FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年10月16日(月曜日)、なんかまだ忙しいような。
手作り工事狸【1006PT3】 午前4時の中井五の坂を下っている途中で、走る狸に追い越されました。おとめ山のほうには棲息しているとは聞いてはいたのだけれども、中井にもいらしたのね(あるいは旅行中かジョギング中かなんかか)。達者で暮らされ。

帰宅してみたら、玄関先で吉右衛門(蟇)がお出迎え。おいおい、もう十月も半ばだぜ。


ガン・ホー さて忙しいったって俺の場合は高が知れてるんだけどね、俺基準では忙しいんですよ。今朝も3時起きで某所に出向いて忍び込んで(そりゃまあそんな時刻にゃ事務所は留守だろうて)仕事の資料を盗み出してきて、午前8時までにhtmlファイルをいくつか作成して全世界に公開する。そんでビール飲んで寝る、と。

13日のお誕生日には、いろんなかたからメールなど頂戴いたしましてありがとうございました。なんであんたが俺の誕生日を知ってるんだよってなかたもいらっしゃいましたが、というか僕はひとさまの誕生日なぞひとつも覚えちゃおらんのですが、気にかけていただいているのはうれしいことです。トモダチひとりもいないのにね(笑)、ありがとね。お返事とかしてないけどね(凶)。


今日の自転車:

午後から豊島区交通安全課自転車対策係さんに電話して、僕の自転車の保管状況を確認してみる。あ、そう。あるの。お手数おかけして申し訳ありません。ほんとにお誕生日にゃ裁判所には呼び出しくらうわ、たまたま年間1日だけ停めといた自転車ケッタは持ってかれるわ、踏まれたり蹴られたりでしたな。そういうこともあるから楽し。

大塚駅の近所で親切な女子中学生に道を教えていただいて、東池袋五丁目自転車保管所まで豊島区に拉致られた轟天号を請け出しに行く。民間委託で保管所を管理しているおじさんはやたらと腰が低かったが(日常からさぞ罵詈讒謗を浴びていることだろうて)、そんなもん不法駐輪してお手数をかけているのはこちらなのだから負けないように腰を低くして、5,000円支払ってですね。おお、元気だったか轟天号。

そしておじさんが親切に「区に自転車をパクられない方法」を教えてくれたものだから、御礼を行って立ち去る私。なるほど、参考になりました。


土曜日の女声合唱団さくら at トッパンホール:

  • ホールスタッフもお手伝いの皆さんも優秀で、あんまり働かなくても済んじゃったことでしたよ、ありがとうございました。ヒマだったんで受付←→舞台袖の50メートルダッシュ10本とかやって遊んでいたら、「りびさんは忙しそうに走りまわっていた」という噂が飛んでですね。ほんとに働いてねぇっつってんだろつっても誰も信じてくれない。ふだんから信用がないのは悲しい。

  • ヒマなので、リハーサル中にホール隣の印刷博物館も覗いてみる。1階展示の『世界のグラフィック・デザイン』で気に入ったのは、CNNだのマクドだののロゴでタイポグラフっての? あろうことかアメリカ資本まるだしの素材でチェ・ゲバラを描いたやつと、ぜったい読めなかろうデザインで「デザイン」という文字を描いたポスター。通常展示では昔の少年キングと、天狗煙草のパッケージ・コレクション。このへんまでは無料なんだからたまらない。
    500円とられる(笑)地下のほうでは、スタンホープの実演というか実技練習が見られたのと、フレドリック・ブラウンで名前だけ知っていたライノタイプの動画が見られたのが収穫でしたかな。ついでに体験コーナーではアルカフェ開店祝い用の「七福神の絵はがき」を刷ってみる。やっぱりどうやらヒマなようです。

  • 開場前に、どうやら受付の人数がちょっと足りないらしいことに気がついた俺。袖でステージマネージャーとそんな話をしていたら「お手伝いしましょうか?」という声がかかったものだから顔も見ないで「あ、お願いします」ってんでモギリ後のパンフレット渡しをお願いしました。よく見たら、専属ボイス・トレーナーのユノキ先生でした。俺凄ぇ(笑)。

  • 演奏会のほうは大盛会で、キャパシティ408のところに390入っちゃったんだからスタッフ大慌て、俺大笑い。あと20名さまくらいもいらしていたら、ロビー観覧も視野に入れておくべき局面ではあったのだが、まあなんとかなったからいいや。

  • ホール外回り主任のカナザワさん(平仮名で書きたくなるくらいゆーしゅー)が「馴れていらっしゃるようですが」と仰るので思い出してみて、「トッパンさん(の仕切り)は2回目ですかね」と言ってみたのだが、調べてみたら4回目でした。
    • 2003年の11月28日に女声合唱団サファイアさんのステージ・マネージャー、このときは指揮が清水敬一。
    • 2001年9月28日、同合唱団で同じお仕事。
    • 1998年にも「木下牧子の夕べ」というイベントでステマネを拝命しているらしいのだが、このへんになると記憶まったく無し。まあいいや。

  • 合唱団のキッタさんが「山梨から友だちがくるのできっとご案内してくださいね」と仰るもので、カナザワさんと2人して入場客を見張る(ヒマなのか(笑))。見分け方なんぞ判らんもので、「やはり寒そうな恰好でいらっしゃるのでしょうか」、「二十世紀とブドウを山のように持って」とかバカ言っていたら、信玄餅を持参なさるお客さまをカナザワさんが発見! 大当たりでした。

  • どうでもいいけど、山台が重いね。こんど川口リリアだの武満メモリアルだのサントリーホールだのとも取り揃えて重量勝負などしていただきたいものだ。

  • 終演後、飯田橋駅前のイタリアンで楽しくウチアゲ。帰りがけにピアノのナカムラ先生が「あ、りびさん」、「はい?」、「あ、やっぱいいや」ってなんかすごく気になるんですけど、なんだったんだんべ。まあいいや。


土曜日のアルカフェ

いいハコなのだが、今日は敢えてまあその。店主に誤解があるまいことが確信できるからできることではあるし、他の人ならこんなことは書かずににこにこしているだけだ。

  • ファースト・ステージに遅刻して、でも10分間くらいは聴けるようになんとか行ってみたら、アナウンスのあった時刻の10分前にステージが終わってやんの。店主曰く「早めに満員になっちゃったものだから」巻いたらしいのだが、店の外にもお客さまはいるのだ。

  • 「煙草ありますか?」って聞いてみたら、予定はしていたのだが買い忘れていたらしい。いや愛嬌ですよ。「買っておくべき煙草」としてとりあえず「マイルドセブンの6と8、マルボロとマルボロライト・メンソール」あたりを提案して、ついでに持ってたショートホープを寄付しておきました。さらについでに店近の煙草屋さんも踏査してきたぜ(笑)。

  • ステージは、楽器ソロのお二人ともが完全生音でしたな。それはそれで成立するハコなのだが、MCくらいはPA通したいなあとちょっと思いました。特にステージ経験のあまりない場合、「最前列にいる顔見知りとの内輪話」になっちゃうケースが多いと思うんですよ。気になったものだから書かせていただく。

  • 氷を注文したら、アイスペールだけが出てきてタングもマドラーも付いてなかった。思い出話にしてください(笑)。

  • ピアノの足あたりに埃がたまっていたり、お客さまの灰皿が吸殻でいっぱいになっていたり、ということもありましたな。

  • というわけで僕も今週木曜日(19日)19時30分から演らせていただくわけなのですが、出演者募集要綱に「男性ソロ・ボーカルメインの演奏は、基本的にはお断りさせていただいております」ってあなた(笑)。
演奏者選定の趣味も良さそうだし(俺以外)、酒も美味いし、狭いし(←褒めてます)、末永く楽しませていただきたいものではあります。きばってや>>だんちゃん。
今日のお食事:

朝飯、栗ごはんと、玉子と茗荷の吸い物。
昼飯、池袋西口で康龍のラーメンでもと思ったら店舗が見つからず、光麺の前を通りすぎて天下一品へ。ラーメンはふつうなのだけれども、テーブル常駐の味噌だれを放り込むと途端に味が変わって面白いのね。大盛りでもよかったかもしれないけれど、ふつうに「あっさり」の味タマゴ乗せ。
晩飯、安売りのオージービーフで設えたクリームシチュー、大量。あとビール。


明日は、お仕事。html作成とテープ起こしがあってだな、どっちに重点を置くべきなのだろうか。

夜、たぶん水族館のジャムに顔を出すことであろう。



スポンサーサイト



footcopy