FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年9月27日(水曜日)、Zirconsのリハーサル。
夜逃げ屋本舗 うわ、11時間も寝てしまった。お疲れですか?>>俺。んなわきゃない。

えーと、悪鬼羅の謂を容れて、郵便物は土曜日の昼にでも受け取りに行くとしましょう。受け取ってから2週間の猶予だっけ、まさか発送時からじゃねえよな。つぅかそれくらい自分で調べろよ俺。


昨日のジャムの落ち穂拾い:

幕末太陽傳 コレクターズ・エディション 先々週開催だった前回のジャムのウチアゲでは、判りやすく酔っ払って割り勘のお勘定を支払い損ねていたのですね。しょうがありませんね。その日のお勘定はその場にいたメンバー全員で割ったので支払い無用というありがたいご連絡を受けてはいたのですが、そのままほっとくのも申し訳ない。というわけで今回は幹事のクロさんに「僕は多めでお願いします」と申告して、端数の275円を余分に拠出させていただきました。うーむ、やっぱり申し訳ない。

A Tribute to Charlie Parker、ってこの音源知らんぞ俺。 昨日の編成は概ねギター2本+ピアノ+ベース+太鼓、にフロントのサックスのお姉さんが入れ代わり立ち代わり。なにかの拍子にサックス抜きの『Confirmation』が始まったのが珍しかったかなあ(アルトサックスが2人もいたのに)。ついでに、ベースとドラムスも含めて全員がテーマの単音というパートもありました。これも珍しいというか、みんな上手いなあ。俺だけドンピレピレだけれども、まあいいや。ついでにピアノを弾いていた僕はソロのときだけクロマチック・ハーモニカを使いました。これはこれで珍しかろう。みなさんありがとうございました。

Hohner(ホーナー) CX-12ウチアゲ後の帰りがけ、ベースのかたに「あのハーモニカはどういう構造になっているんですか?」と尋ねられました。えーとね、配列はふつうのメジャー・ダイアトニックのハーモニカで、でもレバーを押すと半音上がるものでクロマティックになるんですよ、みたいなお話をする。やっぱり意外と知られていませんね、次回お会いしたときに実物で解説する旨を約して今回終了。

そのウチアゲでご一緒したどこかの音楽学校在籍中のお姉さんたちは絶対音感があって、グラスを割り箸で叩いたときに「シとド」あたりは僕にも判ったんだけど、やはり絶対音感の習得については幼時教育の成果であるらんという意見ではあったなあ。
俺はとりあえず442のGとCとEとAは発音できる(ハミングですね)が、これは西暦2000年くらいにウクレレを始めてから獲得した能力なのね。キャリフォーニアのどっかの大学で生徒に1年間、週1回のペースで音叉を叩かせ続けたらA音が楽勝で判るようになったという報告もあったと思うし、やっぱり長じてからでもある程度は獲得できるツールではあろうと思うのだが、どうなのだろうか。


今日のギター:

THE LONE RHINO 今号のPLAYBOY誌で「最強ギタリスト50人」やらいう特集が組まれているらしい。どうせ買っちゃうんだろうけれども、読む前からいろいろ想像をたくましくしてみるのも楽しいなあ。

個人的にとりあえず記事が載っていてほしいのは、エイドリアン・ブリューとチャーリー・ハンターとアート・リンゼイとアンディ・サマーズ、って感じか。偏っとる。


中華鍋と焼き網と扇風機を利用した遠赤外線自動焼き魚システム。 一仕事終えて、夕刻から酒。ツマミは昨日買ってきたサンマの干物。
写真左に中華鍋と焼き網、右の扇風機が煙を払って、右上の換気扇も活躍。それでも窓は開いているという仕様。口径の狭い七輪よりは美味く焼けるというか、七輪に秋刀魚って乗らないじゃんけ(笑)。

今日のZircons

そして東中野の中華「西太后」で醤々麺+生卵を、これは東中野ギンザの中華「十番」が休みだったもので急遽寄ってみたのだけれども、美味しゅうございました。それで勢いを付けて、代々木でZirconsのリハーサル。愈々10月2日のライブを前に微調整、なんてことを儂らがするわけありませんね(笑)、あいかわらずの大鉈ざっくりマチェットぶっつりジョギリがっつりみたいな打ち合わせをですね、煙草休憩など交えながらのんびりと。『宇宙戦艦ヤマト』はまあなんとかなりそうだし、『ジョニーへの伝言』は完璧。ついでにシャネルズ『ランナウェイ』の打ち合わせもしたぞ、ってどこがバーバーショップでドゥーワップやねん儂ら(笑)。

ザ・ビースト 完全版 帰りがけ、また東中野ライフでお買い物。23時とて魚介類がほぼ払底していて、選択肢のないままトビウオ(生)など購入、塩焼にするべし。あとは氷結レモンを4缶ほど買い込んで、さっくり食べて飲んで早起きを期す。

そういえばリハーサル中に僕は「晩飯に烏賊でも焼こうかな」とか言っていたのだが、これはその前の煙草休憩中に映画『ザ・ビースト/巨大イカの大逆襲』の話が出て、ピーター・ベンチリー(なんでPeter Benchleyを「ベンチュリー」って表記する人が多いのだろう)原作になるクズ怪獣海洋パニック映画をサンチャゴ田村が知らなかったという仰天事態(しかも最高さんは知っていた)に由来しているのだろうなあ。ええ、イカは売り切れでした、残念無念。



明日は、早起きしてテープ起こしのお仕事を予定。飽きたところでいったん昼寝して、夜の部のOK牧場に備える、と。


スポンサーサイト



迷惑ドライバーの話を蒸し返しておく。
酒とバラの日々 詳しい話は余所に譲るとして、飲酒運転事件が最近になって急に増えたわけでもなかろうとは思う(ここ数年は減少傾向にあった筈だ)。ここは間違えると面倒くさいからね。単に「もともと問題だった問題行動がマスコミによって発見された」だけの話なんだと思うのだけれども、どうなんだろうね。

そんな話が過去ログにあるのを思い出したものでご紹介しておく。こちらは「私は居眠り運転しやすい性質なんです」とネットで言い放ったバカの話で、たまたまちょっと知り合いだったもので僕が判りやすくキレたときのことです。てめえは乗用車の運転すんなよ、阿呆が。自傷危惧よりは加害危惧をするのが人の道だろうが、阿呆め。


ご存知ないかたも多いとは思うが、僕は酒飲みである。久里浜式スクリーニングで20点だったりする(2点くらいで「アル中判定」だった筈だ)。行動半径は広くもないが、それ以前に「酒飲みだから」という理由で運転免許は取得していない(それって「殺人マシーン」だから。でもいちおうなぜかクルマの運転はできるけどさ(←緊急時用に習得))。

それを自慢するわけでは全くなく、そこのあなたに言うわけでもないけれども、どうでもいいけど俺に道を歩くのをやめさせるようなマネはよすんだな。頼むよ。俺も最近は自転車通勤などしているものだから、という個人的な理由もある。つうか思い出したらまた腹が立ったから書いてみたという理由のほうが大きいのだが。

2006年9月26日(火曜日)、予定瓦解。
【Clarks WALLABEE BOOT】クラークス ワラビー(メンズ)メイプルスエード いろいろあって、郵便局には行ってないし、集金はしたけど歯医者さんの予約はキャンセルさせていただいちゃったりなんかして、しょうもありません。まあ時間を読み違えたり、電車の乗り継ぎがうまくいかなかったりとですね。まあいいや、明日がんばろう。

おまけに、この大雨のなかワラビーを履いて出かけるというスカタンをやらかしたものだから、夕刻帰宅時には靴下がよく湿っていたりして。サンドブーツが水に強いわけがないじゃん、気づけよ俺(笑)。


今日気づいたこと:

ワーナーミュージック・ジャパン コブクロ/KOBUKURO LIVE at 武道館 NAMELESS WORLD コブクロの『桜』という歌が耳に残っちゃって、鼻唄など歌いながら歩いているときに気がついたのだが、サビの「桜の花びら散るたびに~」っていうところの進行がパッヘルベルのカノンと同じなんですね、拍は倍だけど。

I V7 VIm IIIm IV I IV(II7, Idim) V7

ほら(笑)。もちろんパクリとか言いません、パッヘルベルか誰かが偉すぎるだけの話で、この進行をサビに使う例は世界的にとても多いわけだし。

しかし気づかんじゃったの、儂。


今日のヒマネタ:

中華鍋利用独自遠赤外線魚焼きシステム。

  • 今日も東中野ライフでお買い物。鰯が貧しい僕にも買える価格になっているようなのだが、ちょっとは値を下げているのかしら? まあまだ秋刀魚のほうが安いのだけれども、晩のツマミは鰯の塩焼き。

  • TVKでDEPAPEPE公演の宣伝があって、会場が渋谷公会堂とあった。C.C.レモンホールなんじゃねえの?なんて意地悪は言わずに、と。関係ないけど「シーシーレマン」という有名な広告屋さんが実在するのだが、あれってC.C.Lemonと関係あるのかなあ(ないんだろうなあ)。
  • 半ばイチャモンではあるのだが、これもテレビでやってる「地デジ」の宣伝が気に入らねえ。まず、略語じゃなくて「地上デジタル波放送」って言えよ。ティザーか? あとツヨシくんが「よりお楽しみいただくために」とか言ってるのも気に入らねえ。「テレビのアナログ放送は2011年7月には停波され、あなたのお持ちのテレビ受像機は映らなくなります」ってまず言えよ。

    地上デジタル放送推進協会の姿勢も気に入らねえので引用させていただく(こちらから)。

    地上デジタル放送「地デジ」では、デジタルハイビジョンの高画質・高音質番組に加えて、双方向番組、高齢者や障害者にやさしい福祉番組、暮らしに役立つ最新情報番組などが予定されております。
    騙されないぞ(笑)、福祉番組と最新情報番組は(つまりコンテンツの話のほうは)今すぐにでもできる話だ。まあこれは単に文章が下手なうえになんかのバイアスがあるからなのだろうけど、ちょっと勘弁してあげない意地悪な私。
  • 知り合いの社長との雑談で資生堂のメガブランド・キャンペーンの話になったもので、ハリウッド映画のブロックバスター方式を引き合いに出してちょっと解説してみたけど、あんなんで良かったかな。映画のほうはもともと単一ブランドを訴求するものだからそれでいいんだけど、化粧品の単一ブランドってどうなんだろうね、みたいな話になって面白かったんだけどさ。

  • その話のついでにキユーピーのタラコの話になってね。話に乗ってきたバイト君なども交えて与太を飛ばしているうちに、キューピーじゃなくてキユーピーだっていうのが意外と知られていないことに気づく。まあキヤノンとかソニープレシジョンマグネとかシヤチハタとかいろいろあるからなあ(いちおう専門職だった私)。

  • 通勤途上の明治通りに「夢眠」というカレー屋さんがあって、入ってみたことはないのだが、早稲田大学の理工学部近所にあって以前によく通っていた「夢眠」と同じカレー屋さんなのだろうか。当時は「習慣性の麻薬がカレーに含まれている」という真実がまことしやかに囁かれてもいたのだが、今はどうなってんのかな。僕も中毒から抜け出すのにずいぶん苦労したものです(山籠もりとか)。

今日のジャム・セッション:


え? ラバーキャットって無くなっちゃうの?

なんていう話は措いといて、家で鰯を食べてだいたい腹は満足した後にポッケにクロマチック・ハーモニカを放り込んでRubber Catさんのジャムセッションへ。今日は天気も天気だしと思っていたらどこぞのジャズ学校の生徒さんらしきサックス吹きのお姉さんたちが3人ほどいらしていて(とうぜん残りのむくつけき権助ども6人ほどのことは措いといて)、意外と熱心にピアノ演奏などする私。いやこれがまた知らない曲ばっかりだったんですけど、いちおうスタンダードだから聴いたことはあるし譜面も用意されていたのでなんとかまあその。もごもご。曲名すら憶えてねえや、でも進行は覚えたので次回からよろしく。次回はあるのか。
自分リードでは、『Summertime』の倍転するやつと、『Confirmation』をなんとなく。

ソニー・クリス/ゴー・マン! 終了後に近所の韓国料理屋さんで軽くウチアゲで都内のジャムセッションの情報交換などして楽しく。アルトサックス吹きのお姉さんと話してみたら、ジョニー・グリフィンとかソニー・クリスとかあんまり知られていないんだなあ、やっぱり。ジャッキー・マクリーンが好きだと言っておられたからたぶん好みだとは思うのだが、まあいいや。ソプラノサックスのお姉さんにはスティーブ・レイシーの話を振るのを忘れましたが、まあいいや。またの機会もあるでしょう。

大雨のなかの帰宅がけ、また東中野ライフで秋刀魚の干物など買い込んでくる。ライフオリジナル製品で、いちおう添加物が塩と酸化防止剤(ビタミンCですね)のみであることは確認したのだが、現行法では指定以外の添加物とか「干し方」までは書いてくれないもんね。生のほうが美味かったかな、でもこれはこれでしょうことあるまい(生魚だって産地とかが信用できるわけでもないし)。



明日こそは郵便局でですね、簡易裁判所からの特別送達とやらをですね、受け取ってびっくりする予定(笑)。
あとは家庭内手工業の内職があって(「ティッシュペーパーを折り畳んで箱詰めする」ようなやつ)、池袋OK牧場はお休みしてZirconsのリハーサルがあって。

いそがし。半端に。

footcopy