FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年12月12日(火曜日)、閑居。
朝、適当に起床。昨晩の残りの寄せ鍋とご飯でダイエット朝食。あとコーヒー。そして帰宅してお風呂。
今日の営繕業:

送料無料!取替用ドアクローザー 実家の母から電話があって、なんか玄関ドアの調子がよろしくないと言うのだが、口頭だとよく判らないものだからちょいと行ってみる。ああ、なるほど。

セキスイハイムのメンテに電話して(不承不承。この家が建ったときにエクステリアの対応でちょいとモメて、腹を立てた俺はセキスイハイムから始末書を取った。今でも手許に置いてある)、「ドアチェッカーの油圧がヤレちゃったみたいで、速度区間が無くなってるんですよ」って言ってみた。要するに「寿命」なんだが、こんなとこで専門用語が出てくる俺がなんだかなあ。でもいちおう「消費者としての自衛」の心算でもあるのね。


12月22日のライブ営業:

なにやら幸せそうでバブリーそうなホームパーティでの演奏だそうで、ちょいと気合いを入れて、と。というわけで曲目(案)が来ました。

  • Someday My Prince Will Come
  • But Not For Me
  • Come Together
  • さらば恋人
  • Lately
  • Happy Christmas
【ペトロフ】(チェコ製) グランドピアノ ふつうに考えればそんなに苦労はなさそうだけど(『さらば恋人』が判らない。『Lately』ってスティービー・ワンダーかなんかかな?)、ボーカリストが編成に入っているものだから突拍子もないキーになったりして(笑)。まあリハーサルから本番までなか4日もあるから、なんとかなるでしょう。

12月24日のライブ営業

アルカフェさんはほぼノーギャラだけどな(笑)、まあ営業ということにしておきましょう。そういえばほぼ「持ち出し」で人前演奏しているハコもここだけだけど、まあ不採算部門があるくらいのほうが健全ってもんだな、企業経営としては。

曲目は出しておかないとな。いつもみたいに「いちおうレシピは作っていくけど、けっきょくその場で演目を決めて15分押し」というわけにも行くまい。えーと、30分ステージということは10曲前後か。

クリスマスらしいもの。『Mother』どうすっかな。『上を向いて歩こう・失恋バージョン』どうすっかな。『ラストダンスは私と』の解釈どうすっかな。なんでおめでたいものがでてこないかね、俺ってものは。

  1. ↑器 Crazy G
  2. ↑歌 赤鼻のトナカイ(ボサノババージョン)
  3. ↑歌 ラストダンスは私と(ハッピーバージョン)
  4. ↓歌 上を向いて歩こう(失恋バージョン)
  5. ↓歌 Mother
  6. ↑歌 家とカサ
  7. ↑歌 コーヒー・ルンバ
  8. ←歌 君にあえてよかった(ブルース・バージョン)
  9. ↑歌 Close to You
  10. ↑器 カーニバルの朝
  11. ↑歌 林檎の木の下で
  12. ↑歌 花
  13. ↑歌 White Christmas
  14. ↑歌 はじめてのチュウ
  15. ↑歌 All of Me
※↑:あげる ↓:落とす ←:イーブン 歌:歌 器:器楽
※順不同

テーマを「人と人とのリレーション」に絞るとこんな感じで、様子を見ててきとうに減らして、と(『Mother』は減らしてあげない(笑))。あ、ピアノで『Imagine』とかいうのもあるなあ。まあいいや、検討する時間はある(とか言いつついっつも時間切れになるのだが)。


今日のイチャモン:

チャップリン『独裁者』。本屋さんに500円で並んでいます。
500円で買ってきたバッタDVD『チャップリンの独裁者』を眺めていたら、劈頭の高射砲不発弾のシーンで「Check the fuse」という台詞に「導火線を調べろ」という字幕が付いていました。

  1. 高射砲から榴弾が飛ばなかったんだから、フューズじゃなくて本体を調べたほうがいいと思うんですけど、どうなのかな。
  2. それはいいとしても(直後のギャグに繋がるわけだからね)、不発弾を調べるときのFuseは「導火線」じゃなくて「信管」だと思う。
まあ500円のソフトならそんなもんか。たぶん字幕の係の人も500円で雇われているのだろうし。
今日の晩飯:

いちにちの仕事を終えた午後4時(笑)、近所の商店街までお買い物に行く。

魚屋さんで1尾120円のハタハタを2尾買って、魚屋のおばちゃんと調理法などについて雑談など。
酒屋さんでビールを仕込んで、酒屋のおばちゃんとハタハタとか黒ソイとかニシンとかの話をする。おばちゃんが「ハタハタって近海産なのかしら」と言っていたのだが、稚魚放流はともかく養殖しているという話も聞かないし、産地つうたら北海道か秋田か鳥取あたりなんじゃねえの?みたいな話をしてですね。帰宅して調べてみたら、僕がまる嘘ついてました。

帰宅して、今日はハタハタと湯豆腐と、適当な汁物とご飯。



明日は、

ふつうにOK牧場。



明後日は、

HD事件の話なんだけど、海外搬送業者が泣いて頼むものだからOK牧場の前の夕刻くらいに会ってやる話になっている。めんどくさい。
要するに「荷物(G-Stringウクレレ)は届いたのだけれども、受取人たるトサカタクヤさんがいない」という話のようで、しかも電話による事情聴取ではなくて担当者実地応対ということはだな、それなりの意図があるということなのだろう。それくらいのことは馬鹿な俺にも判るわけで、ややこしいもんに関わっちゃったなあ。

とりあえず、OK牧場に17時半くらいに着きたいと伝えてみたら「では15時に」って、そんなたいそうな話なの、かなあ。もうどうでもいい。



スポンサーサイト



2006年12月11日(月曜日)、魚食い。
黒ソイ 朝てきとうに起き出して、新中野まで仕事のデータをもらいに行く。
よくよく見るとこれやっつけて千円くらいだぞってんで千円もらって、中野丸井でヒレカツランチとカキフライを奢ってもらって、丸正で晩飯用に特売の黒ソイを買い込んで、近くの魚屋さんで安売りになっていたハタハタも買い込んで、交通費も合わせるとちょうど千円くらいも使って「いってこい」でした。

そのまま大富豪宅まで歩いていって、PCを借りて40分くらいで千円分の仕事を片づけてメールで納品して、ハタハタと黒ソイは大富豪の冷蔵庫に放り込んで、大富豪のママチャリを借りて池袋はOK牧場へ。


今日のイチャモン:

バスのなかで、高齢者交通安全川柳というポスターを眺める。うちの一句。

>>年取れば ウサギさんより カメがいい
  • せかせかと先を急いでいるのはウサギさんではなく、カメさんだ。
    マイペースで余裕を持って行動しているのがウサギさん。
  • もし「急ぐな」と言いたいのならば、年齢は関係なかろうもん。
  • なんでカメさんだけ呼び捨てなのだ。
どこから突っ込んだものやら。やれやれ。
今日の晩飯:

ハーマン ビルトインコンロ ものすごい深更に勝手に大富豪邸に忍び込んで、かなり自由な身分で一泊の留守番などする。というかなんか「盗っ人を呼び込んだ」感じなんですけど、まあいいでしょう。

大富豪邸のキッチンのビルトインコンロはなにやら難しい作りになっていて、グリルに下塩した魚を放り込むとあとはコンピュータが判断して勝手に焼いてくれる。というわけで黒ソイを放り込んで、「丸ごと魚の強火焼き」スイッチを入れて待っていると、見事な塩焼ができあがるわけさ。とっても便利だが面白くもなんともねえなあ。まあいいか。
黒ソイ 魚が焼けるまでの間に地下のワインセラーに行って、ふつうに魚の塩焼なんだから順当に辛めの白ワインかなと思って、シャルドネのよく冷えた瓶を持ってくる。いったいぜんたいいくらくらいするんだろうかな、これ。

全長で30cmほど(500gくらいかなあ)の黒ソイは、ハイテクのグリルさんを信用して切れ目も入れずに塩して焼いたんだけど。ウロコ? 男の子はそんなものは取らないっ(鯛に貫祿負けした場合だけは別)。味はそうだな、乏しい知識から無理矢理表現すると、鯛とイサキのキマイラみたいな感じかなあ。淡白で身離れがよくて、たぶんバジルとかコリアンダーあたりと合わせてみても面白いんじゃないかなあ。これで380円ならかなりのお釣りでしょう。

ついでに僕は焼魚の内臓も好きで(胆嚢までちゃんと食べます)、そしてデカい魚は内臓もデカい。たいへん満足したことでした。

あとはハイテクグリルでハタハタも焼いて、ハイテク冷蔵庫のよく判らないドアのとこにホタテとクルマエビがあったものだからごく小規模な寄せ鍋を作って、冷凍ご飯を少々温めて、ワインが1本空いたところで今日の晩御飯はおしまい。ええ、ダイエット中なんですよ。

footcopy