FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年4月24日(火曜日)、天国と地獄。
まあどちらが天国というわけでもなくて、落差はすごかったなあという日でした。
今日の昼の部:

『日本一のホラ吹き男』 池袋芸術劇場にてミュージカル『How to Succeed』を観戦。邦題『努力しないで出世する方法』ってなもんで、どうしても植木等が観劇の邪魔をしてくれるがまあ仕方あるまい。だって『日本一のホラ吹き男』と同じ話なんだもの。

それでさて、出演陣はさすがに達者なもので、それはいいんだけど舞台後方に陣取っているオーケストラが上手すぎて実は芝居どころではなかったんだな、僕は。いや凄かった、あなた「指揮に合わせて譜面通りにスイングできるジャズのリズムセクション」って見たことありますか? 僕はありません。そこにホーンも乗るしストリングスもいるし、マリンバとかハープとかいろいろいたなあ。ピアノも3小節だけ出てきたのだけれども、どういう編成だったのだろうか、かなり興味津々。

というわけで、ローズマリーってば階段下りるの早っ!


今日の夜の部:

Golden Egg サックス吹きのaoちゃんが無謀にも歌舞伎町にライブハウスを開店するというので、こけら落としのジャムセッションに行って参りました。その名も『Golden Egg』、和名は「きんたまごー」。場所はね、新宿東口のドンキホーテの裏。

H2$終演後に埼京線で新宿に出て、10時半くらいに到着してみたら店内超満員で嬉しい限り。それで終電で人がハケてくるまで大人しくしていて、ちょっと歌ったりなんだりはしたかな。

Golden Eggにて。 というわけで深夜から明け方じゃねえや、朝もとっぷりと明けるまで演ってましたね、バカだねあいかわらず儂ら。僕はピアノで、『Stairway to Heaven』が途中で『Rock'n'Roll』になったり、なんでか『Highway Star』を演ったり、ジャムだちゅうのに『Good Bye Pork Pie Hat』を持ち出す奴がいたり、ちょっと『Led Boots』を弾いてみたり、なんでか『Dinah』をストライドで弾いてみたり、まあそのいろいろ。

終了後に、野郎ばっかり5人でラーメン屋へ。なんでか辛いもの注文合戦みたいな状況もあり、まあそれはそれでいいか。

社長のみやげ。
Tシャツを頂戴しました。書いてあった文句がこれ(↓)。

You may not be that perfect, but between us, we've our history behind.
That's the unity that melts us together into one.

いやありがたいのだけれども、なんか新興宗教みたいだといえばまあそのもごもご。

ぜったい「含み」はないけどな、つい深読みするタチの従業員もいるということで(^^)/←ごまかしてる。

バンド無駄話。
Zirconsのアキちゃんはこの週末3日間、どうやらライブ4本とかをこなしていたらしい(よく僕に「人間のクズだなあんた」と言われています)。
土曜日はMIGHTYのクラス対抗歌合戦(解説しない)が歌舞伎町であってからジャグフェス(解説しない)に出るってんで「サムズ?」って聞いたら「いや、本多劇場」って言うから「近くてよかったね」とは言っておいたのだが、あとでよく考えたら相鉄本多だよな、それ。その場で気づけよ、俺。
昨日のライブ前、とても集まりのいいブルージー・キャッツさんと儂らの先乗り部隊はロッキー・トップでとてもヒマそうにしていて、某人の痔の手術の話など熱心にうかがう。局部麻酔で患部をレーザーメスで切り取られながらなにやら香ばしい気配が漂ってきたとか、手術後に患部の様子を見たくなって奥さんに写メールを撮ってもらったとか(素晴らしい奥様だと思う)、患部にあてるガーゼは入院中に自分でちょきちょき作るとか、勉強になりました。

アリソン・クラウス。音がよければ性格なんかどうだっていい。 アキちゃんには、アリソン・クラウスがアリソン・ブラウンのブーツにウンコした話などを教えていただく。
サンチャゴと銀座を歩いていて「じゃあヒマだからナンパでもしようか」という話になったのだが、日曜夕刻の銀座だというのに親子連れとアベックばっかりで儂らが難破(←くだらない)。
某人からのタレコミによると、そのサンチャゴはhai'ineのライブを観にいって、ライブそっちのけで赤いものを口説いていたのだそうな。本当か嘘かは別として、本当としか思えないんだなこれが。
まともなのはゆいいつ観客動員のあったふとっちょだけだったなあ。


今日は地下鉄南北線に乗っていたら、「この電車はワンマン運転しています」というアナウンスが流れた。

うすらぼんやりと、「儂ゃ今日は後楽園には停まりたくない」とか「市ケ谷で総武線に乗り換える? 四ツ谷駅にしなさい、素人はこれだからったくもう」とか「シロガネと発音する奴は降ろさんぞ」とか言い出されそうな気がして楽しかったなあ。ヒマだなあ俺。

ついでなのだが、

  • 一人運行をワンマン運転と呼ぶとして、鉄ちゃん的は二人乗務のことを「ツーマン運転」と言うんだよな。一人だろうが二人だろうが運転手は一人だと思うのだが(車掌は君だ、運転手は僕だ)、どうなのだろう。
  • そも、「ツーマン」って語源探究的にはどうなのよ。
  • ちなみに、降車際に見かけた運転手さんは女性だったように思う。

典型的。 帰宅がけの某所マンションの駐車場にて、また身障者用駐車場にパイロンが設えてあるのを目撃。これを社会正義だとか親切だとか思っている人がいるんだろうなあ、悪気がないのは判るのだけれどもいちおう指摘はしておく。くどいのも判っているのだけれども堪忍な。

今日のメシ:

今日も夕刻になったら眠くなるし、食っても食わなくても腹は減るし、なんだかなあ。

  • 朝、コーヒーとバナナチップ。
  • 昼、飯田橋で蕎麦。
  • 夕刻、音羽屋近くの「花月」で「げんこつニンニクラーメン」。たいして美味くもないが(失敬)、勢いは買う。それが大事。
音羽屋の郵便物を投函しにいくついでに、鯛助で甘塩ニシンを購入、2尾で400円。あと家の冷蔵庫にソラマメとかホウレンソウとかがあるから今日はなんとかなるな。

ってなわけでライフには寄らずに帰宅。大丈夫かなあ。

ちょっといい話。
今日のジルコンズライブに行きがけの東西線に、そういえば昨日も東西線で日本橋まで行って銀座線に乗り換えて上野に行ったなあ、今日も日本橋で乗り換えて銀座かよとか思いながら乗っていて、文庫本など開きながら聞こえてきたお向かいの学生風味アベックの話。
女学生「うちのお婆ちゃんさあ、82歳で現役で浮気してんのよ!」
  • 浮気に「現役」とか「引退」とかがあんのかとか、
  • それを知っている君はお爺ちゃんに対してどういう態度で接しているのかとか、
  • 仮にそれを秘匿している場合に葛藤はないのかとか、
  • あるいはお爺ちゃんはご存命でなかった場合にはお相手の配偶者はどういう立場になるのかとか、
  • 浮気相手がものすごく若かったら面白いんだけどとか、
  • お婆ちゃんの財産狙いの詐欺である危険性はないのかとか、
  • いっそ純愛に昇華される気配はないのかとか、
がったんごっとんの狭間に聞き取れる話に(聴こえちゃうんだからしょうがなかろう)、そんなことを考えながら面白がっていた俺。

お婆ちゃんに幸おおからんことを。
そういうとっしょりに僕もなりたい。
いやまあ浮気はいかんのだろうが。

2007年4月22日(日曜日だったんですね)、The ZIRCONS Show!
Sets are:
  1. Come Go With Me
  2. Lion Sleeps Tonight *new piece
  3. Wonderful World
  4. Win Your Love For Me
  5. 恋の季節 *new piece
  6. Remember Then *new piece
  7. For The Longest Time
  8. Rawhide
  9. In The Mood
  10. Looking For An Echo
  11. また逢う日まで (encore)

さいきん体調がいいのか悪いのかよく判らないのだけれども、24時界隈になると眠くてかなん。ついこないだまでは、ふつうに睡眠をとっていれば眠くなんかはならない、翌日の予定を睨んでそこから逆算してお蒲団にもぐり込むんだな。そうでもしなければ48時間くらいは眠くもならないし、48時間目くらいに眠くなる前にぱたりと倒れるわけだ。これが一般的な性向ではないことも承知しているし、妙な食欲動向と併せて考えれば視床下部あたりになにやらの障害があるのかもしれないが、これまで困っていなかったのだから構わない。それがいきなり眠くなるようになってしまったので困っているわけだ。

17時前に到着した銀座ロッキートップでは、「15時集合厳守」と言われていたらしい対バン「Bluezzy Cats」の面子が2人だけしょぼんとしていて、上の睡眠の話とか、あとは本日出演某人のの手術の話とかで大いに盛り上がって、そんでZirconsが4人揃ったところでとっととリハーサルを済ませてAsian Kitchenでメシ。女給さんを最悪くんと俺とで奪い合ったりしてですね、タチ悪いですね、やっぱり。


最大くんのところから盗撮。 というわけで本番、先づはホストのBluezzy Catsさんの後にZirconsで、なんでかお客さんは全員が最大くんの呼んでくれたかたで、こいつぁちょっとハズせないってんで、でもいつも通りに歌ってですね。

ちょっと『For the Longest Time』の歌い出しで僕だけ思いっきり『So In Love』を歌っちゃったりはしたのだけれども、まあいいデキだったのではないかしら。
あと『恋の季節』はもっと爆発的にウケるかと思っていたらそうでもなかったのだが、考えてみりゃ「ああ、あいつらがまたバカ演ってる」と思うから笑えるのであって、今日の初対面のお客さんたち(ほぼ)には「こういうことを真剣にやっているグループなのだなあ」くらいに思われていたのだろうなあ。うわあ、恥ずかし。

3rd Setのブルージーキャッツさんの直前に「今日はピアノはないけどハモニカは持ってます」って言ってみたら、なんでかどこからかどろろんとピアノが出てきて、けっきょく前回と同じくフルステージでピアノを弾かせていただく。なんでやねん(笑)。

ブルージーキャッツさんでは横ヤンが『What's Goin' On』を歌ったりとか、ほんとうに何が始まるか判らない儂らのライブは面白いんだけどな。みんな来てくれればいいのにな。惜しいな。


帰宅時にまた眠くなって、東西線を乗り過ごして中野に着いてしまいましたとさ。どうしたことなのだろう、頸動脈のトラフィック不足とかか? なんにしても不健康なことだ(そういえば足先の痺れもまだとれていません。あとはものすごく健康なのに、どうしたことなのでしょう)。
まぜもの肉。
中井駅前の牛清でカルビランチなどいただく。なんか大盛りと間違えてねえかってなかんじで今日はお肉の量が多かったような気がしたもので、帰り際にお姉さんに聞いてみたら。
今日は上カルビを混ぜておきました。
量が多いことの理由になっていないというか、一生懸命考えれば「上カルビとは"大きなカルビ"のことである」という推論は成り立つと言えば成り立つが。いや文句はない。
四の坂と五の坂に挟まれた刑部人邸跡地だが、さっき通りかかったらどうやら「コートデコ四の坂」とかいうマンションもどきになるらしい。こんなやつ(↓)。
http://www.yonnosaka.com/facade.html

まあその、俺が文句をつける筋合いのものでもないし。


今日の選挙:

K党から電話。「我々が小学校にエアコンを付けました」。
別のK党から電話。「中井駅にスロープを付けました」。

俺のカネ使って設置してるんだから、せめて「付けさせていただきました」だろうに、ものの道理の判らない人たちであることだなあ。

2007年4月21日(土曜日)、全員合わせて五千歳。
がっかり。 久し振りの上野だったので、少し散歩でもすんべと思って早めに行きました。科学博物館の特別展「FLOWER」もスマトラオオコンニャクとかラフレシアとかが魅力的ではあったのだけれども、東京国立博物館の「ダ・ヴィンチ展」のほうにですね。いや、そういうくだらないことに詳しい知人に聞いてみたら、
>>確かに『受胎告知』は展示されているが絵画の真筆はそれだけで、混み合っているのもそこだけ。そこさえ通りすぎればグリコだの飛行機だののお前の世界だ」
とのことでですね。どうでもいいけど、個人名としては「レオナルド展」が正しいんじゃねえのか。
というわけで行ってみたら、その『受胎告知』までの行列が20分かかる、との表示がある。係の人に「あの僕、そこはパスして先に行きたいんですけど」って言ってみたらどうやらそれはできないそうで。しょうがない、今日は断念ってんで地獄門の前で都筑道夫の文庫本など読む。いい天気だし気持ちいい。

今日の男声合唱「三月会」:

学校の大先輩たちの合唱団「三月会」の東京文化会館公演に、僕は前回に引き続きステージマネージャとして呼んでいただきました。それなりに経験豊富で幾多の困難やスカタンを乗り越えてきたという実績も評価されたのでしょうが、それよりなりにより大先輩がたにずけずけとものを言える配慮のなさというか長幼の序の欠如というか無神経さが買われたのでしょうな。じっさいヘラヘラしながら大先輩がたをアゴでコキ使っておりましたしな。凄いな俺、偉いな俺。

三月会は「第三月曜日に練習している」から発音はサンゲツカイ。合唱団としてはまあ高齢の部類に、じゃねえな。リハーサル段階の雑用で「ちょっと若いの」とか言って呼び集められているかたがたが60歳だったりなんかするのだ。てっぺんはだいたい80歳くらいというか、僕みたいな若輩者からするともう違いなんかグラデーションになっちまってあんまりよく判んねえよ。

それで全員合わせるとだいたい四千歳で中華を超える。ゲストで出てくだすった女声合唱団「紫苑」さんを合わせるとだいたい五千歳で、日本で言うと縄文末期くらいか。僕のようなペーペーがヘタに気なんか遣っていたら演奏会になんかなりゃしません。覚悟決めました。


演奏自体も良い出来だったと思うし、お客さんもキャパ600ちょいのところに550くらいの超満員(どうしようかと思いました)でしたし、なにより演奏者も観客も楽しめたものと思うし、終演後にそういうご意見をいろいろいただけたのは嬉しかった。

さすがに東京文化とてホールスタッフの対応も万全で、奴隷労働を強いられた学生諸君もよく働いてくれたし、ついでに手が足りなくなったもので鑑賞に訪れた某OBをとっつかまえて受付業務を丸投げしたりしている俺。コースケさん、ほんとうにありがとうございました。

そしてバックヤードは(周辺に助けられなければならないということはそういうことなのだけれども)けっこうドタバタで、休憩時間の設定なんかは休憩が始まってから4転(伸びて縮んで縮んで伸びて)くらいしたもんな。まあ俺が無能なんだけど、そこはいいや。


あと落ち穂拾い:

  • 書いちゃって構わないと思うのだけれど、元NHKの島村俊治アナウンサーが「語り」で来てくださっていて、このかたが僕の祖父(島浦精二、やはりアナウンサーだった)の同僚であったことがあるのだな。そのへんでちょっと面白いお話をうかがえて嬉しゅうございました。

  • 大先輩がた、やっぱ凄ぇ。
  • 立つのがやっとというか本当にステージに椅子を設えて座っているテノールの爺さまが(もうめんどくさいから大先輩とか書かないでいいや)いらっしゃるのだが、このかたがたまに立ち上がって歌うソロが本当に凄い。前回公演でのソロも素晴らしかったが、今回もなお。ナカタニさん、ファンです。
  • こちらは学生時分に晋友会の隣で歌わせていただいたイトスさんも、「今日は喉の調子が最悪」とかいいながら度肝を抜くソロをとる。
  • リハーサル中に「あれ?」っと思って合唱譜をふと覗くと、下がAだかGisだかが平然と出てくる(どこの譜面なんだ)というのがあって、ちゃんとGisが聴こえる。ヘ音の下からはみ出しているAbなんですよ、どうやら超人が紛れ込んでいるらしい(註:加齢しても低音発声能力は増しません)。
  • 指揮の岡山先生(←こないだまで「岡山さん」だったが、今後はこう呼ぶことにした)は現象的には団内指揮者なのだが、きちんとしたカリスマを音として発揮できる指揮者であることを再確認させていただきました。ウチアゲで握手を求められて嬉しかったことよ。

  • 何故か来ていた清水敬一師と上野話などする。清水敬一はさいきんなんでか芸大の先生などしているらしくて、「ということはヒマなのかな」などとも思いつつウチアゲでは「是非とも三月会を振らせていただきたい」とも言っていたので安心しました。
演奏会全般取り仕切っておられたシムラさんには申し訳なかったのですけれども、僕の個人的な能力不足でいくつかのスカがありました。でもまあ、「またよろしく」とも言っていただいたからまあいいか。まあいいや。俺でないとどーしょもないところもあったわけだし、って自信持ってどうするという話でもありますが、また呼んでください。よろしくお願いします。
というわけで、僕は明日も銀座でライブです。
というかステマネとライブの区別がついてない私。
2007年4月20日(金曜日)、どうにも答えようもなく。
某所ジャム・セッションにて某女子に尋ねられる。

「りびさんって、ウクレレのセンセーですよね?」
「ええ、まあ」
「なんでピアノ弾けるんですか」
「いやまあ、なんとなく(弱)」

弾けるのにも弾けないのにも理由なんかないでしょう、弾きたいと思ってりゃそのうちなんとかな(ったりならなかったりす)るもんです。楽器なんてそんなもんです。


僕の場合、
  1. 高校3年生くらいからクラシカルの合唱(現代音楽系)は歌っていた。
  2. 二十歳くらいのときにアップライトピアノを貰ったもので、いじっているうちになんとなく弾けるようになった。
  3. ある日「僕はオスカー・ピーターソンには(たぶん)なれない」ってんで、手軽で競合も少なそうなクロマチック・ハーモニカを始めた。
  4. 前世紀の末になんとなく歌いたくなってウクレレを始めた。
  5. ウクレレを弾いているうちにベースも弾けるようになった。
そんなもんです、ナリユキでいいんです、人生は。
2007年4月19日(土曜日)、かくも長き不在。
うしろに手が廻ったりなんだりいろいろあって、ようよう娑婆に戻って参りました。ご心配いただいたりなんだりしてお電話やメールや年賀状をくださった皆さん、ありがとうございました。なんとなく『16ブロック』冒頭のブルース・ウィリスみたいになってますが、りびけんはゴキブリみたいにしぶとく生きてます。
今月のりびけん出没情報:


4月21日(土)、男声合唱「三月会」。
東京文化会館にて、僕はステージ・マネージャ。
いぶし銀の男声合唱にコラボで女声も参戦、19時開演までにくればこっそり入場させてあげます。

4月22日(日)The Zircons at 銀座Rocky Top
レッドネック・ミュージックの殿堂に、何故かジルコンズがゲスト出演。
自慢じゃないけど面白いぞ。詳細はこちら→デブログ

4月24日(火)、aoちゃんの開店祝い at 新宿歌舞伎町。
歌舞伎町のいちばん濃ゆいところに、サックス吹きのaoちゃん(FHANDとは関係ありません)が出演ノルマとかを完全に無視したロック/ブルースミュージシャン寄りのライブハウス『Golden Egg』(和名「キンタマゴー!』)を無謀にも開店してしまいましたのでみんなで応援しよう。
24日のこけら落としは「突発Punchセッション」で20時~始発だあっ! 俺忙しいんだけどぉ、たぶん始発までいます。

4月28日(土)The Zirconsat 四谷ソケース・ロック
ジルコンズの単独、好評の個人芸コーナー付き。
構わねえからとりあえず来い、損はさせねえ。
いや記事をサボっているわけではなくて、僕が詳細を知らないんですごめんなさい。
footcopy