FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年8月18日(金曜日)、あの大きなタマネギの下で。
ふう、帰宅してZirconsとか聴いてると、あまりの落差にくらくらするわい(笑)。
今日の日銭仕事:

ポワールウィリアム 2号缶 午後は、なんでか久し振りのブツ撮りカメラマンのお仕事で某所へ。先方に用意してもらった白い発泡スチロール板をバックに、先方持参のデジタルカメラで欧州産の缶詰の写真を何葉か撮影する。

特段に写真撮影の伎倆なんかないんだけど、なにやら俺が撮ると「缶詰が美味そう」なのだそうな。まあ褒められて悪い気もせんしな、ギャラもちょっとだけトッパライで出たし昼飯もご馳走になって礼も言われた。

こういうことを繰り返している人生も悪くないのかもしれない、とふと思う。


今日の西川貴教さん:

T.M.Revolution/T.M.Revolution DVD Series The Summary -summarize 3- ◆20%OFF! お仕事後に帰宅して、ちょっと栄養をつけたりビールを飲んだりしてから斎戒沐浴して、髪の毛を固めて月刊カドカワのTシャツを着て、
武道館に向かう。

あちゅい。九段下のお掘端に出たあたりから涼しくなってきて、どうでもいいけどアブラゼミが大発生しておりましたな。


ついでに「チケット売ります」という紙を持った人たちも大発生していて、これは、
  1. T.M.Revolutionのチケット事務局は、まず19日公演のチケットを「抽選方式」で売り出した。
  2. なんせ因縁の武道館だもので応募が殺到し、ファンクラブ内でも落選者が頻出した。
  3. そこで事務局は18日(本日)の追加公演を決定し、19日落選者に優先販売した、らしい。
  4. 19日落選者全員がそれに飛びついたために、チケットがだぶついてしまった。
といった機序によるものらしい。事務局もよかれと思ってのことだったのだろうがねえ、ちょっと知ってる娘さんがやはりビラを持って九段下の駅の前にたたずんでいたものでしばらく話などしていたのだが、ダフ屋風味の俺がご一緒していたせいかちっとも売れず、というか「売られたいチケット」がちょっと勘定しただけで50枚がとこは並んでいたからなあ、まあしょうことあるまい。
日本武道館に来るのは、1995年2月のエルトン・ジョン with レイ・クーパー公演以来、かしらん。あのときは知り合いの視覚障害者2名が「是非行きたい」というのを引率していたのだが、あのすり鉢状の観客席のかなり上のほうの席だったもんで「こいつら転げ落ちたらどないしょう」と思ってけっこう心配したのを覚えている。その前は‥‥1990年の「オール・ジャパン・ジャズ・エイド」だったかな。既に憶えとらんわい。

今回は1階の南F列32番、アリーナからちょいと上がったところのステージ中央真正面で、かなりの上席だったとは思う。


チケットにはT.M.Revolution T.M.R. Live Revolution '06 -Under:Cover-とあって、じゃあ今回のツアーの一環なの? と思っていたら大間違い。イントロこそあの曲だし『吸血鬼 vs. ヴァン・ヘルシング』もちゃんと上映されるが、2曲目がアレだよ。あとソレとかコレとかドレとか(始まっても判んない曲も多い)、明らかに『デビュー10周年凱旋公演』であったことが判る。
  • ゲスト奏者もいた。
  • ダンサーズも出てきた。
  • アレンジがいちいち変わっていた。
  • 淳士さんのバスドラのダブルアクションがトリプルアクションになっていた。
  • ツインリードが増えていた、ような気がする。
  • スナオさんが、ギターのリズムを西川に任せている局面があった。
  • なにより音が良かった。(当初はたった1日公演を予定していたものにここまでの準備をしてくれた)スタッフの気合いが感じられた。
やっぱり、ヘンな衣裳で大騒ぎして正面から突風! つぅのがT.M.Revolution西川貴教でしょう。文句のある奴ぁ前へ出ろ。
太陽を盗んだ男 ※再プレス ◆20%OFF!勝手なことを書くと(印象論)、日本武道館を演奏会場として最初に使ったロックバンドはThe Beatlesだ。武道家が「なんでそんなもんに使わせる」って言ったところが、ジョン・レノンが「とっくみあいよりは演奏会のほうがよっぽど平和だ」って言い返したのだそうで。その後は沢田研二が原爆片手にローリング・ストーンズ日本公演を公安に要求したりほんとにストーンズが武道館で公演しちゃったり、あとNSPだっけ? 『チューニング・イン・武道館』っていうシングルがなかったっけ。武道館を20分だけ借りて、ギターのチューニングしてるとこをシングルカットして売り出したっていうのがあったと思うんだけど。

ことほど左様に、ロケンローラーにとっては「聖地」でもあるんだと思うし、ましてや西川さんにとっては、元締のとこで観せてもらった「本人は転がって泣いてて歌は客任せ」という(←信じられないだろうけれども、褒めてます)思い出深い会場でもあり、そんなこともあってかなり作り込んだのであろう。楽しかった。


いずれ明日もおなじところに参加するわけなので今日はこのへんで勘弁しといてやるがにしておくけれども、ひとつだけ。

なんかの曲で西川さんと一緒に歌っていたら、同道の元締に、

>>声がデカい。
って注意されました。イイガカリだと思うんですけど(笑)。
今日の晩飯:

いつもの西ヲタ面子3名ほど+滋賀とか山口とか広島とか(だっけ)あたりからこのために東に下ってきた皆さんと(なんで見事に西揃いなんだろう)、飯田橋のデニーズで会食。判りやすく全員壊れていましたな、善哉。

いい日でした。
オカザキさんとタカハシさんに無理を言ってお仕事を休ませていただいて、ほんとうによかった。



スポンサーサイト



footcopy