FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年11月26日(日曜日)、スティーブ・ハケット!
ƒ[ƒuƒñ[ƒ}ƒgB‚È‚ºŽsì—Rˆß‚̃vƒƒtƒB[ƒ‹‚ªÚ‚Á‚Ä‚¢‚é‚́H 午前10時半、爽やかに起床。落合公園前の自販機まで這って行って缶コーヒーなど飲み下して、鯖目のままお仕事。捗らない。あたりまえか。

昨晩読んだビッグコミック誌の『総務部総務課山口六平太』では、世間との価値観のギャップに憤る今西課長に六平太が「諦めるな」と言っていた。これはつまりWar is over, If you want itの後半部分と同じ台詞ではある。

俺も頑張れ、信じればいつか終わる。いいのかこんな台詞で。


今日の半端な教養:

■その1.
某所での茶飲み話のついでに某女子に、「りびさんにとって腕時計ってなんですか?」と尋ねられた。まぁた心理テストかなんかだなと思いながら「手枷ですね」と答えてみたら、腕時計に対する感想というのは「恋人への想いのメタファ」なのだそうな。「りびさん最低最悪ですね」とか言われました、知らんてば。

■その2.
某所で水滸伝の話をしていて、某女子に「りびさんはどのあたりが好きですか?」って聞かれたものだから半分は洒落の心算で「んー、金瓶梅」って言ってみたら露骨にイヤな顔をされました。半分洒落なんだから半分は本気なんだけどね、まあいいや。

■その3.
ぜんぜん半端ではない話で、都営地下鉄が出してるエルミタージュ美術館のTカードを欲しがっている知人がいて、今日はちょっと大江戸線に乗ったついでに事務所で在庫をうかがってみた。駅員さんが在庫係さんに電話するときに、「ほら、エルミタージュのカード。ゴーギャンの奴」って言っていたのにちょっと驚いた俺。商品特性を把握しているいい駅員さんでした。

今日のSteve Hackett!:(不親切な記述)

夕刻にお仕事に煮詰まってふと「今日だな」と思ってSTB139に電話してみたら、スティーブ・ハケットのチケットにはまだ余裕があるそうでございまして。というか、スイートベイジルの2階を閉めていたんだからある意味では閑古鳥なのかな、惜しいことだ。

劈頭、STB139の紹介ビデオが流れるのだが、これのオープニングBGMがGolden Harvestのオープニングと一緒。霧笛のように「びおー」って。まあSTBのBも「ハーブ」のBなのだそうだから、たぶんなんかの洒落だな。

演奏のほうは、ソロギターが30分あったあとにフルートとキーボード(弟と伯父貴)を加えたトリオで、俺にとっては重要なのだが演奏は人力。メンバーによるオリジナルばかりの曲調こそ知らんとはいえ、フォークでアイリッシュでドビュッシーでスラッキーでクリムゾンで、要するに演りたいものを片っ端からやっつけているような感じで楽しめました。

ギターのスティーブ・ハケットさんはアコギ1本(1曲だけスラッキーのドロップD)にほぼノーエフェクトで、でもどう演ってるのか判らないんだけど(僕はギターを弾かない)、音色ががらりと変わるところがある。左右のタイミングとか塩梅とかがあるんだろうなあ、でもそこまで生弦楽器の音色を手許で「変える」ことに気を遣っていたのって、えーと、トミー・フラナガンあたりまでじゃないのか。あらゆるところでハーモニクスも出てくるし(ジャコか)ライトハンドもあるし、さらりと演っちゃうあたりが地味なのかなあ、集客は残念だったかもしれないなあ。

キーボードの係の「伯父さん」(ほんとうに家族で演ってるらしい)はRolandのXB使用で、特にピアノの音色だけじゃなくていろいろと。でもシーケンサは使っていなかったのでそこもよかった(俺は人力党過激派だってば)。ドビュッシー系のにおいがしたのはこの人のせいなんだろうかなあ。

フルートを吹いていた弟さんは「曲尺状の曲がったフルート」を持ってきていて、右肘の疲れない仕様。これがまた達者な人で、フルートのフラジオ(正確には声を混ぜてる)とか聴いたのってローランド・カーク以来でしたか。

個人的にはもっとセブンスとかハーフディミニッシュとかが混じった音が聴きたかったというのは無いものねだりとして、なんだ俺はツーファイブが好きなのかなんて思ったり、スティーブってばブルース演ってたりブルースハープ吹いてたりしたよなとも思いつつ、今日はこれでいいや。面白かった。


今日の六本木:

スイートベイジルでは「開演時にサービスできなかった皿はなかったことになる」という仕様なようで、注文したポテトとかピザとかハンバーグとかはけっきょく出てきませんでした。というわけで突発ツレの女子とアマンド地下のパスタ屋さんに潜って、シーザーサラダとパスタ2種など。まあまあだったかな、ちょっと塩辛いのは若い人相手の店だからなのだろう、勘弁しておいてやる。


帰宅がけ、マツキヨでワンテンpαの48カプセルパックを購入、ひとあんしん。あとライフで助宗鱈の切身と豆腐と生姜と春菊など購入。古本屋で秋田書店『ブラックジャック』第25巻が105円。平和だ。

帰宅してようようお仕事をやっつけて、
次のお仕事を準備して明朝からすぐとりかかれるようにして、
助宗鱈の鍋を味噌と生姜仕立てで作って、
3月あたりから放っておいた恐ろしげな風呂桶を掃除して(そんなもんだよ)、
あとなんか齧って寝る、と。



明日は、
あのお仕事があって、
このお仕事があって、
そのお仕事が仕掛で、
うわあ。もうOK牧場の9時間拘束(通勤込み)は切り離して計画を建てないとしょうもないな。


スポンサーサイト



footcopy