FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年2月4日(日曜日)早朝、読者おいてけぼり。
今日の邂逅:

Body Double 午前零時起床、ざっくり飲んだら早寝して早起きしてお仕事という予定だったから、俺的にはスケジュール通り。2時過ぎくらいに少し飽きたものだから、最後の五百円玉を握りしめてコンビニまで行って、ビールを2缶ほど買ってくる。夜明けまでお仕事して、これ飲んで寝ようってわけなのだが、帰宅してふとテレビを点けたら映画劇場のこのくっだらねぇオープニングは‥‥デ・パルマの『ボディ・ダブル』だっ! しょうがねえなあ、ってんでこれを眺めてから寝て起きて仕事だなあ。

ふとIMDbで調べてみたら、ブリンク・スティーブンスとかアネット・ヘブンとかホリー・ジョンソンとか出てんのな、この映画。メラニー・グリフィスもこのころだと『チェリー2000』(ってそこかい)の前だしな。ブライアン・デ・パルマのほうは、『キャリー』で『フューリー』で傑作『殺しのドレス』と来て、いやデ・パルマ的には傑作ですよ、そんで『スカーフェイス』とか『アンタッチャブル』とか何をやっていいのか判らなくなった端境期あたりに作ったんだな、これ。原点回帰かな? そして次回作は『アンタッチャブル:カポネの復活』だと(笑)。いやあ楽しい。


マシーン・オブ・ザ・デッド 映画ネタでもうちょっとだけ。

なにかの拍子に見つけたDVD『マシーン・オブ・ザ・デッド』なのだが(もとより買ったり借りたり観たりする気は、そんなにはないのだが)、なんか「若い女性ばかりを狙う異星人」の話らしい。

まさかラリー・ブキャナン『火星人大来襲』(だっけ?)のリメイクじゃねえだろうなと思ったら、よく判んない。これもIMDbで調べてみたら、原題が『Exterminator City』という段階でものすごくくだらなそうなんだけどさ、原作監督のクライブ・コーエンってまさかラリー・コーエンと関係ねえだろうなあ。

いかん、だんだん観たくなってきた。とりあえず手許にあるビデオ『火星人地球大襲撃』で誤魔化しておこうか(こっちは本当に傑作)。


今日の鍵盤(PC用):

FMV-KB231
新調したキーボードFMV-KB231なのだが、どうやら左隅のCtrlキーを左手掌がうっかり押してしまうことがあるようで、ふと気づくと単語登録画面が雲霞のごとく発生していたりするのはまあご愛嬌として。

なんで親指左とALTの間が空いてるかなあ。ここにタブキーがあればだいたい611と同じで問題もないのだが、なんで空けとくかなあ。でもUSB接続だとほかに選択肢もないわけで、リュウドさんとかDIGITAL WAVEさんとかASCIIさんとかには感謝もしつつも忸怩たる想いもあったりはします。
実はカーソルキーの手前でついありもしない「実行キー」を叩いてしまうという癖もあるのだが、これは人類のほうで矯正しましょうか。

タブキーのほうは本気で細工してやろう。なんとかなるべい。


今日の大望:

CX12 よく忘れるので書いておくと、クロマチック・ハーモニカのレバーをペダル操作できるようにすれば「ピアノの弾き吹き」ができるなあ、というアイディアは昔から持っているんだな。
具体的には、ハーモニカはホルダーに放り込んで首からかける。レバー操作は油圧までの必要はないから、たぶん自転車のブレーキケーブルかなんかを流用すればいいだろう。ペダルはエレピのものかあるいは(機構的に使いやすそうだから)ワウペダルでも分解するとして、問題はハーモニカ側の構造と工作だよなあ。おそらくは反対側から「引く」構造になるから、CX12のボディに穴を開けて、なにやらの構造物を取り付けることになる。その技能と根性が俺にあるのかなあ。誰かやってくんないかなあ。

演奏のほうには自信があるんですよ。今だってピアノは左手でコンピングしながら、右手はレバーを操作しながらハーモニカで『Summertime』とかきっちりできるもんね。これで右手がピアノに廻ったら最強なんだけどなあ。なんとかしたいなあ。


関係ないけど、クロマチックの奏法に関して誰かが「クロマチック・ハープにはフラットという概念がない」と書いていたのだけれども、そんなことないと思うよ。

確かにレバーの機能は「シャープ」だけど、そもブルーノート(この場合はブルースにおけるブルーノート)ってのはペンタトニック(この場合はドレミソラ)がシャープした音であるわけで、それがたまたま西洋音楽理論では「げんナントカ」と記述されているにすぎない。in CにおいてはEbはD#だしGbはF#だしBbはA#だしDbはC#だと思っていたほうが却って判りやすい。疑念があるのならばCのパワーコードを鳴らしながらドレミソラのペンタをてきとうに吹きまくって、たまにレバーを押してみればいいのさ。

敷衍すると、たとえばin Dのスリーコードの曲は、ルートにあるF#はブルーノートだと思ってFにしちゃえば、あとはDドリアンで処理できる。ピアノで弾くならばぜんぶ白鍵だかららくちん。

理論もちょっと齧っておくといいこともあるぜ、くらいの話で。


さて寝るか。
まさかあいつが犯人だとは思いませんでした(何回観たんだ貴様)。


スポンサーサイト



footcopy