FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年6月6日、リハーサル。
昨晩はよほど腹を減らしていたのだろうなあ。

◆送料無料◆特製大田原牛100%生ハンバーグ まず、とんでもなく巨大なハンバーグを2つ焼いている僕。両面を焦がしてから弱火にして、5cmほどもある肉塊の中心まで火が通るようにじっくり焼いていく。テーブルの向こうでナプキンを装着してナイフとフォークを手に持ってにこにこしているのがZirconsの横ヤン(137kg)だった。

食べる前に目が覚めちゃって、台所で水など飲んでから二度寝。

お弁当売場で、とんでもなく巨大なサンドイッチを選っている私。隣でやはりとんでもなく巨大なサンドイッチと2リットルペットのお茶を買っているのが八王子のJ子でした。

知人のうちから二大大食漢揃い踏み。


朝、午前7時に本格的に起床。
生ゴミを提出してから、ご飯と汁気(シジミとワカメ)と焼いた厚揚げに、「山形のだし」とおしんこ。厚揚げにだしが合うなあ。

銅の抗菌作用でいつも清潔♪流しの生ゴミ受け 純銅製 浅型 午前中から野暮用で竹橋の如水会館へ。
帰りがけに新宿の東急ハンズに寄って、シンクの生ゴミ受けを新調する。
そしたら知り合いの合唱指揮者(Ssではない)にばったり会ったもので、じゃあ昼飯でもってんでなぜか4階のタカノフルーツパーラーで、サンドウィッチとコーヒー。サンドイッチに付いてくる果物がやはり美味いなあ。どうでもいいけど値段もいいなあ、奢ってもらったけど(笑)。ごちそうさまでした。

解散後、高島屋地下で食料品を少々。豆腐と麸とドレッシングとピーナツバターといったところ。キャンベルのスープ缶とか欲しかったんだけどなあ、あまり下世話なものは並べてくれていないような気がする。滅多に来ないからいいんだけど。


【デジタル複合機】brother MFC-4800J 帰宅して、ずいぶん前から働いてくれなくなっていたプリンタの修理など。
なに、複合機のファクス部分は働いているのだから、いったんプリンタをPCから削除してインストールしなおしたらとっとと動きました。これくらいのこと、ちゃっちゃとやっとかんかい>>じぶん。いや、生活の牛歩戦術はいつものこと(笑)。

ZIRCONS/ジルコンズ さて、プリンタが治ったところで、粛々と13日のライブに向けてセットリストをMS-Wordで作っていく。タイトルを書いて、キーを書いて、イントロのきっかけを書いて、その脇に線を5本ひいておいたのでそこにイントロの譜面を、これは今日のリハーサルで書き込めばいいや。
あとは主唱する『Sixty Minute Man』の歌詞カードを、譜割りに合うように書き換えて行く。しかしこれ、凄ぇ歌だな(はい、春歌です)。

今日のジルコンズ:

例によって東中野駅から省線で新宿駅、りんかい線乗り入れで東京テレポート駅へ、すいすいと乗車時間30分ほどでお台場に到着。流れ集合だもので、とりあえず18時に来ていたサンチャゴと、焼肉でビール。そのうちに最高さんもやってきて焼肉でビール。なんとなく食べているうちに横ヤンもやってきて、焼肉でビール。気がつきゃ20時なので、じゃあってんでスタジオに入って13日用の13曲を合わせる。


リハーサル自体は順調で、個人成績としては、
  • 楽勝×8曲、
  • 小ヤバ×1曲、
  • 大ヤバ×1曲、
  • 覚えないとなんないの×2曲、
といったところか。これくらいならなんとかなるべい。
時間がちょっと余ったものだから、シングアウトで演るかもしれない『Jesus on the Mainline』というのと、次回「横ヤンアワー」予定の『また逢う日まで』を軽く合わせてみる。

『Jesus on the Mainline』のほうはごく簡単な進行のゴスペルっぽい曲なのだが、4人全員がいきなり「演れ」と言われてソロをとれるのには呆れたなあ(僕も含めて、だけど)。
『また逢う日まで』のほうは、横ヤンの歌の上手さに圧倒される(こっちの路線のほうが向いてるんじゃないのか(笑))。それでアレンジは僕が書くことになっているのだけれども、いくらなんでも次のライブの後だよなあ。


きた道をそのまま戻って、帰宅。
明日は、Zircons譜面をちょっとメンテして、夕刻から特殊お仕事、24時過ぎに終了予定。
明後日はMOJO 53でライブです。


スポンサーサイト



footcopy