FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年11月20日(月曜日)、せこせことちまちましたことを。
今日の飯:

ワンテンpα 既に常習者となってしまったうえに、確認しただけで最低3人のフォロワーを生み出したワンテンpαをでも昨晩はお休みして、たっぷり眠りました。そして目覚めるなり1錠服用、と。

服用すると目覚めがいいというか、あっという間に目が覚めてしまうものだから余裕のある日には服用せずによく眠って、でもあとは睡眠不足をヤクで補っている感じか。あと、代謝が異常によくなっているみたいでやたら目鱈と腹が減る。



朝、鰺を焼いてご飯と納豆、おぼろ昆布のおすましとコーヒー。平和。

ザ・リバー。ジャケ写がものすごく美しいと思うの。 昼、テレ東午後ローのメル・ギブソン特集がなんと『ザ・リバー』で幕を切った。選定がマニアックすぎるのを眺めながら、冷凍のきのこスパゲティなどいただく。あとコーヒー。こういう良心的な映画を作れたのも、やはりメル・ギブソンの功績なんだろうなあ。私生活ではとんでもない人らしいとの噂も仄聞するが、発表しているものの質がよければそんなことは問題にはならない。映画でも文章でも音楽でも同じ。あと菓子パンを食べて、ご飯と納豆もいただく。どうにも食欲が止まらない。来週は『クリント・イーストウッドの監督作品特集』なのだそうだ。ものすごいことを考えるなあ東京12チャンネル。スト破りの描写もあって(「ピケ」とかいう言葉、何年ぶりに聞いたことだろうか)、『ガン・ホー』の最中にメル・ギブソンが乗り込んでくる描写を想像してしまった。冷蔵庫にブラック・タイガーもいるのだが、焼いたもんかなあ。いくらなんでも昼飯だしなあ。住み込みで「週50時間」って、意外とラクなんじゃねえの?と日本人の僕は思う。豚コマもあるのだが、これも晩飯かなあ。塩胡椒で炒めてレタスで巻くつもり。『マッドマックス』と『サンダードーム』の間にこれ撮ってるもんなあ、やはり職業的には真面目な人なのだと思う。あ、ギョーザもあるぞ。レタスを買い足しておいたものだろうか。


夜、冷蔵庫でよく熟成された -腐れているのとどう違うんだ- フィレ肉でステーキを焼く。他になんにもないんだから仕方がない。ご飯もないので、目玉焼きを2枚とキャベツ炒めと、メイクイーンがないので男爵を千切りにしてディナープレートいっちょあがり。ピクルスを添えてドイツ料理だぁ!(ヤケクソ)。


今日の国威発揚:

僕がインチキ英語で作っているウクレレ・サイトにフランスのゲンさん(女性)から投稿があって、

『ウクレレ・パラダイス』という譜面を捜しているんだけど、知らねえかい?
というものだから、
One for you, does it work? http://www.gendaiguitar.com/english/19ukulele.html
ってお返事しておいたら、
うーん、ビートルズの『オブラディ・オブラダ』の載ってるやつだから、違うみたいなんだよねぇ。
とのお返事がありました。

ウクレレ・パラダイス
どうしたもんかねえ。また後で捜しちゃみるけどさ。


今日の小さな疑問:

愛読しているネット某所のエッセイで「電気と電子」というネタが出ておりましてな、そういえば「電気オルガン」と「電子オルガン」の分かれ目はどこだったかな、なんて考え始めたら夜も眠られません(嘘)。

字義通りならば「鞴の動作を電動で賄う」ものが電気オルガンなのだろうが、どっちかというと「発振子の基調音を合成して音を作る」のが電気オルガン、「波形を生成加工して音を作る」のが電子オルガン、という気もするのよね。そのあたりの定義を自分のなかでかっちりさせたいのだが、ちょっと困っているわけよ。

ベース鍵のねえのはハモンドじゃねえっ! たとえばオリジナルのハモンドあたりならば本当に内部でモーターが回転しているわけだから、これも「電気オルガン」だよなあ。だから揺さぶるとビブラートがかかる。ジョン・ロードが本当にハモンドを揺すっている映像を見たことがあって「どういう体力なんだ」と思ったこともあるが、後年になって同じ人がDX-7を演奏中に揺さぶっていたこともあって「なんだ、そういう趣味の人なんだ」とも思ったりなんかして、これがさらに後年になって僕がウクレレを廻すことのルーツになったりもしたのだった。なんの話だっけ。それで最近の電子楽器がそれなりにアナログを再現する方向にありつつあって、ノード・エレクトロとか欲しいよなあ。そういえばエレキギターにも思いっきりエレクトロニックなやつがあって、パット・メセニーのギターの弦がブリッジのところでばっさりぶった切られていたのにはびっくりしたなあ。つまり押弦用と撥弦用のブロックが分かれているわけだが、あれはやはり12弦ギターと呼ぶのだろうか(笑)。ライトハンドとかするとどうなるのだろうか。なんの話だっけ。ちなみにジェフ・ベックによると「ディストーションとディレイとワウまでは電気、あとは電子」なのだそうだ。どういう基準なのだか判りづらいのだが、僕にはよく判る。なんの話だっけ。


今日のスパム:

タイトル「It me ××」というスパムメールが大量に来やがる。××のところはPerryとかCliffとかShannaとかいう微妙な人名で、中身はくっだらねえ投資案内なんだな。

どうでもいいけど「It's me」じゃねえのかとか、より正確には「It's I」なのかなあなどと思いつつ片っ端から削除。


今日のお仕事:

ITDN logotype ところで「凍結保存PRP、アテロコラーゲン、HAを用いた培養骨移植材開発の試み」という論文を英訳せねばならないのだが、いったいぜんたい何が書かれておるのかさっぱり判らん(笑)。どうしたものだろうか(爆)。

ついでに、このロゴタイプはクライアントさんの名刺にあったマジで0.5インチ角の画像をスキャンしたものなのだが、意外と綺麗に出るものですね。それはいいんだけど、クライアントさんが「この東京タワーを歩かせられないか」と言い出したの(笑)。いっそ踊らせるか(爆)。

誰かなんとかしてくんない?


明日は、昼間はお仕事。
夜は大久保水族館ってとこか。『Move』(Denzel Best)の譜面を書いていったものかなあ。
ヒマネタ。
アイデンティファイド:

がっかりの図。 さいきんは夜の会合、会合ちゅうてもたいがいジャム・セッションのたぐいなんだが、そういうのに出かけるときにサングラスをかけていないことが多い。
インチキ背広の図。 というわけで素通しメガネで登場すると、明らかな知己が俺を俺であることを認識してくれないケースが多々あるんだな。さいきんだとaoちゃんとかひやまとかじゅん吉とか、冷淡なものだと思う。まあいいんだけどさぁ、俺とグラサンとどっちが大事なんだ(笑)。


レゾンデートル:

俺はピアノはヘタなんだよ。自覚はあるし、練習もしていないから上手くなるわけもないし。じっさい、ステージ以外でピアノを弾いたのはここ1か月間で勘定して60分に満たないのではないか。


■1.
僕の演奏形態としては、
  • ピアノ、
  • クロマティック・ハーモニカ、
  • うた、
  • ウクレレ、
  • ウッドベース、
あたりを伴うことが多いわけだが。たまさか「専門はなんですか?」って尋ねられることもあるのだが、ぜんぶ一緒だもんね。楽器は違うんだけど、出てくる音は要するに「俺様」。
■2.
所謂ところのテクニカルな面については、たとえばピアノならば単独ソロがメインなので指遣いの向上なんかは必要ないんだよね、俺には(そりゃうまいにこしたことはないのだが)。

バンドでのソロだとなあ、スケールも判るしアヴォイド・ノートを「言い張る」ワザも持っているし、でもけっきょくペンタ。いいのかそんなことでとも思うが、どうなんだろう。


■3.
ジャムに行っているのは、主として「その場で絡みたい」からに他ならない。既存の演奏をなぞるのならばバンドでかっちり決めておけばいいわけだし、そうじゃなくて「場当たり」だからこそのジャムでしょう。

よしだいたい判った、とうぶんは「知らない場所に行って共演者を煽りまくる演奏者」というのが僕のスタンスたらん。迷惑な話だが。でもRD500(エレピ)の上につくねてある衣類は片づけよう。


今日の晩御飯:

さすがにお腹もすいたし、レンタルDVDも返さなきゃならんというのでついでに東中野ライフでお買い物。猛々しく抑えきれない食欲をどう騙すか、というのが今日のテーマだな。

  • マグロ刺身パック半額は、たぶん半分は洒落か冗談なんだと思うのだが、赤身から大トロまでがグラデーションで並んでいるお刺身のパックがあったもので、ついうっかり買ってしまう。こうやって並べて食べる機会ってないもんな、面白うございました。
  • 生鰺半額で身の豊かなものがあったので、塩焼に。
  • パン屋さんの売れ残りの菓子パンをいくつか。これは帰るなりレンジであっためて食べて緊急避難。
  • 豚のバラ肉を胡麻油とゴマと塩コショウで炒めて、レタスに乗っけていただく。どちらかというと野菜メイン。
  • あと買ったものでは冷凍ピザ半額と冷凍饂飩半額といったあたりで、これはストックしておく。
  • インフラ整備は食用ニボシとタバスコソースと醤油とレトルトのゴーヤーカレー、ついでに水ハミガキ。
ゴーヤーカレー
おりしも東中野ライフは「九州沖縄フェアー」中だったのだが、だったら島豆腐くらい置いといてくれよ。スクガラスもとうふようもこーれーぐーすも見当たらなかった。


ライフもなあ、あと「山形のだし」と「秋ウコン」を置いといてくれればだいたい完璧なんだけどなあ、惜しいことだなあ。


明日は、どうとでもなれ。
宇宙戦争。
宇宙戦争。 日曜日までに返却すべきDVDがあったもので、まあ眺めてみたわけさ。

大筋はジョージ・パル版とまず変わらず。でも焦点がこっちにあるのがマイナー・チェンジといった感じで、これで敵役があいつじゃなくて借金取りとかであったならショボい話になっていただろう。それはそれで好きだが(ドイツ軍侵攻時のフランスの話でしまいにゃ連合軍が来て、という史実ともぴったり符合するのだが、そんな話をする必要はありませんね)。さすがに現代科学の最高峰のCG(と光学合成とマットペイント(笑))を駆使しただけのことはあって、映像も音声もスケール感も素晴らしいが、そこをはぎ取るとまあその。いいんです、怪獣出て来りゃOKなんだから俺は。

敢えて言えば、防疫くらいしとけよこの間抜け。前回の襲撃から50年も経ってんねんぞ、いいかげん学習しろ(理不尽)。
あと、ブツが地下に埋設されていたということは、あいつらも『2001年』のモノリスの類なのだろうかしらん。いや、その可能性はあるぞ。


今日の得点:

個人的にツボに入ったのは中盤以降で、あいつらは実は「人型巨大ロボット」に乗って襲撃してきたのね。目的が「開墾」であるのだから判らないこともないけれども、僕らが他の星系を攻撃するとしてせいぜい出てくる発想が宇宙空母か轟天号にスーパーXかXウィング、せいぜい意表を突いてゼロ戦(ある理由でレシプロ以外は推進力を得られないのだ(笑))といったあたりで(僕だけの想像力が貧困なのかもしれないが)、ガンダムかパトレイバーもどきで攻めていこうとは思わないと思うんだな。

意外なところでお茶目だぞ、宇宙人てば。

正確には2006年11月19日(日曜日)、六本木でジャム・セッション。
というわけで土曜日は大量の昼食摂取後、野暮用で実家に寄ってみる。いやその、お仕事の都合でバージョン違いのWordが使いたかったものだから、母のPCを借りるわけね。なんで自宅作業所ではレイヤーになっている画像が、実家のPCだとそのまんまjpgで取り込めるのだろうか。機序がさっぱり判らんが結果オーライ。

そのうち父が現れて「ラーメンでも作ってやろうか」と言うのだが、とうぜん食えない。さすがにお腹いっぱい。


今日のジャム:

ウクレレ中(撮影:punchさん)。 23時過ぎに家を出て、今日は大江戸線で六本木はアマンドの向かいのライブハウスでパンチさんとチャイさん主催のジャム・セッション。真摯で熱いホストが敷居の低ぅい懐の深ぁい体制を作ってくれていて、安心して参加できるわけだな。今回はなぜかドラムだらけの演奏大会って感じで、キーボードは僕を入れて2人だったもんで弾きまくり。ついでにハーモニカ吹きまくりぃのウクレレ弾きまくりぃの、ってんで共演のみなさんを煽るだけ煽って遊んできました。実はちょっとした事故があって右手を潰しかけているのだが、ステージに立っちゃうと意外と平気なもんですね。


某所に感想があったもので無断引用させていただく。
>>今回はとくに、りびけんさんの演奏ってか、まるで劇バンの様に持って行き方がヤバかったッス(´∀`*)ヶタヶタヶタw いやぁ、セッションって楽しいですね( ´∀`)r
ふむ、おそらく褒められているのであろうと思って納得しておく(笑)。
終了後の午前5時から中華料理屋で楽しくウチアゲ。紹興酒をじゃぶじゃぶ飲んでバンド談義に花を咲かせて、大江戸線に乗って、目覚めれば光が丘。しょうがねえなってんで上りに乗り換えて、目覚めれば代々木。また下りに乗ったり上りに乗ったり新宿駅のベンチでうとうとしたりして、4時間かけて帰宅しましたとさ。馬鹿だ俺は。

今日の飯:

さぁすがに冷蔵庫すっからかん、冷凍の餃子があったもので齧って寝る。
明日は、ふつうにお仕事。ふつうったって英作文のノルマがどっさりあるのだが、これはじっくりやればやがて終わるたぐいのものだからまあなんとか。

2006年11月18日(土曜日)のお昼、暴走。

食欲が止まらん。

判りづらいが、目玉焼きとキャベツ炒めの乗ったビフテキ。
昨晩も結構食ってから寝たというのに、午前中起床で午後2時までに。

  1. お茶漬け
  2. 鰺の干物(ここで朝食を終えるつもりだった)
  3. 湯豆腐
  4. おしんこ
  5. トンソク(もの足りないので買物に出た)
  6. 太刀魚の塩焼(近所のめっさ美味い魚屋さんで購入)
  7. 柿(買物のついでによったつくし堂書店のおばちゃんの寄付)
  8. 焼きおにぎり(冷凍)
  9. 鰈の干物
  10. ビフテキ(もうどうにでもなれ)
  11. トマト(焼いてステーキの付け合せにした)
  12. 目玉焼き3枚(ステーキのおまけ)
  13. ごはん(さすがに仕上げに入る)
  14. 豆腐の味噌汁
  15. 缶チューハイ4本
昼飯だよ、これ?
黒い絨氈 ウェイトは10年間がとこ60kgを維持してきたものが、ここ2、3日で65kgを記録。
こうなりゃ目指せ! うどん野郎ってことかね。

その前に視床下部異常とか心配したほうがいいような。

2006年11月13日から17日くらい(週日)、忙しゅうて日記も書けねえ。
ITDN Tokyo, こんなもん作ってます。 基本的に今週は、
  • 仕事してるか
  • 移動してるか
  • 飯食ってるか
  • 寝てるか
  • ドーピング決めてるか
のいずれかですな。


金曜日の午前中までに仕上げたのがこれ。それなりに大作だよなあ。

今日の薬物依存:

「パワー全快」ってあんた(笑)。 というわけでドーピングは続けておる。人にも薦めた。見るからにお疲れのご様子であられた知人にはちょっとばかり分けてあげたりもした。

おそらくは代謝がものすごく良くなっているのかなあ、矢鱈滅っ鱈と腹が減る。腹が減るのでものすごい量を食うような仕様になっているのだが、まあ食欲というのはないよりはあったほうがいいものなのだろうし。
睡眠時間が減ったのも、作用だか副作用だかなんだろうなあ。たいがい3時間くらいも眠ると目覚めてしまって、そのまま起きたり頑張って二度寝したりして忙しいことこのうえない。平均すると睡眠5時間/日くらいってとこか。いちおう生きて動いて大してつらくもないんだから、まあいいや。
そのうちなんらかの形でツケが廻ってくるであろうことは(たとえばブロンなんかはヒドいことになるよね)覚悟している。いまが元気ならばそれでいい。


ついでだが、楽天市場のアフィリエイト・タグがリニューアルされて、altタグが消えた。W3C真っ向勝負だなあ、なに考えてんだろう楽天。
月曜日のメシ:

高田馬場の「ザ・ハンバーグ」にウィンナー・シュニッツェルがあることをネットで発見して是非食いたかったのだが、いろいろな都合で池袋直行。西武デパートの食堂街でなにか食べようと思ったのだが値段に負けて、これもネットで調べておいた「三浦のハンバーグ」というお店に行ってみる。

売り物のハンバーグはまあまあだが、定食仕様で味噌汁が出てくるのに箸が置かれていない。フォークで食う味噌汁なんてものは豚のエサだよ、二度と行くもんか。


月曜日のイチャモン:

asahi.comより。

>>俳優の矢田亜希子さん(27)と俳優で歌手の押尾学さん(28)が13日に婚姻届を提出した、と矢田さんの所属事務所が発表した。矢田さんは俳優活動を今後も続けるという。
それで押尾さんはどうするの? というか、読みようにもよるのだろうけれどもあからさまに女性蔑視を匂わせる記事ではあるなあ、と思いました。
月曜日深夜の大冒険:

24時40分、池袋駅前。山手線の終電が遅れていれば乗れるんだけどね(たいがい遅れてるんだけどね)、西武池袋線の終電が24時45分くらいだったような気がして、そっちに行ってみる。ああ、あるね。
プラットフォームには各駅停車と準急が待ち構えていて、椎名町あたりで降りて歩けば、20分もかからずに家だものだから各駅停車に乗り込んでみる。乗り込んでみたら、遅れている山手線との連絡待ちで西武線の発車も遅れるとのアナウンスがあった。じゃあ山手線に行けばいいのかなとも思ったが、その遅れている山手線が上りだか下りだか判らないのだからここは自重しよう。この智恵がなんでもういっかい出てこないかな、俺は。

続いてのアナウンスは、「練馬駅で大江戸線と連絡しています、ご利用のかたは準急へ」というものだった。ああ、大江戸線があるんだ。じゃあそっちのほうがラクだなってんで向かい側ホームの準急に乗り換えて、練馬駅に到着。大江戸線の連絡は下りのみ。僕は上り線。え?


月曜日の晩飯:

湯豆腐と牛キャベツ炒め、ご飯。


火曜日のビデオ屋さん:

火曜日は平和裡に午前2時くらいにケッタ帰宅でですね、ちょいと椎名町駅前の24時間レンタルビデオを覗いてみました。

おいっ。 『海底軍艦』とか『地球防衛軍』とか『フランケンシュタイン対バラゴン』とか『サンダ対ガイラ』とか『女囚さそり』とか平気な顔して置いてやんの、DVDで。うわ。

海底軍艦 地球防衛軍 フランケンシュタイン vs. 地底怪獣 サンダ対ガイラ 女囚さそり けもの部屋 ダークシティ
ついでに「24時間営業ですので、日付変更線は午前6時になります」とか表現が正しいのかいいかげんなのか判らない営業方針も気に入ったし、ついついへたれGEOで借りている『宇宙戦争』を観終えたら入会するとしましょう。どうせ隔日くらいで店前を通るんだし(なぜ隔日かというと、帰宅ルートに東廻りと西廻りがあるからです)。


水曜日のメシ:

朝、鮭の切り身、ハンバーグ、キャベツ炒め、厚揚げ、ご飯と汁。
昼、豚肉とキャベツの炒め、大根の葉の味噌汁、きくらげ昆布、ご飯。
夜、豚肉とキャベツ炒め、おでん。


今日の携帯電話:

京ぽん Vodafoneの充電器は寝床の枕元にある。
寝ていないので充電もできていない。
畢竟バッテリーがピンチになるもので、池袋東口のSoftbankショップに行ってみた。「3G以外の充電は窓口へどうぞ」って、またしてもSoftbankは俺様の逆鱗に触れたね。

ぜったいwillcomに行ってやる。決めた。


木曜日のメシ:

朝、おでん、大根の煮物、鰺の干物、赤魚の干物、南半球産のステーキ、ごはん。


昼、
  • 大根の煮物が2cm厚×2、
  • おでんがちくわとちくわぶと牛スジと蒟蒻とツミレと豆腐とあといろいろ、
  • カマスの干物、鮭の切り身、
  • ビフテキ、
  • 目玉焼き×3、
  • ごはん3膳、
  • きくらげ昆布、
いくらなんでも食い過ぎ。でも夕刻過ぎに寿司も食った。夜は湯豆腐あたりでおとなしく。
今日もこれからOK牧場で、明日は昼間がお仕事、夜は遊びに行く。
2006年11月13日(月曜日)の午後、サウイフモノニワタシハナリタイ。
今日のABS:

【CD】INNOCENT SORROW / abingdon boys school YouTubeにAbingdon Boys School『Innocent Sorrow』のPVがあがっていたもので、ちょいと観てみる。楽曲はサビ強調もいいところで、「ああ、やっぱり売りたいのかなあ」と当然のことをちょっとだけ思う。思ってはみたもののそれどころではなくて、西川さんコンデンサマイクをそんなに振り回しちゃダメ! 値段も高くて壊れやすいんだからそんなにぶんぶんしちゃダメ! そっちのほうが気になって楽曲どころではありませんでしたとさ。


今日のハンバーグ・ステーキ:

朝食、トアルコ・トラジャとバナナチップとおしんこ。


昼飯は企画頓挫。

1コイン 純ビーフハンバーグ(2個入り) 昨日の高田馬場のThe Hamburgさんも美味しかったのだが、あまりにストイックな造りに「自分でやればもうちょっと汁気のある俺好みのものが作れるよなあ」とも思っちゃったりして。ほら、ちょっとバターを足してやったり、イタズラしてウコン粉とかカツブシとかシャンツァイとか混ぜたりするじゃんの(笑)。

でも、基本的に自炊生活をおくる俺が最後に「タマネギを刻むところから始めるハンバーグ」を調理したのはいつのことだろう、まず10年は経つな(ギョーザも似たようなスパンで作っていないなあ)。というか、ハンバーグが「煮物」になってしまったのはいつの頃からのことだろうか(あんなものは食い物ではない)。

じゃあ作ってみるか、材料は家から徒歩5分のコープで手に入るし。
ちょっと待て、その60分が使えるのか俺は。
ごめんなさい、昼御飯は冷凍の餃子で間に合わせました。


今日のZircons:

うどん野郎と俺。 12月4日のZirconsではやっぱり個人芸があって、僕は(変更するかもしれないけど)John Lennon『Mother』を演ろうかな、と思っているのでした。

そうさの、そのうち詳説するけど、僕のなかではあれもクリスマスソングのうちなのさ。
強制アイカタの最大横ヤンに送ったメールが以下。

John Lennon『MOTHER』を歌うので、in Fでピアノを仕入れておいてくれまいか。

バッキングは要らない、歌とは絡まない。
あらかたピアノソロだと思っておいてください。
じっくり聴かせる方面で期待しております。
なにが始まるのかさっぱり判りませんね、あはははははは。
2006年11月11日と12日(週末)、ライブのお手伝いとか。
土曜日は、ごろごろしていました。

臥薪嘗胆 250mg×60粒入ふと気づくと、お煎餅みたいな万年床でごろごろして粗食に甘んじている俺ってば、臥薪嘗胆ってやつ? そのうちなんとかなるでしょう。

関係ないけど、製品(←)があったのには驚いたなあ。薪ベッドとかはないのか。


今日のお間抜け:

紀文の出来合いのおでんパックを買ってきて、別に買ったちくわぶ(大好物である)と牛スジ(大好物である)を買ってきて一緒にお鍋に放り込んでみたら、とうぜんのように汁けが足りない。というわけで別の鍋で昆布出汁と味醂と醤油でおでんつゆを作って足してみたのだが、だったら最初から好きな具材を買ってきてイチからおでんを作れば良かったではないか。馬鹿だ私は。

次回は、玉葱まるごと一個をまず鍋に仕込んでダシにして、好きな味をつけておでんを作ろう。もう日曜日に作ろう。すぐ作ろう。


今日のテレビ映画:

CUBE2 特別版(DVD) ◆20%OFF! 深夜テレビに『CUBE2』がかかっていたもので、いちおう眺めてみる。

えーとね、あのセットでCG多用で予算がそんなに必要ないのはある意味でアイディアなのだが、それは元ネタの手柄なんだろうしぃ、あんだけ引っ張っておいた謎の数字がそれかい、とか「けっきょく安部公房『第四間氷期』のパクリなんじゃねえのか」みたいな気もするし、どだいつまらん。ってそこかい。だってよ、状況説明が終わったと思ったら「次の部屋にはテキサス・チェンソーがいました」、「その次の部屋にはミイラ男がいました」、「次の部屋には昔私を殺した女がいました」っつって、誰が怖がるよ、今さら。ヒッチコックの爆弾理論の裏々ときれいに踏んでましたな。

時間の無駄でした、無理矢理言うなら『CUBE3』(タイトルは違うらしいが)の長い予告編みたいな感じか。



日曜日、池袋のパブでブルースのライブがあって、なんでかお手伝いのほうを頼まれる。なんか合唱でもジャズでも引越(笑)でもロックでも、演奏よりは「差配」か「裏方」のほうの依頼が多いのだが、いつも通りなのでもう驚かない。
たいして忙しいこともないので、自宅仕事をじっくり片づけてから西武新宿線で高田馬場へ出て、山手線で池袋へ。ほんとは池袋でラーメンでもと思っていたのだが、高田馬場でふと途中下車できることに気がついた。じゃあってんでさかえ通りのハンバーグ「ミカク」に行ってみようってんで行ってみたら、無い。早稲田通りのほうのミカクは代替わりしてたよなあと思いつつ行ってみたら、「The Hamburg」っていうそこに定冠詞を付けていいのかみたいな名前のハンバーグ屋さんになっていて、入ってみたらミカク名物のノリタマフリカケがテーブルにセットされていない。というわけでハンバーグ300gのトッピングに目玉焼きをダブルで頼んで、目玉焼きはご飯に乗っけていただく。まあそれなりかな、不満はない。

そのハンバーグ屋を出たところで、Zirconsの最高アキちゃんとばったり出会う。なんか近所にお歌を習いに行くのだそうで、その前の腹ごしらえをうどんにしようかハンバーグにしようか悩んでいたところなのだそうな。そりゃ当然ハンバーグだろうよ、このタイミングで俺にぶち当たったんだからさ。


バンドの編成はギター+ギター+アルトで、演し物はだいたいブルース。僕は照明を操りつつお客さんの飲み物を作ったりなんだりというわけの判らない係だったのだけれども、ソロの入れ替わりをぴしっと見極めてスポットライトを入れ換えたりするのがけっこう楽しい。そんで店長が「飲みながらやってていいよ」というのをいいことにシーバス・リーガルをロックでじゃぶじゃぶ。シーバスの注文がなかったのに、なんでボトルが1本まるごと空になっているのだろう。真相を知る者はいない。けけけ。
宇宙戦争 終了後、池袋から省線で東中野まで出て、久し振りに古本屋とライフでお買い物。23時50分に東中野に着いて「今日は早いな」とか思っちゃうんだからしょうもないのだが、じっさい古本屋さんもライフも営業中なのだからこりゃ珍しい。ギンザ通りのほうの古本屋さんでマンガを少し買い込んで、ライフでは湯豆腐のタネを少々。ついでに早稲田通りのGAOでDVD『宇宙戦争』を借りてみたのだが、これをどういうタイミングで返しにくればいいのだろうか。
2006年11月10日(金曜日)、靴を買う。
食品加工場・厨房・ビル掃除・工場など滑り易い作業所で!!実証済み!驚異のグリップシューズ
    ※いい買い物をしたような気がするもので、

    趣味のあるかたは「滑らない靴底の実験画像」も観てみてください。私はツボ入りました、はい。

2006年11月9日(木曜日)、かちゃかちゃ。
だいたい昨日と同じなので記事も特になく。
平々凡々たる人生、ばんざい。

朝、バナナチップとコーヒー。あとお仕事。
昼、ジャガイモの味噌汁にご飯に納豆、トマトとレタスのサラダ。あとお仕事。
夕刻、ファミリーマートのサンドイッチとジャスミン茶(分量としてはぜんぜん足りない)をOK牧場でいただく。
帰宅して夜更けの晩飯、オージービーフのステーキとキャベツ炒め、冷凍カマスのヒラキ、ご飯と納豆と韓国海苔。池袋の赤札堂という深夜営業スーパーはどうやらどこよりも安いような気がしてきた今日子の頃。要町のフーデックスに行くなら池袋2丁目の赤札堂だな、店員さんがぶっきらぼうなところもブルースを通り越してファンキーだし。

あとまたかちゃかちゃとお仕事。


とか言ってるうちに午前8時を過ぎて、14時30分に仕事の打ち合わせが入っているのだな。なんだ、5時間しか眠られないではないか、こりゃいかん。いやマジで睡眠不足恐怖があるので、かなりのことを犠牲にしつつふだんから7時間がとこは寝ているわけよ。所謂ところの「効率化」ってやつだね。

金曜日は打ち合わせ後にOK牧場。今日はめっさ忙しい予定なんだが、身体が保つだろうか。まさかに居眠りする心配はないのだが、終業時点で電池が切れて事務所でちょい昼寝(深夜なのに昼寝)を1時間、というのもあまり健康的ではないパターンではあるなあ。

footcopy