徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


映画『プレデタリアン』。
プレデタリアン GyaOで視聴。くっだらねえ、時間の無駄。

くっだらないだけで「時間の無駄」とまでは僕は言わない。光るところがひとつでもあればそれなりの評価はする。そうでもなければクズみたいな映画ばっかり観ていられるもんか。対して「作り手の誠意が感じられない」映画に対してはものすごく冷淡だったりする。

一昨日だったかにテレ東午後ローにかかっていた『ガントレット』なんてのはヒドい映画だよね。ラストでヒロインが悪者に向かって銃を向けるのだが、その弾道線上にいる有象無象の警官どもが発砲されても動こうともしない。ふつうなら雲霞を散らすように逃げまどうか、せめてヒロインを撃ち殺すだろう。もうイーストウッドのくせにやる気ないの丸見えで興ざめもいいとこでしたな。

今日の『プレデタリアン』は、なんか山荘に大学生風味の男女が行くとバケモノに片っ端から殺されるんだけど、つがっているカップルから殺されるんじゃなくて一匹狼の姐ちゃんがまず殺されるところが新鮮でしたな(単にスラッシャー映画の文法を知らないだけ、という説のほうが濃厚ではあるが)。

あとは取り柄なし。怪物の造形なんかには目をつぶるけど、怪物相手に闘っている奴以外はぜんぜん動きがないとか、カノジョが怪物にさらわれたのにカレシがのったり動いているとか、もう演出のやる気のなさが全開オープンで丸出し。信じてもらえないかもしれないが、あたしゃ忙しいんだよ。

温厚な僕が腹を立てるのは珍しいことなのだが、ほんとにもーおまえは出てくんな。すっこんでろ。



スポンサーサイト
2007年5月30日(水曜日)、あかすり。
割引券があったもんで、池袋のTimes Spa RESTAでのんびり。
韓国式あかすりというのに行ってみたら、ふつうおばちゃんか権助が出てくるところに若くてきれいなお姉ちゃんがやってきたもので多少慌てる。垢の量は「普通か少なめ」だそうです。

うむ、今日はなんにもしなかったなあ。


今日の誤解、なのかしら:

紺碧の空(部分)。写真は、通りがかりの早稲田大学構内で見かけた『紺碧の空』の譜面を掲載した石碑。

自慢じゃないけど早稲田系の合唱団に十何年もいて、「ソーファミレーミー」ってずうっと歌ってきましたな。なんか「ソーファミシーミー」って書いてあるんですけど。儂ら全員間違ってるぞ、どうやら。


今日のお買い物:

23時に追記しているのだが、今しがたちょいとビールとアテでも買おうかと思ってファミリーマートまで行ってみて、籠に品物を突っ込んでから財布を忘れたことに気がついた。バカだ私は。それでがっかりしながらレジを眺めてみたら、どうやらSuicaが使えるんですね、この店。それで無事にお勘定を済ませて、と。

どうでもいいけど、現状でSuicaの使えるコンビニってほぼファミマ限定だよなあ。Edyとかnanacoとかお財布ケータイとかICOCAとかWAONとか(まだまだあったよなあ)持ってないわけだし、とりあえず今日の運気はこれで使い果たしたなあ。


今日のThe Zircons

THE ZIRCONS
まるみさんが、The Zirconsのサイトの改装工事をしてくださっています。
現在進行中だから、来週くらいに見にいってみようぜなあみんな。



明日は、

音羽屋からOK牧場。

2007年5月29日(火曜日)、センセー再び(2)。
レッスン風景。 3時間だけ眠って、8:00からお風呂。10:30までに野暮用と朝食をやっつけて、初台の平凡舎まで、どうやら指導を頼まれるらしい新設ウクレレ部の相談に。

いちおう大企業でもあり、でも「穴の空いてない程度の服装」(りび式第二種礼装)でウクレレを持って、部屋に落ちていた『Rolling Coconuts』誌『Revi-Tetsu』のCDを持参。サングラス着用だけれどもいちおう素通しメガネも持って、と。


今日のセンセー予備軍:

なにがしたいのかなあ、とは思っていたんですね。「ウクレレを持って集まって」みたいなんだったら、俺が噛む意味はない。というかセンセーってば温和だけど音楽には熱いからね、実は。やはり向いていないのだろうか。

というわけで平凡舎ウクレレ部幹部さんにカレーランチとビールを奢って貰って話し合いを持って、帰宅して出したメールが以下。


まず、
・演っていて面白い、
・ソロプレイができる(所謂ソロ乃至弾き語り)、
・部活として合奏ができる、
あたりを前提として、

■1. 部活日程の件。
6月28日はライブ予定(http://www7a.biglobe.ne.jp/~zircons/")がありまして、 申し訳ありませんがNGです。14日か21日でブッキングをお願いしたく思います。

■2. 部活内容の件。
とりあえず、今日お話した通り「演りたい曲」は個々人に出していただけるとあ りがたく。よっぽど無理なもの以外は譜面も書いてなんとかしますし、「基本的 なコード進行」をベースにすればまとめて指導できると思います。

ほかに「全員で合奏する曲」(所謂「課題曲」)もあるといいかしら。
これはパート分けして適当な曲で。集まりがよろしくない場合にも「個別指導」 か「悩み相談」→「人数が揃ったら合奏」という流れも作れると思いますので、 部活っぽいかとも思います。

■3. 目標の話。
職場ミーティングについては、詳細をお知らせください(急ぎません)。

フェイマス(日本一有名なウクレレメーカー&オルグ(笑))のコンテストが11月 にありまして、録音エントリー締切が8月末(え?)。
http://www.kiwaya.com/event/contest/4th/contest4th_news1.html
いや、弾きやすい譜面は書けますし、個人的にはなんとかなると思っているので すけれども、どうでしょう。こんどご相談させてください、もちろん優勝狙いで す。
---
今日は「さて、なにがしたいのかな?」なんて思いながらお伺いしたのですが、 まずは「継続」と「発展」を目指しておられるようなので、僣越ながら安心しま した。よろしくお願いします。 よし「合わないな」と思われたなら、いつにても気兼ねなくお伝えください。

ついでなのですが、
・オンラインの共有ストレージはやはり欲しいなと思いました。
・部室に「白板」のようなものは用意できましょうか。
・ギターやアンプなどの小さな楽器を御社にお預けすることはできましょうか。
これも急ぎませんが、そのうちご教示ください。
---
添付ファイルは、
「これだけ弾けりゃたいがい演奏できる」というコードポジションのリスト、
「チューニングの方法」、
です。ご参考まで。

┌─┐
│り│http://sound.jp/reviken/
└─┘


いやあ、でっかいビルに乗り込んで行って定時に指定の階でエレベータをおりたのはいいんだけど、「そういえば誰と面談するのか僕は知らない」とか思っていたら(だって、会社の受付で「ウクレレ部の部長に」ったって判んないでしょう、そりゃ)、「あ、いらっしゃい」って声がかかりました。そういえば見るからにウクレレケースらしいウクレレケースを持っていたのでした。まるバレですね。
今日のギャラ:

今日のギャラは部費奢りのカレーランチと生ビール、ごちそうさまでした。

そうじゃなくて、書いちゃって構わないと思うから書いちゃうと、1回2時間くらいの10名ほどの指導でトッパライが12,000円(部活予算からの算出らしい。細かいことはもちろん聞いていないしいくらでもいいし)。割り算すると時給6,000円だが、10人いれば10通りの譜面を書いちゃうのが僕だから教室外作業を考えると高くも安くもないわけで、ここは措く。というかお稽古が面白そうだから引き請けるわけで。

けっきょくアレだよ、リトライさせてくれるんだよ。
部活との相性はあろうが、とりあえず熱心にはやらせていただく。

いきなりできたらセンセーいらない。
いつまでもできなかったらセンセーのせい。

2007年5月28日(月曜日)、キャパ以上にスケジュール目一杯。
なんだかんだで寝たり起きたりして、最終的に11:00起床。ふむ。
今夜は25時までお仕事で、明日は11:45に初台でミーティング。微妙なタイトさだなあ、大丈夫かなあ、俺。

でもなぜか無意味に体調だけ絶好調。
お風呂後に意気揚々と出かける私。


今日のお仕事:

赤城 1800ガリガリ君 ソーダ 60×(31+1)入 14時から17時まで、音羽屋で袋詰め作業。なんか内職っぽいなあ、時給分は働いてないな。途中のお遣いで社長に頼まれて『ガリガリ君』など買ってくる。「がーりがーりーくん」のTVCFは知ってはいたが、実体がああいうものだとはまったく知りませんでした。ひとつ勉強になったことであるよ。

そこから池袋に移動して、18時から25時までOK牧場。なんかへらへらしながら接客していたら終わりましたよ。これもあんまり働いてはいないが、取っ払いなので現金収入にはなる。

さいきんスタッフの身内さんに不幸があったらしいこともあり、協力する如くはあるまい。というか義理人情には篤いほうなんだ、俺は。たぶん。


今日の重労働:

木綿上のクロマトグラフィ(生理食塩による)。
写真は、判りづらいが「黒いTシャツの胴体に、白い輪が描かれた図」である。誰か画像解析してくれると嬉しいなあ(さいきんのテクノロジーなら無理ではなかろう、ちょっと「ペイント」でやる気にはならないのだが)。
木綿上での液体クロマトグラフィがワイシャツの内側で発生していたわけで、これはOK牧場終業時の状態である。観察するに、どうやら「鳩尾みぞおちだけあたりから発汗していたらしいことが判る。

生理学的にも面白い写真だと思ったものだから掲載しておく。


今日の小改善:

【父の日】送料無料【神田川俊郎】圧力鍋 9.0L ふだんの出掛けにチェックしている「中野区の天気」のサイトを、「新宿区の天気」に変更しました。

僕ん家の界隈は新宿区と中野区との境界にある。神田川を境として北が新宿区、南が新宿区にあたるのだが、僕の家は中野区が神田川を越境して新宿区内にはみ出している千坪ほどの一角にあるんだな。
中野区と新宿区が戦争でもおっぱじめたら、まっさきに制圧される区域。
地震で神田川が決壊でもした日にゃ、目の前の新宿区に助けを請うても「中野区民はダメ」って言われて棄民にされるに決まっている区域。
どうやらゴミの回収は新宿区がやってくれているらしい区域。
家の電話回線が壊れたもので最寄りの公衆電話に行くと新宿NTTに繋がっちゃって「管轄外です」って言われちゃう区域。

地勢的には明らかに新宿区内であって、しかも実質的な中野区との境界には川が流れている。僕自身の行動半径もどちらかというと北東方面に散っていることもあり、ここは行政区分よりも地勢に沿ったほうがよかろうという判断なのでした。


明日の睡眠不足:

そんなこんなで26時くらいに帰宅して、なんか齧りながらビールなど舐めながらのんびりしているうちに29時になって、なぜかさして眠くもないのだがいちおうお蒲団に入る。

眠れて4時間だな。大丈夫かな。

リバプールでウクレレ。
NHK教育テレビの『ドイツ語講座』を眺めていたら、イッセー尾形がウクレレを弾いていました。隣で歌っていたのはドイツ人っぽかったですな。

国際化ついでに、10月にリバプールでなにかあるらしいんですけど。
いちおうメールをコピーしておきます。
どこかに詳細が書いてあるのかな、斜め読みだと見つかりませんでした。


『激突!』(Duel)。
\"DVD『激突!』\" 久し振りにネットで観たんですけどね。あいかわらず面白いなあ。


ちょっと豆知識を書いておくと、

  • 本作のデニス・ウィーバー、最後にラスボスを倒しちゃうからマッチョなイメージもあろうが、基本的にはヘタレである。「この野郎だ」と目星を付けたおっさんに抗議するときも顔面に貼りついているのはアルカイック・スマイル。グラサンもダサい。キャラクタとしては『スターウォーズ ep.4』のハリソン・フォードと同じなんだな(あれもヘタレだった)。
  • 本作の製作にあたって、スピルバーグってば「トラックのオーディション」を敢行したのだそうで。「いちばん怖い面構えのトラックを選んだ」って、選ばれて嬉しいのかそれ。
  • iMDbで見ると、運転手役のケアリー・ロフティン(本業はスタントの人)がクレジットされているのかいないのか、混乱があるようですね。本編観ればちゃんと名前が出てますけど。
  • 原作はリチャード・マシスン、本作では脚本も担当。懐かしいなあ、リチャード・マシスンとかロアルド・ダールとかコーネル・ウールリッチとかヘンリー・スレッサーとか大好きだったなあ。あ、全員『ヒッチコック劇場』でポケミスだ。
  • デニス・ウィーバーはこのTV映画の後に『警部マクロード』を演っているのだが、そのマクロードに出ているJ.D.キャノン(クリフォード部長)の秘書役がテリー・ガーだったのね。『未知との遭遇』でドレイファス演ずるボンクラの奥さんをテリー・ガーが演ってるのは、デニスの紹介だったんじゃないのかなと思っているのだけれども。
  • 話がどんどんヨレて『警部マクロード』のほうに行くのだが、なんでニューメキシコのタオスから来たやつの名前がアイリッシュなんだろうか。子どもの頃から疑問に思ってはいる(解決しなくていい疑問)。
  • ついでに言っとくと、『警部マクロード』は警部待遇の保安官、『刑事コロンボ』は警部補(後に警部)、『刑事コジャック』も警部補、ってなんでも「刑事」って言って構わないのだが、『ドクター刑事クインシー』は刑事でもなんでもない。『鬼警部アイアンサイド』も嘱託警部だったが、それはまあいいか。そういえば『ロボコップ』ってロボットじゃなくてサイボーグだよなあ。どうでもいいなあ。
  • もっとヨレると、『鬼警部アイアンサイド』でエドが全員の注文通りに買ってきたつもりのサンドイッチをオフィスの面々が取り替えるシーンは、CX『カバチタレ!』がパクってましたな。とっても楽しい。
  • その『カバチタレ!』では原作の主人公を2人に分割していましたが、これはピーター・ジャクソン版『キングコング』と同じ。フジテレビのほうが早いな。
映像作家の藤原章だっけ、悲劇の起因として「トラックの運転手は下痢してた」という説があったと思うのだが、ソースが思い出せないのでした。
2007年5月27日(日曜日)、道頓堀の雨に別れて以来なり。
なんか06:00に寝て08:00に目覚めちまったのだが、まあいいや。
実は里芋が大量にあることに気がついて、朝から豚汁など作って食べる。

10:00になって、いきなり急ぎのテキスト入力のお仕事が入ってですね、これは『増刊号』を眺めながら速攻でやっつけてメール納品。


今日の、楽器とは修得すべきものなのか:

もはや不可能はないね。あとは演奏者個々の「表情」をどうやってこういう連中に理解させていくか、という話なんだろうな。

面白いから文句はないのだけれど。


今日のスパムメール:

最近なんでかドイツ語のスパムが増えているような気がして、タイトルに「あなたの人生」とか「あなたの家族」とかドイツ語で書いてあったりなんかして。余計なお世話だっちゅうの、毛唐にいちいち言われるようなことはしとらんわい。

新しいなと思ったのは、YAHOO!のグリーティングカードで出会い系が来やがんの(こっちは日本語)。さすがにスパムフィルターにもひっかからないし、上手い手ですね。感心してどうする。


今日の速弾きギター:

なんか速弾きギターのオンライン選手権があって、微妙に知っている人も出場していたりする。

誰とは言わないが、できれば4選手を聴き較べて投票してみてほしい。僕の判断では、その微妙な知り合いがダントツでよいのだが(それにしちゃ得票数が拮抗してるな、けっこう)。


今日のNHK『のど自慢』:

日曜日の昼間にNHKのニュースを眺めていると自動的に観ることになってしまうあの番組なのだが。

もとより出演者については非難も批判もしない。
むしろあの番組に出てきて歌っている人たちは大好きだ。世界中どこへ行っても「町」は同じだし、真摯に求めればどこででも対応は親切だし、そういう「市井」がテレビ番組として成立しているのは『のど自慢』と『なんでも鑑定団』くらいなんじゃねえか(『アドマチ』ってなんだ。越前屋俵太って誰だ)。詳しくないのであまり言わないが。

じゃあなんで僕が『のど自慢』に出場することに意欲を示さないのかな、というのは永年の疑問だったんだけど、今日久し振りに観てみたらよく判った。

餓鬼の頃から(たまに)観ていたのに気づかなかった僕が間抜けなのだけれど、あれってどう転んでも最後まで歌い通せないんですね。不合格でも途中終了、合格でも途中終了、鐘が鳴って終わり。楽曲と歌手をバカにしていること夥しいわけで。

せめてワイプにしてくれ。
ステージ上で「おまえの歌はここまで」って言うな。
てめぇに言われたくねえ、真剣に歌ってんだこちとらは。


今日のサヨナラ:

よく判らないイベントの企画書が送られてくる。出演依頼らしい。
お返事しておいた。

これじゃなんにも判りませんよ。
僕のアタマが悪いんですか?

ご縁はこれまでということで、すみませんでした。
まあしょうがあるまい、ハコもノルマもギャラも一切合切書かれていなくて、いきなり「よろしく」って言われてもなあ。
出演者に知り合いがいたもんで、いちおうそっちにはナシ通しといた。めんどくさい。そも人の立場を考慮できないプロデューサってなによ。

明日は、

音羽屋経由OK牧場。
よっ、働き者!

リアル・ホラー。
デイリースポーツさんから。
中学2年生の男女11人が集団行動中に過呼吸を起こして病院搬送。
原因は怪談話との由。

ぜったい本物だ。
昨年の夏休みに死んじゃった子(by ビートたけし)の話とかをしているうちに貞子とか加耶子とかを呼び出しちゃったんだよ。

>>トンネルに入った時に生徒が「霊が見えた」と言い出し、騒ぎが広がったという。
見えたんだってば。いたのだよ、あいつが。
今日のFreemovies。
要するにオンラインで無料で映画が観られるというサイトがあって、さすがにタイトルが全編英語だものだから、暇つぶしに目立ったところを拾ってみました(↓)。ヒマなんだね。
footcopy