FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


罵詈讒謗。
10日ほども前だろうか、某福祉関係のネタを関西の可愛いお姉ちゃん(←大本営発表、とか書くとまた殴られるか(笑))が送ってくれたものに対する返信である。内容がちょっとヒドいものになってしまったのだが、記録として載せておく。

つうか、話の内容が判んないよね(たぶんここの読者のうちで5人ほどだろう)、特に読まないでかまへんと思います。

くどく言うが、ほんとうにヒドいぞ。



[罵詈讒謗。]の続きを読む
スポンサーサイト



防護される私。
ウイルスセキュリティZERO 正直なところ「サル」な私は、こないだまで「ぜんぜんウイルスから守ってくれないうえにくどくどと支払いを要求するインチキセキュリティソフト」をPCにインストールしていたんですね。事態に気づいてからも3か月間くらいはほっといたから、悪質だなあ俺が。

というわけで、買ってきました「ウイルスセキュリティZERO」。
ノートン先生でも良かったんだけど、win3.1時代(いつだっ)になんかノートン先生ご自身がやたらと重くて難儀した記憶があったもんで。
マカフィーさんでも良かったんだけど、win95時代(いつだそれはっ)になんかハタラキがいま一つだったような印象があったもので。

ZEROさんの「向こう10年くらいは更新料なし」で「4,000円」というのは「そんなビジネスモデルで大丈夫なのか」とか「ソースネクストだしなあ」とかいう声も聞いたのだが、前者については「だってさ、更新時期を迎える度にお客さんから問い合わせが殺到してめんどくさい(対応にコストがかかる)んだもん」という話もあり、後者については別にソースネクストのアプリケーションをソースネクストが作っているわけでもなさそうだからそこは賭けだな(笑)。

買ってきて放り込むなり自動インストールを始めるはずのCD-ROMがなんにも働いてくれなかったりもしたのだが、まあ小さなことです。俺も無駄にカスタマイズしてるからなあ、プリウス君を。あとはまあ、動作は軽いようだし挨拶も丁寧だし設計思想も納得できるみたいだし、なにより設計思想を記述した文章がおじょうず。言っちゃなんだが、理系の人の書く文章ってばさ、論文なんかを読んでいても「なんでこんなに面白いことをこんなにも極端につまらなく記述できるんだ?」と思うことが多いものだから。母校の合唱団の理工学部の学生さんの書いた「演奏会ウチアゲのご案内」なんて、ちょっと信じられないくらいに不親切だったりすることがあるんですよ、マジで。「こいつには人にモノゴトを伝えようという意志はない」ことが判るというか、実験を記録する文章とその内容を人に伝える文章とでは書き方が違うべきであることが判っていないというか。というわけでこれも得点でした。
アルマ・マーラーに恋した生物学者(良い例(1)) タイムマシンの話新装版(良い例(2)) ことばの樹海(良い例(3)) ゲーデル,エッシャー,バッハ20周年記念版(良い例(4)) 「新編」風雲ジャズ帖(良い例(5))


ふうん、ダウンロード版のアップデート関連でバグがあった? 小さいことですよ、とパッケージ版を購入した僕は鷹揚に構えているのでした。とりあえずPCを立ち上げるごとに「いろいろ安全ですよ」と言って貰えるのが嬉しい。あいかわらずサル。
ウェブのブラウズにはIEを使っているのだが、これはさすがにZEROさんが専門職だからなんとかしてくれるんだろうなあ。ファイアウォールというのはよく判らないけど、判らないくらいだから困っていないので構わない。

メールは、やっぱりOutlook系にしか対処してくれていないみたい。僕はBecky!使用で、受信前にnPOPでサーバのほうをチェックしてヤバそうなものは消しているので(nPOPをUSBのストレージに放り込んであって、出先の宿とかネットカフェとかでもチェックしている)、見ず知らずの僕がちょっと会ってあげるだけで50万円くれたりするバケベソとも面会しないで済んでいるってわけさ。
関係ないけどインターネット上の公の場ではYAHOO!のメールアドレスを公開してあるので、あっちはあっちでフィルタリングがけっこうきちんとしているので重宝しているのでした。


と書いてくると、読む人が読めば「つなぎっぱの危険」に対する僕の知識というか理解がかなりショボいことはお判りいただけるとも思うのですけれども、ほかになにかやっておくべきことってありますか? ご教示いただければ幸甚です、よしなに。
2006年7月17日と18日(祝日と火曜日)、あめ。
【メーカー直販店】吸水速乾素材をハニカムメッシュ状に!ヘインズ Hanes メッシュ Vネックサーフシャツ どうでもいいけど、暑いか湿気ってるかのどっちかですね。もうじき両方いっぺんにやってくるんだよなあ、なんか首でもくくりたくなってきた(嘘)。

北欧冒険旅行中の母から、絵はがきが届く(リードタイムがほぼ1週間らしき模様)。コペンハーゲンは晴天で過ごしやすいのだそうで、絵はがきの絵柄は例の「人魚の像」でしたな。コペンハーゲンというと映画『冷凍凶獣の惨殺』しか思い出さない俺だが、やはりちょっと羨ましい。

ところで、ハガキに貼ってあった切手に「DANMARK」と大書してあるのだが、綴りって間違ってない?>>デンマークの郵政省さん。ってまさかそんなこともなかろうから、あとで調べてみるとしよう。


Zircons 今日のZircons

月曜日は、ジルコンズのリハーサルで代々木へ。前回のリハーサルがちょっとショボかったというか全員で焼肉を食いまくって終わってしまったという事件があったからかさにあらずか、珍しく真面目に練習したぞ。スタジオを3時間押さえたうちの2時間くらいは練習していたのではないか(これは凄いことです)。

なんかこんなのを貼られるらしい。 新曲の打ち合わせはほぼ順調に行って、そのあと戸風炉(われわれは「ドブロ」と発音するが、間違いである)で打ち合わせを3時間ほど。って単なる飲み。というか前回は焼肉屋からリハーサルに移行したのが逆になっただけという説もあるが、まあいいや。
話の中身はほとんどヨタだが、ドブロギターとナショナルとの関係、次回ライブの衣裳合わせ(刺青付き)、あとはジルコンズ・ツアー企画が仙台と伊豆と温泉とヨーロッパってほんとうにヨタですね。いや、仙台ツアーの定禅寺ストリートジャズフェスティバルにはマジで出演するようなのだが。



火曜日、東中野駅前をふらふらと歩いていて、合唱団ひぐらしのダンさんとばったり。ちょうどいいので日曜日の演奏会のフライヤーとチケットを少々頂戴する。いちおう書いておくと、日曜日の16時からティアラこうとうで、演し物は三善晃とかそんなん。なぜか僕が受付をやっているもので、入口のところで僕を探してくれれば入場は

それでなんでかチラシを50枚とチケットを20枚も預かってしまいましたとさ。ちょっと多いような気もするが、今週の日曜日なんだからこれは「余っていた」というのが正解なんだろうなあ。まあ、ちょっと頑張って撒いておきましょうか。


夕刻から、ふつうに池袋のOK牧場でお仕事。あいかわらず俺は役に立たない。というか、出勤するたびに3回くらいずつがっかりして帰宅するんだよなあ、やはり向いていないのであろうか。でもクヤシいのでもうちょっとは続ける。既に時給がどうしたという話ではなくて、意地の問題と化しているのが本末転倒なんだけどさ。たまにゃあいいでしょ、そういう時期があっても。
今日のニュースとか:

どこかのテレビ局のお昼のニュースで、秋田からの生中継の音声が出ていなかった。スタッフらしき人の「やべぇ」という呟き声が妙に大きく聴こえてきたなあ、頑張ってくれたまえ。

館林まつりでは、館林商工会議所青年部の主催で「将軍綱吉公犬行列」というのを実施するらしい。いやまあ俺が文句をつけるところではないのだけれども、館林市民というのはあの既知外のレイシスト(というのか)を藩主と仰いでいたことを誇りに思っているのだろうなあ。そこにちょっと驚いた次第。ほんとうに文句はないのだけれども、どうせイベントにするならば「人類 vs. 犬」の格闘イベントあたりが適当なのではないのか。実施不可能ですか、そうですか。


明日は、昼間お仕事。
夜もお仕事。
たぶんおそらく、深夜もお仕事。
もうどうにでもなれ。
footcopy