FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


姿三四郎 on the Net.
姿三四郎 著作権フリーの映像を流しているサイトがあって、今日は『姿三四郎』を鑑賞。

これがまあ、まだ中国と韓国と日本がごっちゃだったころのアメリカ文化丸出しで(今でもごっちゃなんだろうけれど)、矢野正五郎はチンさんだし、姿三四郎はチーくんだし、なにより柔道が「Karate」だし、なめとんのか。


なんか英文字幕もいいかげんなような気がして、
Do you know where this beauty is from?
が「あのゲロマブ、どこの姐御か知ってるか?」じゃないんだよね。

あと「これは洗濯していただいて(「ありがとうございました」、と続くような台詞だ)」が「Please wash it」になっていたりもして、映画自体は面白いのにもかかわらず、字幕を読んでいくとコントみたいになっちゃうという困った仕様なのでした。

まだ俺は聞こえて読めるからいいんだろうけどな、聴覚障害の人とかそりゃたいへんなんだろうなあ(質はともかく字幕があるだけまだマシかあ、くらいのレベルらしいし)。



スポンサーサイト



2007年4月29日(日曜日)の続きと30日(月曜日)、Go! Go! きんたまGo!
Golden Egg 日曜日には昼飲みの会合もあって、かなりへべれけのまま、ふと思いついて歌舞伎町のライブハウス『Golden Egg』(和名:きんたまごー)の突発Punchセッションに向かう。24日の開店記念セッションではマジで始発までの徹夜セッションになっちゃったのだが、今日はまあ終電くらいで帰ろうかなあ、へべれけだしなあ。

てなわけで今日の参戦者は10人くらい?だったかしら。アルトサックスのジャズばっかりというお兄ちゃんがいらしていたもので『Confirmation』を演ろうとしたら曲を知ってるベースもギターもいないものだから、アルトと僕のピアノとドラムスのトリオで無理矢理演ったりしてたいへんに楽しい。ベースプロパーの人もエイブさんがいらっさるまでは不在だったものだから、ピアノをほっぽり出して1時間くらいも弾いていたかしら。あとでエイブさんが「ふつうに上手いんで(僕だとは)気づかなかった」と言ってくれていたから、まあいいでしょ。
Golden Egg 終電間際で人も減ってきて、さてそろそろ帰ろうかなあと思っていた24時くらいに、なんかまたどやどやと人が来る。リハーサル帰りだかライブ終演後だかの団体さんが10人くらいで、なんか見た感じからこゆいんですけど(笑)。というわけでPunchさんと「こりゃ帰れないねえ」なんて言いながら、ツェッペリンだジャニスだがだんだんアリスだ海援隊だと壊れていく私たち。


けっきょく朝の5時半までたっぷり演って、そのあと30分くらいもPA調整に付き合って、帰宅して寝たのが7時半くらいか。

それで昼には起き出してきたんだから、まあ優秀かなあ。
なんでかPCがDVDを認識してくれない(DVD-Rは読む)ので外付けDVDドライブを買ってきたのだが、やっぱり商用品は認識してくれません。なんだ、ソフトウェアか環境設定がぶち壊れているのだな、どないすんべい。

footcopy