FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年5月26日(土曜日)、いい天気。
07:30起床。

溜まりに溜まっていた(貯めていた、とも言う)燃えないゴミを、なんかえらく久し振りに大量提出する。45リットル×4、30リットル×4くらいも出したところで今日はこのへんで勘弁しておいてやることにして、と。いや、一人暮らしの3LDKでのんべがちょっと本気出すと、ちょっと凄いことになるのでした。

というわけでなんとなく床の顔も見えるようになってきたし、あとはピアノのうえにつくねてある冬物衣類を片づければ人も呼べる、かな。

龍吐水 ついでにご近所の桜ヶ池不動尊で湧き水を汲んできました。1ガロン(3.8リットル)。往復で15分もかからんし無料だからな、もうちょっと頻繁に行くべし。


午後、ちょっと東中野ライフまでお買い物に行って、あとは居室でのんびりする。急ぎでやっつけるべきこともそんなにはなくて(もちろん明日に廻すのだが)、久し振りだな、こういうの。

都内では一昨日あたりから電車や建物が一斉に冷房をかけはじめたような気がしていて、僕もひさしぶりに裏庭の窓を開放して台所の窓をちょっとあけて、外気を通してみました。いい感じです。


今日の無料オンライン映画館

左のほうが『トリフィドの日』。 繕い物(ボタン付けとか)などしながら、ネットで映画を観る。

Freemoviesはたぶんリーガルなソフトを載せているサイトで、あまり余計な心配がいらなそうなあたりが好ましい。

今日は先日に途中まで観ておいた『The Day of the Triffids 』(1962)の続きを観てみて、いやあこれが楽しい。ついでに『Duel』(『激突!』ですね)があったので、こっちは英語を聞かなくても話がよく判るものだから(あたりまえだ、クルマが走りまわってるだけ)、熱心に観る。


夕刻、なんか丼ものを仕立てて食べて、ついでにうどんも作って食べたらお腹一杯になって、あんまり苦しいので寝てしまいました。17時に寝て目覚めたら23時。平和なもんさ。
センセー再び。
レッスン風景。 以前にHawaiian Dreamで教えていたウクレレの生徒さんから、「某社に新設されたウクレレ部の指導をしてくれませんか?」という打診メールが届く。あれま。

ウクレレ教室は、YAMAHA界隈を2004年にしくじっているし、Hawaiian Dreamもあの始末だからなあ、実は個人的には「僕はセンセーには向いていない」と思っていたりもするのだが。

でも無責任な第三者が絡まなければなんとかなるのではないかな、などと思わないこともないわけで。僕が我慢すれば済むことならばそれで済ませるが、生徒さんが我慢しなければならない状況には我慢ならないんだよな。


来週の火曜日に某社にお邪魔してお話を聞いてくる手筈にはなっているのだが。
  • 人数はどれくらいなのかしら。
  • 目的は個々人の練達なのかしら、それとも集団演奏なのかしら。
  • そもウクレレ部の皆さんはウクレレを持っているのかしら。キワヤのレンタルとか調べておいたほうがいいのかしら。
  • 部室の環境はどうなのかしら。
  • 練習の頻度はどれくらいなのかしら。
予備知識皆無(笑)。

とりあえず、僕はそれなりに教えることもできるし、コード譜もアンサンブル譜も書ける。
紹介がかつての生徒さんなのだから、まさか俺にハワイアン指導を依頼してくることもあるまいし。
たいがいのニーズに応えることはできそうには思うのだが。


どうなっちゃうのかなあ。
やってみたいような、ちょっと一歩退いたような。
2007年5月25日(金曜日)、春雨じゃ濡れていこう。
月形半平太 午前7:30、起床。雨(苦手だ。モンスーン気候に向いてないのよ僕)。

ふと気づくと予定がすっからかん(急がないものはプールしてあるが)だもので、午前中はなんにもしないことにして到来物の新茶など淹れて昨晩の残りの湯豆腐などいただく。

あとは里芋を洗って、レンジで10分ほど加熱してからほどよく冷まして皮を剥いて、塩してナイフとフォーク。蚕豆はまだペンディング。要するに長い長い朝食ですね。


今日のThe Zircons

The Zircons 最悪男のタムラ・サンティアーゴから、The Zircons「ボツ候補曲リスト」が届きました。レパートリーがざっくり40曲がとこはある(うえにどんどん増えていく)ものだからそろそろ整理していく時期でもあろうが、なんとなく哀しいような気もすることもあってですね。

  1. Dream Lover
  2. The Wonder Of You
  3. When You're Young And In Love
  4. Little Darlin
  5. Runaway
  6. What A Wonderful World
正直なところ、好きな曲もあるしピンとこないのもあるし、でもついでに「ベスト選曲」になってるほうがそれなりだし、まあとりあえずいいか。

お客さまにアンケートでもとってみようかとも思ったのだが、歌ってる僕が曲タイトルを判っていないのにお客さんに判ってるわけもなし。ええ、だいたい同じような曲が多いものですから、勘で歌っているのでした。いざ始まるとなんとなく判る(いいのかそんなことで)。


今日のサミット:

島唄 サミットつうても、東中野駅前のスーパーマーケットのことです。
春雨のしょぼ降る夕刻、いつものように東中野ライフまで行ってみたら湯豆腐のタラが売られていない。いつもみたいに24:30とかに行ったのならば皮引きの切身やハマグリあたりでなんとかするのだが、今日は時刻も早いこととてお向かいのサミットまで行ってみました。

鱈はあった。

あいかわらず焼酎の趣味がよろしくないのはしょうがないとして(でも「島唄」を買った)、ほとんどない取り柄だった「山形のだし」とか「生ウコン」とかが置かれていない。そんなものはライフにも置かれてはいないわけだが、念のために覗いてみたトイレの清掃具合で勝負あったなあ。惜しい。


今日の醤々麺:

じゃじゃめん The Zirconsの小山亜紀あたりが「東京にはジャージャー麺がない」とか言っているものだから(智恵子かあんたらは)、お買い物の行きがけに東中野「十番」でジャジャ麺をいただいてきました。トッピングで生卵乗せ(中国本土での定番、らしい)。

美味い。


今日の横ヤン:

羅臼産 鮭児(ケイジ) 幻の魚(1万匹に1匹) なんか青森でサワラで大漁というニュースがありましたね。本来は西日本か瀬戸内海の魚なのに、という話。
この4月には鳥取あたりでニシンが大漁だったというニュースもありましたな。北太平洋の魚なのに。

とりあえず魚好きだもので(食べるのが、ですよ)、豊漁のニュースは嬉しい。ニシンとかハタハタとかソイとかがなかなか東京のスーパーで売られていないのはちょっと悩み。


最大の男。 The Zircons最大の男、横ヤンという人物がいる。昨年の正月だかに152kgを記録したデブちんで、その後ダイエットに励んで133kg台までは行ったのだが今はリバウンドで140kgちょい下あたりをうろうろしているうどん野郎ヘタレである。

飲み屋のバカ話のネタで、その横ヤンと僕とが同棲すれば横ヤンは痩せる、というものがある。

体脂肪計付体重計、秤量130kg The Zirconsを主導するサンチャゴ田村によれば、要するに僕と横ヤンでは「食ってるものが違う」んだな。
念のために書いておくと、量ではない、質の問題だ。世間的には小食だと思われているであろう僕だけれども、それは僕が「人と会うときには酒を飲んでいる」からであって、酒飲みは酒を飲むときにはものを食べない。あたりまえのことだ。現に、シラフで勤めている音羽屋ではきちんと朝食と昼食をとってきているにも関わらず16時くらいになると僕が「お腹すいたお腹すいた」と騒ぎ始めるものだから社長が迷惑している。じっさい、昼飯では「大盛りカルビ焼肉定食」を食べた後に蕎麦屋で「とろろ蕎麦」をたぐったりすることもあるわけだし。
そして、これだけ日常的にバカスカ酒を飲んでいるにも関わらず、僕はきわめて健康的に活動しているし、体重は大学のころから変わっていないし、体脂肪率もちょっと増えて19%くらいまでですませている。肝機能指標はちょっと凄いことになっているけれども、モーパッサンの小説のタイトルみたいになってるやつと較べられることもあるまいて。


The Fukuyoka masaharu! というわけで、同棲するとどういう食生活になるのかというと、基本的には朝食と晩飯は僕が作るね。それでまず横ヤンが言ったのが、「湯豆腐ばっかりでヤだ」って甘えてんじゃねえうどん野郎っ!


りびけん「そしたら、たまに鶏モモでも焼くね」
横ヤン「皮の裏の脂は」
り「そんなものは皮に刻みを入れて網焼きにして落とすね」
横「(絶望)」

そんなんだから太るんだ。

り「あとは魚の塩焼き」
横「ブリの皮は」
り「酢で洗って塩して天日で干す」
横「(絶望)」

り「(豆腐飲み屋で)今日は豆腐と煮物な」
横「肉は」
り「魚の肉だな」
横「(絶望)」

そんなんだから太るんだ。


今日の晩飯:

醤々麺は勘定に入れずに(横ヤンのことを言えないなあ)、湯豆腐を作って、里芋をなんとかして、あと蚕豆。

あ、炭水化物がないなあ。あす補給しよ。



明日は、

これといってとくに。
大丈夫か俺。

この歌なんだっけ。
Am                                            Dm
ミファミー、ミドレミー、ミファミード、ンドシラファー
G                     C                     E7
レミレー、レシドレー、ミファミーレドーレー、ミー
Am                                            Dm
ミファミー、ミドレミー、ミファミード、ンドシラファーレミ
Dm            Am        E7           Am
ファーラシラ、ドー、ドドシーラ#ソシ、ラー。
ベム! ベラ! デブ!
The Zircons『妖怪人間ベム』の替え歌をやってましてね。途中で僕がヴィンセント・プライスの真似をして(アリス・クーパーのアルバムとかによく呼ばれてますね)「横ヤンが太っている理由」を説明するのですが、やっぱりヴィンセント・プライスならイギリス英語だろうってんで英訳してみました。
Nobody knows when and where it's born.
In the darkness of the silence spreading below our world,
A cell growed and increased to be a creature.

It's not a human being,
It's not a bubble or balloon,
Inside of his body, there is full of fat-marbled meat.

The creature, is the bombed fatted huge thing,
The Fukuyoka masaharu!

こんなもんでどうかな。
2007年5月24日(木曜日)、小石川でお買い物。
今日の魚:

昨晩がライブ後ででら眠かった影響もあってか、今日はふつうに早起きして午前中に雑事をこなして、ちょっと早い目に音羽屋出勤、する前に小石川で晩飯の買物などしてみる。

まず魚屋さん「鯛助」に寄って、烏賊のいいのが出ているのを横目に見ながら、稚アユのいいのが並んでいるのも横目にしながら、真鱈の切身が3つで500円というのを購入。それでダイエーに寄って「魚を冷やす用の氷袋」を無料で貰って、それだけじゃさすがにダイエーに悪いのでチョコレートとか買い込んで、あと「鳥熊」(←この名前だと何屋さんだか判らないが、なんかお肉とお惣菜を売っている)の隣の八百屋さんでソラマメとサトイモがえらく安かったので買ってきました。

そういったもろもろを事務所の冷蔵庫に放り込んで働いた音羽屋は今日は19時くらいで解放。解放って言うな。


私の歌う唄:

ウクレレやピアノや、あるいはジャムでよく歌っているものに、

  • All of Me、
  • ラストダンスは私と、
  • 涙そうそう、
  • 林檎の木の下で、
  • Close to You、
などがある。ふと気がつくと、これってぜんぶ「女性の視線」で歌詞が書かれているのね。いや『ラストダンスは私と』なんか完全に女性ストーカーの立場で歌っている俺も俺なのだが(『Close to You』はさすがに「all the boys in town」としてはいる)。

男目線の唄というと『上を向いて歩こう』とか『君にあえてよかった(俺ver.)』とか、女々しいことこのうえないわけで。どうなっちょるのやろうかね。


今日のTシャツ:

今日も今日とて、ジーパンにてろれんとしたシャツを羽織った下はやっぱりTシャツいっちょだったのだが、ふだんはサイズLなんだけど今日はMだったんだよな。
ふだんLサイズを着ている身がたまにMサイズを着てみると、

  • ぴっちりして動きづらい、
  • 見た目がマッチョになっちゃうんで気に入らない、
  • 大胸筋のあたりがキツい、
といった欠陥ばかりが気にかかるのだよな。
メーカー側の主張によれば僕のサイズは「M」なのだが、みなさんどうなさっておられるのだろうかしらん。
今日のネゴシエーション:

実家の母が、某合唱指揮者からオペラのチケットを10枚ほど購入した。義理のある指揮者ではあるが、義理で買ったわけではない、面白そうだからみんなで観覧しようという企画である。それで10人で仲良く食事などしてからホールに向かう予定が明日だ。

今日になって、そのお仲間のひとりがチケットをなくしたという。聞いてみればご不幸などもあってしょうがない状況でもあるのだが、

あんたなんとかしてくれへん?
って俺に頼むなよ。

しょうがないから某合唱指揮者(為念で書いておくが、Sで始まる人ではない)には連絡せずに、事務局に電話して「年老いた母を心配する実直な中年の息子」を演じてみました。結果的に仮券ゲットに成功しましたから、俺も上手いもんだ。そこまでせんでも。


今日のローマ字入力:

音羽屋業務でちょっとテキスト入力作業があってさ、邦文と英文がそれぞれ2kbくらい(邦文千文字、英文二千文字くらい)だったかな。60分くらいもかかっちまったよ、やっぱり自分のIMEに自分のキーボードじゃねえとどないもこないも。


それでふと思い出したのだが、先日はよそさまのPCで頼まれ作業をしていて、「他人のPCは使いづらいなあ」とかゴチていたら依頼主に「プロは機械を選ばないんじゃないの?」なんて言われて小さくキレました。

こいつバカじゃん、「乗り物を選ばないレーサー」とか「楽器を選ばない演奏者」とかいるわけないじゃん。弘法様の筆の注文書だって遺ってるんだぞってな話で、あいつのとこには二度と行かん。

人は「反論をしないで判決は下す」ことも、たまにあるのだよ。
あんたには人の能力を判断する力が決定的に欠落している。
あんたは経営者なのに。


今日のトリフィド:

左のほうが『トリフィドの日』。 先日ネットで見つけた『トリフィドの日』、僕のちっちゃい頃にたぶん東京12チャンネルとかで観たんだろうなあ、懐かしいやら面白いやら。

さすがに日本語字幕とかついてないけど、気合いを入れれば人の気持ちは判るものです。そういうのがいい映画なんだと思う(確実にリーガルなこのコンテンツにADAが適用され始めるのには、次世代を待たねばならんのだろうなあ)。

まだ灯台のオチまで観られていないのだが、きわめつけて楽しい。



明日は、

職探しでもすっか。
さいきんアル中が堂に入ってきて、ヒマだと昼から飲んでたりするもんだからさあ、よくないよね。というか、体力がアル中についていけなくなりつつあるので少し控えるべし。

2007年5月23日(水曜日)、The Zirconsのライブ。
平岩外四氏、逝去。合掌。
何故か朝6:30とかに目覚めてしまって、しょうがないからコンビニで野菜サンドウィッチとギョーザなど買ってくる。あとビール。それで一杯やりながら、Freemoviesで『トリフィドの日』など眺めつつ鶏肉など焼きつつですね。しょうがねえな。それでお昼寝して、さあ池袋でThe Zirconsのライブだ。
今日の新曲:

  • 『妖怪人間ベム』、
  • 『Please Mr. Postman』、
  • 『What A Wonderful World』、
の3曲を、17時30分から19時までにカラオケボックスで突貫仕込み。それを当日のステージにかけちゃうんだから儂ら優秀というかいいかげんというか。

まあ僕はベースを刻めばいいのでコード進行が判っていればだいたいなんとかなるし、サンチャゴは好きに歌っていればいいわけで、ハモリパートの最高さんと最大くんが細かく打ち合わせをしているのを耳の端に聞きながらカラオケボックスのソファーに横たわって「じぶんち」気分の俺。

どうせ開演直前まで音は出せないFFRなので、箱入り前に『月の雫』でお豆腐大会など。


Sets(General): 1st:
  1. Come Go With Me
  2. What A Wonderful World
  3. In The Still Of The Night
  4. Wonderful World
  5. Maybe
  6. Rawhide
  7. Good Night Baby
  8. 妖怪人間ベム
  9. Way I Feel Tonight
  10. 恋の季節
  11. Closer You Are
2nd.
  1. Morse Code Of Love
  2. Looking For An Echo
  3. Sixty Minutes Man
  4. Remember Then
  5. Lion Sleeps Tonight
  6. In The Mood
  7. Stormy Weather
  8. ジョニーへの伝言
  9. Please Mr. Postman
  10. For The Longest Time
  11. また逢う日まで
お客さまの入りもまあまあよろしくて、サンチャゴの大先輩とか、僕のアルカフェライブから流れてきてくださったプロデューサさんとか、いろんな人がいらっしゃいましたな。ご来場ありがとうございました。

終演後、横ヤン号で中井駅まで送ってもらって、帰宅して死に寝。



明日は、

音羽屋。脳味噌が動きますように。

2007年5月22日(火曜日)、じんじろげ。
明日はライブ:

ジルコンズ、右端にエルヴァイラ。 池袋西口歩近くのフリーフロウランチにて、The Zircons単独公演は23日(水曜日)の17時オープン、20時30分スタートで20曲がとこを歌いまくります。

お代は観てのお帰りだよ! てぇかチャージフリーの投げ銭方式だからそんなもん払わんでよろし(笑)。好きなだけ笑って飲み食いして帰るよろし、いらさいませ。


フリーフローランチのハム。 フリーフローランチのガンボ。 フリーフローランチのなんかトロピカルな感じ。
アカペラ(肉声のみ)によるドゥーワップ(主旋律+伴奏パートによる合唱)というのはどうやら絶滅危惧種らしくて、国内はおろか全地球的に考えても滅多に聴く機会はない、ようなんですよ。

さらに僕らときたら「お笑い系ではトップを走る」とか言われちゃってて、もうなにがなんだかよく判りません。まあラッコかコビトカバでも観にくるつもりで、どうぞ。


今日の物欲:

Cubic Zircon Ring というわけでジルコンのアクセサリーのひとつも持っていてもいいかな、なんて思い始めていたりもするわけで。候補としては、シルバーベースのネックかリングだな。
キュービック・ジルコニアは、まあ要するに「インチキダイヤモンド」として知られていてですね。The Zirconsの命名は最悪男タムラ・サンティアーゴによるものだが、The Diamondsを意識したものかどうかは知らない。

安物で構わない。
というか、贋物をつかまされたりしたらもう最高なわけで(笑)。


今日のお言葉:

明日のライブに向けて、畏れ多くも円道"シャーク"一成さんよりお言葉を賜りました(僕の中でのこの人は、森拓治さんと並ぶオバケなんだな)。

>> >りびけん
>> 日本のア・カペラ・グループの
>> 最大の弱点というか問題点はベースパート
>> だと思う。今出てる奴、どのグループもベースがだめ。
>> 逆にいうとベースを制するものが日本の
>> アカペラを制すといっても過言ではない。
>> 強気で頑張ってくれ!
つまり「日本のアカペラの弱点は俺」ということだな(笑)。
なんとかしよ(爆)。
今日のドタキャン:

そのシャーク一成さん主催のボーカリスト「鮫の穴」という講習会が新中野弁天で開催されるというので行きたかったのだが、夕刻に突発入りした宿題が終わらず、断念。ちぇ。22時くらいに解放されれば歌舞伎町Golden Eggにでも顔を出すかなと思ったんだけど、結局終わったら24時だよ。

しょうがないので東中野ライフまで行って、湯豆腐の材料とか鶏肉とかビールとかを買ってきました。これ食って寝る。



明日は、

だからライブですってば。
入場無料、よろしくね。

ギョーザ。
ニチロのギョーザ セブンイレブンのことをセブンって略すなよ、なんて思っていたら本体が「セブン」を名乗ることになっちまってしおしおのぱあなんですが。
昨晩は家に食べるものがなくって(僕はほぼ自炊派なんです)、そのセブンで冷凍ギョーザを買ってきました。

コンビニの客層って、基本的な自炊の仕方も知らんような若い人がメインなんじゃないのかなあ、なんて思っていたのですが違うようですね。


僕が買ってきたのは「フライパン調理専用」のギョーザなのです。
パッケージに作り方が書いてありましたが、これがさて。
  • ~油をよく馴染ませたあと
  • ~中火にします
  • ~フタをとり水気をとばして
  • ~こんがりと焼き目がついたら
パックの裏にはこのような記述があるのだが、
  • 滅多に使わないテフロン加工のフライパンに油が馴染むのか、
  • 「中火」という概念が判るのか、
  • 「水気を飛ばす」には火を強める必要もあると思うし、
  • 焼き目をつけるためには、疑似三角柱の餃子を転がす必要もあろう、
といったような訳で個人的には少々心配な気がする(遠回しにニチロを牽制している、のかもしれない)。
僕は、
  1. 中華鍋に油を馴染ませて、
  2. 冷凍餃子を蒸し焼きにして、
  3. パセリを加えて、
  4. 強火にして胡麻油と辣油も加えて転がした後、
  5. 温めたお皿にサーブして酢と塩を足して、
美味しくいただきました。
2007年5月21日(月曜日)、蟻のキリギリス。
朝、珍しく午前8時30分くらいに起床。
先週だったら就寝時刻だ(笑)。
今日のお仕事:

9:00~12:00、自宅でテキスト入力など。
12:00~14:00、中井駅前「牛清」でカルビ定食(今日はなんか肉がいま一つだったなあ)の後、大江戸線で春日へ移動、音羽屋へ。
14:00~17:00、音羽屋で半端仕事。
17:00~17:30、丸の内線で池袋へ移動。
17:30~24:30、OK牧場でお仕事。
25:30、山手線の終電に池袋で乗って、高田馬場駅から徒歩で帰宅。まあ徒歩でも20分くらいの行程なのだが、なんでこういう日に限ってウィングチップとか履いてるかね、僕は。

あー、お腹空いた。OK牧場はなんとなくヒマそうだったので21時くらいに「僕、帰っていいですか?」って聞いてみたらなんでか社長に「どちらかというといたほうがいい」って言われました(枕詞は「いてもいなくてもいいけど」なんだろうなあ)。まあ約束は約束だから僕のほうがどちらかというと間違いなんだけど、でも僕がいなくてもなんとでもなったぞ、今日の業務は。なにを期待されていたのだろうか私は(とりあえず応えていないことには間違いはない)。


今日のトイレ:

中井駅の「誰でもトイレ」。
写真は大江戸線中井駅の「だれでもトイレ」、所謂車椅子対応トイレなのだが。
いっくらなんでも便座とペーパーホルダー(左上)の距離がありすぎないかなあ。


あ、僕は機会があれば障害者対応トイレは積極的に利用するほうです。
広くて使いやすいというのもあるけれども、いろいろ見比べて歩くのが趣味なんですね。
たまに洗面台が邪魔で車椅子が入れないというトマソン危惧物件とか、今回みたいに「(たとえば)右半身麻痺があったらどないすんねやろ」みたいな事例がありまして、とても興味深い。

一度、どこだったか忘れたけど「便器洗浄(+肛門洗浄)リモコンが左右に設置してある」という物件を発見して、感心したことがあります。あと池袋三越だったか、肛門洗浄リモコンに「噴射目標位置調整」と「乾燥機能」がついていて、ボタンさえ押せればウンコ処理完了という仕様で感動しました。

ってまたシモネタか私は。


今日の心配:

(1)
知人のボーカリストが(どうやら)音響外傷性難聴かなんかになったらしくて、みやびとへーさんと悪鬼羅に問い合わせて、悪鬼羅に教わった病院をボーカリストに伝えておきました(人間なにかしら取り柄というのはあるものだねえ、ありがとよ)。

ロック系のボーカルであることもあろうが、なにより本人の声量がちょっと人間離れしてデカいことも原因ではあろうか。快癒されんことを。

(2)
OK牧場の先輩の親御さんがなにやら「危篤」との由にて、明日だか明々後日だかに有事があれば仕事のピンチヒッターを頼みたい、という連絡が来る。こういうのは断らない質だものだから、また深夜仕事かよ。しかしまあこれは、しょうことあるまい。

(3)
どうでもいいけど、さいきんは出先のお仕事、乃至締切間際でもないとピクリとも動かない俺がいる。要するにやる気がないのを、その場の切迫感で乗り切っているわけですよ。しょうがねえな俺。

こないだなんかお洗濯をしたのはいいとして干すのがめんどくさくて、同じ洗濯物で洗濯機を15時間おきくらいに回して、干すまでに3日間くらいかかったもんな。いかいお仕事が忙しかったとはいえ、たったの10分がなぜとれないのだ。ちなみに今は食器の洗い物が溜まっています。



というわけで明日は、洗い物(笑)のあと、自宅作業がいろいろと(宿題たまりまくり)。運が悪けりゃ(どなたかの運が悪けりゃ)OK牧場。


明後日は、The Zirconsライブ。


明々後日は、音羽屋出勤を予定。OK牧場がないといいなあ。マジで。

footcopy