FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年1月21日と22日(日曜日と月曜日)、ジャム(ブルース)など。

日曜日、

朝9時起床。

本来なら昼前くらいまでは寝ていていいスケジュールだったものだから昼寝を予定して、午前中はビール。ろくでなし。ほっとけ。たぶん昨日のPC作業に集中しすぎて脳味噌が寝てないんだよな。馴れないことはするもんじゃない。ろくでなし。ほっとけ、夕方までに仕上げりゃ文句ないだろ。ごくつぶし。


今日のダブルブッキングもどき:

男声合唱『三月会』の大先輩からメールが届いていて、次回演奏会のステージマネージャを依頼したいとの由。あ、4月28日って以前に聞いてたなあ、しまったZircons入れちまったよ。ちょっとどっきりしながら本文を読んでみたら、いろいろあって4月21日の東京文化会館を押さえたらしい。ひとあんしん。

前回の反省を踏まえると、どうやらステージ廻りよりは受付廻りとお客さん捌きのほうに重点を置くべきなのだろうなあ。あと合唱団のほうが50人合わせると3,500歳くらいになっちゃうものだから、医療班をですね。いや冗談です。頭ごなしに怒らないでください。ごめんなさい。


今日のジャムネタ(1):

ハーモニカ中。 東中野キングビーが東中野ラバーキャットになってまたどこかに行っちゃったものが、こんどは2月から「ライブダイナー プリズントーキョー」として復活する、らしい。第2第4火曜日には黒岩さんのセッションも再開されるようで、よろしゅうございました。

え? カラオケ置いてんの? ダーツマシン? よく判んないけど行ってみないことにはなにも判らないな。とまれ期待して開店を待ちましょう。


今日のジャムセッション(ブルース):

20時から池袋のロックバー「バレルハウス」にてブルースのジャムセッション。題して"Barrelhouse Blues Session"(略してBBS(笑))。なにしろ店主が思いつきで始めた第1回というか、その店主が余所のジャムセッションに顔を出したことがないという大冒険なのだけれども、こなれたホストとお客さんたちで楽しめました。気をよくして次回もあるらしいもので、Punchさんとヒロユキさんでも誘ってみようか。

とりあえずアップライトを弾くものだから、百均でスタンドミラーを買っていってピアノの上に設置してアイカタ監視用のバックミラーとする。それでギター数人、ベース数人、ドラムス数人、ラッパ一人、ハーモニカ2人(僕と店長)、ピアノ1人(僕)という感じで、要するに僕はずうっと弾いていても構わないわけなのだが、ときどき休んで酒飲んだりしつつ。僕(ピアノ)が入るとなんとなくシカゴなのだが、入らないと思いっきりデルタだったりするのがまた面白かったりなんかして。

それでブルースセッションなのでブルースばっかり演るわけなのだが、なんか異様に耳のいい人たちがたくさんいて、けっこうインタラクティブに楽しめました。誰かが何か仕掛けると、全員で反応するもんな。僕? とうぜんのように笑いながら仕掛けまくり(笑)。右手の3連連打はまだ未熟なのだが、トリルでも似たような効果が得られることが判ったものだからそっちで誤魔化して、ソロは例によってブロックコードとアウトの行ったり来たり。ちょっと機械の都合でピアノの音量が負けてるものだから、しょうがないのでちからいっぱい弾いてデカい音を出す。それでいいのだ。ちからいっぱい弾いているものだからミストーンも多いのだが、要は勢いと音量でしょう。それでいいのだ。


小耳にはさんだところでは、お客さんから「みんなうますぎてつまらない」という感想もあったらしく。

そんなことないと思うけどなあ。器楽を演奏するについてのテクニックだったらまあほどよく上手いくらいだと思うし、上手さをひけらかしすぎる人もいなかったし、よく聴き合っていたいいセッションだったとも思うし、腰の退けている人にも親切だったし(むしろ過剰に親切だったし)、あるいはアオヤギさんの腰が低すぎたのが原因だったのだろうか(笑)。

いや、アオヤギさんというとっても腰の低いギタリストがいらしていて、このかたがドラムスも叩けるというので座ってもらったら「エイトしかできませんすみません」って感じで、でも演奏が始まるとそのエイトがものすごい。ギターを弾いていただいたら、これがまたゴリゴリのバリバリ。それで演奏が終わって素に戻るとまた異様に腰が低くてですね。そのまま「こち亀の本田速人」が目の前にいるわけで、私はとってもお友だちになりたかったのです。


ベースを弾いている若い人になにやら見覚えがあるなあと思っていたら、学生時代に高田馬場界隈のジャズ屋で毎晩飲んだくれていた時代によくツルんでいたヤマモトヨシタカ君でした。10年くらいぶり? 当時はギターだったが今はベーシストとしてそれなりの地歩を固めているらしく、喜ばしい。

そのヤマモト君が小生意気なことにカノジョを連れていてですね。10年前にはあの界隈の野郎どものなかで女っ気があったのは俺だけだったのだが、時代も移り変わるということなのでしょうね。


今日のイチャモン:

例の納豆のニュースなのだが、毎日新聞さんから引用させていただく。

>>スーパーで、最後の5パックをまとめ買いした同市磯子区の会社役員の男性(65)。放送を見た妻と娘が「毎日2パック食べなければいけない」と言い出し、会社帰りに毎日買いに行かされた。「いい迷惑。テレビ局はいいかげんにしてほしい」。怒りは収まらない。
バカじゃねえのか、こんなもんをニュースにすんなよ。仮にこれを記事にするならば市場操作疑惑にまで踏み込めばまだセーフなのだろうが、そんなことどこにも書かれていないし。

月曜日

の朝はてきとうに起床。

音質と音量のよろしくない音源のテープ起こしをしばらくこなしてから、今日は改装工事中のOK牧場へ。社長がニッセンで棚を2つ買ったのだが、てっきり完成品が届くと思っていたら不親切な取説と大量の部品が届きやがって、僕ともう一人の大の男が二人がかりで組み立て作業と取っ組み合うこと3時間半(笑)。仕事にならんぜよ。

午前2時くらいに帰宅して、ちょっと左下の奥歯が痛むものだからなにやらやわらかいものを作って晩飯とする。


今日の褒められた(のだと思う):

昨日のジャム(ジャズ)について、アル美先生からお便りを頂戴しました。ありがとうございます。

>>(りび)さんのピアノも大変面白かったです!まさにモンクばりですね。特に左手の使い方が良かったですが、サウスポーではないですよね? とても柔軟な感性の持ち主ということが分かりました。天才肌か?!(笑い)
ソロ・オン・ヴォーグ+1 「面白い」と言っていただけたのがいちばん嬉しいかな。ライブの合間にもアル美先生とお話したのだが、僕は怠け者なのでビル・エバンスとハービー・ハンコックが鐚一文びたいちもんたりとも入っていないわけで。ほんとはポール・ブレイなんかも好きなんだけど、頭がヘタクソなのでそっちも入っていません。ピアノで好きなのはまずセロニアス・モンク先生、あとはドクター・ジョンとミシャ・メンゲルベルクと小島良喜とあとえーと。

ちなみに、実は好きな演奏者にピアニストってまずいないのね、俺。セロニアス・モンク先生がたまたまピアノを弾いているだけで、アリス・クーパーやドクター・ジョンやパパ・ウェンバやエリック・ドルフィーやエイドリアン・ブリューやローランド・カークやジョン・ベルーシやボビー・マクファーリンやボブ・マーレイが好きです。演奏する曲目はなんでもいい、「その人」が判るのが好きなんだろうなあ。

あと僕の左手はねえ、ソロだと小洒落たコンピングができないんですよぅ。ロック畑ばっかりにいたものだから、それで生ピアノが好きだったものだから、畢竟ブロックコード+メロディ強調用の対旋律(乃至ユニゾン)の左手オクターブになっちゃったんでしょうね、おそらく。バッキングでは左手5に右手5+とか左手1に右手-9とかは多用しているのだろうと思います。特に今回のジャムではコード楽器がほぼひとりだったものだから、そういうふうになっちゃったんだろうなあ(単独ソロピアノとか弾くと、もう短二度頻出で滅茶苦茶ですよ、こんど『'Round about Midnight』のソロでも演ってみましょうね)。

ちなみに右利きです。



明日は、

この調子だと昼頃に起床かしら。
とりあえず夕刻までにテープ起こしを終わらせること。例のHawaiian Dreamの支払い期限が20日なのにまだ払っていなくて、でも口頭弁論調書を読むと1回まではちょいと遅れても構わないみたいなので*、テープ起こしのトッパライでなんとかしようという魂胆なのでした。はは呑気だね。
夕刻からOK牧場で、改装工事の積み残しの床貼りとかそんなのもあるらしい。なに屋さんなのでしょうか、私は。

    *ちょいと遅れても構わないみたい
    口頭弁論調書より引用:
    被告(引用註:俺のこと)が前項の分割金の支払を2回分以上怠ったときは,被告は原告に対し,直ちに第2項の金員から既払金を控除した残額及びこれに対する期限の利益を喪失した日の翌日から支払済みまで年15パーセントの割合による遅延損害金を支払う。
どうせ深夜に帰宅したら、ちょいとお掃除などしてエレピを弾けるようにしないとかなん(ピアノの上にはまたコートとかセーターとかがつくねてあるし、ピアノの前にはいろいろなものが置いてありましてですね)。そろそろ『Think』の仕込みに入らんといいかげんマズかとよ。

冷蔵庫には豚ロースとステーキ肉と冷凍菠薐草がある筈で、あとうどんの生麺のパックもいくつかあってタマゴもあるのだから、当座飢える心配はないな。よし、ソリッドに行くぜなどと思いつつワンテンpαをよく振って嚥下する月曜日の夜なのでした。



スポンサーサイト



footcopy