FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年5月22日、酒。
朝、適当な時刻にすっきりと起床。
朝食、レトルトお粥に玉子、スーパースプラウト、カツオ粉(余分でした)、梅干などをトッピングして、味付けはお塩少々。

たまに細かいPC仕事などをいちおう挟みつつ、重いものは持たないようにして、走らないようにして、あまり難しい本や映画は避けるようにして、脂っ気と過剰な繊維質のない蛋白質の豊富な美味しい食事を作って食べている。なにもすることがなければ横になる。在宅療養中の病人が静養しているといえばその通りなのだが、なにしろお具合が悪いわけでもなんでもないので、これではただの怠け者である。あ、いつも通りか。


今日の抗潰瘍大作戦:

■一ノ蔵 米米酒 500ml [宮城県]楽天シニア市場 某所事務所に集金に寄ったついでに、冷蔵庫を漁って勝手に昼飯など作ってご馳走になる。ご飯に納豆に生卵、海苔、ガンモドキの京風煮物に蜆スープ。あと岡埜栄泉の柏餅。御馳走さまでした。

帰りがけに新宿伊勢丹に寄って、例の「抗潰瘍作用のある酒」というフレコミの米米酒を捜してみる。いろいろとSRNブランドがあるなかで扱いは一ノ蔵の製品だけなのだそうで、まあ一ノ蔵の無鑑査も好きな酒でもあるしってんで2本ほど買い込んできました。さて、どうすっかな。


2本買ったのは、常温と冷やとの味の違いをみるためだ。

帰宅してとりあえず「純粋湯豆腐」など作ってみて、その隣に酒瓶を並べてしばらく腕を組んで眺める。飲んだもんかなあ。先日に七転八倒したときの焼酎からみるとアルコール度数は3割程度。さほどの刺激でもあるまい。しかし酒にはドクターストップがかかっているからなあ。でも抗潰瘍作用だしなあ。しょうがない、試験的にちょっと飲んでみて様子をみてみようかしら。これで痛くもなんともなくて、さらに胃腸が治っちゃったりしたら医学的にもたいへんな成果なのではないか。よし、人類の未来のためだ、僕が犠牲になろう。


そうね、作りは清酒で、微妙な酸味にフルーティな香り。甘味もあるけど甘ったるいほどのこともなく、辛口好きの僕にもすいすい飲めます。すいすい飲んでていいのか。でも少し香りが勝つので、冷やしたほうが好みだな。え? 冷たいもの摂っていいんですか?

日本酒だから湯豆腐かなと思っていたのだけれども、試しに鶏肉と冷凍温野菜をホワイトソースで仕立ててみたら、こっちのほうが合うなあ。食生活変えろってか? ちなみに、鶏スープにガンモドキって合うなあ。凄い料理だなあ。


というわけで、生体実験の検体投与完了(500cc)、観察開始。

どうでもいいけど、酒飲んだ気がしませんな(笑)。寝よう。



スポンサーサイト



まだ食べてます。
24時過ぎにお仕事が終わって、それからGyaO『岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説Episode-1』なんか眺めちゃって(滅っ茶楽しい。最後ちょっと泣く)、眺めながら純粋湯豆腐とか作って食べてしまいました。アテは麦茶でした。大丈夫か。

明日のTBS昼帯『我輩は主婦である』の録画予約などして、薬飲んで歯ぁ磨いて寝ます。おやすみなさい。

footcopy