FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年8月20日と21日(日曜日と月曜日)、お寿司のコース料理。

日曜日は夕刻から、職場の6月度売上達成記念宴会(どんな職場やねんそれは)で、大山のお寿司屋さんへ。
佐藤 黒麹 720ml(芋焼酎) 十数名いる社員とかアルバイトとか下っ端(俺)とかもけっこう忙しいらしくて、社長副社長のご夫妻と女の子が5人くらいに俺、ついでに6月にちょっとお手伝いにいらしていた副社長のご母堂(僕ちょっと仲良し)といった編成で、刺身と煮物と焼物と握りに酒じゃぶじゃぶ、を会社の奢りにて。ごちそうさまでした。

社長も大好きな焼酎「佐藤」にちょいと目をつけていたら、社長が「じゃありびさんは佐藤で」と言ってくれたもんで、ストレートをダブルで注文する遠慮知らずのバカ(俺)。ガタイのいい社長をして「5杯で泥酔する」という焼酎を、ダブルで4杯(ってことはシングル8杯ってことなんだろうか)行ったからな。そのあと社長のご自宅に全員で押しかけてですね、僕はお孫さんといろいろ遊んでいたらしい。よく憶えてねぇ。まあいいや。

ふと気づいたら、家で寝てました。
いや、家で目覚めました。
えーと。この話のどこが面白いかというと(アウフタクトさんは判るかな)。



月曜日、なんとなく目覚めてお洗濯などして、てきとうに昼飯をこさえてニュースでも観ようかってんでテレビを点けたら甲子園だっ! ふだんは「興味がない」を通り越して「関係ない」人であって、春休みあたりに人に「センバツどうなった?」って訊かれて「なんのセンバツ?」って聞き返した大人物なんだぞ。

それでも、たとえば日曜日の延長戦だけでも観ていれば今日も観るでしょう。駒大苫小牧の監督が「楽しんでくる」(大意)、早実の監督が「勝つぜ!」(大意)というのも両方アリだしね。そして最終打席でツーストライクの時かな、打者でエースの田中さんがクスリと笑うんだよな。投手の斉藤さんもぜんぜん追い詰められた風情はなくて、ほんとうに混じり気のない堂々の勝負を見せていただいたものと思う。

これは観るでしょう。仕事ちょっと置いといて(ぉぃ)。
そういえば俺っていちおう早稲田なんだけど、なんでか駒大苫小牧のほうを応援していました。まあ、いいじゃんそういうのは措いといて。


そんなことをしていたらまたお腹が空いてきて、でもそろそろOK牧場に行く時刻だしなあ。雑司ヶ谷の自転車屋さんにはおとつい電話で御礼を入れておいたからいいことにして、ちょいと実家に寄ってみて「なんか食べるものある?」って言ってみたら、父親がご飯と納豆とホタテの寄せ鍋と茗荷汁を出してきた。「そんなに食べてる余裕もないよ」と言うのもなんなので、どっかりとした料理をもりもりと5分くらいで頂戴して、と。

池袋までケッタで行って事務所の引き継ぎ作業をしていたら、社長が現れて(昨日の御礼は言って)「りび君、事務所の鍵も預かっておいてよ」と言う。試用期間中のバイト君になにを言うのだこの人は。別にいいけど。どうせ中学生時分からおんなじキーホルダーを使ってるくらいだから、無くす心配もまずないしな。

そんで仕事をしていて、昨日の宴会に参加していた女の子から「酔っぱらったりびさんって面白いですね」って言われる。どんなデタラメを並べたのだろうか、まず僕が知りたいのだけれどもそんなことは言わない。

例によって深更帰宅、晩飯はなぜかスキヤキ。豆腐を買い忘れたものだから(またかよ)、麸で代用した(またかよ)。おいし。


食べようとしたところで依頼原稿がファクスで来ていることに気がついたもので、スキヤキ食べながら焼酎舐めながらやっつける。テキストで4,000字ってとこか、苦労はないけど就寝時刻がどやどやと押していく。まあいいか。
昨日思いついたいい言葉:

  • 作り笑いも笑顔。
  • 脱皮したら、羽化だと思え。
前者は、どっかで聞いた「カラ元気も元気」のアレンジ版。インスパイア元は『キャプテン』だな(判らんな)。
後者は、自分でもなんか意味判らん。
先週末のT.M.Revolutionの落ち穂拾い:

  • 金曜日も土曜日も、最後のバンド挨拶のところで隣席の見知らぬお姉さんと手ぇつないでた俺。いや、そういうもんなんだからいいじゃん(礼も言われた)。あんまりキャラではないのだが、気にしても始まらないわけだし。

  • 土曜日は、武道館の敷地を出たところに路上バンドがいて、なんでかT.M.Revolutionのレパートリーを演奏していました。なにやらマーケティングが間違っているような気はするのだがそこは措くとしても、『Wild Rush』のコード進行がボロボロだったことには疑問を憶えるなあ。どうせ演るなら真面目に演れ。時間があったら譜面の添削してやろうかと思ったことでしたよ(転調はするが基本的にペンタトニックなんだから、間違って採譜するほうが難しい筈だ)。なんだいありゃあ。

  • 先日の悪鬼羅のコメントにもあったが、武道館の二階席で跳んだり跳ねたりするのはとても危険だ。気にせずみんな跳んだり跳ねたりしてどんどんがらがら落ちまくっていたことは各地blogあたりを読んでもよく判る。危ないっちゃ危ないのだが、こういうバカは好ましいなあ。とりあえず跳んどくんだよ、落ちる落ちないなんて些細なことだ。

  • 武道館の天井に「不気味な虫の卵が蝟集しているなあ」と思っていたら、白い風船のカタマリだったんですね。最終的に大量に降ってくるのだが、終演後にホールを出たところでこの風船を配っている人たちがいる。アリーナの観客が拾い集めて、手にする機会のない1階だの2階のお客さんにシェアしているわけね。
    金曜日だったかな、やはり終演後に外で煙草を喫ってるお姉さんがいて、吸殻をティッシュペーパーに包んでジーンズのポッケに入れた。開演前にダフ屋を相手にするやつもいない。終演後にパチモンの屋台グッズに手を出すやつもいない。こういうところはあいつら、ほんとうに偉いと思う。

  • そういえば「羽根」のところ、金曜日は「羽根だけ」だったものが土曜日にはライブ映像に切り替わっていましたね。細かいところ(なのかな。重要なところなのかもしれないが)でいい仕事をしているもんだと思いました。

  • いちばん細かいことを書いておくと、「上着を脱ごうとしたら右袖が抜けない」という局面が両日に亙ってありませんでした? ほとんど振り捨てているように見えたんですけど、ここは専門の研究者の意見を待ちます。

明日は、 OK牧場の通勤に使っている自転車のドロヨケに、なにやら赤い液体が付着しているのよね。別に困りゃせんのだが、見た感じが「血液」っぽいので通りがかりのお巡りさん(たぶん帰り道にいらっしゃるでしょう)にでも「これ、何の飛沫でしょう?」って聞いてみる心算。

そのOK牧場のほうは、簾の修理を頼まれている(なに屋さんなんだ俺は!)のと、ついでに懸案の椅子の修理もしたいし、って感じで目的を見失いながらも早めに出勤する感じ、なんだろうなあ。

もう7時だなあ。お洗濯したいんだけどなあ、寝ないとなあ。



スポンサーサイト



footcopy