FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年10月18日(水曜日)、時事ネタ。
日常生活は日常のままですね、淡々と粛々としみじみとこなす。外見上飄々。つまらん、また誰か訴訟でも起こしてくんねぇかな(嘘ですよ嘘っ)。
今日の北朝鮮:

核実験の話で、アメリカが放射性物質を検知して1キロトン程度の地下核実験があったらしき、っておい。14日の女声合唱団さくらの開場前に、携帯電話定時ニュース情報として「なんか放射能がみつかったらしいですよ」って、開場1分前にそんな情報を流すな俺というのもあったんだが、ついでに「ぜったい北朝鮮が死の灰を撒いてますよね」みたいなことも言ってですね。演奏会の本番直前になに言ってんだ俺は。

関係ないけど「1キロトン」って、たぶんヒロシマや第五福竜丸の1/15くらいだよなあ。不謹慎なのを承知で言っちゃえば、こいつはいかにも小さい(被害は小さくはない、ので「不謹慎」と言うておる)。だってさ、ICBMの核弾頭なんか数メガでしょ? ミサイルの池ポチャの次は極小核弾頭かよ、と思わないこともない。

核武装偽装(疑念)国家の筆頭といえばマリネラだが、マリネラは独自の有人宇宙飛行も実施しておりつまり「池ポチャ」みたいなショボいこともなかろうし、よく識られるリベラルな政治的性向も相まって不安はあるまい。逆から言うと、池ポチャで独裁主義のやんちゃ坊主が、でも技術の貧困からスカやってる、というほうが安心できない。

そして、現状で1メガトンの核爆弾を作るよりは、1キロトンの核爆弾を作るほうがよっぽど難しかろうと思うのだが、どうなのだろうか。


今日の『相棒』(テレビ朝日):

「よくこれがウケてるなあ」と思うくらいに吹っ飛んだ設定で見せてくれるドラマだもので、無理繰り録画してまで眺めていたりする。今日はPC録画をし忘れたもので、実家に立ち寄りがてらに母に録画を頼んだりなんかして。なにしてんの俺。


朝日新聞朝刊に評があったもので、引用させていただく。
>>決して熱くならず部下の薫にも「ですます調」で上品にふるまう右京
署名原稿なのでいちいち書いておくと、加来由子さんってば本編を真面目に観てないね。右京さんはクールの皮をかぶったとっても熱い人で、激した挙げ句に声を荒らげたことも再三ではある。しまいにゃ激昂しすぎて呂律の廻らなくなったこともあったと記憶するぞ。

水谷豊ともあろうものがそのまんまシャーロック・ホームズを演るわけがないだろうに、全国紙の記事なのだからもうちょっと真剣に書いてほしいものだとは思う。


火曜日の水族館:

ジャム・セッションの話で、当日は珍しく最前列のキーボードの前に居座って、鍵盤プレイヤーの指遣いをチェキラ。スガヌマさんの指遣いが「開いた掌から指を落とす」感じだったし音もそんな感じだったもんで、演奏後に「ひょっとしてピーターソン入ってます?」って聞いてみたらあたりだったみたいで。「よく判りますねぇ、うれしいなあ」って言ってもらいました。あいかわらずイロモノの俺ピアノとは反対側にいらさるが、意外と目指しているところは同じなんじゃないかな、なんて僣越なことも思ったりなんかして。

今後ともよしなに。


明日は、お仕事。

19時半からアルカフェでライブ、30分間指定のところを店主には内緒で60分くらい演っちゃおうかな、という凶悪な仕様。ヒマな奴、こい。



スポンサーサイト



footcopy