FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年5月19日、胃潰瘍!
ブロッコリースーパースプラウト正確には、昨日の朝は腹の調子は良かったのだ。それでラクーアでサウナとお風呂など遣って、別に腹が痛む様子もないし吐き気もしないし、こりゃ治ったなと思って食堂で生ビールとかウィスキーとかをいただいたわけ。それで9階で寝っころがっているうちにだんだん胃のあたりが痛くなってきたわけ。そんな話を知人にしてみたら、バーカバカバカバカバーカって言われましたな(笑)、なにを言い返す気にもならない。
今日の病院:

昨晩の間歇的な痛みは次第にウルトラマンのカラータイマーのように間隔を詰め、昼くらいにはシームレスに痛い感じにまで成長しました。結局15時くらいまでお蒲団のなかで丸くなって唸っていたのだけれども、ついに辛抱たまらんとて中野共立病院に16時にすべりこみました。

事情を正直に説明したら笑われましたけどね。触診した先生は軽く「胃か十二指腸でしょうね」と言いながら、電子カルテにGDUDと書き込みました。あのー、僕ってばその意味判っちゃうんですけど。「胃潰瘍か十二指腸潰瘍」って書いてあるわけですね。「入院しますか?」って聞かれたのには「いや、リハーサルがありますから」と答えて、来週末の胃カメラ検診を予約する。

あと薬をどっさり。
禁酒禁煙の指令。うわ。


今日のリハーサル:

ジルコンズ、左から最大、最悪、最高、最低 先日のZirconsのリハーサルはゲロ吐いて休ませて貰っちゃったし、ライブは近いし、だいたい構成員の25%がお休みしていてはリハーサルにもならなかろうし、というわけで這ってでも今日は行く。痛いくらいがなんだ。

お腹が空いたもので、コンビニで豆乳のパックなど飲んでから、東中野のCoCo壱番屋でハーフサイズのビーフカレーを注文した途端にやたらと胃のあたりが痛み始めた。それでも頑張ってカレーは食べて、外へ出てそのへんのベンチで少し休憩する大汗かいて青白い顔をした痛そうな男。俺だ。通りがかりのお姉さんがやたらと心配してくだすったのだが、そこは意地でも「大丈夫です」と笑顔を作る男の子。

けっきょく19時からのリハーサルにちょいと遅刻して、リハーサルそのものはわりと順調に推移する。それで、曲の構成とかアレンジなどを考えている間だけはそんなに痛みもないことを発見しました。ふむ、つまり他のことを考え詰めていれば大丈夫なんだろうなあ。

終了後に代々木の駅で発見したのだけれども、久し振りに歌ったものだから腹筋も痛い。平たく言うと、外身と中身がダブルで痛いわけで、こりゃ参った(笑)。


東中野ライフでお買い物をして帰宅。
  • ピロリ菌と闘うスーパースプラウト、
  • レトルトのお粥、
  • ソフールプレーンヨーグルト、
  • ソフールLCSヨーグルト、
  • フルーツ罐詰(ミックス)×3個セット、
  • お鍋で作るどん兵衛きつねうどん、
  • 生卵、
  • めいらくのカボチャスープ、
  • カゴメ「黒酢トマト」パック、
といったところ。あとはなんか食べて薬飲んで倒れる予定。


スポンサーサイト



腹が痛くて眠れねえよ。
blogでグチこぼしてんじゃねえ! >>俺。
とは言うものの、ここ1週間がところ出番の無かった「痛み止め」(普通にブスコパンですが)が大活躍だよ参ったね。

DVD「素晴らしき哉人生」 というわけで、500円で買っておいたフランク・キャプラ『素晴らしき哉、人生!』など深夜に眺めてみて、ボロ泣きする。いや、好きなんだよ同監督『スミス都へ行く』とかジャッキー・チェン『奇蹟/ミラクル』とか。観る度にボロ泣きするんだよ、文句あっか(笑)。

『素晴らしき哉、人生!』はキャプラのくせに劈頭が「宇宙人の会話」だし、ちゃんと特撮アクションもあるし、まだ僕の趣味らしいと言えば言えるかな。でもボロ泣き。ええ、『スミス』でも『奇蹟』でもボロ泣きするんですよ、毎回。文句ありますか?(笑)。

ポッターさん役のライオネル・バリモアって、ドリュー・バリモアの伯父さんかなんかだったっけ。よく覚えてない(覚えていなくて構わないのだが)。いや、似たような名前の人が多くて覚えんの諦めたんですよ、しょうもない。


何がジェーンに起こったか? でも「いい話」にちょっと疲れたもので、このへん(←)がちょっと観たいような。因果だなあ。

あとこのへん(↓)をまとめて。
footcopy