ミーティングに行ってきました。朝の9時から四谷駅前解散24時までウクレレ漬け。はい、趣味の世界です。

そんで10時から俺のセンセーコーナーがあるっちゅうのに、目覚めたら9時だよ(笑)。それでも速攻で風呂に入って、同じ四弦だもんだからウクレレと間違えてベースをひっつかんで、10時10分に三栄町社会教育会館に到着したらちょうどLeeさんの講義が終わるところでした。というわけで受付に500円玉を置いて場内をスルーしてステージに立って講義をする私。さてなにを話しましょう。なんも考えてねえずら(笑)。


講義中 それでまあ、CとかCmとかCdimとかCm7-5、Cmaj、Csus4、C9といろいろなコードネームがありますが、メジャーとマイナーとディミニッシュ以外は全部無視して構いません(正確にはホールトーンがあるのだが、現状で3曲くらいしか知らないからシカトしました)という話をしてみる。そのうえで、『いとしのエリー』を題材に「C→Cmaj→C7」みたいなことを単音とコードで演ってみて、要するに好き勝手に演っていいんですよみたいなことを解説してみました。
あと時間が余ったもんだから三連ストロークをちょっと演って、と。あんなもんでよかったのかなあ、まあ半分眠っていたのでしょうがあるまい。

一芸コーナーではまず『家とカサ』を演って、『ラストダンスは私と』のイントロを弾き始めてから気が変わって『All of Me』を演って、ついでにピアノで『涙そうそう』を弾いてみんなにウクレレを弾いてもらいました。時間があったら『コーヒールンバ』とか『カーニバルの朝』とかも演りたかったんだけど、まあいいや。
あと、まさぜんのトリオにベースで混ぜてもらって、よく判んない曲と『上を向いて歩こう』を演ってきました。あれはあれで面白かったなあ。

あとはひとさまの一芸を熱心に聴く半日。これがまた、なんでこんなに違うのというくらいにひとりひとりがぜんぜん似ていなくて面白いんだな。あとでカマテツと話したあたりで、「個性の出やすい楽器」なのか「標準化ができていない」のか、さっぱり判らん。いや、どっちでもいいんですけど。

そんで10時から始まったウクレレ会は17時に終わって、あと24時まで飲み。全員がかなりダメになって、高円寺在住の主宰イタチをアルカフェ組が中央線で送っていったのだが(僕は東中野なので総武線に乗った)、あれじゃ送れないだろう。どうなったかなあ、イタチさん。


あ、昨日の日記はPCの都合でトビました。まあいいでしょう。
明日は、中井駅前のイタリアン『さらせん』のお引っ越しのお手伝い(ヒマなのか)。こないだ電話があって「引越の手伝いをしろ、ついては打ち合わせるから今から店に来い」って言われたらふつう奢りだと思うでしょ? 飲みながら打ち合わせしていたらきっちり三千円取られました。いっそ清々しいぜ、ニューヨークでデザイナーやってて飽きたからインド更紗をやってそのあとでフランスで香水の調合やってた「胡散臭い」のカタマリの店主。『さらせん』自体ももともと焼鳥屋かなんかだったのがいきなりイタリアンになったしな、尊敬してるよその生き方。


スポンサーサイト



footcopy