FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年1月3日(水曜日)、粕漬続行。
今日のびっくり:

テンタクルズ 僕は『テンタクルズ』と『要塞警察』のオープニングをごっちゃにしていました。なんてこった。

いやまあ『テンタクルズ』をGyaOで眺めたんですけどね、もうテレビを含めると10回目くらいになるかな。つまんないのは判ってるんだけどつい観ちゃう類のもので、バカな子ほど可愛いような感じのものです。


今日の『アンデッド』。

アンデッド(推奨) 正月早々そんなにくだらないものを眺めていてもしょうがなかろうってんで、GyaOでてきとうに選んで『アンデッド』というゾンビ映画を眺めていたら、これが大傑作でした。こいつぁ今年もいいことあるぞ。

オーストラリアの新人さんの作になるということで、ちょっと思い出すだけでもピーター・ジャクソン『ブレイン・デッド』、ジョージ・ミラー『マッドマックス』、どうでもいいけど北村龍平(すみません、ゴジラ観た直後だもんで)なんてのがあるけど、初々しさと爽快感のあるいい映画だと思いました。劇中に「携挙」とか『タクシードライバー』とかクローネンバーグのカナダ時代とかいろいろ出てくるしね、そういう意味でも楽しい。


こんな映画(↓)が好きな人にはおすすめです。
  • ブロブ - 宇宙からの不明物体 -
  • トレマーズ
  • ベビーシッター・アドベンチャー
  • バタリアン・リターンズ
マジで面白いので、詳細は書きません。

今日のあの映画群クイズ:

ついでなので、食事中にふと思いついた「ある共通項を持った映画たち」を並べておきます。

どついたるねん ザ・フライ スタンド・バイ・ミー 下妻物語 シックス・センス 共通項の判ったかたはコメント欄へどうぞ(気づいても書きたかねえか、まあいいや)。


明日は、
  • 実家の納屋の修繕、
  • テープ起こしのお仕事、
  • お掃除を少々、
といった感じ。起床したら酒は飲まないつもり。


スポンサーサイト



2007年1月2日(火曜日)、人間の粕漬。
つまり全身の水素分子がヒドロキシル基に置き換わっているわけですね。こいつが炭水化物に戻るときに加水分解するものだから、飲んだ翌朝には喉が渇くわけだ(ほんとかなあ)。まあ自分で「アルコール標本」とか言い出さないだけマシか。マシなのか。我を捨ててこその俺だぞ。はい、酔っ払ってまぁす。

西遊記(1978) 今日は昼前くらいに目覚めて、CXに『西遊記』がかかっていたものをしばらく眺めて、こんなに面白くなりそうな素材をどうやったらこんなにつまらなくつくれるのだろうな、などと思って鑑賞停止。こないだうちまでテレ玉でやってた旧シリーズ(主演はマチャアキと夏目雅子)のほうが一億倍も面白いぜ、光学合成万歳(という以前にテレビ屋魂万歳!)。


そういえば年賀状が今日も届いていましたな、4通(トータルで5通)。以前は2日は逓信省おやすみだったように思うのだが、いつもありがとうございます。

それで眺めていて気づいたのだが、賀状のうち2割が親戚、2割が音楽関係、残りの6割が聴覚障害者福祉関係でしたな。情報保障界隈から足を洗ってもうずいぶんになるのだが、あいつらはまあ戦友みたいなもんだからな。たまにゃお返事くらい書いてみようか。


ザ・ビースト 少し寝て、夕刻から起き出して、NHKにダイオウイカとかコモドドラゴンとかが出演していたので熱心に眺める。やっぱ僕は好きだな、巨大生物(そういえば昨日も「マグロ一本釣り」のドキュメンタリーとか眺めていたような)。湘南のゾウアザラシ(3トン)とか上野動物園のカバ(2トン)とか横ヤン(1.5トン)とか、眺めていて飽きない。ところでコモドドラゴンの格闘シーンは、カットを割ってありましたな。どうやって撮ったんだろう、やはりレイ・ケロッグとかが演技指導に来ていたりなんかしたのだろうか。日本映画でもカイル・クーパーとかキース・エマーソンとか平気な顔して参加してるのだから、可能性はあるぞ(すいません、これも嘘ですね)。

21時すぎに、豚ロースとか鶏肉とか買ってこようかなとおもって東中野ライフへ。営業してねえよ。2日から営業って威張ってたじゃねえかよ、この落とし前をどうつけてくれるんだよああ姐ちゃん。バカ言ってないで、しょうがないからセブンイレブンでおでん。俺ん家の食卓を少しでも知っている人ならばあり得ない選択であることは容易に知れようが、まあものは試し。

そうさの、個人的にはぐわっと炊きあげてからいったん冷まして、それからあっためたおでんが好きかなあ。セブンイレブンも悪くはないけど、なんかどれを食べてもおんなじ味みたいな気がする。食感も似たようなもので、ぜんぶぐだぐだというのはどうなのだろう。いや、おでんというのはそういうものだという意見もあろうが。


ゴジラ ファイナル ウォーズ ついでに、レンタルビデオで『ゴジラ・ファイナルウォーズ』のDVDも借りてきました。2004年の暮れにロードショーで観てちょっとなんなのよそれはお兄さんという感じではあったのだが、そろそろ一回りして面白くなってんじゃないかと思ってさ。ほら、『スペース・バンパイア』なんか名画座で観たときにゃ「なんだこれ」だったのがだんだん熟成されて、昨年にDVDまで買っちまったもんな。

眺めていると、当時の「北村かよ」とか「アメリカがアレだったから」とかいうこだわりが俺のなかで減衰しているぶん、楽しめたかな。でも「お前ってゴジラの初代かよ」(ほんとにあいつが生きてるんだもん)とか、あるいは水野久美がエックス星人だったからってなにを驚くことがあるくらいのことで、ゴジラ好きとしては立ち位置が無いというか梯子を外されているというか。もっとやりようがあるだろうに、とはやはり思ってしまったのでした。


ってGODZILLA眺めてたら、ウソもう25時過ぎかよ。

寝る。

footcopy