FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


小ネタ。
聞いた話で、某中学校で掃除当番を吹っ飛ばして帰ろうとした生徒さんを先生さんが咎めたところが、
>>僕はサボったんじゃありません! 掃除をみんなに託したんです!
監督すらしないところが素晴らしい。
ふと気づいたのだが、
不条理極まりない。
と、
不条理極まる。
との間に意味の違いはないのね。不思議だなあ。
以前に映画『スミス都へ行く』の話をしていて、本編を知らないかたに「杉村太蔵の話だよ」と断じてみたことがある。田舎の青年がいきなり上院議員になっちまって、政界の腐敗をあーだこーだする話だ。杉村太蔵さんにだってその可能性がないわけではないので、嘘ではない。

今日になって杉村氏の「blogの盗作疑惑」とかいう話が出ているのだが、これはやはりスミスを貶めようとしたタイラー派の陰謀と同様のことが行われているのではないか、というのが僕の意見。若いうちに一度や二度くらい自殺してみようとするのも愛嬌のうちだし、大多数が生き残っているのも事実なのだろうし、たまさか死んじまった奴がバカ(←敢えて言う)だというのも論を俟つまい。

とりあえず杉村太蔵さんは「盗用ではない」と主張している。杉村さんは妙なところで枉がるなよ、ここはいちばん突っ張って欲しい。
あのね、「寒いからやめた」以外の「オチがかぶる」って、マタギか雪女かサスカッチが助けに来るのか。非難している側のほうがよっぽど理不尽だからね。気にしないでね。


ライフで買ってきた生浅蜊は、身が痩せていてもうひとつだったなあ。タッチの差で旬を逃したということなのだろうが、深川汁のメインは大根だからまあいいや、昆布をちょいと足してよしとする。
このだし汁、そのまま使って「純粋湯豆腐」にしちゃえ。想像上の魚介類と合わせて食べるときっと豪華だぞ(笑)。

それで思い出したのだが(関連が自分でも判らない)、googleの「not検索」は知っていたのだが(「-」を付けるやつね)、さいきん「and検索」も覚えました(遅)。アサリの旬を調べたいときには、「旬 アサリ|あさり|浅蜊」とくるね。こいつは便利だ。いや知らないことばかり。


喧嘩馴れした学生同士の格闘に出てくる技に、「頭突き」というものがある。正式名称は「パチキ」乃至「パッチギ」であろう、一般に「額と額」(通に言わせれば「デコとデコ」であろうか)をぶつけあうというか、正しくは「自分のデコを相手のデコにたたき込む」という攻撃だな。

学生時分には「球体同士が衝突する場合に、物理的に双方のダメージは同じ筈だ」と思って納得がいかなかったのだが、最近になって「ぶつかりあう球体の下にはジョイント部がある」ことに気づいて、だいたい判った(また遅)。

ざっくり、パチキにおいては「待ったら負け」、「恐れたら負け」、つまり「勝つと思った奴が勝つ」という結論を得た。そも人間の頭蓋骨の強度なんてそんなに個体差のあろう筈もないし、だったら「俺は石頭が武器なんじゃい!」と思い込んだ奴が強いのはあたりまえなんだな。

すっきりしました。次は、「なんでパチキに巴投げで対抗する奴がいないのか」というあたりに興味が移る。


岸和田少年愚連隊 EPISODE FINAL スタンド・バイ・ミー3日続けで、結局『カオルちゃん最強伝説』の1、2、Finalと締めてしまいました。

Finalは、ざっくり老後はハワイにでもと憧れるオバチャンのためにカオルちゃんが1,000万円ガメてくる話で。けっきょくオバチャンは岸和田界隈が好きだから離れられんで。といったような話で。

エンドロールのバックが、一人で踊るオバチャンのフラなんよ。かっこええのよ、これが。ただの憧れやない、行く気まんまんやったけどこの子ぉらに面倒かけられん、しゃあないやんけ。それがエンドロールのオバチャンのフラから伝わってくる。

ワンツーも最高やったけど、最後の最後にいいもん見させてもらいました。



スポンサーサイト



2006年5月23日、お散歩。
ひとつ訊くけど、ひょっとしてとっくに梅雨入りしてないか?

それはそれとして、お蔭様にて体調はいい。ありがとうございます。
ふむ、酒の影響がないのがなあ。つまらんなあ。

朝、お粥にいろいろとトッピング。
昼、うどんにいろいろとトッピング。
おやつ、ヨーグルトともずく。

毎日同じものを食べているみたいだが、毎日同じものを食べているのだ。


今日のビデオ屋:

松竹 ピッチブラック ディレクターズ・カット通りがかりに、久し振りに早稲田通りのレンタルビデオGEOを覗いてみる。相変わらずダメだな、ろくな品揃えでないのは措いといても、並びもダメ。僕は滅多に「ダメ」という言葉を使わないけれども、それでもダメ。客商売やってるんだったらこんなことしてちゃダメ。『リディック』がぎっちり並んでいるSFの棚の向こうに、ホラーに紛れてひっそりと『ピッチブラック』が置いてある、といった風情なんだな。どうしようもない。

本屋さんでも、並びを眺めていて楽しい本屋さんと、なんか「目的の本を見つけたらあとはいいや」っていう気分になっちゃう本屋さんとがあるでしょ? あれのダメなほうの典型なんだな、そろそろ見限ろうか。


関係ないけど、こないだ若松町で覗いた本屋さんは凄かったなあ。文庫の棚のメインが梶井基次郎と山本有三とヘミングウェイで、ミステリの棚にクリスティがずらり。思わず隅々まで点検しちゃったけど、あれはレアケースなんだろうなあ。
今日のお買い物:

東中野ライフで、とりあえず2階の文具売場で英文罫のノートを1冊。これはウクレレのタブ譜を書き込む用なんだな。いちいち四線紙とか持ち出してくるのが面倒くさくなったわけ。ついでに食器洗い用のスポンジとスチールウールを新調した。

あとは地下食料品売場で、

  • 浅蜊(鮮魚売場で)、
  • 大根の首、
  • スーパースプラウト、
  • ポークンビーンズの缶詰、
  • SBのレトルトシチュー×2、
  • 味付けもずく3p、
  • レトルトお粥×2、
  • 半熟たまご4p、
  • ペヤングソースヤキソバ、
  • 白桃ゼリー、
  • 牛乳、
  • 醤油。
本当は大根と缶詰アサリを炊こうと思っていたのだが、実は缶詰アサリが300円もすることが判明。鮮魚部で生きてる奴を買えば180円だもんな。
昨晩気づいたのだが、僕には「間食」という習慣がないので、ちょっと小腹が空いたときになにを食べたらいいのかが判らないんだな。それでついうっかり「食事」を作っちゃったりなんかして、どうにもいけません。というわけで試験的にペヤングとかゼリーとか買ってみたんだけど、どうかな。

東中野銀座の青木とうふ店で木綿豆腐を購入。毎日食べている「純粋湯豆腐」(昆布だしに豆腐、にぼし粉に醤油)の木綿豆腐は毎回ブランドを変えていて、毎日違った味わいがあってそれなりに楽しい。
鮒富佃煮店では「蜆の佃煮」の小包を購入、50gで210円。これは大根おろしや温泉卵に乗っけていただくと美味しい。ご飯に乗せてもお粥に混ぜてもいいし、麺類のトッピングにもなる。なんなら干しちゃってスナックにもなるぞ、って万能やんけ。常備品なんだな。


晩、とりあえず「深川汁」から晩飯に入る。あとはいつも通り(予)。
深更作業。
頼まれていた『題名のない音楽会』の録画物件を、しみじみとDVDに焼く。ご注文は、石川直、ジェイク・シマブクロ、佐渡裕、上原さくら。ものすごく趣味がいいねえ、DVDを焼く手にも力が入ろうってもんだよ、ねえおまえさん。とかなんとかいいつつPCさんを仕掛けて寝ちゃう私。

夜半に起きてきたら、PCさんの作業がようよう終わるところでした。120分の画像を4倍速で焼いて210分かかるって、どういうことなのかな。いや、お疲れさん。


腹具合は、現状でなんともありません。

ふむ。

footcopy