FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


今週の落穂拾い。
羊毛混かいまき布団&敷パッド4枚セット基本的にはずうっと寝ていたからなあ。

風邪っぽかったものだから、なんか食べて、お蒲団かぶって寝て、汗かいてTシャツを替えて、また寝て、という繰り返し。先週は近所で「かいまき」を干しているお宅があって「この時期になんで?」とも思っていたのだが、きっと似たようなことをしていた人がいらしたに違いない。


今日の内輪揉め:

岐阜パールライスの無洗米 ぎふ米コシヒカリ(5kg) 俺の知ったこっちゃないのだが、某所情報によると尊師と米屋が大げんか? 原因は、尊師が人の話に聞く耳持たん? そんなもん昔からあの人はそういうおかただったではありませんか。10年前に「尊師なんかとツルんでちゃダメだよ」って言ってあげたでしょ?>>米屋さんよ。それであのお二人の関係が旧来通りだとするならば、「いよいよ窮鼠が猫を咬んだ」のか「米屋の利用価値が無くなって切り捨てられた」のか、どっちなんだろうなあ。

だいたい情報保障作業の根幹に「福祉」だの「奉仕」だのを持ち込む時点で、障害者棄民政策たる「障害者自立支援法」と実は根っこが同じだ。障害者をも社会資本としてその有効活用を目指す(つまりある意味でものすごくドライな)ADA法とは真っ向さかさまの立場にいるのが、実は尊師だったりするんだよな、たぶん。

そんで尊師が例の団体の理事長を退任、幹事に就任。田中角栄か中曽根康弘か(古いね、僕も)。
これも10年くらい前だったか、あっちこっちのメーリングリストでいろいろ発言していたあの人が、ちょっといろいろと風当たりが強くなってきたら全てのMLでの討論を放り出して逃げ出して、イエスマンだけで固めた独自MLを立ち上げたあたりが思い出される(「とことん語るML」とかいう恥ずかしい名前だったな。とことん語れなかったのがあなただろうに)。次期理事長がどんなかたなのか存じあげないのだが、また似たような話なんじゃねえの? とも思ってしまう僕を非難できる人もおるまいて。


今週のヒマネタ:

  1. 知り合いの持っているお裁縫セットに、「Sewing My Way」というロゴがあった。ちょっと気に入りました。

  2. ネクタイ(サテンペイズリー柄/ブラック)細かいペイズリー柄のネクタイを締めていたら、若い娘さんに「あ、豹柄!」って言われちゃった。しょうがないので「黴菌柄ですよ」って言っておきました。「え?」、「うん、ゾウリムシ」と言ってあげたのは、うっかり妙なバイキンの名前を言っちゃうと彼女らが海水浴に行きづらいだろうという僕の思いやりです。

  3. あれは6月30日、タバコ値上げの前日の深夜2時頃だったと思う。
    近所をほっつき歩いていたら、よく行く煙草屋さんの自販機が3台並んでいるうちの1台がまだ販売中みたいな表示になっている。近くば寄ってよぅく見たら、入金表示が200円になっているものだから、念のために「釣り銭がっちゃん」をひねってみたら、現金が200円出てきた。
    めんどくせぇなあと思いつつその200円は保護しておいて、いろいろあって翌々日くらいの昼間にその煙草屋さんに行ってみてこれこれと事情を説明して200円を店主にお渡ししたら、御礼ということなのだろうがライターをひとつ頂戴しました。

  4. 池袋キンカ堂地下のキャンドゥ(所謂「ヒャッキン」)に蝋燭を買いに行きました。
    「ローソクはありますか?」
    「こちらです」
    「すみません、テーブルに置くようなもっと太くて短いものはありますか?」
    「‥‥あ、キャンドルですね?」
    用語の使い分けがぜんぜん判りませんでした。どっちかというと「細くて長いほう」が「キャンドル・スティック」なんじゃないのか。

木曜日のライブの話:

書けば俺の恥になる話なのだが、3時間のステージを3つくらいに区分けして、「1」と「2」はまあ良かったし、「2」のてっぺんで歌っていただいたシンさんもいいノリだったし、でも「3」の半ばあたりからちょっと俺のテンションが落ちちゃったかなあ。ごめんなさい>>お客さん。
謝ってどうなることでもないのだが、なにしろ初めての経験だもので現状戸惑っております。すみませんでした。

ぶつくさ考えていたら、せっかく差し入れていただいたオロナミンC(ローヤルゼリー入り)をお店に置き忘れてきてしまった。踏まれたり蹴られたり。


今回の「ウクレレ講習」では、お持ち帰りで3曲をお客さんに演っていただきました。
|C|C|Am|Am|
|F|G7|C|C|
といったようなことで、
  • 『スタンド・バイ・ミー』、
  • 『Every Breath You Take』、
  • 『踊るポンポコリン』。
捜せばまだまだあるのだろうけれども、今回は先日の円道一成さんのライブからパクらせていただきました。ありがとうございます。
そういえば今回のライブについては、いざ出陣というわけで家を出ようとしたときに目が真っ赤であることに気がついたものでサングラス使用となりました。
メンタマ真っ赤のほうが三流ホラーみたいで面白かったかなあ、そっちも反省しておきましょうか。
どうでもいいけど、ものすごく身体がだるいなあ。やはり「安いエボラ」とかそんなのに感染してはいまいか。

鼻と喉はいいよ。眼科に行ったのは、風邪としては特異な症状であるのでそこから攻めてみようという魂胆ではあった。そして眼科医が「軽い結膜炎」と診断したのもいいとして、そこにやはり「頭部集中発症的感染症」の虞れはないのか(でも左足指先にも軽い麻痺があるんだけどね)。

って半端に気にしてもしょうがありませんね。
咳止めが効いてきたようなのでそろそろ寝ましょうか。いやマジ調子わる。



スポンサーサイト



火曜日の夜から金曜日の夜まで。
基本的には、3日間にわたってほぼ寝ていました。
いやあ、目だの鼻だの喉だの膝だの全体だのががったがたでしてな、生物としてはボロボロでしたよ。まいったまいった。

火曜日の夜、ランタンのジャムに行く心算がけっきょくんところ一晩じゅう寝てましたな。1時間寝て、汗みずくになったTシャツを着替えて、脱いだTシャツはそのへんにつくねて、また寝て、というのの繰り返し。

そのランタンに夜遅く僕が現れて、ブルースのソロを一発弾いていったという噂話を後に聞いた。たぶん生霊かドッペルゲンガーかよく似た人か、そのへんなんだろうなあ。



水曜日、昼間はまたずうっと寝ていて、暗くなったあたりからZirconsのリハーサルでお台場へ。とりあえず激安のカラオケ屋の予約を押さえてから、横ヤンと焼肉屋で合流して、けっきょく18時から21時まで焼肉屋にいたなあ(笑)。どういうリハーサルやねん。

ZIRCONS/ジルコンズ それでも21時から22時半まで、90分間のリハーサル。すみません、僕は半分寝てました。どうにも調子の悪いところにビール飲んだりしたもんですから。帰りの電車でもほぼ眠っていて、ついでに帰宅して即座に死に寝。



木曜日、昼間はまたずうっと寝ていて、夕刻からMOJO 53でのひとりライブに向かう。喋り声は嗄れているのだが、なぜか歌声だけはなんとか大丈夫という不思議な仕様だなあ、僕の喉は。

お客さんはほぼ満席で、また20時半から23時半までほぼみっちり演りました。調子もそれなりだしシンさんとかも歌ってくれて好調な滑り出しではあったのだが、22時半あたりからだんだん僕が失速してきたような。原因不明だが、いかんなあ。風邪のせいかなあ。



金曜日、夕刻まで寝てから、今日は池袋の夜のお仕事に早めに赴いて、ちょっと眼科に寄ってみる。

お医者さんに「風邪かと思うんですけど、眼瞼に炎症も出てるみたいだから感染症の恐れもあって、エボラの安いやつとかだったらヤだなと思って」って言ってみたら意外とウケた。けっきょくのところ診断は「軽い結膜炎」とのことで、伝染性もそうはなかろう、風邪が治れば自然に治るべいということで目薬少々いただいてこの件おわり。

例によって深更帰宅、酒飲む気もせんこととてとっとと寝るべい。


明日は、たぶんまた寝ていそうな気がする。
明後日は、例の御用事で静岡へ。
footcopy