FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


防護される私。
ウイルスセキュリティZERO 正直なところ「サル」な私は、こないだまで「ぜんぜんウイルスから守ってくれないうえにくどくどと支払いを要求するインチキセキュリティソフト」をPCにインストールしていたんですね。事態に気づいてからも3か月間くらいはほっといたから、悪質だなあ俺が。

というわけで、買ってきました「ウイルスセキュリティZERO」。
ノートン先生でも良かったんだけど、win3.1時代(いつだっ)になんかノートン先生ご自身がやたらと重くて難儀した記憶があったもんで。
マカフィーさんでも良かったんだけど、win95時代(いつだそれはっ)になんかハタラキがいま一つだったような印象があったもので。

ZEROさんの「向こう10年くらいは更新料なし」で「4,000円」というのは「そんなビジネスモデルで大丈夫なのか」とか「ソースネクストだしなあ」とかいう声も聞いたのだが、前者については「だってさ、更新時期を迎える度にお客さんから問い合わせが殺到してめんどくさい(対応にコストがかかる)んだもん」という話もあり、後者については別にソースネクストのアプリケーションをソースネクストが作っているわけでもなさそうだからそこは賭けだな(笑)。

買ってきて放り込むなり自動インストールを始めるはずのCD-ROMがなんにも働いてくれなかったりもしたのだが、まあ小さなことです。俺も無駄にカスタマイズしてるからなあ、プリウス君を。あとはまあ、動作は軽いようだし挨拶も丁寧だし設計思想も納得できるみたいだし、なにより設計思想を記述した文章がおじょうず。言っちゃなんだが、理系の人の書く文章ってばさ、論文なんかを読んでいても「なんでこんなに面白いことをこんなにも極端につまらなく記述できるんだ?」と思うことが多いものだから。母校の合唱団の理工学部の学生さんの書いた「演奏会ウチアゲのご案内」なんて、ちょっと信じられないくらいに不親切だったりすることがあるんですよ、マジで。「こいつには人にモノゴトを伝えようという意志はない」ことが判るというか、実験を記録する文章とその内容を人に伝える文章とでは書き方が違うべきであることが判っていないというか。というわけでこれも得点でした。
アルマ・マーラーに恋した生物学者(良い例(1)) タイムマシンの話新装版(良い例(2)) ことばの樹海(良い例(3)) ゲーデル,エッシャー,バッハ20周年記念版(良い例(4)) 「新編」風雲ジャズ帖(良い例(5))


ふうん、ダウンロード版のアップデート関連でバグがあった? 小さいことですよ、とパッケージ版を購入した僕は鷹揚に構えているのでした。とりあえずPCを立ち上げるごとに「いろいろ安全ですよ」と言って貰えるのが嬉しい。あいかわらずサル。
ウェブのブラウズにはIEを使っているのだが、これはさすがにZEROさんが専門職だからなんとかしてくれるんだろうなあ。ファイアウォールというのはよく判らないけど、判らないくらいだから困っていないので構わない。

メールは、やっぱりOutlook系にしか対処してくれていないみたい。僕はBecky!使用で、受信前にnPOPでサーバのほうをチェックしてヤバそうなものは消しているので(nPOPをUSBのストレージに放り込んであって、出先の宿とかネットカフェとかでもチェックしている)、見ず知らずの僕がちょっと会ってあげるだけで50万円くれたりするバケベソとも面会しないで済んでいるってわけさ。
関係ないけどインターネット上の公の場ではYAHOO!のメールアドレスを公開してあるので、あっちはあっちでフィルタリングがけっこうきちんとしているので重宝しているのでした。


と書いてくると、読む人が読めば「つなぎっぱの危険」に対する僕の知識というか理解がかなりショボいことはお判りいただけるとも思うのですけれども、ほかになにかやっておくべきことってありますか? ご教示いただければ幸甚です、よしなに。
2006年7月17日と18日(祝日と火曜日)、あめ。
【メーカー直販店】吸水速乾素材をハニカムメッシュ状に!ヘインズ Hanes メッシュ Vネックサーフシャツ どうでもいいけど、暑いか湿気ってるかのどっちかですね。もうじき両方いっぺんにやってくるんだよなあ、なんか首でもくくりたくなってきた(嘘)。

北欧冒険旅行中の母から、絵はがきが届く(リードタイムがほぼ1週間らしき模様)。コペンハーゲンは晴天で過ごしやすいのだそうで、絵はがきの絵柄は例の「人魚の像」でしたな。コペンハーゲンというと映画『冷凍凶獣の惨殺』しか思い出さない俺だが、やはりちょっと羨ましい。

ところで、ハガキに貼ってあった切手に「DANMARK」と大書してあるのだが、綴りって間違ってない?>>デンマークの郵政省さん。ってまさかそんなこともなかろうから、あとで調べてみるとしよう。


Zircons 今日のZircons

月曜日は、ジルコンズのリハーサルで代々木へ。前回のリハーサルがちょっとショボかったというか全員で焼肉を食いまくって終わってしまったという事件があったからかさにあらずか、珍しく真面目に練習したぞ。スタジオを3時間押さえたうちの2時間くらいは練習していたのではないか(これは凄いことです)。

なんかこんなのを貼られるらしい。 新曲の打ち合わせはほぼ順調に行って、そのあと戸風炉(われわれは「ドブロ」と発音するが、間違いである)で打ち合わせを3時間ほど。って単なる飲み。というか前回は焼肉屋からリハーサルに移行したのが逆になっただけという説もあるが、まあいいや。
話の中身はほとんどヨタだが、ドブロギターとナショナルとの関係、次回ライブの衣裳合わせ(刺青付き)、あとはジルコンズ・ツアー企画が仙台と伊豆と温泉とヨーロッパってほんとうにヨタですね。いや、仙台ツアーの定禅寺ストリートジャズフェスティバルにはマジで出演するようなのだが。



火曜日、東中野駅前をふらふらと歩いていて、合唱団ひぐらしのダンさんとばったり。ちょうどいいので日曜日の演奏会のフライヤーとチケットを少々頂戴する。いちおう書いておくと、日曜日の16時からティアラこうとうで、演し物は三善晃とかそんなん。なぜか僕が受付をやっているもので、入口のところで僕を探してくれれば入場は

それでなんでかチラシを50枚とチケットを20枚も預かってしまいましたとさ。ちょっと多いような気もするが、今週の日曜日なんだからこれは「余っていた」というのが正解なんだろうなあ。まあ、ちょっと頑張って撒いておきましょうか。


夕刻から、ふつうに池袋のOK牧場でお仕事。あいかわらず俺は役に立たない。というか、出勤するたびに3回くらいずつがっかりして帰宅するんだよなあ、やはり向いていないのであろうか。でもクヤシいのでもうちょっとは続ける。既に時給がどうしたという話ではなくて、意地の問題と化しているのが本末転倒なんだけどさ。たまにゃあいいでしょ、そういう時期があっても。
今日のニュースとか:

どこかのテレビ局のお昼のニュースで、秋田からの生中継の音声が出ていなかった。スタッフらしき人の「やべぇ」という呟き声が妙に大きく聴こえてきたなあ、頑張ってくれたまえ。

館林まつりでは、館林商工会議所青年部の主催で「将軍綱吉公犬行列」というのを実施するらしい。いやまあ俺が文句をつけるところではないのだけれども、館林市民というのはあの既知外のレイシスト(というのか)を藩主と仰いでいたことを誇りに思っているのだろうなあ。そこにちょっと驚いた次第。ほんとうに文句はないのだけれども、どうせイベントにするならば「人類 vs. 犬」の格闘イベントあたりが適当なのではないのか。実施不可能ですか、そうですか。


明日は、昼間お仕事。
夜もお仕事。
たぶんおそらく、深夜もお仕事。
もうどうにでもなれ。
2006年7月14日から16日、週末。
Zircons きれいさっぱり気づいていなかったのですが、今日16日ってばZirconsデビュー1周年ですね。

いやまあ、こんなに大規模なプロジェクトになるとは思ってもいませんでした。メンバー各々は措いといて、励ましたり聴いてくれたりしてくれる周辺の皆さん、ほんとうにありがとうございます。

次の1年もがっつり行くけんね、よろしくっス。


金曜日の夜は、深更に池袋から中井までケッタで帰ろうとしてなんでか道に迷っちゃって、普段なら30分もかからないところを70分くらいも無駄にかけて帰宅。ふと気づいたら板橋区内を走ってたもんな、なにやってんだか俺。

土曜日は、なんとなく起床してから海外旅行中の大富豪邸の巡回に行く。いやあ、お中元のクロネコヤマトの不在伝票がてんこ盛りでしたな。えーと、干物とメロンと酒とサクランボと、ふむふむ。

石川・輪島「西脇水産」わじま朝干し詰合せ[JWA-38] というわけで、クロネコヤマトさんには再配達をお願いして、冷蔵庫にあったものを適当につまみつつビールだの飲みつつじっと待つ。そのうちに干物その他が到着したもので、ちょうどいいのでアジだのエボダイだのナメタガレイだのを焼いてどんどんいただく。ナメタガレイの縁側がえらく美味しいのだが、食べるのがめんどうでかなん。というわけでもう1匹。



日曜日、ちょっと新宿まで出てお買い物など。


欲しいものリストとしては、

  • Tシャツ(夏用のなんかハイテクっぽい奴)、
  • ひげそり、
  • 靴下、
  • ベルト、
  • 足つぼマット、
  • 革靴用のインソール、
  • メガネ、
  • アンチヴァイラスのアプリ、
といったところか。

なかお‥‥って読めますか? ふと連絡のあった中野の元締がなんかそのへんにいるというので、新宿高島屋地下の「なかお」で昼飯など。元締は「はも定食」で僕は「うな丼」とビール。そんでタカる心算が奢らされたが、先日どこかで頂戴した商品券が二千円ぶんあったからまあいいや。心から感謝するように。ご恩は一生忘れませんように。


ケサランパサランリクイドファンデーションN 【New】 ついでにその高島屋の「けさらんぱさらん」という信じられない屋号の化粧品屋さんにちょっと付き合わされる。いやまあいいんだけど、いくらなんでも「Kesalan Patharan」という綴りはウソだとは思うのだけれども。
でもちょっとなにかがクヤシかったもので、売り子さんと結託してちょっと高い品を売りつけてやった。ざまあみろ。


【送料無料】2.1ch マルチメディアスピーカ 肝心のお買い物のほうはなんとなく不調で、大富豪邸のノートパソコンの音がちょっとしょぼかったなと思って、2.1chのスピーカ・システムをひとつ買っておいてあげた。サクラヤでいろいろ聴き較べて選んでみた品の在庫がなかったもので、その足でヨドバシカメラに行って「これください」。「音を聴かないでいいんですか?」、「ええ、サクラヤさんで聴いてきました」ってヒドい客もあったもんだね(笑)。

ウイルスセキュリティZEROあとはウィルス・セキュリティを一発、安いのを買っておいて今日は終了ですね。
どうにも価格を目前にすると気弱でいけません。びんぼだし。時給900円だし。


小さなイチャモン:

テレビ朝日『名奉行・大岡越前』で、斬殺された人がダイイング・メッセージを遺す。お白州では大岡越前が「(メッセージを)ちもんじでみとめたのだ」と言うのだが、おそらくは「したためた」の発音ミスであろう。

時代劇としてはけっこうな名門の枠であろうに、北大路欣也もスタッフもなにやってんだか。つうかその程度の連中が作ってるんだから、脚本家がまずルビ振ってやれよ。そうでもしないとしょうがないよ、もう。


次回ライブ:

演奏中。 職安通りはMojo 53さんでのライブは、8月8日(火曜日)の20時30分から、ということで決定しました。

電話で「前回ショボくてすみませんでした」と言ってみたら、店長としては「僕は良かったと思うんですけどね」との由にて、やっぱ演奏者と聴衆との間にはギャップがあるんだろうなあ。俺ってばモンク好きだし、甲本ヒロト好きだし、アリス・クーパー好きだし、PUFFY好きだし、でもウクレレだしぃ(笑)。まあいいや、演らせていただけるのだからがっつり演りますいくらでも。

2006年7月10日の週、お給金。
■ポルノグラフィティ CD【Best Blue's 】■送料無料■(7/28発売) 22日のポルノグラフィティのライブ(なんと横スタ!)になんでか誘われているのだが、手帳には思いっきり「ポルノ」って書いちゃったんだよな。それってどうよ(笑)。

今日は取引先のかたから「覗き部屋」(ってなにをするのか判らん)の割引券なんか貰っちゃったんだけど、俺ってば外見は「基本的に淡白」らしいんだけどなあ。とりあえずエロにカネ払ったことないしぃ(自慢ではない、若い頃にいっかいくらいヤッとくんだったか)。


【2006年新作モデル】【送料無料】CHRYSLER( クライスラー)SEBRING COUPE-PT-20K-2リアサス・6段変速. さて、あいかわらず毎日日暮れに池袋に出勤して終電で帰宅するという生活が続いておってだな。

まあ終電ならまだいいのだが、先日は社長がにこにこしながら「りび君、自転車を買ってあげよう」って言ってくれてですね。なんのこたぁない、終電を気にせず終わるまで働けっていう話なのだが、どっちみち25時には終わるしな、こっちも細かいこと(電車の時刻とか)に気を遣わないで済むのでちょうどいいか。15年前に買ったカールビンソン(ママチャリである)も先日ちょうどお亡くなりになったことだし。というわけで変速機の無い軽快車を買ってもらって、体力づくりなんだか通勤なんだか苦行なんだか(さすがに夕刻は暑い)判らないような日常が続いているのでした。

それでさぁ、生活サイクルの焦点は「18時に池袋出勤」ということになるわけなのよ。そこからだいたい7時間拘束で単純作業みたようなことをしているわけで、だいたい25時過ぎくらいに帰宅するわけ。仕事が残ってりゃ仕事もするけど、まあそんな時刻だったらだいたいは本かビデオでも眺めながら酒くらい飲むわな。たいがい風呂にも入るだろう。そうするとあっという間に夜明けになって、寝るね。目覚めるとお昼だね。暑いからビールくらい飲むかもしれない。そしてメールのお返事とか書いたりしているうちにもう夕刻で、お出かけですよ池袋ですよ。なんかまだパターンが掴みきれなくて苦労しているのでした。

とりあえず自転車通勤にしてからは、明治通りの「肉のハナマサ」とか早稲田界隈の深夜営業スーパーとかがあるので晩御飯の内容はちょっとだけ改善された。体脂肪率も久し振りに(そうなのよ)20%を切ったし、体重も4kg戻して60kgを切った。いいことなんじゃないか。今日もこれから湯豆腐だしね(またかよ)。

もうちょっと落ち着いてきて昼間仕事も計画的に入れられるようになるとちょっとは豊かになるのだろうけれども。とりあえず夜中の時給900円じゃかつかつですね。


火曜日のジャム:

ミステリオーソ+2 月曜日にお給金を頂戴したので、火曜日は調子ぶっこいて休みをとって、Club Rubber Catのジャム・セッションに行ってきました。やっぱりジャズだと落ち着くのは、ホームグラウンドだからなんだろうなあ。ビール飲みながらピアノばっかり弾いてきました。楽しい。

ピアニストは僕ともうひとり、若いお嬢さんがいらしていて。そのお嬢さんがかなり達者なのだが、聴いているとなにやら妙なにおいがするぞぉ(笑)。いや、褒めてます。でもなんかヘンだぞぉ(笑)。ほんとうに褒めてます。僕のヘンなピアノも気に入っていただいたようで後日メールの交換などしたのだが、お嬢さんのメールアドレスに思いっきり「Monk」って書いてありましたな。そんなことじゃないのかなあとは思ってたんだ(爆)。

意外とモンク好きのピアニストって少ないように思うのね。知る限りでは、俺。以上終わり。エヴァンスとハンコックはいっくらでもおんねんけどな。あとは珍しいところでピーターソンあたりか。小曽根真なんかはっきり「(モンクは)嫌いです」って言い切ってたもんなあ、縁なき衆生はまあしょうがないか。ジャズ畑のほうでも、いちばんモンクを正統に継承したのはスティーブ・レイシーなんじゃないかなんてたまに思っちゃったりするもんなあ。あとはチャーリー・ハンターが「モンクとローランド・カークとJ.B.しか演奏しない」という「あんたは俺か」みたいな阿呆なバンドを演っていたように思うが、残念ながら音源を聴いたことがない。こんど探してみるとしましょうか。

というわけで、貴重な知り合いが発生したわけで、ナカノさん今後ともよろしくお願いします、って名前出しただけで一部では誰のことだかまるわかりなんだろうなあ(希少種だから(笑))。僕はとりあえずセブンス・モーションを低音部に放り込んで、例のトリルが出来ると嬉しいんだけど滅多にピアノ触ってないし、あとはウクレレで弾く『'Round About Midnight(in Am)』をなんとかして、くらいかしら。


あと今週の落穂拾い:

  • 夏ですね、クロアゲハと、あとルリタテハっぽいのを目撃しました。詳しくはないので間違っているのかもしれませんが、まあいいや。

  • 「頭突き」のことを「ずつき」と発音する人と「ずづき」と発音する人がいる、ように思う(僕は「ずつき」です)。『弁護士のクズ』ではトヨエツが前者、伊藤エイメイが後者だったと思う。例のジダンのニュースでも、テレビでは各人各様だったように思う。この際だから「パッチギ」ど統一すればどうかとも思ったのだが、これにも「パチキ」という同系別発音があるのだった。
    まあ、知り合いのイデッキの本屋さんは「自転車」のことを「じでんしゃ」と発音するしな。意味が通じさえすりゃなんでもいいか。このあたり、「譜面のコードネームにくっついている数字を重視するか無視するか」という話にも繋がっていくのだけれどももう午前4時だから放置。

  • たまさかご心配いただいた向きもあるようですが、風邪はすっきりと治りました。メンタマも絶好調ですし、咳はたまに出るかな? これは秋口までにマジで禁煙する心算なのでとっとと解消されるでしょう。教訓としては「きちんと飯食っとけ」という話で、今日のお昼は東中野「十番」で「タマゴ入りタンメン」でした。いちおうなんとなく三食いただいています。

  • ケータイに「8190-xxxx-xxxx」っていう番号から着信があって、誰かと思ったら海外旅行中の弟からでした(カトマンズだかネパールだか、わけの判らんところにいるらしい)。そんなところでナショナリズムを発揮されても却って判りづらいと思うんですが、どうなんでしょ>>DoCoMoさん。

  • 似たようなイチャモンなのだが、国鉄のSuicaってのがあるよね。命名のゴタクは「Super Urban Intelligent CArd」ってやつ。あれがクレジット会社と結託して「Suicaなんとかカード」というのを出しているのだが、これって「SUIカードカード」ってことだよな。なんか「フラダンス」みたいで(「フラ」が既に「踊り」なので、「フラダンス」は「ダンス踊り」と同義なんだな)気に入らない。

  • 背広仕事に伴って、靴を新調しました。本革のスリッポン。2,000円(笑)。履いて歩いてみたら靴底がぺったんこなので、たぶん明日くらいにインソールを買うと思います。二千円の靴に千円のインソール。ギャグか。たぶんPerfect Suit FActoryで4,000円くらいの革靴も買うと思います。なんしらん気の違ったような安売りをやっているもので。それと、ベルトも買っとかないとかんなあ、お爺ちゃんの形見が今にも切れそうだものですから。

  • ソースネクストウイルスセキュリティZERO (説明扉付きスリムパッケージ版)インチキセキュリティソフトに騙されたまま3か月くらいも暮らしているわけですが、そろそろ買っとくかってんで「ウイルスセキュリティZERO」ってどうよ。いや、どうせ僕ってば更新作業とかしないし忘れるし、じゃあ「ほっときゃいいタイプ」が最善なのかなと思いまして。ま、使ってみんべえ、とりあえず「つなぎっぱ時代に対応した」というあたりの戦略を評価してあげよう。

  • ◆ただいまポイント2倍! リベリオン -反逆者- ◆20%OFF!録画しておいた木曜テレ東『リベリオン』を眺める。なんで英語版で録れてんだよ!とも思ったが、そんなにややこしい話でもないからだいたいOK。つうか英語版でもツッコミ所が満載なのだけれども、「ガン=カタ」はもっと流行ると思ったんだけどなあ。惜しかったなあ。

明日は、また自転車出勤で池袋。考えてみると、これって雨でも降ったら悲惨だなあ。まあいいや。
あといろいろあるのは、土日にやっつけましょう。M茸さんの件と、ふくちゃんのハモニカと、えーとえーと。明日考えよっと。

というわけで湯豆腐を作り始める金曜日の午前5時。いいのかそんなんで俺。

2006年7月8日と9日(週末)、静岡!
日テレの報道番組で額賀さんが、北朝鮮を評して「げんごどうだん」と言っておった。

大丈夫か日本政府。


さて、風邪っぴきである。
料理歴40年の職人”欒 徳茂”が作り上げた職人にしか出せない味”本格酢豚” 200g×10パック...
土曜日、いつまでも寝ていてもしょうがないので根本的な打開を図るべく、東京大飯店まで酢豚など喰いに行く。要するに「風邪の特効薬はメガ栄養」理論である。たぶん正しい。

というわけで西武新宿駅から靖国通りを東に向けて歩いているところに、漬物学者から仕事依頼の電話が入る。「今どこ?」、「うん、風邪ひいたから東京大飯店に」、「ああ、酢豚か」ってさすが判ってらっしゃる。あと肉っぽいものとか脂っぽいものとかをしゃきしゃきといただいて、ちょっとビールなど飲んでだいたい満足する。

帰りがけ、薬局に寄る。メンタマのほうは概ねよさそうなので、咳止めだけ買っておこうかな(なんで風邪薬を買わないかね、この人は)という魂胆で薬局の人と話していて、塩酸メチルエフェドリンの話でちょっとだけ盛り上がって、怪しい薬を売っていただいて(笑)。
ついでにメンタマの話もしてみたら、「じゃあ軽いサルファ剤でも出しておきましょうか」ってするっと言われました。なんで「スルファナントカ」の薬が「サルファ剤」なのか、ついでに教えてもらえばよかったなあ。

そんでもって夜半、目っ茶苦茶咳き込んでよく寝られず。ダメじゃん。エフェドリンの錠剤を飲んだら10分で治まる。しかも何故かよく眠れた。機序が判らんが文句はない。



日曜日、今日は遠足で静岡はT.M.Revolution西川貴教の静岡市民文化会館公演だぁ! ってんで静岡駅まで行って、ヒマこいてタクシー乗り場の近所でタバコなど喫っていたら目の前でワゴンタクシーに乗り込んだのが西川貴教さんでした。
先にメシの話を書いておく。

西ヲタの皆さんたちと待ち合わせて、「まずメシでも」ってんでお手軽にエキナカを歩いてアスティ静岡東館の静岡地魚料理「大作」というところで大作定食などいただく。ご飯も刺身も煮物も美味しくて、ほぼ満足。
それで、とうぜん公演後にも飯は食うわけだからお店のかたに聞いてみる。「夜の営業はどうなってますか?」、「9時半ラストオーダーの10時までです」。ふむ。念のためにお隣の「海ぼうず」という飲み屋さんもリサーチしてみる。「11時閉店です」。ふむ。予約してある新幹線は22時半発だし、ストックが2軒もありゃあなんとかなるべい。

さて、終演後の21時くらいに「大作」に行ってみる。「すみません、そろそろ閉店です」。え?
しょうがないので「海ぼうず」に行ってみる。「すみません、10時閉店です」。え?
これだから田舎の飲み屋はよぉ。商売人がウソついてどうすんの、二度と来ねえよ。二度と来ないのでにこやかにサヨナラして、チェーンらしき「沼津魚がし」というのに入ってみたらけっこう美味しかったし焼酎の趣味も良かったので文句はない。

というわけで結果オーライだけど、今後僕は静岡県民をいっさい信用しない。
こうやって1都1道2府43県を全て敵に廻して行くわけなんだけどね(笑)。


T.M.Revolution vertical infinity-CD-〔送料無料キャンペーン中〕 今回のツアーではNHK公演を2回だけ観ている静岡ライブの話はまたそのうち。
  • 西川さんの機嫌が異様に良かったように思うのだが、なんだんべ。
  • その西川さん、風邪かなんかひいてたか? 最初のうち、なんか声が割れていたりリリースが短かったりしたようにも思ったのだが。気のせいかな。
  • 観客の「男性率」が高かったように思うのだが、県民性かなんかか。
    お客さんの質は、(僣越ながら)とても良かったように思う。
    僕の隣の席は、そのお隣のお母様に連行されてきたらしき高校生風味の男の子で、肩こり体操に戸惑いながらもいろいろしておられました。半ば唖然としている風情もあったけどね、みんなそうやって大人になるのさ(笑)。
  • スナオさんはトーン・ジェネレータを新調したのではないかしらん。てっぺんのほうのソロの3秒間くらいのことだけれども、とんでもないフレーズが炸裂していました(どのみちそこでしか使っていない)。
  • ベースのイクオさんはやっぱり今日もワイヤードで、今日は移動のたびにスタッフがワイヤーを送り出したり巻き取ったりしていました。以前にあんまり見たことのない風景だったのだが、僕の気のせいか、あるいは直近になにか事件でもあったのか。
  • アレンジをずいぶん変えてきたような気はする。以前は4拍2小節だったものが「8+7」になっていたりして、けっこう好き。ソロの尺も変えて、シーケンサの使用も減ったんじゃないかなあ。気のせいかもしれないけど。
ざっくりメモしておくと、こんなところ。
そんなことがあって、静岡エキナカの飲み屋さんに裏切られて、いろいろ食べて、新幹線で帰宅。

帰宅途上でちょっと咳き込んだのだけれども、今はおさまっている。
明日は、昼間は某所出張。夜は例によって夜のお仕事。
宿題は、M茸さん依頼仕事のお返事をまだしていないのと、あとあれとこれとそれと。

今週の落穂拾い。
羊毛混かいまき布団&敷パッド4枚セット基本的にはずうっと寝ていたからなあ。

風邪っぽかったものだから、なんか食べて、お蒲団かぶって寝て、汗かいてTシャツを替えて、また寝て、という繰り返し。先週は近所で「かいまき」を干しているお宅があって「この時期になんで?」とも思っていたのだが、きっと似たようなことをしていた人がいらしたに違いない。


今日の内輪揉め:

岐阜パールライスの無洗米 ぎふ米コシヒカリ(5kg) 俺の知ったこっちゃないのだが、某所情報によると尊師と米屋が大げんか? 原因は、尊師が人の話に聞く耳持たん? そんなもん昔からあの人はそういうおかただったではありませんか。10年前に「尊師なんかとツルんでちゃダメだよ」って言ってあげたでしょ?>>米屋さんよ。それであのお二人の関係が旧来通りだとするならば、「いよいよ窮鼠が猫を咬んだ」のか「米屋の利用価値が無くなって切り捨てられた」のか、どっちなんだろうなあ。

だいたい情報保障作業の根幹に「福祉」だの「奉仕」だのを持ち込む時点で、障害者棄民政策たる「障害者自立支援法」と実は根っこが同じだ。障害者をも社会資本としてその有効活用を目指す(つまりある意味でものすごくドライな)ADA法とは真っ向さかさまの立場にいるのが、実は尊師だったりするんだよな、たぶん。

そんで尊師が例の団体の理事長を退任、幹事に就任。田中角栄か中曽根康弘か(古いね、僕も)。
これも10年くらい前だったか、あっちこっちのメーリングリストでいろいろ発言していたあの人が、ちょっといろいろと風当たりが強くなってきたら全てのMLでの討論を放り出して逃げ出して、イエスマンだけで固めた独自MLを立ち上げたあたりが思い出される(「とことん語るML」とかいう恥ずかしい名前だったな。とことん語れなかったのがあなただろうに)。次期理事長がどんなかたなのか存じあげないのだが、また似たような話なんじゃねえの? とも思ってしまう僕を非難できる人もおるまいて。


今週のヒマネタ:

  1. 知り合いの持っているお裁縫セットに、「Sewing My Way」というロゴがあった。ちょっと気に入りました。

  2. ネクタイ(サテンペイズリー柄/ブラック)細かいペイズリー柄のネクタイを締めていたら、若い娘さんに「あ、豹柄!」って言われちゃった。しょうがないので「黴菌柄ですよ」って言っておきました。「え?」、「うん、ゾウリムシ」と言ってあげたのは、うっかり妙なバイキンの名前を言っちゃうと彼女らが海水浴に行きづらいだろうという僕の思いやりです。

  3. あれは6月30日、タバコ値上げの前日の深夜2時頃だったと思う。
    近所をほっつき歩いていたら、よく行く煙草屋さんの自販機が3台並んでいるうちの1台がまだ販売中みたいな表示になっている。近くば寄ってよぅく見たら、入金表示が200円になっているものだから、念のために「釣り銭がっちゃん」をひねってみたら、現金が200円出てきた。
    めんどくせぇなあと思いつつその200円は保護しておいて、いろいろあって翌々日くらいの昼間にその煙草屋さんに行ってみてこれこれと事情を説明して200円を店主にお渡ししたら、御礼ということなのだろうがライターをひとつ頂戴しました。

  4. 池袋キンカ堂地下のキャンドゥ(所謂「ヒャッキン」)に蝋燭を買いに行きました。
    「ローソクはありますか?」
    「こちらです」
    「すみません、テーブルに置くようなもっと太くて短いものはありますか?」
    「‥‥あ、キャンドルですね?」
    用語の使い分けがぜんぜん判りませんでした。どっちかというと「細くて長いほう」が「キャンドル・スティック」なんじゃないのか。

木曜日のライブの話:

書けば俺の恥になる話なのだが、3時間のステージを3つくらいに区分けして、「1」と「2」はまあ良かったし、「2」のてっぺんで歌っていただいたシンさんもいいノリだったし、でも「3」の半ばあたりからちょっと俺のテンションが落ちちゃったかなあ。ごめんなさい>>お客さん。
謝ってどうなることでもないのだが、なにしろ初めての経験だもので現状戸惑っております。すみませんでした。

ぶつくさ考えていたら、せっかく差し入れていただいたオロナミンC(ローヤルゼリー入り)をお店に置き忘れてきてしまった。踏まれたり蹴られたり。


今回の「ウクレレ講習」では、お持ち帰りで3曲をお客さんに演っていただきました。
|C|C|Am|Am|
|F|G7|C|C|
といったようなことで、
  • 『スタンド・バイ・ミー』、
  • 『Every Breath You Take』、
  • 『踊るポンポコリン』。
捜せばまだまだあるのだろうけれども、今回は先日の円道一成さんのライブからパクらせていただきました。ありがとうございます。
そういえば今回のライブについては、いざ出陣というわけで家を出ようとしたときに目が真っ赤であることに気がついたものでサングラス使用となりました。
メンタマ真っ赤のほうが三流ホラーみたいで面白かったかなあ、そっちも反省しておきましょうか。
どうでもいいけど、ものすごく身体がだるいなあ。やはり「安いエボラ」とかそんなのに感染してはいまいか。

鼻と喉はいいよ。眼科に行ったのは、風邪としては特異な症状であるのでそこから攻めてみようという魂胆ではあった。そして眼科医が「軽い結膜炎」と診断したのもいいとして、そこにやはり「頭部集中発症的感染症」の虞れはないのか(でも左足指先にも軽い麻痺があるんだけどね)。

って半端に気にしてもしょうがありませんね。
咳止めが効いてきたようなのでそろそろ寝ましょうか。いやマジ調子わる。

火曜日の夜から金曜日の夜まで。
基本的には、3日間にわたってほぼ寝ていました。
いやあ、目だの鼻だの喉だの膝だの全体だのががったがたでしてな、生物としてはボロボロでしたよ。まいったまいった。

火曜日の夜、ランタンのジャムに行く心算がけっきょくんところ一晩じゅう寝てましたな。1時間寝て、汗みずくになったTシャツを着替えて、脱いだTシャツはそのへんにつくねて、また寝て、というのの繰り返し。

そのランタンに夜遅く僕が現れて、ブルースのソロを一発弾いていったという噂話を後に聞いた。たぶん生霊かドッペルゲンガーかよく似た人か、そのへんなんだろうなあ。



水曜日、昼間はまたずうっと寝ていて、暗くなったあたりからZirconsのリハーサルでお台場へ。とりあえず激安のカラオケ屋の予約を押さえてから、横ヤンと焼肉屋で合流して、けっきょく18時から21時まで焼肉屋にいたなあ(笑)。どういうリハーサルやねん。

ZIRCONS/ジルコンズ それでも21時から22時半まで、90分間のリハーサル。すみません、僕は半分寝てました。どうにも調子の悪いところにビール飲んだりしたもんですから。帰りの電車でもほぼ眠っていて、ついでに帰宅して即座に死に寝。



木曜日、昼間はまたずうっと寝ていて、夕刻からMOJO 53でのひとりライブに向かう。喋り声は嗄れているのだが、なぜか歌声だけはなんとか大丈夫という不思議な仕様だなあ、僕の喉は。

お客さんはほぼ満席で、また20時半から23時半までほぼみっちり演りました。調子もそれなりだしシンさんとかも歌ってくれて好調な滑り出しではあったのだが、22時半あたりからだんだん僕が失速してきたような。原因不明だが、いかんなあ。風邪のせいかなあ。



金曜日、夕刻まで寝てから、今日は池袋の夜のお仕事に早めに赴いて、ちょっと眼科に寄ってみる。

お医者さんに「風邪かと思うんですけど、眼瞼に炎症も出てるみたいだから感染症の恐れもあって、エボラの安いやつとかだったらヤだなと思って」って言ってみたら意外とウケた。けっきょくのところ診断は「軽い結膜炎」とのことで、伝染性もそうはなかろう、風邪が治れば自然に治るべいということで目薬少々いただいてこの件おわり。

例によって深更帰宅、酒飲む気もせんこととてとっとと寝るべい。


明日は、たぶんまた寝ていそうな気がする。
明後日は、例の御用事で静岡へ。
7月6日(木曜日)夜、新宿でライブ演ります。

演奏中。
※6月30日記す。

7月6日(木)、

職安通りのMojo 53さんにて、20時30分開始。なるべくウクレレ持ってお越しくださいませ。

2006年7月4日(火曜日)、体調不良ってまたかよ。
小林製薬アイボンAL あまりの暑さに(私はモンスーン気候に弱い)、大汗かいて午前9時起床、宿酔ってわけじゃないんだけどなんかダルい。左目になんかバイキンでも入ったのかなあ、なんか眼瞼がひりひりしてちょいと膿が出る。医者に行け! そんなカネねえよ、こんなものは根性で治すね。とりあえずメンタムでも‥‥おっとっと、オロナインねえかな。あとちょっと熱っぽい。喉が痛いもので軽い嚥下障害も出ている。なんだかなあ。

メンタマはとりあえず殺菌成分入り純石鹸で洗っておいて、ええ、さりげに石鹸オタクなんですよ俺、いずれ体力が落ちているせいなのだろうから弱点である歯ぁとかそのへんはよく磨いておこう。あとは安静にして、と思ったら今夜はランタンのジャムじゃねえか。まあいいや、無理矢理安静にしつつジャムには行く、予定。


今日のインチキ:

実家の母が、今度はノルウェーかなんかに遊びに行くという。よーく聞いたら北極のへりあたりまで行くのだそうで、なんとかならんのかその冒険旅行好きはこの肺病病みあがりめが。
ついては、ユナイテッド・エアから来たマイレージの案内が英文なのでよく判らん、ちょっと訳してくれという依頼が来る。知らねえよ。

You're on your way to great rewards. Your temporary card is below - please feel free to print out for your reference. Since you are already a registered united.com user, you can ensure your miles are properly credited and view your account summary online. Simply login to Mileage Plus on united.com using your number and password.

大儲けできるかもよ。あなたのカードは下にあるから印刷してとっといてね。ユ ナイテッドコムのユーザになったからには、オンラインでカードのことが判る。 ネットであなたの番号と暗証を入力してちょうだいな。
ざっくりこんな感じでメールを返送しておく。どうでもいいや、こんなもん。
今日のhai'ineさん:

「アコースティック・ギター・ブック23」のおまけに「うら若くチャーミングなお姉さんウクレレデュオ」hai'ineのインタビュー記事が載っているらしいという噂がウクレレ界を駆けめぐっていて(←嘘)、電飾さんのところに記事のコピーが載っているのをふと見たらキャッチに「思いやりがないとウクレレは弾けない」とある。

あらゆる意味で、いっぺんシメといたほうがいいのだろうか。


明後日のライブ:

演奏中。 木曜日のライブの話で、当日来場予定の某大物ボーカリストさんに「『Stand by Me』くらい歌ってくんない?」ってメールしてみたら「『島唄』も歌わせろ」というお返事がきました。願ったりというか、トンでビニールなつめやしというか。よろしくお願いしますね>>シンさん。

あとの集客も順調で、順調というか10人も入れば満席なんだけど、クラシカル方面でプロの人が4人はまず確実って俺はなにを演るんだろうというのと、あとシンちゃんにもれなくお姉さんがついてきて、あといつもの人たちが何人かはいらっしゃるでしょう。よし順調。

心置きなく日暮れまで寝よっと。

2006年7月3日(月曜日)、お仕事。
けっきょく週末ずうっと遊んでいたわけで、昼間にちょっと寝んだだけで夜のお仕事に向かう。眠い。冷房かけっぱで寝ちまったせいか知らんが、なんか喉も痛い。木曜は単独ライブで弾き語りぜよ、たまらんざか。

伊福部昭の芸術8 特別編~卒寿を祝うバースデイ・コンサート 完全ライブ 職場では、月に一度の全社ミーティング(というのがあるのを今日初めて知った)で気合いを入れた後、その気合いも虚しくお仕事はもんのすごくヒマ。専務が聴かせろというものだから、職場の女の子も集めてなんでかウクレレの演奏会などする。クラシカル・ミュージックのファンの多い職場とはいえ、ウクレレに関する知識の普及は皆無。というわけで、とりあえずなんとなくハワイアンっぽいものを演って、調子こいた女の子がフラもどきなど踊りだしたのに合わせてあげて、それから沖縄に行って、アメリカに行って、ブリティッシュに行って、GODZILLAから鬼太郎に戻ってきたあたりでそこそこウケて本日はこんなもんで。いちおう専務にはタフワフワイを教えてあげました。なにしてんの。

あとは、僕は下働きなので、女子更衣室の棚が壊れていたのをちょちょいと直して、同じく女子更衣室の空気清浄機が目詰まりしていたのをちょちょいと直して、ついでに女子更衣室の奥のほうになぜかアイスボックスだの蒲団袋だのがつくねられていたものを整理して。その間、誰かが僕を探していたらしいのね。誰に聞いても「りびさんなら女子更衣室にいます」というのが信じられなかったらしい。「そんなにいつまでも女子更衣室にいるもんか」という根拠だったらしいのだが、ところがぎっちょん。ずうっといたんだなあ、これが。女子更衣室に、ナグリ構えて。

コーレータパコ 35mg あとはヒマこいて女の子と沖縄の話などしていて、「滅っ茶辛い沖縄の香辛料」というのが「こーれーぐーす」かなと思ったら、どうやら色も赤いしペースト状でもあるらしいし、正直なところよく判らん。とりあえず「こーれーぐーすも美味いよ」という話は他の女の子にもして、作り方のレクチャーなど軽くカマして、と。

そんなこんなで、ふだんは24時39分の終電で帰るところを、めずらしく1時間早い電車で帰宅。


帰りがけの途上に実家から電話が入って、どうやら僕ん家の近所で火事騒ぎがあったらしくて「まさかお前の家じゃねえだろうな」ということらしい。帰宅して調べてみたら、ふむ、これだな。地図を見てみるとどうやら新井薬師神社本体の脇、ということは家から近くもないな。記事によればボヤ騒ぎ程度で済んだようでもあり、それなりに落ち着いてよかったような。とまれお騒々しいことでした。

帰宅して、くそうすら眠いなかファクスが入っていた資料作成のお仕事を1時間ほど。てい。


旧い知人の訃報が届く。
肺癌だったのだそうだ。
知らせてくれた知人が「君も気をつけなよ」と義理で言ってくれた(禁煙してなきゃ操業中の風呂屋の煙突みたいなもんだもんな、俺)。ありがとう。

知人であれば、誰についてでも記憶はある。彼の場合にいちばん覚えているのは、僕のやってたレゲエバンドのライブに来てくれてオーバーオール姿で軽やかに踊っていた姿なんだな。たしか四谷フォーバレー。ボーカルはジャマイカ人だった。いいセンいってたのだけれども、その肝心のジャマイカ人がマリファナ密売でとっ捕まって国外退去になってしまったのも今となっては懐かしい思い出。ほんとはパソコン通信のほうでは結構な論客だった彼でもあったのだが、そんな覚え方をしているのがひとりくらいいても(本人には迷惑なのだろうが)構わんだろう。さよなら、またいずれ。


26時就寝で、27時にまた目覚めてしまう。疲れてんのかね。
録画しておいたCX『HERO』を眺めていたら、どうやらHDDの容量が足りなかったみたいで半ば過ぎたあたりで録画が終わってやんの。そろそろテラクラスの外付けHDDでも買ってくるか。いちいちストレス感じるよりはよっぽどいいと思うの。

火曜日は、気合い入れて午前中に起きてあれやってこれやって、午後イチであの人がくるからあれをこうして、夕刻かららんたんのセッション、かな。ここひと月の修行の成果がどう出るか、楽しみだな。

footcopy