FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年8月20日と21日(日曜日と月曜日)、お寿司のコース料理。

日曜日は夕刻から、職場の6月度売上達成記念宴会(どんな職場やねんそれは)で、大山のお寿司屋さんへ。
佐藤 黒麹 720ml(芋焼酎) 十数名いる社員とかアルバイトとか下っ端(俺)とかもけっこう忙しいらしくて、社長副社長のご夫妻と女の子が5人くらいに俺、ついでに6月にちょっとお手伝いにいらしていた副社長のご母堂(僕ちょっと仲良し)といった編成で、刺身と煮物と焼物と握りに酒じゃぶじゃぶ、を会社の奢りにて。ごちそうさまでした。

社長も大好きな焼酎「佐藤」にちょいと目をつけていたら、社長が「じゃありびさんは佐藤で」と言ってくれたもんで、ストレートをダブルで注文する遠慮知らずのバカ(俺)。ガタイのいい社長をして「5杯で泥酔する」という焼酎を、ダブルで4杯(ってことはシングル8杯ってことなんだろうか)行ったからな。そのあと社長のご自宅に全員で押しかけてですね、僕はお孫さんといろいろ遊んでいたらしい。よく憶えてねぇ。まあいいや。

ふと気づいたら、家で寝てました。
いや、家で目覚めました。
えーと。この話のどこが面白いかというと(アウフタクトさんは判るかな)。



月曜日、なんとなく目覚めてお洗濯などして、てきとうに昼飯をこさえてニュースでも観ようかってんでテレビを点けたら甲子園だっ! ふだんは「興味がない」を通り越して「関係ない」人であって、春休みあたりに人に「センバツどうなった?」って訊かれて「なんのセンバツ?」って聞き返した大人物なんだぞ。

それでも、たとえば日曜日の延長戦だけでも観ていれば今日も観るでしょう。駒大苫小牧の監督が「楽しんでくる」(大意)、早実の監督が「勝つぜ!」(大意)というのも両方アリだしね。そして最終打席でツーストライクの時かな、打者でエースの田中さんがクスリと笑うんだよな。投手の斉藤さんもぜんぜん追い詰められた風情はなくて、ほんとうに混じり気のない堂々の勝負を見せていただいたものと思う。

これは観るでしょう。仕事ちょっと置いといて(ぉぃ)。
そういえば俺っていちおう早稲田なんだけど、なんでか駒大苫小牧のほうを応援していました。まあ、いいじゃんそういうのは措いといて。


そんなことをしていたらまたお腹が空いてきて、でもそろそろOK牧場に行く時刻だしなあ。雑司ヶ谷の自転車屋さんにはおとつい電話で御礼を入れておいたからいいことにして、ちょいと実家に寄ってみて「なんか食べるものある?」って言ってみたら、父親がご飯と納豆とホタテの寄せ鍋と茗荷汁を出してきた。「そんなに食べてる余裕もないよ」と言うのもなんなので、どっかりとした料理をもりもりと5分くらいで頂戴して、と。

池袋までケッタで行って事務所の引き継ぎ作業をしていたら、社長が現れて(昨日の御礼は言って)「りび君、事務所の鍵も預かっておいてよ」と言う。試用期間中のバイト君になにを言うのだこの人は。別にいいけど。どうせ中学生時分からおんなじキーホルダーを使ってるくらいだから、無くす心配もまずないしな。

そんで仕事をしていて、昨日の宴会に参加していた女の子から「酔っぱらったりびさんって面白いですね」って言われる。どんなデタラメを並べたのだろうか、まず僕が知りたいのだけれどもそんなことは言わない。

例によって深更帰宅、晩飯はなぜかスキヤキ。豆腐を買い忘れたものだから(またかよ)、麸で代用した(またかよ)。おいし。


食べようとしたところで依頼原稿がファクスで来ていることに気がついたもので、スキヤキ食べながら焼酎舐めながらやっつける。テキストで4,000字ってとこか、苦労はないけど就寝時刻がどやどやと押していく。まあいいか。
昨日思いついたいい言葉:

  • 作り笑いも笑顔。
  • 脱皮したら、羽化だと思え。
前者は、どっかで聞いた「カラ元気も元気」のアレンジ版。インスパイア元は『キャプテン』だな(判らんな)。
後者は、自分でもなんか意味判らん。
先週末のT.M.Revolutionの落ち穂拾い:

  • 金曜日も土曜日も、最後のバンド挨拶のところで隣席の見知らぬお姉さんと手ぇつないでた俺。いや、そういうもんなんだからいいじゃん(礼も言われた)。あんまりキャラではないのだが、気にしても始まらないわけだし。

  • 土曜日は、武道館の敷地を出たところに路上バンドがいて、なんでかT.M.Revolutionのレパートリーを演奏していました。なにやらマーケティングが間違っているような気はするのだがそこは措くとしても、『Wild Rush』のコード進行がボロボロだったことには疑問を憶えるなあ。どうせ演るなら真面目に演れ。時間があったら譜面の添削してやろうかと思ったことでしたよ(転調はするが基本的にペンタトニックなんだから、間違って採譜するほうが難しい筈だ)。なんだいありゃあ。

  • 先日の悪鬼羅のコメントにもあったが、武道館の二階席で跳んだり跳ねたりするのはとても危険だ。気にせずみんな跳んだり跳ねたりしてどんどんがらがら落ちまくっていたことは各地blogあたりを読んでもよく判る。危ないっちゃ危ないのだが、こういうバカは好ましいなあ。とりあえず跳んどくんだよ、落ちる落ちないなんて些細なことだ。

  • 武道館の天井に「不気味な虫の卵が蝟集しているなあ」と思っていたら、白い風船のカタマリだったんですね。最終的に大量に降ってくるのだが、終演後にホールを出たところでこの風船を配っている人たちがいる。アリーナの観客が拾い集めて、手にする機会のない1階だの2階のお客さんにシェアしているわけね。
    金曜日だったかな、やはり終演後に外で煙草を喫ってるお姉さんがいて、吸殻をティッシュペーパーに包んでジーンズのポッケに入れた。開演前にダフ屋を相手にするやつもいない。終演後にパチモンの屋台グッズに手を出すやつもいない。こういうところはあいつら、ほんとうに偉いと思う。

  • そういえば「羽根」のところ、金曜日は「羽根だけ」だったものが土曜日にはライブ映像に切り替わっていましたね。細かいところ(なのかな。重要なところなのかもしれないが)でいい仕事をしているもんだと思いました。

  • いちばん細かいことを書いておくと、「上着を脱ごうとしたら右袖が抜けない」という局面が両日に亙ってありませんでした? ほとんど振り捨てているように見えたんですけど、ここは専門の研究者の意見を待ちます。

明日は、 OK牧場の通勤に使っている自転車のドロヨケに、なにやら赤い液体が付着しているのよね。別に困りゃせんのだが、見た感じが「血液」っぽいので通りがかりのお巡りさん(たぶん帰り道にいらっしゃるでしょう)にでも「これ、何の飛沫でしょう?」って聞いてみる心算。

そのOK牧場のほうは、簾の修理を頼まれている(なに屋さんなんだ俺は!)のと、ついでに懸案の椅子の修理もしたいし、って感じで目的を見失いながらも早めに出勤する感じ、なんだろうなあ。

もう7時だなあ。お洗濯したいんだけどなあ、寝ないとなあ。

2006年8月19日(土曜日)、あの大きなタマネギの下で(2)。
コンパクトレールドーリーST 昨日は1階席真っ正面で観覧したT.M.Revolution西川貴教さんの武道館凱旋公演、今日は2階席半ば、ステージを上手袖から見下ろす感じで観てきました。ローディさんが柴崎さんの「エフェクタ踏み係」をやっているのがよく見えたり、トースターの構造が床下込みで見えたり、風船が線路の上に積もっちゃってトラッキングドリーが動かせずにスタッフ大慌てとか、いろいろ面白かったことでしたよ。

どうでもいいけど暑かったんだな、これが。暑いうえに湿気もけっこうすごくて(熱帯雨林かここは)、着ていったチンコまつり限定Tシャツは開演30分目くらいで脱いじゃってですね。まるでファンみたいじゃないかボソ。悪鬼羅にもらったハモニカ付きのネックを装用していてまだよかった、そうでなけりゃ縁側でビール飲んでるおっさんとえらく変わらん(笑)。あと下腹廻りにちょっと肉が付いているのは(ますますおっさん)、姿勢と気合いで誤魔化して、と。しょうがねえな俺。目の前の手すりにTシャツとハンカチを干して、ときどき裏返したりしている俺。ぜんぜん乾きゃしねえ。

というわけで、ファンのふりして遊んできました。旧いほうの唄の歌詞もけっこう憶えていることが判ったものでところどころ歌ったりするんだけど、某人の分析によれば「最高音はどうやらBb」だった筈のものが平気な顔してHとかCとかが頻出してですね、俺はせいぜいA止まりだものだからちょいと辛い。根性。喉が嗄れた。たまにゃいいでしょ、先日のポルノグラフィティ at 横浜スタジアムとこの武道館2日間が僕の夏休みだ。


今日気づいたことというと、
  • ダンスの振り付けが昨日とは変わっていた。よく変えられるよなそんなもんってんでいたく感心する。バンドアレンジもいじっていたのかな、サイズが変わっただけなのかな? そのへんはよく判らなかった。
  • 所謂「見切れ」のお客さん用のモニターがあって昨日は「視野角の広いプラズマだなあ」と思っていたのだけれども、今日は近くでよくみたらふつうにリア・プロジェクションでした。なんで間違えるかね、そんなとこ。
  • 昨日書き忘れたと思うんだけど、イクオさんのベースは2本で1本がワイヤード、もう1本がワイヤレスでした。柴崎さんのギターは4本で、たぶんうち1本がなんでかベースギター。なんでだろ。スナオさんのブースにはギターが8本並んでおりました。淳士さんのドラムセットはタムてんこ盛りの裏拳シンバルなし。
  • ステージにテレビが置いてあって、背後の映像をモニターしていましたな。おそらくは西川さんの小芝居用であろう。基本的にはイヤーモニター(挿耳型)を使っているのだからフロアモニターはいらないのかとも思ったのだが、ギタリストが平気な顔して花道に出ていったりするからそのためなんだろうな。昨日はそのせいでちょっとハウったりしていましたが、今日はそんなこともなく。
  • 僕の直後の席のお姉さんが不思議な踊りを踊っておられてですな、背中に思いっきりの「蹴り」を数回もらいました。いや文句なんか言わないよ、そういうもんだ。
  • 生ピアノと歌のデュオにシーケンサが絡む場面があるのだが、どうやって同期を取っているのかがさっぱり判らない。ルバートの後に西川さんのブレス合図でピアノが入って、そこにストリングスが乗ってくるわけなんだが、流石のゴリゴリしたピアノがどうもクリックに乗っているようにも思えないし、だからつぅて誰かが脇でシンセなど弾いている様子もないし(ほんとはそれがいちばんラクなんじゃないかな)。
といったあたりか。
ロマーノレヴィ ドンナ・セルヴァーティカ「天使のグラッパ職人」 終了後に神楽坂まで出て、全国各地からこのために東京くんだりまでやってきた皆さんも含めて十数人で会食などする。イタリア食堂ってとこなんだけど、盛り付けなんかは上品なくせにやたらと美味くてよろしゅうございました。あとはグラッパが置いてあるともっとよかったんだけど、店員さんがグラッパってなんですか状態だもので置いてあるわけもなし、生ビールとジントニックなど注文してあとは食いまくる。

やはり連日参戦しているベーシストのホッパー君がいて、西川ファンの皆さんにはわけわかめな楽器関連の話がちょっとできたのが嬉しかったな。「スナオさん、ギターが上手になりましたね」と豪語する高校生である。話のネタはというと、

  • 例のピアノにのっかるシーケンスパターンの謎、
  • スナオさんのギターが柴崎さん寄りになりつつあるのではないかという仮説、
  • せっかくのツインリードを聴いていたのは、今日の武道館で俺達ふたりだけだよな、というヨタ話、
あとはバンドの音響バランスの話とか。詳しく解説しながら話の中身を書いていくと本が一冊できちゃうんで、今日はこのへんで。
帰りの総武線なんだが、飯田橋から東中野まで1時間もかかりやがった。なんだか荻窪で人身事故があって、新宿で車輛点検があって、といったようなことらしいのだが。そういえば昨日も水道橋で人身事故があって、どこかで膂力不足があってってなことで総武線が遅れたんだよな。別に急ぐ旅でもないし構わないんだけどな、毎日だと気になるかな。

そういえば全員揃って瞳孔が開いて壊れている西川ファンの皆さんなのだが、チサトさん家では本人が壊れているうえにパソコンが壊れてエアコンが壊れて、ついでに飯田橋の駅で自動改札機とカードリーダーも壊していたから、総武線が壊れたのもチサトさんのせいなんじゃないかな。たぶん間違いない。

その総武線の車中で、Zirconsで録った『日曜日よりの使者』を聴かせた元締から「君は唄が下手になったね」と言われました。THE HIGH-LOWS↓を上手に歌ってどうすんだよ、やはりイイガカリだと思うんだけどなあ。


とまれ、みんなありがとう。今日もいい日でした。
2006年8月18日(金曜日)、あの大きなタマネギの下で。
ふう、帰宅してZirconsとか聴いてると、あまりの落差にくらくらするわい(笑)。
今日の日銭仕事:

ポワールウィリアム 2号缶 午後は、なんでか久し振りのブツ撮りカメラマンのお仕事で某所へ。先方に用意してもらった白い発泡スチロール板をバックに、先方持参のデジタルカメラで欧州産の缶詰の写真を何葉か撮影する。

特段に写真撮影の伎倆なんかないんだけど、なにやら俺が撮ると「缶詰が美味そう」なのだそうな。まあ褒められて悪い気もせんしな、ギャラもちょっとだけトッパライで出たし昼飯もご馳走になって礼も言われた。

こういうことを繰り返している人生も悪くないのかもしれない、とふと思う。


今日の西川貴教さん:

T.M.Revolution/T.M.Revolution DVD Series The Summary -summarize 3- ◆20%OFF! お仕事後に帰宅して、ちょっと栄養をつけたりビールを飲んだりしてから斎戒沐浴して、髪の毛を固めて月刊カドカワのTシャツを着て、
武道館に向かう。

あちゅい。九段下のお掘端に出たあたりから涼しくなってきて、どうでもいいけどアブラゼミが大発生しておりましたな。


ついでに「チケット売ります」という紙を持った人たちも大発生していて、これは、
  1. T.M.Revolutionのチケット事務局は、まず19日公演のチケットを「抽選方式」で売り出した。
  2. なんせ因縁の武道館だもので応募が殺到し、ファンクラブ内でも落選者が頻出した。
  3. そこで事務局は18日(本日)の追加公演を決定し、19日落選者に優先販売した、らしい。
  4. 19日落選者全員がそれに飛びついたために、チケットがだぶついてしまった。
といった機序によるものらしい。事務局もよかれと思ってのことだったのだろうがねえ、ちょっと知ってる娘さんがやはりビラを持って九段下の駅の前にたたずんでいたものでしばらく話などしていたのだが、ダフ屋風味の俺がご一緒していたせいかちっとも売れず、というか「売られたいチケット」がちょっと勘定しただけで50枚がとこは並んでいたからなあ、まあしょうことあるまい。
日本武道館に来るのは、1995年2月のエルトン・ジョン with レイ・クーパー公演以来、かしらん。あのときは知り合いの視覚障害者2名が「是非行きたい」というのを引率していたのだが、あのすり鉢状の観客席のかなり上のほうの席だったもんで「こいつら転げ落ちたらどないしょう」と思ってけっこう心配したのを覚えている。その前は‥‥1990年の「オール・ジャパン・ジャズ・エイド」だったかな。既に憶えとらんわい。

今回は1階の南F列32番、アリーナからちょいと上がったところのステージ中央真正面で、かなりの上席だったとは思う。


チケットにはT.M.Revolution T.M.R. Live Revolution '06 -Under:Cover-とあって、じゃあ今回のツアーの一環なの? と思っていたら大間違い。イントロこそあの曲だし『吸血鬼 vs. ヴァン・ヘルシング』もちゃんと上映されるが、2曲目がアレだよ。あとソレとかコレとかドレとか(始まっても判んない曲も多い)、明らかに『デビュー10周年凱旋公演』であったことが判る。
  • ゲスト奏者もいた。
  • ダンサーズも出てきた。
  • アレンジがいちいち変わっていた。
  • 淳士さんのバスドラのダブルアクションがトリプルアクションになっていた。
  • ツインリードが増えていた、ような気がする。
  • スナオさんが、ギターのリズムを西川に任せている局面があった。
  • なにより音が良かった。(当初はたった1日公演を予定していたものにここまでの準備をしてくれた)スタッフの気合いが感じられた。
やっぱり、ヘンな衣裳で大騒ぎして正面から突風! つぅのがT.M.Revolution西川貴教でしょう。文句のある奴ぁ前へ出ろ。
太陽を盗んだ男 ※再プレス ◆20%OFF!勝手なことを書くと(印象論)、日本武道館を演奏会場として最初に使ったロックバンドはThe Beatlesだ。武道家が「なんでそんなもんに使わせる」って言ったところが、ジョン・レノンが「とっくみあいよりは演奏会のほうがよっぽど平和だ」って言い返したのだそうで。その後は沢田研二が原爆片手にローリング・ストーンズ日本公演を公安に要求したりほんとにストーンズが武道館で公演しちゃったり、あとNSPだっけ? 『チューニング・イン・武道館』っていうシングルがなかったっけ。武道館を20分だけ借りて、ギターのチューニングしてるとこをシングルカットして売り出したっていうのがあったと思うんだけど。

ことほど左様に、ロケンローラーにとっては「聖地」でもあるんだと思うし、ましてや西川さんにとっては、元締のとこで観せてもらった「本人は転がって泣いてて歌は客任せ」という(←信じられないだろうけれども、褒めてます)思い出深い会場でもあり、そんなこともあってかなり作り込んだのであろう。楽しかった。


いずれ明日もおなじところに参加するわけなので今日はこのへんで勘弁しといてやるがにしておくけれども、ひとつだけ。

なんかの曲で西川さんと一緒に歌っていたら、同道の元締に、

>>声がデカい。
って注意されました。イイガカリだと思うんですけど(笑)。
今日の晩飯:

いつもの西ヲタ面子3名ほど+滋賀とか山口とか広島とか(だっけ)あたりからこのために東に下ってきた皆さんと(なんで見事に西揃いなんだろう)、飯田橋のデニーズで会食。判りやすく全員壊れていましたな、善哉。

いい日でした。
オカザキさんとタカハシさんに無理を言ってお仕事を休ませていただいて、ほんとうによかった。

2006年8月17日(木曜日)、パンク。
今日のイチャモン:

目白あたりの小学校だか幼稚園だかの前を通り掛かったら、「校庭解放」という貼り紙がありましたな。そうか、囚われていたのか校庭。「8月中」。9月になったらまたとっつかまるわけね、ご苦労なこった。がんばれ校庭。


今日のお買い物:

だいたいこんな感じ。
夕刻から暑いなか、とぼとぼと高円寺まで。ちょっと宿酔気味。南口商店街でラーメンなどいただいてから(背脂が浮いてると思ったのだが、食べてみたら鶏ガラスープでした。店名は忘れたけど不思議なラーメンだったな、また行こう)、alookで完成した眼鏡を受け取る。ふむ、悪くない。ついでに北口に廻って、ジプシーウェイで散髪など。例によってベリーショート。そんなことをしているうちに16時を廻ったので、いったん帰宅して池袋に向かう。


今日のパンク:

フジミ 1/700 海底軍艦 轟天号 アルミ削り出し三重螺旋ドリル付家を出るときに補給した轟天号の前輪のエアが、15分もするとしゅるしゅると抜けちまった。こりゃパンクだな。雑司ヶ谷の商店街で自転車屋さんを捜して、店の爺さんに二千円渡して修理を依頼する。午前2時くらいに取りにくるので、修理ができたらお店の外にほかっておいてくれるように頼んで、精算は月曜日あたりに再訪することにして、と。のんびりしたものです。そこから15分ほど歩いてOK牧場へ。

午前1時過ぎに若林自転車店に戻って、お店の前に置いてあった轟天号を回収して帰宅。ハンドルに貼ってあったメモによると、修理代金は1,050円との由。これは月曜日あたりに顔を出して、きちんと御礼を言って精算することにして、と。

深更帰宅、眠いのを我慢してビールなど飲みながら豚汁など作る。豆腐を買いそびれたものだから麸で代用したのだが、けっこう美味い。


明日は、T.M.Revolution武道館(余り券あるよ)
明後日は、T.M.Revolution武道館。
明々後日は、OK牧場の売上達成お食事会で寿司のコース料理ってどんなんだ?
どうしても書いておくべき今日のZircons話。
Zircons
ネタですけどね。
  • 横ヤンが、リハーサルにジルコンズTシャツを着てきやがった(笑)。気合いは買うが、日常にハレを持ち込むなっつうの(僕? 普段からステージ衣裳で生活しているから構わないんです)。

  • 新曲の合わせをちょっと。書いちゃって構わないと思うけど、『宇宙戦艦ヤマト』と、『五番街のマリーへ』と、『ジョニーへの伝言』。この手のアレンジなら任せておきなさい俺に。つうかいいのかそんなことで。

  • 最高さんが前回BITの録音CD(2枚組!)を持ってきてくれたんだな。帰宅して聴いてみたら、けっこう俺が構成ボロボロ。発声がしっかりしてきているだけに、少し残念だなあ。

  • 個人芸『日曜日よりの使者』のMCで、横ヤンのソロのサイズについて「ふたつでじゅうぶんですよ」っていうギャグを飛ばしている私(覚えてないけど証拠があるわけだ)。まるでウケませんでした。まあ無理だな。わかってくださいよぉ。

  • 同じく個人芸コーナーで最悪のギターソロにピアノを合わせたのだが、途中でモニターからギターが消え去ったという事件があったんだな(これはそこはかとなく覚えている)。しょうがないから俺はアヤちゃんのボーカルに揃えて最悪くんはほっといたのを思い出した。しょうことないこととて、申し訳なかったなあ。

  • その録音をPCで聴いていると、やっぱり再生装置の都合で低音(つまり俺)が弱くて面白くない。次のお給金が入ったら2.1chくらいは仕入れておこうと本気で思う。
とりあえずイヤフォンで聴いてます。
2006年8月16日(なんようび?)、リハなど。

朝9時起床。ちょっとお掃除に手を付けたらたいへんなことになったものだから、方針を変更して「上っ面を撫ぜる」程度にしてですね。明日頑張ろうっと。

昨日のジャムの落穂拾い:

水族館。

  • 若いギターの人に、「なんでチンピラみたいな恰好してるんスか」って言われました(笑)。だってチンピラだもん。
  • ヒロちゃんはあいかわらず上手いねえ。
  • MCで「休みに海いった人ぉ!」ってのがありましたな。海どころか、中野区から出てねえぜよ儂。
  • 大久保「水族館」はSOMEDAYの跡地だと思っていたのだけれども(地図見りゃそう思うじゃんのぉ)、正しくは「SOMEDAYの跡地のお隣」でした。ふむ。

  • 見知らぬ同士が集まるジャム・セッションでは、「ステージが狭い」というのも得点のひとつなんだなあと思ったことでした。お互いの表情と手許が見えるって、けっこう大事だと思う。
  • ドン速い『Spain』では、ボーカルのお姉さんがいちいち仕切ってくれて大したもんでした。punchさんが「空中分解するかと思った(笑)」とか言ってましたけど、そんな心配もぜんぜんなく。
  • 次回はハモニカ持っていこ。
  • Nord Electroは、ボタンひとつでプリセットからドローバーオルガンに移動できることを知る。オルガンソロ時に「1か3/5」あたりをあげてやるととっても気持ちいいわけで、やっぱり欲しいなあ。高くて買えないなあ。
  • そういえば、そのプリセットのRhodesの音もよかったもので「高校野球のテーマ」とか弾いてみたら、会場内大合唱になってやんの(笑)。この日いちばんウケた曲かも。いいのかそんなことで。
Clavia DMI nordelectroV2 73(新品)【送料無料】 カシオハイグレードキーボードCTK-900
←こいつはどんななんだろう。

今日の靖国:

俺はノンポリだよ、悪ぃか。

とりあえず、朝日新聞産経新聞の記事あたりを読むと、ここまで主張を(私見を)放り込んでいいのか、という気はするなあ。いずれ原則論のないまま30年も経ってしまったあたりが元凶(と言ってしまおう)なんだが、どうせ誰もその責任なんかとらないに決まっていることは経験則として僕が知っている。どう転んだって決着なんかしねえよ。

今はアメリカが盛大に展開している八紘一宇思想なのだが、加藤紘一の名がそれを表しているのは、えーと偶然だな。大東亜戦争のことを考えなきゃいい名前なんだけどな。今回はお騒々しいことで、お見舞い申し上げます。

ついでだが、小泉の靖国参拝は総理就任時の公約に則ったものだ。文句をつけるんだったら就任時から言っとくべきものだとはやはり思う。参拝の是非を言うのではなく、批判する側の手続き上の齟齬を言うておる(そういう意味では、微妙に参拝日時をズラしていたりした小泉が、公約からすりゃ卑怯だけれども「うまいことやったな」とも思えるわけで)。

参拝直後の小泉の記者会見みたいなのが面白かったな。聞かれても言われてもいないことに反論して、ただの逆ギレ尊師状態。みっともないなあとも思ったけれどもあんまり詳しくないのでこのへんにしとく。

>>このまま公約を守らず政権を終えたら、中国の要求は『靖国』にとどまらなくなる。日本の国益を守る責任がある。(←産経新聞より)
んなこと誰も言うとりゃせんて(笑)。下司の勘繰りってのはこのことだ。
今日の『カンフー・ハッスル』:

カンフーハッスル コレクターズ・エディション(期間限定)【TSDP-36423】=>カンフーハッスル とうぜんのようにロードショーでも観ていたのだが、レンタルでも借りてきて観た。すげぇ。

中身? 人情もの。長屋にもいろんな人がいて、みんなで助け合っていくんだよ、っていうやつ。いい話です。


さて、Zirconsのリハでも行ってくっか。

そのあたりの記事を書く予定はないので、本日はこれまで。

巨大猫続報。
エルバッキー。 フランスで目撃されて武装警察が追っかけている巨大猫の話を先日書いたが、続報があったものでいちおうご紹介まで。

記事によれば「小さな豹かでっかい猫」とあるが、写真を観るかぎりではどうしたってこいつぁ猫ちゃんでしょう。はやくどんどん巨大化してくれ。せばさ、ブローニュの森に原子力施設はないのか。

2006年8月15日(火曜日)、ジャムとか。
今日のジャム:

送料無料にてお届け!◎Clavia Nord Electro 2 73Key 夜は、ライブバー『大久保水族館』のジャムセッションに行ってきました。

とりあえず初めておうかがいするものだから、緊張して仔兎のようにぷるぷると震えながら行ってみたら、なんのこたぁないフレンドリーな場で楽しめました。世間が狭いちゅうのかなんなのか、ロック/ソウル系の知り合いもうざうざいらっしゃっていましたしな。

僕はピアノで(憧れのノード・エレクトロ!)、軽いものを何曲か演って、シメで『Spain』のドン速いやつ。あーびっくりした。イントロが終わったところで「俺、ここまでしか知らねえんだ」って言ってみたらウケました。

ぜんぶ歌伴でした。楽し。みんなありがとね。


エイブさんがいらしていたら『雨をみたかい』でも歌わせてもらおうかと思ってたんだけどな、まあとっとくべい。
メシ:

北海道 ホワイトカレー 210g 昨晩は東中野ライフで、再入荷された「北海道ホワイトカレー」に心魅かれつつもふつうにシチューのルーを買って、あと野菜と豚ブロックとか買ってきてシチュー10皿分を製作。夜半から食べまくって、本日午後2時までに完食。体重63.5kg、ここ1週間で5kg増やしました。ふんっ。

ライフに「赤いオクラ」というのがあったので買ってきてちょっと湯通ししたら、ふつうに緑色になってしまいました。なにか騙された気分。
ライフに「白ニガウリ」というアルビノっぽいのがあったので買ってきてサラダにしてみたら、ふつうにニガウリでした。なんか騙された気分。いいんだけど。


今日のメガネ:

通りがかりのalookで、8,000円くらいのメガネを新調してみる。

いやその、メタルフレームが汗で錆びちゃってですね、セルフレームのものが欲しかったの。それでサクラヤとかメガネドラッグあたりの五千円均一コーナーを覗いてみると、どうもあんまり売る気のなさそうなデザインのものがですね。先日は同伴婦女子に「中学生じゃないんだから」とか言われたわけでですね。それで若向け(笑)のお店をあたってみたら、まあそれなりになんとかというのが五千円。レンズのちょっといいのを売りつけられて七千円。まあいいでしょう、土曜日以降に新品セルフレームをかけている僕に出会った人は、笑うなりしてください。

だいたいこんな感じ。
レンズの度だけは、春くらいにサクラヤの係の人と熱心に調整したサングラスをもとにしました。サクラヤさんありがとう、また寄らせていただきますよってに。


停電:

昨日の停電ではクレーン船が大活躍してくれたわけだが、今日の某人との会話。

某>>タンカーが電線にひっかかっちゃってねえ。
パニック映画か、あんたは。
某>>えーと、はしけ。
えらくスケールダウンしたな。
某>>いかだだっけ。
コンチキ号かいな。
片腕カンフー対空とぶギロチン(期間限定) ◆20%OFF! ジミー・ウォング『片腕カンフー対空とぶギロチン』を、GyaOで観る。

ブルース・リーとほぼ同時代(ちょっと後かな)に製作されたこのクンフー映画、アクションが思いっきり人力だとか話がショボいとかいうのは措いといて、やっぱり「主人公が卑怯」だというのは特筆しておくべきなのだろうなあ。

劇中で天下一武闘会みたいなのが開催されて、主人公の「達人」はそれを見学している。そこに「無刀流」の遣い手が出てきて、なんのこたぁない最後に刃物で敵をやっつける。それを眺めていた主人公の言うことがいいね、「なにが無刀流だ‥‥参考にしよう」って、自分も似たようなギミックをやる気まんまん。その後も敵と正面から対峙する場面はなくて、トラップまみれの自陣に引っ張り込んで「勝って当然」の勝負を繰り広げる、でも功夫映画。

まあ、この頃は日活でも東映でも出演者のメンタリティはかなり下司なほうに流れていたからなあ。高潔だったのが座頭市、『家政婦は見た!』あたりじゃ家政婦溜まりで市原悦子がクライアントの家庭を嗤っていたわけだから、責めるほどのこともあるまい。


明日は、昼間ちょっと野暮用というかお仕事。
夜はZirconsのリハーサルだな。

あ、譜面書かなくちゃ。

2006年8月14日(月曜日)、お休み。
今日のニュース:


え?

双眼鏡で専門家が確認したところ、体長1メートル以上もあるこの動物は、パンサーではなく、巨大な黒猫と判明。種類は不明はまだわかっていない。

猫は近くの森林に逃げ込み、捕獲作戦は続行中だ。
なに? 血湧き肉踊っちゃうんですけど、僕。
停電? 中野区も「主要な地域」は停電していたらしいんだけど、うちは関係ありませんでした。どうせ中野区郊外だよ、けっ。
クリスチャン・ベール/バットマン ビギンズ レンタルビデオ『バットマン・ビギンズ』を観る。話がちょっとちまちましていたり、マイケル・ケインと渡辺謙とルトガー・ハウアーの無駄遣いだったりもしたけれども、ものすごく面白かった。ほんとうにDCコミックスが好きな人たちが作ったんだろうなあ、と思うと涙も出てこようってもんだ。

関係ないけど、秘密地下室の扉を開けるグランドピアノの暗証が単音で「D5-D6-A5」ってつまりマル・ウォルドロン『Left Alone』の出だしなのだが(7thが入っているけれども問題なかろう)、これは偶然だよな、やっぱし。


エルム街の悪夢 スペシャル・エディションもっと関係ないけど、知り合いの会社の同僚で「ジョニー・デップ出演映画のDVDはコンプリートで持っている」という人がいるらしいのだが、やっぱり『エルム街の悪夢』なんかもコレクションしちゃっていたりするのだろうか。

いや、素晴らしい映画ですよあれは(たぶん「1」と「リアル」だけが素晴らしいのだが)。


サッポロ一番塩ラーメン 昼、サッポロ一番塩ラーメンに、トッピングで冷凍菠薐草、冷凍油揚、スーパースプラウトに生卵、レタスちょっと。ほんとはストックに挽肉(ざっくり炒めて冷凍)があれば完璧なんだけどな、でもこれだけあればなんとかなる。

蟄居体制だいたい完璧。


おやつで、キュウリの浅漬にちょっと悪戯してワサビを足したものなど。けっこう成功、蟄居体制ますます完璧。

明日は、昼から漬物学者宅でPCのメンテ+うどん。
夜は、大久保水族館(ってSOMEDAYの跡地なのね)でジャムなど。

よし、なんとなく夏休みっぽくなってきたぞ。

2006年8月13日(日曜日)、お休み。
某所クライアントさんから「あんたんとこファクスが送れんぞぉ」という電話がケータイにあって、なるほど地上電話回線が不通になっておる。いやあ、地上回線ってファクスとインターネットでしか使ってないし、ファクスなんざ滅多に来ないもんで気がつきませんでしたよ。いかんいかん。

とぼとぼとコンビニまで行って料金は支払って回線は開通させて、と。
以前はたしか親切にもNTTが「いついつまでにお支払いがないと止めます」っていう脅迫電話をくれていたようにも記憶するのだが、やはり商品に手を付けるのはやめたのだろうか。
NTTの料金センターにお願いすると2週間くらいは支払いを待ってくれるのだけれども、あれって日曜日はお休みなのね。知りませんでした。しょうがないから1万円払う、と。


そのコンビニで、ついでに缶チューハイとかサラダとかサンドイッチとか豆腐とかドレッシング(サンクスにバルサミコが無かったもんで)とか買ってくる。サンクスで二千円使うって、けっこうな新記録かもしらん。いやその、出歩くと暑いから蟄居を決め込んだわけね。
今日の科学:

予約(7月上旬)木製パラソル 210cm エンジ 道を歩いていたらふと陽が翳って、前を往く奥様風情が「曇ってきたから閉じましょ」ってな感じで日傘を閉じた。その日傘がよしや日灼け防止の目的でさされていたものならば、ちょっと曇ったからといって紫外線の照射量にはほぼ影響がないのだから、やはり閉じてはマズいのではないか、などとふと思いました。

えーと、暑いのは赤外線のせい、日灼けするのは紫外線のせい。
紫外線のほうが遮蔽物を通り抜ける能力は高い(可視光よりも波長が長くて、もうちょっと長いとレントゲン線(X線)とかになる)ので雲くらいはらくらく通り抜けるんじゃなかったか。

今年は8月の6日にも9日にも放射線のことをビタ一文たりとて考えなかった俺の言うことでもないのだが。いやマジ忘れてた、珍しいこともあったもんだ。


今日のYouTube:

ボビー・マクファーリン/スポンティニアス・インヴェンションズ ◆20%OFF! Bobby McFerrin特集。うじゃうじゃあるなあ、楽し。

画像をリンクした『Spontaneous Inventions』は学生やってたころにまずLP(!)で熱狂して、後にビデオが発売されたときにも速攻で買った。ネタの練習もしたし、合唱団の連中に薦めたりもしたなあ。

ところで、タイトルがトビー・フーパー『人体自然発火(Spontaneous Combustion)』と似ているのは故意なのだろうかワザとなのだろうかそれとも知っててやったのだろうか。


今日のお買い物:

サッポロ一番 塩ラーメン 5個パック冷蔵庫を覗いてみたら蟄居どころじゃなく食い物が払底していたもので、ちょっと東中野ライフまで行ってきました。夕刻過ぎだから暑くもなかったしな。

  • 刻み油揚げ(冷凍しておけばいつでもうどんが食える)、
  • スーパースプラウト(なんにでも乗っけられる)、
  • 冷凍菠薐草(麺類には万能)、
  • サッポロ一番塩ラーメン(いちばんおいしいインスタント)、
  • 食べるニボシ(ハウスおつまみ)、
  • 半額になってたゴマサバの切り身(今夜のメイン)、
といった感じ。
近所にある実家からはサラダ油とかマヨネーズとかトイレットペーパーとかを貰ってくるのだが、今日も買物の行きがけに念のために電話してみる。
俺「バルサミコってない?」
母「なんだっけそれ。油?」
俺「いや、どぶ川のにおいのする酢」
母「ないけど、なにすんの」
俺「ドブ川のにおいのするドレッシングを作るの」
母「ふうん‥‥いっぺん食べさせて」
面白い人だ。

ちなみに僕は、バルサミコとマヨネーズとコショウと胡麻油を混ぜてドレッシングを作っています。あれば秋ウコンとか入れたりして遊んでますけど、けっこう美味しいと思うんだけどな。


明日は、今日のんびりしちゃったもんだから、お掃除でもすっか。
footcopy