FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年2月21日(水曜日)、タイト。
今日のBGM失格:

似合わないことにというか俺様としたことがついうっかり脳味噌を使う仕事をしていて、ふとBGMにサンチャゴ・タムラの新作CD『MISS THE MISSISSIPPI AND YOU』をかけてみた。こんなもん聴きながら仕事になるかい(笑)、いやあ参った。

とりあえず「自分の都合でけつかっちん」の16時までにがっつり体裁を整えて納品完了。それから速攻でお風呂を遣ってヘアスタイルをなんにもせずに(大人の男の子は中身で勝負だ)、ケッタで次のお仕事に向かう。


今日のお買い物(運動靴篇):

NIKE AIR MAX 360 BB AP 314138-161、アホな靴じゃ。 運動靴を新調してみました。

もう4年間がとこは履き続けているナイキエアはとっくの昔に「エア部分」がパンクしていて、あと数足はあるスニーカーも水が漏らないのはニューバランスのハイカットくらいだし、こいつも2003年に(そういえばフィラデルフィアの田舎のスーパーで)買ったやつだし、そろそろ新しいのを買ってもいいかな、バーゲンシーズンでもあるしな、くらいのことで。

仮に2万円の靴を買ったとするわな。3年間履けば20円/日、決して贅沢というほどのこともあるまい。俺も食材は安いほうから買っていくタチだが、酢と塩と醤油はいいものを買うようにしているしな。とか言い訳していると「バーゲンシーズン」というエクスキューズのメリットも消え失せてしまうのだが、細けぇこと言うなよそこ(笑)。

というわけで池袋のABC MARTで適当に選んで、懲りずにナイキのエアもののハイカットを購入。それで試し履きしてみたら、驚いたことにこいつのサイズが28センチメートルって、プロレスラーか私は。adidasだったら26cmちょいで済んでいるのだが、前回のナイキも27.5cmだったから、きっとナイキが小さめなんだろうな。きっとそうだ。今回のモデルはサイズが1cm刻みだものだから、まあそういうことで。


ジーパンも穴のあいてないのが払底しているものだから新調したいのだが、ジーンズメイトに行ってみたら「今年は細いのが流行り」なのだそうで、そんなもん10年も前からボンタンもローライズも無視してスリム一辺倒の俺がそんなこと言われて、買う気になりますか?(なりません)。

明日あたりにサカゼンにでも寄ってみようと思っているのでした。あるいはオカダヤで針と糸を買ってきて既存品を繕うことにしましょうか。幸いそれくらいの技術ならある。端切れもある。端切れというか、要するにズタズタになった古ジーンズだが。


今日の晩飯(ラーメン篇):

こいつがいちばん美味い。 今日はちょっと遅くなった26時半くらいのOK牧場帰りがけ、あんまりお腹が空いたものだから池袋西口「福しん」でタンメンでもと思ったところが、そのへんにあった「康龍」についふらふらと入ってしまう。

おや、客席間の衝立が消えていて、ふつうのラーメン屋っぽい。あの鶏小屋のブロイラーみたいなのは勘弁だったからなあ、これなら入ってやってもいい。ハリガネみたいな麺はまあ概ね九州出身(笑)なのだからそういうもんだとして、あともうちょっと「勢い」乃至「熱」があれば合格点だなあ。僣越ですみません。いや「ちりめん亭」とかも好きだもんですから。ごめんなさい。

そういえば一蘭事件はどうなったのだろうか。という以前に、今年に入って一蘭には行っていないような気もするので、こんどちょっとさわってこようか。


第二晩飯の話なのだが、消費期限だったか賞味期限だったか忘れたのだが、そいつが18日に切れた豚ロースが冷蔵庫にある。漬物学者に「どうだろうか」と尋ねてみたら「楽勝!」という返事があったので食べてはみようかな。俺が死んじゃった場合には食品工学の世界的泰斗のせいです、たぶん。
そういえば「サッポロ一番塩ラーメン」もずいぶん作っていないような気がする。いかんいかん、かつて「君は"サッポロ一番塩ラーメン"を作らせたら天才だよ」と言われた私であるのに。
今日のテレビ:

映画『ナイトミュージアム』の宣伝で「みんなみんな生き返る」とか言っているが、たとえば「骨だけになった恐竜が動き始める」のを「生き返る」とは言わない。そういうのはゾンビと言うのだ。

どうでもいいけど、その宣伝が『ジュマンジ』(本編)と似すぎてはいまいか。いやまあ、ハリウッドの予告編なんてのはつまんないほうが本編が面白いわけなのだけれども。ほら、『バタリアン』とか『コンエアー』とかの予告編って最高だったじゃん。


明日は普通に昼間仕事の夜はOK牧場で、サカゼンの様子によってはジーパン買いたい。細身のびりびりのやつが買いたい。強い欲求ではない。
近未来の予定としては、散髪もしたい。

具体的なこととしては、 24日(土)の松原混声合唱団 at オペラシティには行きたいのだが、ちょっと野暮用があってどうなるか不明。
25日(日)は弁天でスギちゃんのジャムがあるのと、夜はアルカフェで堀尾さんだな。どちらも「行けたら行く」程度の魂胆。
26日(月)は中目黒楽屋さんにZirconsで出演。いいからお前は来い。わかったな。
27日(火)は東中野プリズントーキョーでクロさん仕切りのジャムがあるってんで、久し振りにフォービート演りに行ってみたいような。

そのあとは半月ほどヒマです。その半月後のアルカフェライブの相方も塩梅しなければなあ。まあおいおいと。

2007年2月20日(火曜日)、寝てからジャム。
普通に昼頃に目覚めて、充分に眠っている筈なのにまだ眠い。冷水で顔を洗ってコーヒーを飲んで風呂を遣ってなんか齧って、まだ眠い。ほんとうは不正契約請求の話で西新宿のNTTに行ったり、ついでに(たまに千円じゃないところで)散髪したり、そういえば穴の空いていないジーパンがないもんで買い込んだり、スニーカーも水の漏らないやつを買い込んだりしようかなと思っていたのだけれども、そういうのは夕刻に回すことにして昼寝を決め込む。

目覚めたら21時でした。上記要件ぜんぶ撤回、晩飯用に買物でもすっかってんで東中野ライフまで歩いたところで、そういえば今日は大久保水族館のジャムがあったなあ(参加表明していたような気もするなあ)というのを思い出したので、ひと駅乗って新大久保へ。水族館に着いたらなんかスギちゃんが歌っていて、すぐにピアノで呼び出されてなんかおしゃれな洋楽(『Lovin' You』と『Like a Virgin』がタイトルに混じっていたのだけれども失念)を弾いて、あとスティービー・ワンダー『Lately』のキーがややこしいところを、しかも誰かが思いっきり砂漠に行っているらしきところをほぼ山越えみたいな感じで乗り切って、本日終了。


終了後にたーきくが「ウチアゲ行きませんか?」ってんで腹も減ったし待ってたら、たーきくが先に消えてやんの(大丈夫、頭がヘタクソでも音楽はできる(笑))。まあいいやってんで残り面子でとぼとぼと帰りつつ焼肉の話などしていたら焼肉が食べたくなってきたもので、東中野ギンザ『げんき』で焼肉などひとりでつつく。いちおうみんなも誘ったんだけど、午前2時から焼肉に付き合う女子もおらんわな(たまにいらっしゃるけど)。
  • サービスカルビ(*2)
  • ホルモン
  • ハツ刺
  • レバ刺
  • サンチュ
  • ニンニクのホイル焼き
  • 上ミノ
  • 生ビール(*3)、一刻者ストレート(*1)
よう喰うのワレ。
ざっくり肉を食べ終わったところで焼酎を頼んだら、「サービスです」ってんで漬物のセットが出てきた。これはつまりディジェスティフという概念が焼肉屋さんにあったということなのだろうなあ。
そのへんで、明らかに焼肉屋の店員さんと客との会話ではないのだが、「お仕事お忙しいと思いますが、ストレス解消とか切り換えってやっぱりお酒ですか?」とか聞かれる。なんか不思議な空間だったなあ、「なんでもそうだけど辛いと思ったら辛いだけだから、面白がっちゃうのが正解なんじゃありませんか?」くらいのいい加減なお返事をしておきました。なんか御礼を言われたのだけれども、それって俺の生き方がいい加減なだけなんだけどな。
帰宅して明日の仕事(16時けつかっちん)の準備をしようとしてみたらプリンタが壊れていたものだから修繕して、あとは明朝に起きてからなんとかしよう。
2007年2月19日(月曜日)続き、なべてこともなく。
深更帰宅のOK牧場ケッタ帰りに、路傍で倒れているおっさんを発見。こんなところで倒れていると風邪ひきますよじゃなくて身ぐるみ剥がれますよってな地域だもので、酔っ払っているところを起こしてみたらそれなりに動けそうだものでタクシーに乗せてみる。

「兄ちゃんありがとな」ってんで、うちぶところから万札の束が出てきて渡された。もちろんそんなものは受け取らないわけで、「いやいやご無事に」とか言いつつ返しつつ札束から1枚抜いた。

何故か懐が暖かいものだから、西口バレルハウスでバーボンのボトルを入れて飲み倒して帰る午前4時。

2007年2月19日(月曜日)午前中、まあなんとか。
朝8時、寝たり起きたり仕事したり飯食ったり仕事したり。

小休憩中にテレ玉再放送『木枯紋次郎』の終わり際を眺めていたら、どうにも郷治にしか見えないヤクザが出てきてすぐに死んだ。郷治だったのだろうか(『冥土の花嫁を討て』のキャストにはその名前はない)。ちなみにチンピラが雪山から転落死する場面ではミニチュア・セットが使われていたような気がする。そんなこともあったんですかね、1970年代初頭。ついでだが、樫山文枝も出ていた。

午前11時30分、あらかた終了して納品。品質はそれなりに良い予定(大本営発表(笑))。一晩でだいたい35,000円くらいの稼ぎかな、はい典型的なその日暮らしでございます。ところで明日の簡裁の支払いは大丈夫なのか私は。

2007年2月18日(日曜日)、お仕事。

雨。

苦手なんですよ、モンスーン気候に向いてないんですよ僕。


今日のアルカフェ企画:

3月15日(木曜日)にアルカフェさんでのライブが予定されているのだが、ふと思いついて知人のピアニストさんにブッキング要請のメールをしてみました。ええ、アルカフェさんのスケジュールには思いっきり「ウクレレ」って書いてあるのをぶっちぎって、勝手にハーモニカでスタンダード大会演っちゃおうかなあ、なんて思って。

  • Summertime
  • All of Me
  • 'Round about Midnight
  • You Don't Know What Love Is
  • Move
  • As Time Goes By
  • Misty
  • Confirmation
  • Straight No Chaser
  • Autumn Leaves
こういうのは3年にいっぺんくらいしか演らないからね、実現するといいなあ。
金曜日のジャム:

ピアノ弾いたり歌を歌ったりハーモニカを吹いたりしていたら、「りびけんさんって本業の楽器はなんなの?」って聞かれちゃって。いや、なに演っても同じだものですから、特に専門の楽器というものはありません。


今日のお仕事:

『ガン・ホー』(DVD) というわけで寝たり起きたりしながらずうっとお仕事などしていて、今月曜日の午前7時。台所のシチューと「とんはく鍋」とご飯をとっかえひっかえして齧ったりしながら大量のチョコレートを消費しつつ、こつこつと。かたかたと。早く終われ、終わったら16時まで眠ってから池袋OK牧場へGo!


月曜日は、池袋から帰ってきたらなにか美味いものでも齧りながらだな、YouTubeにあげた「Think!」が意外と好評なようなので、DVDから他のクリップも引っ張りだしてアップロードしてみようかななんてヒマなことを考えていたりするのでした。

火曜日は、素直に水族館のジャムかな。歩いて行っちゃったりなんかしたりして。

2007年2月16日と17日(金曜日と土曜日)、邂逅。

金曜日、

てきとうに起き出して、テープ起こし。きちんとした話をきちんとした状態の録音でテキスト化していくのは楽しい。なんか今夜のセッションが「食べ放題」だというものだから、飯抜き。スキヤキ前の昭和40年代の子どもか私は。


今日のジャム:

というわけで、大森はライブ食堂KITAROHさんに、のんびり国電経由で向かう。

山手線に乗ったら珍しいことにこいつが大崎止まりで、「終点ですよ」というアナウンスにも関わらずラテン風味のめっちゃ可愛いお姉さんが車中にとどまっておられるもので(可愛くなくてもお知らせするけどね)、「終点で終わりで乗り換えですよ」みたいなことを英語でお伝えしてですね。「シナガワに行きたい」みたいなことをメモ片手に尋ねられたものだから、お向かいのホームから乗り継いでご案内する。

品川駅で京浜東北線に乗り換えようとしていたらまたそのめっちゃ可愛いお姉さんが寄ってきて、「カワサキに行きたい」と言う。僕も大森だから「ご一緒しましょう」ってんで京浜東北に乗り込んで、ふと気づいたら蒲田止まりでやんの。山手線に乗れば大崎で止まり、京浜東北線に乗れば蒲田で止まり、おそらくは東京旅行者としては世界一ついてない人なのではないか。やたらめったら可愛いのに。


というわけでめっちゃ可愛いお姉さんを置き去りにして、やってきましたライブ食堂KITAROHさん。なんかファミレスに上がっていく途中の鉄扉をがっしーんと開けるとそこからまた外階段があって、「お、三角東映」とか思う私(間違ってますけど)。

お店のほうは気楽ないい場所で、セッション面子はどうやらジャズっ気のかたが多かったのかな。クロマチック・ハーモニカがお店のかたにけっこうウケていたものだから、リードでけっこう吹かせていただきました。思いっきりフォービートを弾かせて貰うのってけっこう久し振りで、面白かったなあ。ざっくり『枯葉』とか『サマータイム』とか『'Round about Midnight』とか『Blue Monk』とかそんなん。ええ、基本的なものでいいんです、かっちり演れれば。

お店システムのほうはけっきょく飲み放題になって、しまいにゃビールサーバーを勝手にいじくっていたり、樽が空になったもので勝手に交換している俺。いいのかそんなことで。


24時過ぎに大森駅のホームに着いたら終電2分前で、間に合ったからいいんだよとか思いながら品川で山手線に乗り換えて、満員のなかを新宿で脇に乗り込んできたのが驚く勿れピアノのスガヌマ君でした。ちょいとアルカフェライブの出演交渉なんかしちゃったりなんかして(もちろん店主置き去り)。

いい日でした。



土曜日、

寝てました。晩飯だけ蟹鍋。



明日は、

お仕事。所持金500円とかなんで、とっぱらいをふんだくらないとどないもこないも。

2007年2月15日(木曜日)、半端に働き者。
San Benedetto (Frizzante) 最近なんか発泡水がお気に入りで、いろいろと取っかえ引っかえ買い込んできて飲んでいる。「これはジントニックだ」とか「これは実はビールなのだ」とか思い込んで飲んでみるとだんだんそんな気になってくるから不思議だ(バカだ)。生協で売られていないのが璧に疵かな。

昨晩はサン・ベネデットの1500mlがあっという間になくなりましたな。どこの産? ベニス? そりゃまあ水なら売るほどあるだろうなあ、ショベル船の後ろに砂利船がいて、平気な顔して川のなかから陸上の土木工事をしているのを見たことがあります。


I'm on Pianoforte.

  • 主唱:Zirconsの最高さん。
  • ダンス:Zirconsのデブとヘンタイ。
  • コーラス:そのへんにいたお客さん(凄ぇ)。

今日の昼飯:

刑部邸跡。 昼飯は驕って焼肉にしようかなと思って中井駅前まで出てみたら、牛清が定休日でやんの。というわけでもうちょっと歩いて「ぺいざん」で日替わりランチは、「ハンバーグのきのこソースとチキンカツ」定食でした。もんくなし。

四の坂の刑部人邸跡地では、土工事が始まっておりましたな。なにができるのだかさっぱり判らないのだが、とりあえず大谷石の塀とかがものすごくやぐそうだったので、いいことなのだろうなあ。

帰宅してちょっとだけ仕事。


今日のラーメン(失敗篇):

不味いラーメンに出会うのもなかなか珍しくなった今日、今日は池袋の一番館がやらかしてくれましたな。

サンシャイン60通りを東急ハンズの手前でちょい左に入ったところの店舗なんだけどさ、いつも通りに「かけラーメンに半熟玉子」を頼んどきゃよかったものを、ついうっかり醤油ラーメンとか頼んでみたら10分以上も待たされたうえに、スープはぬるいわ麺はダマになってるわ、ダマになっていないところの麺も粉っぽくて不味いわ、最低でしたな。つぅか麺がダマになっている時点で真面目にチャキチャキやっていないか麺箱の順番を間違えたかのどちらかでしょう。灰皿を頼んでダマになった部分の麺だけそこに捨てて、あとは出勤時刻も迫っていたので我慢して全量の半分くらい食べて、と。

そもラーメンなんてのは「はいできました」「はいいただきました」っていう勢いこその大事な食べ物なんじゃねえのか。やる気のねえラーメン屋なんか、二度と行かねえぞ一番館。


ほんとはもうちょっと先にある「つけめん岡崎」に寄りたいのだが、俺の通りかかるような時間帯にはとっくに閉まっているのだった。でもあのへんに日高屋も福しんもあるわけだし、困るこたぁないな。
今日の晩御飯のお買い物:

池袋OK牧場の行きがけに通り道にあるスーパーの類を漁ってみたのだけれども鮮魚の収穫、なし。池袋西武にニシンがいたくらいかなあ、3尾で千円はなあ。そんなもん喰ってた日にゃあ田園調布に家が建つぜ。

というわけで終業後の午前3時(正確には2時くらいに終えてから、30分くらいピアノを弾いたり、あと自転車を磨いたりしていたのでした)、池袋-中井間の南回りルート(北回りは立教通り経由)を延伸させて、高田馬場のFoodexpressフーデックスに寄ってみる。よく考えると北回りで要町のフーデックスに寄っても似たような距離だったかなあ、まあいいや。

とりあえず、東中野ライフよりもいろいろ安いのは魅力。丸正とはタメくらいかな。池袋赤札堂にはちょっと負けるかもしれないのだが、あっちは場所柄からか価格勝負だもんだからちょいと土俵が違うだろう。

  • カマス(3本セット、時刻がら半額で248円)
  • 大根(10cm長で49円)

  • 鶏モモ肉ぶつ切り

  • 豚ロース切身(2枚で380円)
  • ポークンビーンズ缶
  • コーンクリーム缶

  • 木綿豆腐
  • 七目ひじき豆(パック)
  • 冷凍ホウレンソウ(ニチロが「専用農場で」というもので買い込んでみたら大冒険で中国産だった)
  • クラブソーダ*2(酔い醒まし用)
冷蔵庫の中身と合わせると、今夜の晩御飯と明日の3食を賄って余りある食材が都合2,296円でした。4で割ると‥‥まあいいや、考えないことにしよう。
明日から蟄居で自宅作業三昧、楽しい。
明日夜の大森セッションには行けるのだろうか。確率半々だなあ。

まあいいや、とりあえず元気だし。

2007年2月14日(水曜日)、Good Sleep(ぐっすり、と読むらしい)。
なんか昼過ぎにちょっと起きて、なんか食べてまた寝て起きたら夕刻。しょーがねーな俺。

いや、ふと我に返ると昼飯に作ったインスタント味噌汁のベナール対流を眺めながらトリップしている自分がいたものですから。あっぶねーなー俺。


今日のうどん:

仕事の材料の受け渡しで新中野に出たついでに、四国屋さんでかきあげうどん。満足。次回は肉刻みかかしわにしようかな。メニューに「す うどん」というのがあっていろいろ想像して遊んでいたところが、そのちょっと下に「きざみうどん」というのがあってまた遊べました。饂飩と冷麦と素麺ってフラクタル構造に、なってねえよというかいかん脳が疲れているような。

諸般の事情で預けておいた自転車も回収して、鍋屋横丁から青梅街道と山手通りを経由して帰宅。途中で丸正とかピーコックとかライフとかに寄ってみたのだが、鮮魚系の収穫は無し。まあ夜中に魚を買おうというのが間違いなのだろうなあ、明日は早めに池袋に出て東武地下でもチェックしてみようか。間に合えば鰰か鰊、専門店的には生鱈子(エノキと炊き合わせる)、牡蠣、鰆、譲って鮟鱇といったところか。旨そうな粕漬があればそれでもいいや。

というわけで豆腐買って帰宅、純粋湯豆腐にしましょう。


今日の暇つぶし:

  • Zirconsでどう考えてもバリトンではなかろうバリトンを担当している横ヤンの綽名を自主的に考えているのだが、「ずしり」と「どさり」とが僕のなかで闘っている。いや定着させる気もないのだが。

  • なんか障害児が小学校に入学するというニュースがあって(インテグレーションの話とかは今はしない)、その子は「ランドセルの色をどうしようか」って迷っているのだそうな。俺の頃にはそんな選択肢はなかったなあ、なんてちょっと思った。

  • 寝ている間にふと思い出したのだが、小学生をやっていたころに市主催の「子ども発明展」というのに「謎パチンコ台」というのを出品したことがある。斜に設置したベニヤの下でマグネットが回転していて、平板なのにパチンコ玉がうねうねと落ちてくるという面白い作品ではあったのだが無冠でしたな(後に気づいたのだが、あたりまえだ)。
    そのパチンコマシンを作るのにはやはりパチンコ玉が必要で、近所を歩いていた大学生風味をナンパして事情を説明して百円玉を渡して「パチンコ玉を買ってきてください」と依頼した無茶な小学生の俺。そして3時間後にパチンコ玉1kgと大袋3つ分のお菓子が届けられたのでした。

    いい話でしょ?

  • 聴覚障害者ばかりを狙って金銭詐欺をやらかしたというおばさんのニュース。テレビで眺めていたら「巧みな手話で被害者を」っていう表現がありましたな。口話であれば「巧みな話術で」といったところか。茶化すわけではないが、儂らが海外旅行中に日本語のできるロコに出会った感じででもあるのだろうか。

今日のハリウッド:

DVD『幸福の黄色いハンカチ』 映画『幸福の黄色いハンカチ』、ハリウッドでリメイク決定。どうせなら夕張でロケしてやってくんないかな。

関係ないけど、念のため原作にリンクを貼ってみたのだけれどもこのジャケって最低だよね(未見の人はよく見ないように)。ちったぁ考えろよ>>松竹映画。


今日のウルトラマン・メビウス:

80エイティ兄貴の出てきた回で、

ミライ「××だと思います」
隊員「コノミの言った通りにか?」
ミライ「はい」
コノミ隊員が基地でその台詞を言ったとき、ミライは中学校を調査中だったように思うのだが。
ゴモラの出てきた回で、サコミズは宇宙空間で敵性宇宙人軍団に襲われる。そこをゾフィーが助けるのだが、サコミズ機と敵軍が相対距離では静止しているのはまだいいとして(本来ならばあり得ないとも思うが)、敵軍機の爆発音とかがどんどこ聞こえるのはどういうことよ。
そんなこととは関係なく、殺害されていく怪獣だの宇宙人だのの死体が残らないのが今(というか最近の)シリーズの気に入らないところだ。まあ悪者は綺麗さっぱり死んでくれというのは水戸黄門(あれは打撃か)とか暴れん坊将軍(吉宗は峰打ちだが、お付きの御庭番は明らかに刺殺しているぞ)とかでも常識なのだろうけれども、やはり傷つけば血も出よう、死ねば死体は残る、というのは特にお子さんがたとアメリカ人と33歳以上の大人には知ってほしい (Don't trust over 32)。初代ウルトラマンなんか、シーボーズもジャミラも鎮魂の話だったし、ケロニアの時には庶民が死体をお風呂の焚きつけにしていたと記憶する(葉っぱ怪獣なのでよく燃えるんだなこれが)。

明日からは、

明日の昼間は自宅作業。
夕刻からOK牧場。

明後日は、昼間は自宅作業で夕刻から大森でジャムかも。
宿題としては、ネット廻りでいろいろ不具合が(ホストが勝手に仕様変更しやがったりしたもんだから)あるもので、ちょっと整理したいような。

あと3月末でOK牧場は自主失業するのだけれども、そのあとどうしたもんかなあ。いやまあ寝てればいいのだけれども、それもねえ。

2007年2月13日(火曜日)、補遺。
今日のオファー:

ここ数日間で仕上げたテープ起こしのお仕事なのだが、実のところスケジュール遵守という点においては完全に失敗したなあと思っている(やのじに囲まれて2日潰れるとか予想できっかよ)。バンスまで頼んでおきながら、しかもかなり手加減していただきながら、申し訳ないことでした。ところがなんとびっくりしたことに、午後に納品したと思ったら夕刻には追加注文が入りました。元請けであるさきさま(僕は下請けです)としても、よほど人手が不足しているのであろう。涙なしには語れない話ではあるし、今度こそ土曜日までにきっちりとですね。

ということは今晩くらいしか酒呑んでるヒマがないので、とりあえず張り切って飲んでおこう。


今日のオファー(2):

アルカフェさんから「3月15日にライブを」という依頼がありました。手帳をみたら空いてるもんだから、即座にお返事して出演決定みたいな。

どうすっかな、阿貴さん(p)とたーきく君(b)を頼んでジャズのトリオとか演っちゃっても面白いのだが。あるいはリードを誰かに頼んで俺がピアノとか。いや、出演するのは応諾したけど、誰もウクレレを弾くなんて言ってませんから。出演依頼があっただけですから。ふみ君(g)ってヒマかなあ。菅沼君(p)のフォービートもいっかい聴いてみたいような気もするし、そういえばアル美先生(p)とかいろいろ駒はあるぞ。いよいよとなったら山崎規夫を念力で呼び寄せるという手もあってだな。


忙しい私:

  • 津原泰水『ブラバン』
  • 安部公房『第四間氷期』
  • アイザック・アジモフ『ロボットの時代』
  • 筒井康隆『ジーザス・クライスト・トリックスター』
『ブラバン』以外は再読だが、読了。どこにそんな暇があったのだろうか。たぶんITとか温暖化とかに触発されたバカが宗教に逃げたような話なのだろうけれども。バカは私だ。

今は通りがかりの古本屋で電車移動用に買い込んだ『十五少年漂流記』の新訳(たぶん。小学生時分に読んだのとはいろいろ違うように思う)を読んでいるのだが、これって「漂流記」じゃなくて「漂着記」だよな。まあロビンソンも漂流記だったからそういう伝統でもあるのかなと思って原題を調べてみたら、原題とは関係なく日本国内で勝手に付けたタイトルが日本語として間違っていたという話なんだな。ベルヌさん、ごめんなさい(日本国民として)。


今日のジルコンズ:

昨年暮れのZirconsライブのDVDがあがってきたのは言ったっけ。確か「コピーを欲しい」という申し出もあったので張り切って増刷するからさ。ライブ会場で手渡すから楽しみにしていてください。

そんでまあこれがあんまり面白いものだから。

2007年2月13日(火曜日)、終わる終わらないではなくて終わらせるという意志こそが重要なのだ。
今日の木星サイクル:

けっきょく夜から90分働いちゃあ30分眠るようなことを繰り返して、体調すこぶるつきに良し、お仕事の調子も良し。ひょっとするとこの繰り返しに点滴とオマルでも用意しておきゃいつまででも働けるんじゃないか、なんて錯覚する今日子の頃。そんな人生はいやだ。

途中で軽い晩飯を摂ったり、買い置きのチョコレート4袋が無くなったのを買いにコンビニまで行ったりで軽くペースを崩しつつ、午前9時までに最初の大物をやっつける。小休憩でZirconsのライブDVDなど眺めたのは失敗だったか、こまめに働いているのが阿呆らしくもなったのだがそういう気持ちは押し入れにしまい込んで鍵をかけて。

また寝たり起きたりしつつ、昼過ぎにいろいろトッピングうどんを作って食べて、そんなこんなで14時くらいにミッション終了。というか押しすぎだろきさん。ごめんなさい。


今後の予定:

あとは16時まで寝て、OK牧場行って深夜に帰ってきて酒飲んで寝て今日はおしまいっ!

footcopy